2009年11月17日

De Dana Dan

DEDANADAN.jpg

(昨日からの続き)まったく、どーしてもオスカーってのは欲しいもんなのかね。オリンピックを自分とこで開催するまでは一人前の国になったと思えない、ってのに近いような切ない心情があるんだろうか。

さすがにプリヤン先生もちょっと度を越しちゃったみたいで、

"We send trash to the Oscars. The government should request that the films selected for National Awards should be sent."(OneIndia 記事 Priyadarshan getting serious or silly? より)

っていう発言には眉を顰める向きも多いようだ。

そのセンセイの100%御莫迦保証の次作 De Dana Dan (Hindi - 2009) Dir. Priyadarshan は今月27日に封切予定。このリストのA-6にはまるはず。

投稿者 Periplo : 02:49 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2009年02月18日

お勝手拝見

舞台裏を覗く企画ってのは面白い、時に本編よりも面白いことがある。

billulocation.jpg

先週末公開のプリヤン新作 Billu はロケットスタートではないものの、まあまあの滑り出しらしい。さすがカーン様出演作、情報の量ってったらこれまでの比じゃないね。

上のイメージは BollywoodHungama によるミニ特集 Behind the scenes of Billu から。このマ映画とおんなし場所で撮影してるのがわかって面白〜い。

それから、ApunKaChoice の Things you don't know about 'Billu' によればだな、シャー様のダンスシーンのうちの一つだけ、サントーシュ・シヴァンがカメラを廻してるってんだが本当かね。できれば曲名まで書いて欲しかったもんだが。まあ、全体の撮影監督がAnniyan (Tamil - 2005) Dir. Shankar や Om Shanti Om (Hindi - 2007) Dir. Farah Khan をてがけたV Manikandan だってんだから贅沢な話やね。

投稿者 Periplo : 05:55 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2009年02月10日

せびり屋の理髪師

billu.jpg

2月13日に公開のプリヤン新作、タイトルが Billu Barber から Billu に変更に。

The term "barber" in India usually connotes a travelling professional in small towns and villages, who gives haircuts and shaves using minimum paraphernalia and at very low charges.(Reuters India 記事 "Billu Barber" now "Billu" as film faces hairdressers' ire より)

うーんと、お洒落な店舗を構えて営業してらっしゃる理髪師の皆さんが、用語の使い方が不適切であるとして映画制作者に抗議したらしいのだな。

対してのプロデューサー・カーン様は、いたって事務的。

"I don't think it's wrong, they have their own take on it. Instead of going to and fro on who's wrong, we decided on the posters and hoardings ... we'll stick a paper on the word 'barber' wherever it can be done," Khan told CNN-IBN channel.

Khan, arguably Bollywood's most bankable star, talked to an association of hairdressers and salon owners and said he would hide the word "barber" from posters and billboards, and bleep out the word from the film, which releases on Feb. 13.

"I just wanted to make sure people were not unhappy," said Khan, whose production company is associated with the film.

"I still don't understand the reason but if they are so emotional about it, we will do what we can."(同上)

オフィシャルサイトのアドレスはさすがに変更無しだけどね。

投稿者 Periplo : 01:27 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2009年01月17日

BBオフィシャルサイト

BilluBarber02.jpg

1月25日に公開が近づいた Billu Barber のオフィシャルサイトがオープン。

http://www.billubarber.com/

メイキング画像が見られるのが珍しいかな。恒例になってるプリヤンのケララからの手みやげは、今回はこの人

しかしあれだ、各大スターへの特別な思い入れでもなけりゃあ、この一連のリメイクを追いかける醍醐味はやっぱり主演男優・女優の見比べにあるんじゃないかと思う。特に主役の床屋だね。今そこにある手元不如意と将来への不安とに押しつぶされそうになりながらも、何とかなるもんだという根拠のない楽観もあり。人並みな欲望は充分に持っているが、一方で恥というものも少しは知っているから、明星フィーバーに狂騒できない。殻に閉じこもって思い詰めることもあるが、いったん口を開くと辛辣な皮肉の連発が自分でも止められない。地味だけど幾重ものレイヤーがあるこういうキャラを、それなりに統合して演じるのは結構難易度が高いんじゃないかね。やっぱりカンナダ版(その後どうなったのか、この話)まで全部潰してみたいもんじゃわい。

投稿者 Periplo : 01:48 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2008年12月30日

Billu Barber

BilluBarber01.jpg

お蔵入りも危ぶまれていたけど、気がつけば劇場用トレイラーが流通開始しとりました。タイトルの綴りは Billu Barbar に落ち着いた模様。

キャストは Shahrukh Khan, Irfan Khan, Lara Dutta, Rajpal Yadav, Om Puri, Deepika Padukone, Kareena Kapoor, Priyanka Chopra, Asrani というところ。

僅か2分弱の映像でもわかるのは、サブちゃんが相変わらずいい仕事してるということ、屋外シーンは南インドで撮影してるってことだな。

投稿者 Periplo : 16:18 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2008年08月28日

Kanjeevaram/Kanchivaram

Kanjivaram01.jpgkanchiPoster.JPG

トロントでの公開が決まった、タミル語による社会派映画、やっとマトモなスチルが流通開始。nowrunning にて。

にしても芸術映画はやっぱり扱いが小さいね。The Hindu では短いインタビューも。

投稿者 Periplo : 12:22 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (14)

2008年08月10日

ワールド・プレミア

Billoo Barber vs Kuselan/Katanayakudu のリメイク対決にまつわる舌戦に気をとられていたら、水面下ではこんな動きもあったのだ。

Kanchivaram Priyadarshan, India

World Premiere

Vengadam is a born optimist and weaver of saris, but his lowly status means he can never afford the fashions he creates. At the birth of his daughter he pledges to wrap her in the finest silk on the day of her wedding, dismaying his community who believe that, if such a promise is not fulfilled, a curse will follow. Desperate to keep his word, he steals a thread of silk each day, weaving secretly each night. But when his access to the silk is jeopardized, Vengadam must find a way to keep from breaking his promise.

何年も前からのプロジェクト、カーンチプラムの織物職人を題材にした芸術映画が、今年の9月4日から13日の間開催される第33回トロント国際映画祭にてワールド・プレミア上映されるというのだ。なんとか頑張って賞でもとってもらいたいもんである。そうじゃないと一般公開されないからね。

ん、SPECIAL PRESENTATIONSていうのは賞レースとは関係ないのかな?

投稿者 Periplo : 23:32 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2008年05月22日

MBPAオフィシャルサイト

mbpaOfficial.JPG

オフィシャルサイト http://www.merebaappehleaap.com/ がすでに稼動中。公開は6月13日だってさ。

投稿者 Periplo : 00:12 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (2)

2008年04月19日

踊るガセねた

全国の、いえ全世界の Bommarillu ファン、リメイクマニアの皆さんご免なさい、かもしんないです。

SSbramaniyan.jpg
Santhosh Subramaniyam (Tamil - 2008) Dir. Raja のスチル、念のため。

以前からずっと、プリヤンの次回作 Mere Baap Pehle Aap は、アクシェイ・カンナ、ジェネリア主演で Bommarillu (Telugu - 2006) Dir. Bhaskar のリメイクになると書いてきましたが、リメイクはリメイクでも元ネタが違うものである可能性が出てきやした。

The film's poster makes us wonder if Mere Baap Pehle Aap is a copy of Malayalam hit, Istham, starring Dileep, Navya Nair, Nedumudi Venu, Innocent and Jayasudha.

In the original film, best friends Nedumudi Venu and Innocent are middle-aged single men, who are always on the lookout for women that Innocent can marry. But instead of love, the two only find trouble.

Nedumudi Menu's son, Dileep, decides to help them out until one day, Dileep learns that his father frequents a younger girl, Navya Nair's home.(rediff 記事 First Look: Priyadarshan's Mere Baap Pehle Aap より)

cvIshtam.jpgそーなんです、今年初めにちょろっとだけ流通して立ち消えになってしまっていたこの話が、ここに来て突然浮上してきたんだす。この混乱のそもそもの発端は1年以上前のこの記事から。ニティン・カプール(プリヤンを擁する)のチームと、ボニー《南北の架け橋》カプールのチームとが Bommarillu リメイク権のダブルブッキングでトラブってるという話だった。この勝負、結局どういう決着がついたのか分からず終い。

これまで MBPA のストーリーに関して流れていた僅かな情報が、父子関係がベースになっている、というようなものだったのと、ヒロインがゲンちゃん、というのですっかり攪乱されてしまった。真に受けて期待しちゃった皆さん、どーも済みません。

本日現在、Istham のVCDは相変わらず品切れ中。Bommarillu のヒンディー・リメイクについては、ちょっと古いけどこんな楽しい話も流通中(と、またガセネタを振りまく)。

投稿者 Periplo : 21:36 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (7)

2008年04月17日

初スチル?

プリヤンのプロデュースによる Poi Sollaporom (Tamil) Dir. Vijay なるコメディが今月末に封切り予定とされていたのだが、先月末以降ふっつりと消息が途絶えた。コピーライト問題でもくすぶっているのだろうか。

Director Vijay impressed the audience with his debut film Kreedom with Ajith. He has completed a film now titled “Poi Sollaporom” which is being produced by Priyadarshan. The film has Karthik (husband of RJ Suchithra and Kanda Naal Mudal fame), Mouli, Haneefa and many others. According to the director, Poi Sollaporom is a hardcore comedy film which will be enjoyed by everyone. Though the scenes may appear serious, the film will be a laugh riot just like Avvai Shanmugi and Michael Madana Kama Rajan and there will be an undercurrent of soft romance and affection right thorough. Srikumar has scored music for the film which is set to hit the theatres on April 25th.(Tamilstar3月19日記事 Kreedom Vijay approaches Nayanthara より)

まあ、そんなに待ちわびてる訳でもないけどさ。それよりも Poi Sollaporom のあとに控えているという夢の芸術映画の方が気になってさ。

kanjivaram.jpg過去に幾度となく言及されてきたものの、具体的進展の全く見えなかった Kanjivaram (Tamil) にスチル写真らしきものが出現。主演がプラカーシュ・ラージというのは変更無し、ヒロインとして新たにシュレーヤー・レッディの名前が挙がっている。チェンナイ育ちのアーンドラ娘、なぜかマラヤーラム映画界でブレーク(というのは言い過ぎか)。確かに芸術映画向けの顔立ちかも。

The film portrays the story of hand loom weavers and their lives during 1940s and their Prakash Raj does the leading role and Sreya Reddy pairs up with him. The highlight of the film is that, none of the artistes are taking a single penny for the film. The film is being made at a cost of 1.45 crores(ChennaiOnline 4月8日記事 Coming Soon........ A Preview より)

俳優全員がボランティア出演てマジかいな。

Having produced and kept a Tamil film 'Poy sollaporom' ready, he is now producing 'Kanjeevaram' on behalf of his Four Frames jointly with T.Series Audio. Priyadarshan releases his films only after exhibiting them in film festivals around the world.(Tamilstar3月25日記事 Priyadarshan's 'Kanjivaram' より)

映画祭出品の後一般公開?まずいよ、そりゃ賞がとれないとお蔵入りってことになりゃしないかい?

投稿者 Periplo : 00:35 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (3)

2008年04月16日

もうひとつのリメイク対決

SantoshSB.jpgMBPA.jpg
しっかし、右のポスター(ネット初出画像)には萎えるなあ。何考えてんだ。

Katha Parayumbol (Malayalama - 2007) Dir. M Mohan のリメイクを、プリヤン(タイトルは Billo Barber に決定)とPヴァース(タイトルは Kuchelan または Kuselan)が同時にやるってんで(過去記事)世間は Chandramukhi vs Bhool Bhulaiyaa 以来の因縁の対決と騒いでるけど(騒いでるのは儂だけ?)、もういっちょリメイク対決が起きてるのを誰も気付いてないのかなあ。Bommarillu (Telugu - 2006) Dir. Bhaskar のタミル・ヒンディー同時リメイクっていう。

Santhosh Subramaniyam (Tamil - 2008) Dir. Raja
Cast : Jayam Ravi, Prakash Raj, Genelia, Kausalya, Geetha, Premji Gangai Amaran, Sayaji Sinde, Santhanam, Sathyan, Srinath, Vijayakumar, Sadagopam Ramesh, M S Basker, Pushpavanam Kuppuswamy, Manikka Vinayagam, Mano Bala, Keerat, Sathya Krishnan

今月10日に封切られてまずまずの好意的レビューがネットには並んでる。監督のラージャは事実上のデビュタントらしい。プロモ画像などを見ると楽曲、脇役からカット割りまでオリジナルから貰えるものは全部いただいてきましたって感じなんで、まあ、新味はないけど安心して見てられるものには仕上がってそうな予感。

Mere Baap Pehle Aap (Hindi - 2008) Dir. Priyadarshan
Cast : Akshaye Khanna, Om Puri, Genelia Dsouza, Naseruddin Shah, Shobhana, Paresh Rawal, Rajpal Yadav, Manoj Joshi, Archana Puran Singh

こっちは6月6日公開予定。音楽はヴィディヤサーガル。撮影地はゴア、アレッピー、チェンナイということぐらいしか分からず。キャストも誰がどの役をやるんだかイマイチ分からなくて不安感倍増。新人監督とリメイク対決して敗北するってのはちょっとみっともないから頑張って欲しいもんです。

投稿者 Periplo : 01:04 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2008年01月17日

寒中忙あり

cvIshtam.jpg
お屠蘇気分でぼやんとしてたら(←嘘)またまた見落としてたプリヤンネタを発掘。

Priyadarshan's recent Hindi flick, Bhool Bhulaiya, the remake of the Malayalam movie Manichitrathazhu, has been well-received at the box office. The veteran director is now planning for remaking the Malayalam movie Ishtam in Hindi.

It seems that the director is very pleased by Akshay's work and is planning to sign him again for this new movie. The Malayalam movie by Sibi Malayil starred Dileep and Navya Nair in the lead roles.(OneIndia 2007年10月24日記事 Priyadarshan to remake Ishtam in Hindi 全文)

同じ頃の別の記事では、

In the Hindi version Priyadharshan's favorite actor Akshay Kumar would play the lead character that was played by Dileep in the original, and Malayalam actor P. Sreekumar, who had been recently in the limelight for meticulously playing the title role in 'AKG', will debut into Bollywood by playing the hero's father, the role played in the original by Nedumudi Venu.(IndiaGlitz 記事 'Ishtam' in Hindi! より)

sibimalayil.jpgなんてのもあり。しかしその後続報が途絶えてしまっている。やっぱアレかね、Ishtam (Malayalam - 2001) の監督、巨匠シビ・マライル氏が以前プリヤンとコピーライト問題で大揉めした因縁があって立ち消えになっちゃったのかね。残念だなあ。

今んとこVCDしか出てないこの Ishtam、プリヤンがリメイクしてくれれば字幕代わりになるとおもったのにい。

参考:nowrunning によるレビュー、BizHat によるレビュー

投稿者 Periplo : 02:05 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2007年10月23日

not yet titled (goan trance beach party?)

genchan.jpg

いつものように批評家筋からは散々に言われながらも Bhool Bhulaiyaa はまずまずの滑り出しの模様。しかしプリヤンは既に次の企画に向け始動済み。

Top actress Genelia has confirmed her participation in Priyadarshan’s Hindi film yesterday. She will act with Akshay Khanna in a film laced with comedy. Paresh Rawal too will be acting in the movie. Genelia, who began her career with Hindi films like Tujhe Meri Kasam and Masti, later moved on to Tamil and Telugu films where she made a mark.(OneIndia 記事 Genelia scooped up by Priyadarshan より)

タイトルは未定だが、コテコテのコメディらしい。こっちの記事によれば、撮影地はゴアが有力であるとも。うーん、万が一この映画がヒットしたらゲンちゃんはテルグ界からボリウッドに里帰りしちゃうんだろか。今から心配じゃ。

タイトルはどーでもエエから、はやくリメイク元ネタを教えて丁髷。

投稿者 Periplo : 01:05 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2007年09月09日

オフィシャル・サイト

Bhool Bhulaiyaa (Hindi) は今のところ10月12日公開予定。

Bhoolbhulaiyaa01.jpg

オフィシャル・サイトはhttp://www.bhoolbhulaiyaa.com/。今のところトレイラーのみ。僅か1分の映像中でも、これはあのシーン、つうのが分かって楽しめます(藁。

投稿者 Periplo : 23:58 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2007年06月29日

Dhol

もう来月には公開になるはずのプリヤン新作 Dhol (Hindi)。しかし見たところオフィシャルサイトはまだ無いし、記事の流通も恐ろしく低調。多分低予算で若手ばかりを起用したからなのだろう。悪いけど、筆者の興味もかなり低レベルにとどまってる。

今のところ分かっている出演者は、Sharman Joshi, Tusshar Kapoor, Kunal Kemmu, Tanushree Dutta, Om Puri, Rajpal Yadav, Payal Rohatgi, Arbaaz Khan。封切りが待ち遠しくなるようなタマじゃないな(っていうかあんまし知らないんじゃ)。

かつて噴飯してしまったプロジェクト Pirates のタイトルが変わったのかと思っていたが、同作はお蔵入りとなり、それとは全然違う映画になるみたいだ。

I am not doing it right now. I am doing Dhol because Pirate is too serious a film to attempt at present. People are expecting more entertainment oriented movies from me. I strongly believe that I am doing big social service now-a-days by making people laugh because there is a lot of misery in everyone's life. They can forget it for 2 1/2 hours and that's what the best thing I can do as my commitment as a film-maker. I may or may not make it in the future. I don't plan so much ahead.(IndiaFM によるインタビューより)

トレイラーが公開されたんで一応リンク

cvInHariharNagar.jpgこのようにメディア露出の少ない本作ではあるが、フォーラムなどではすでにリメイク(というかパクリ)元が取りざたされている。

現状で有力視されているオリジナルは In Harihar Nagar (Malayalam - 1990) Dir. Siddique-Lal。キャストは Mukesh, Siddique, Jagadish, Asokan, Riza Bava, Geetha Vijayan, Kaviyoor Ponnamma, Philomina, Paravoor Bharathan, Suresh Gopi。こっちは全員顔と名前が一致するわ。

ストーリーのあらましは憂記によれば、

Mahadevan (Mukesh), Govindan Kutty (Siddique), Appukuttan (Jagadish) and Thomas Kutty (Asokan) are four young men enamoured by lovely Maya (Geetha Vijayan), the next door neighbour of Mahadevan. Maya is in town to investigate the mysterious circumstances surrounding the death of her brother. The film revolves around the antics of these four to win Maya's heart. It also explores the past of the central characters. Towards the end, John Honai Riza Bava a man with some dark secrets, appears.

だという。

事前にストーリーが分かってもあまり支障を感じないのがプリヤン・ヒンディー映画。というより、マラヤーラム映画VCDの字幕代わりにプリヤン映画を見るという知恵が付いてしまった今日この頃。今頃ハリハル・ナガルの関係者の皆さんは訴訟準備で忙しいんだろうか。

投稿者 Periplo : 01:58 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2007年05月03日

初スチル

BhoolBhullaiya.jpgプリヤン先生の期待のリメイク、Bhool Bhulaiya [Bhool Bhullaiya, Bhool Bhulaiyaa] (Hindi - 2007) の初スチルがお目見えだす。IndiaGlitz 記事によれば公開は8月末とのこと。

なお、注目の薔蘭ちゃんですが、こちらのブログ情報によれば、

In the movie, Vidya plays a dancer and director Priyan was shocked to learn that the actress had two left feet.

Vidya however; took on the challenge and learned Kathak in just a month’s time. The actress had the choreographer train her every day in an apartment that she rented near her Chember home. Vidya would practice for hours until she had perfected the art.

Vidya amazed not only Priyan but, her costar Shiney as well with her new acquired dancing talent as she could dance like a pro.

For a song sequence, Vidya was required to dance while Shiney was to admire her but, Shiney was so impressed seeing her dance that he got excited and lifted the actreess.

The shot was, “Okayed” by Priyan but, poor Shiney couldn’t move as he had sprained his back real bad and it took him a day to recuperate from the sprain.

なんとも頬笑ましく和やかな撮影風景じゃござせんか。それにしても‘左足が二本’つう言い回し、印度語には慣用句としてあるんだろうか。以前にもどっかで聞いたことあるよな。

投稿者 Periplo : 02:50 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2007年02月28日

Bhool Bhulaiya 情報集積場

いろいろバージョンがあるなかで、マラヤーラムのオリジナルをベースにしてリメイクすると宣言したプリヤン先生。しかもオリジナル脚本の瑕疵を改善した上でコミック・ホラーにすると言い放った。いやいや大したタマだね。

Singling it out as his toughest remake venture, Priyadarshan said the film would even rectify some errors it had in the original version. "Manichitrathazhu is a class film, but it had many faults in the script," he said.

"Nagavally, played by Shobana, was shown suffering from Multiple Personality Disorder. There were schizophrenic angles as well. A close look at the screenplay made me realise that there was something wrong. I consulted many international psychologists and experts in parapsychology and came to know it was not Multiple Personality Disorder. It was Dissociated Identity Disorder. Being a psychology student, I can't repeat such glaring mistakes."

Psychology may be his forte, but making changes in the chemistry of characters is a big worry for Priyadarshan. "Bringing the best out of Bollywood actors remains my biggest challenge. It is really daunting to make them perform on a par with Malayalam actors, especially the roles played by Shobana and Mohanlal," said the director.

Though Priyadarshan has seen all the versions of the masterpiece, but he likes the original format the best. "There is no question about it. Manichitrathazhu is the best. I am following the original script. I donユt think there is anything worthwhile to incorporate from the other versions." Classical music and dance had a subtle but key role in the Malayalam version. No doubt, Bhool Bhulaiya too will have its share of Hindustani ragas and Kathak instead of the Carnatic ragas and Bharatanatyam.(DNA India 記事 A Southern masterpiece in the remaking より)

個人的に今年の注目作の一つと信じて疑わない Bhool Bhulaiya については、これまで幾つかのエントリー(2006.8.52006.10.92007.2.5)でランダムに拾ってきましたが、撮影開始を機にここにまとめていくことにします。タイトルの意味は Labyrinth ぐらいのとこでしょうかね。ラクナウのものが有名らしいです。

投稿者 Periplo : 22:54 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (10)

2007年02月05日

注目のリメイク

以前から何度か拾ってきた注目のリメイクに関してまた訳のわからない記事を見つけてしまった。

Chandralekha to be made in Jaipur MP Garg Posted online: Friday, February 02, 2007 at 0000 hours IST

Jaipur is now a favourite shooting destination for the filmmakers. First, JP Dutta's Umrao Jaan, then Ashutosh Gowarikar's Jodha-Akbar and now, Priyadarshan's Chandralekha is to be shot in Jaipur.

Priyadarshan is to visit Jaipur for this purpose in February and the film will be shot at Amber Palace, City Palace and Samod Palace, 20 kms. away from Jaipur. The film's starcast will include Vidya Balan, Amisha Patel, Akshay Kumar, Paresh Rawal and Shekhar Suman in key roles. Priyadarshan had made a film with this title in 1977 in the South, which had proved superhit. It is understood that now Priyadarshan, with a shooting schedule of 40 days, is making a remake of SS Vasan's film Chandralekha in 1948 under banner of Gemini Films, a superhit film.(Screen 記事の全文引用)

腑に落ちないのは、
1.題名が Chandramukhi からChandralekha に変わっていて、
2.リメイク元がラジニカーント主演のChandramukhi(Tamil - 2005) Dir. P Vasu ではなく、白黒時代のタミル映画の名作 Chandralekha (Tamil/Hindi - 1948) Dir. S S Vasan(この映画はダンス・スペクタクルであったらしい)とされていて、
3.さらにプリヤン自身が1977年にサウスで同名の作品を監督した,
としているところ。

同名のプリヤン旧作品とは Chandralekha (Malayalam - 1998) のことなのだろうが、これは1948年のタミル映画とは全然関係ない。

おそらくは記者の勘違いが重なっただけと思われるが、よくもここまで話がねじ曲がるものだと感銘(それとも宣伝活動としてプリヤン自身が吹いてる訳?)。結局まともに受け取っていいのはキャストとロケ地に関する情報だけか。一応クオリティマガジンなんだと思ってたんだけどね。>Screen さん

投稿者 Periplo : 01:10 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (3)

2006年12月24日

度肝抜かれた

'No one with brains should watch Bhagam Bhag!'

22日に公開された Bhagam Bhag はまずまずのすべり出しで、吉例により酷評の嵐。しかし上記の発言はプリヤンさん自身によるものです。よう言うわな。

少し引いて、文脈を明らかにすると以下のようになる。

Its the kind of film where adults should leave their brains at home and go to watch it. Actually Ive made the film for kids and people who love to watch cartoon films. No one with brains should watch it (laughs).(Cybernoon.com によるインタビューより)

それにしても、「所詮はお子様向けアルが、そんでもかまわなきゃ大人も見るヨロシ藁」とは吹きますなあ。広報・宣伝担当の裏方さんたちの苦労が忍ばれますわ。

投稿者 Periplo : 03:24 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年12月10日

いつもの儀式

BhagamBhag.jpg

12月22日に公開が迫ったプリヤン新作 Bhagam Bhag でいつもの露払い儀式。これは既に縁起物と化しているのだろうか。

The Bombay High Court has issued notices to actor-producer Suniel Shetty, director Priyadarshan and writer Neeraj Vora for an alleged infringement of The Copyright Act in their forthcoming film Bhagam Bhag.

The movie is scheduled for a 22 December, 2006 release all over. The film's story, according to the allegations, has been picked from popular Malayalam film Mannar Mathai Speaking. Made in 1995, it was directed by Mani C. Kppan and starred Mukesh, Vaani Vishwanath and others. The notices have been issued on 7 December and the three defendents have been asked to file a reply by 12 December. (Business of Cinema 記事 HC issues notices to Bhagam Bhag makers より)

今のところプリヤンのリアクションは報じられていない。

Mannar Mathai Speaking (Malayalam - 1995) Dir. Mani C Kappan については過去のポストでも紹介したけど、すでに手に負えないほどのリメイク輪廻の一部になっていて、なおかつ今年公開された Phir Hera Pheri (Hindi - 2006) Dir. Neeraj Vora(これ自体がプリヤン映画の続編なのだ)がこれのリメイクではないのかという疑惑があるのだ。

同一言語圏で同じ年に同じネタ元からのリメイクがダブル公開? 前にもいちどあったよな。もしかして確信犯でやっているのかプリヤン先生。まあ、いつものように蓋開けてみれば、ストーリーの本筋じゃなくて、毒にも薬にもならんコメディ・シーンのパクリってあたりなんだろうけどさ。

投稿者 Periplo : 23:13 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (3)

2006年11月01日

Bhagam Bhag

Bhagam Bhag (Hindi - 2006) Dir. Priyadarshan は12月22日クリスマス公開が決まった模様。

Cast : Akshay Kumar, Govinda, Paresh Rawal, Jackie Shroff, Arbaaz Khan, Lara Dutta, Tanushree Datta, Shakti Kapoor, Rajpal Yadav, Sharat Saxena, Razzak Khan, Manoj Joshi.
IMDb を見ると他にも有名どころがいっぱい出て来るみたいだけど、ホントだろうか。

タイトルはときに Bhagam Bhaag, Bhagambhag などとも。タイトルの意味は run, run (?)、こちらによれば the film's title itself indicating a film about a 'theatre on a run' だという。

あらすじ:Paresh Rawal has a theatre group in India and he performs shows all over the country. Akshay and Govinda along with others are actors in the group. Both are very naughty natured guys who never miss any chance to flirt with girls, ever the girls in the group. At the completion of one show, an organizer offers Pareshユs group to perform 30 shows in England. All get very excited to hear the news but the day they had to leave for England, the heroine opts out due to Akshayユs misbehavior.

Through Rajpal, a taxi driver, Govinda and Akshay try to find out a girl for their play but it leads to many misunderstandings and a series of funny sequences. In this process, Govinda & Akshay fall into trouble involving a drug baron and other mishaps.

Thereafter, the trio discovers a girl (Lara Dutta), who suffers from amnesia to act in their drama and just as Akshay and Lara fall in love, her memory returns and it brings chaos into their lives, including a murdered husband!

From here the story leads to its climax in which a major conspiracy gets exposed and finally these three innocent guys are set free. (IndiaGlitz 記事Exclusive Synopsis of Bhagam Bhag より)

オフィシャルサイトもエントランスだけ登場。

なんでか知らんが、きちゃない写真しか流通してないので盗載は見送り。

投稿者 Periplo : 00:21 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年10月09日

すまじきものは監製

amishaP.jpg プリヤン版チャンドラムキのキャスティングに進展。

Amisha will star opposite box-office favorite Akshay Kumar in a forthcoming film produced by T- series. The untitled film to be directed by Priyadarshan will also star Shiney Ahuja & Vidya Balan. (IndiaGlitz 記事 Priyadarshan signs Ameesha Patel for T-Series film より)

タイトルは Chandramukhi に決まったわけじゃないんだね。アミーちゃんはナヤンちゃんの役をやることになるのか。

しかし以前に本作ヒンディー版のリメイク権ホルダーとされていた人はどうなってしまったのかと疑問に思っていたのだ。これまでに見つけたネタをひとまず放りこんどいた資料箱を漁ってみる。

そうそう、テルグ映画界の監督 Naren Aditya とか、K S Rama Rao なんていうプロデューサーの名前が取り沙汰されていたんだった。

全然別のことを調べていて行き当たった、K S Rama Raoへのインタビュー(今年1月のもの)。

Sri: And, about the Hindi version of Chandramukhi?

KSR: It'll be after Amit ji recovers fully. I am waiting for that call from him.
TeluguCinema.com インタビュー記事より)

Amit ji ってのは大バッチャンのことだわな。過去の報道では、この KSR は本作リメイク権にRs. 1 Crore-を払ったってことだったが、結局無量光様の不慮の病のせいでそれを(格安で)転売することになったのかな。いやまったく、職業選択の自由があるってのに(それとも、ないの?)印度でプロデューサーになろうとする人物がいるというのは凄いことじゃ。

投稿者 Periplo : 03:36 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年07月20日

お召し列車

ゴーヴィンダ主演のプリヤンのヒンディー新作のタイトルゆれゆれ。Bhaagam Bhaagというのがこれまで流通してたけど、Bhagum Bhag というのも出てきた。現在ロンドンで撮影絶好調らしい。

Subsequently Train Chartering sourced and managed a combined train & station location requirement for a Bollywood production, 'Bhagum Bhag' (Run, Run), produced by Shri Astavinayak Cinevision and directed by the well-known Priyadarshan. The film stars Akshay Kumar, Lara Datta, Paresh Rawal, Rajpal Yadav, Jackie Shroff, Govinda and Asrani.(eMediaWire.com 記事より)

んーむむ、英国には、実際に旅客輸送に使われている線路上に、各種用途に応じて自前の列車を走らせるTrain Chartering なんて会社まであるんだ、勉強になる。

つられるようにしてこの人まで倫敦に。

投稿者 Periplo : 01:00 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (2)

2006年05月24日

見果てぬ夢

Kanchipuram / Conjeevaram / Kancheepuram / Kanjeevaram / Kanjivaram / Kanchi

何年も前からプリヤンが口にしている非コマーシャル映画。ともかく検索しづらい仮題なのだ。

カーンチプラム県はチェンナイ市の南に位置し、その中心地はチョーラ朝時代から栄えてきた古都。有名なのはヒンドゥー教の全印的な拠点の一つであるShri Kanchi Kamakoti Peetham(2004年には貫首のシャンカラチャリヤが逮捕されて大騒ぎになったっけ)と由緒ある寺院群、そしてやはり全インド的に奢侈品の代名詞となっている手仕事で金糸を折り込んだ絹のサリー(ボリウッド女優をも虜にしている)、さらにはCNアンナードゥライ(1909 - 1969)が生まれ Dravidar Kazhagam (DK) が旗揚げをしたドラヴィダ運動の故地としての側面。

Priyadarshan's forthcoming films include 'Kanjivaram', a film based on the weavers of Kanjivaram. "It is a communist film," says Priyadarshan.(2006年3月のAllIndianSite.com 記事 If the film doesn't work, I'll go back より)

My Tamil film, Kanjivaram, which is on the weavers of Kanchipuram is part-complete. Not many know that the first Communist movement in the country began with these textile workers.(2006年3月のDeccan Herald 記事 'Malamaal Weekly is my Malgudi Days'! より)

Ace director Priyadarshan who has been in the industry for more than two decades, and has about 62 films to his credit, is still going strong, though he admits that he may in a year or two quit direction. Currently, Priyan is busy preparing for a Tamil film. Set in 1952 in the backdrop of the weaving community, the film is titled Kancheevaram and is reportedly based on a true incident that took place there.

The director has signed popular Malayalam actor-director Sreenivasan to play the lead role in this film. Shooting is to commence in a month's time.(2006年3月の indiavarta 記事より)

"I'm planning to retire from active cinema," says Priyadarshan. The popular director of Malayalam films, who has carved an enviable slot for himself in Hindi films too, has about 62 films to his criedt and has been in the industry for more than two decades. But Priyan adds that he has plans to make more meaningful cinema. The director is all set to direct a period film in Tamil titled 'Kancheevaram', and playing the lead would be popluar Malayalam actor-director-scenarist Sreenivasan. Set in 1952 and with the weaving community as the backdrop, it's reportedly based on true incident there.
2006年4月のChennaiOnline 記事 Tale of Kancheevaram より)

I am making a Tamil film called Kanjivaram. We start shooting in the last week of September. Then there is a film based on the subject of AIDS in English which will start early next year. These are the two small films I will be working on next. Both of them are for my own satisfaction and they may not run even for one day in the theatres. (2006年5月のRefiff.com によるインタビュー 'I never come up with an idea' より)

相変わらず進展は今ひとつのようなのだが、少なくともタミル語作品、MDはARR、主演はシュリーニヴァーサンということだけは決まったようだ。そして以前は女子嬰児の間引き問題がテーマと言っていたが、ここに来て織物職人の組合運動がメインテーマとして浮かび上がって来た模様。やっぱ間引き問題は、その、先行作品と抵触するからアートフィルムじゃマズイかってことになったのかも。

プリヤンに言われるまでは知らなかった、カーンチがタミルの共産主義労働運動の揺籃の地だったとは。で、いつものように早速予習に励もうとしたのだが、大した資料も見あたらず。やっと見つけたのもこれぐらい。

In 1949, a Communist movement of the weavers took over this industry, and formed a Co-operative society under Mr. K.S. Parthasarathy, a Communist Leader. The society was called the "Kamatchi Amman Society", and had 79 members.The society brought a number of weavers under a protective umbrella and provided them with financial assistance and various welfare schemes.

This Co-operative movement gathered momentum. Today, there are 24 co-operative societies, of which about 18 are very large. Most of these societies are now run under the control of the Government of Tamilnadu. (Kanchipuram On The Web のSilk Industry より)

これについてはこれからも調べていこうと思う。しかし前出の Refiff.com インタビューで 、What keeps you going in the film industry? の問いに対して、

Glamour and the kind of money I enjoy in filmmaking!

I ventured into making Hindi films only to make better money than Malayalam movies. That was my sole aim. I want to be successful and make enough money to make my family secure. After that I can make films for my own satisfaction.

などと、常のごとくヒンディー語圏の観客を舐めた発言をしている一方で、それに続く部分ではアートな作品に対して何か異様なまでに思い詰めているんだな。ハイパー・レアリストのプリヤン先生がこんな風に遠い目をして切ない憧れを語ってるのを目にすると(見た訳じゃないけど)なんだかムズ痒いっす。やっぱりケララ出身の映画監督にとって、アートは、そして映画賞は結構なコンプレックスになっているのか。そんなに気負わずにしれっと行けばいいじゃん、と言いたくなるけど。

投稿者 Periplo : 12:14 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (7)

2006年05月17日

沈黙は金

サウスの選挙で盛り上がってるうちに、6月9日に公開が決まっているプリヤンの新作 Chup Chup Ke (Hindi - 2006) のオフィシャルサイトが立ち上がっとりました。公開前からあんまし悲観的なことばっか書いてると本当になっちまいそうなので、余計なコメントは差し控えようかとおもいますだ。

chupchupke.jpg

■イイ材料:オリジナルの Punjabi House (Malayalam - 1998) Dir. Rafi & Mecartin は結構面白い。

Cast: Dileep, Mohini*, Lal*, Cochin Hanifa, Harisree Asokan, Kumari Jomol, Thilakan, Janardanan*, Neena Kurup *, NF Varghese, Manka Mahesh, Kunchan, Machan Varghese *印はシク役(マラヤーリー俳優が演じる)

ケララの田舎で起業しようとして失敗し借金まみれになった主人公(ヒンドゥー教徒)が、いろいろあってケララ在住のパンジャブ人シク教徒の大邸宅で使用人として潜伏するうちに、その家の令嬢と微妙な関係になる、というコメディ。 ラーフィ&メカーティンのコメディは、ストーリーは奇想天外なのにとりあえず脚本的には筋が通ってるというとこが凄い。サウス風味のパンジャブ・ビートが見どころ&聞きどころ。

■余録
Recently in Ernakulam, Dileep was seen dubbing for a film in which he was not acting. Dileep was in Lal media arts studio to lent his voice to the dumb character played by Suniel Shetty in Priyadarshan's Hindi film 'Gujarathi house'.

The film is the remake of super hit Malayalam movie 'Punjabi House' in which Dileep had played the lead character who is partially dumb in the first half. Priyadarshan has tried to fill in the voics in the dumb sequences with many others, but couldn't find the perfection of the original film. And so he finally proposed to Dileep for the act and he admitted to do it with his graceful style.

The film which features Sunil Shetty and Karishma is a soulful comedy which will hit the theatres by the mid of June.(IndiaGlitz 5月10日記事より)

上記記事、題名も配役もデタラメだけど、ホントの話なのだろうか。ケララ・ヤングスターのトップを走るディリープが吹き替え(それもフゴフゴいうだけの)を下請け? にわかには信じられない。とりあえずCCKのオープニング・クレジットには注目だ。

しかしPunjabi House はディリープの出世作だってのにレビューがほとんど見つからない。こちらさん(June 09, 2005)ぐらい。

なお、同作の主演は当初ジャヤラームにあてられていたらしいことがこちらの古いゴシップ(下から3番目)を見るとわかる。

現状で把握できている本作のリメイク輪廻は以下の通り
1.Punjabi House (Malayalam - 1998) Dir. Rafi-Mecartin
2.Maa Balaji (Telugu - 1999) Dir. Kodi Rama Krishna
3.Punjabi House (Kannada - 2002) Dir. Bhaskar V R
4.Chup Chup Ke (Hindi - 2006) Dir. Priyadarshan

panjabihouse.jpgNorthy みたいに見えるかしら

投稿者 Periplo : 01:56 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年03月18日

マジなのかフザケてるのか

プリヤンが8年越しで温めてきたというシリアス映画の情報がちらほら出回るようになってきた。最初の頃は主に演劇界からキャスティングするヒンディー語または英語映画とも言われていたが、タミル語映画になることはほぼ固まった模様。

しかしや〜な予感がするんだよね。だってタミル地方の女子嬰児間引きをテーマにした映画といやあ、歴史的な名作であるこれがあるじゃん。織物職人カーストの話といやあ、やっぱり名作のこれがあるじゃん。本家のタミルで作るとなったらさすがにいつもの言い逃れは効かないと思うのだが。ひやひやするなあ。

Currently, Priyan is busy preparing for a Tamil film. Set in 1952 in the backdrop of the weaving community, the film is titled Kancheevaram and is reportedly based on a true incident that took place there.

The director has signed popular Malayalam actor-director Sreenivasan to play the lead role in this film. Shooting is to commence in a month's time. (NewindPress 記事 Priyadarshan still going strong March 18 2006 より)

マラヤーラム映画界のファンシー系コメディアン・シュリーニヴァーサンが主役とは。昔はこんなシリアス映画にも出てたみたいだけんど。

投稿者 Periplo : 22:38 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年03月12日

嘘で固めた人生に訣別?

すごいのお。4月28日封切りの Chup Chup Ke 以降のプリヤン映画の予定。

Q:Is it true that you are planning a movie with Shah Rukh Khan?

P:Shah Rukh and I have been thinking of making something together, but nothing has materialised. I have not decided anything. I am waiting to see the fate of Malamaal Weekly.

Q:What are your other projects in hand?

P:I am going to make a film with Govinda and Akshay Kumar -- a comedy-thriller. I am also planning a movie called Bhraasht, based on caste wars, and am thinking of taking Sanjay Dutt. I have a Tamil film on my mind, about the weavers of Kanchipuram saris. I have had the script in hand for eight years. I will shoot for 20 days in July, as I need the rains for it. I might plan a Malayalam film too, after 3-4 years.(rediff interview Priyadarshan: Back with Malamaal Weekly より)

さすがにここんとこの地球に優しい低空飛行と法螺吹きまくりに自分でも嫌気がさしたのだろうか。これまでにも時折口走っていた女子嬰児間引き問題をテーマにしたカーンチプラム織物職人のシリアス映画は結局タミル語作品となるのか。

Priyadarshan's Four Frame Preview Theatre has become an exhibition spot for film folks.

The Good Luck Theatre in Nungambakkam that was run by GV has now been revived under a new name and new look, thanks to Priyadarshan. Priyadarshan is always busy with films and ad films, but he took time off from his busy schedule to show reporters around the Four Frame Preview Theatre.

Nicely redecorated and installed with latest technology like Dolby sound system, the place made us wonder just like Priyadarshan's films do. Kollywood is proud that here's a preview theater in the south with all up to date facilities.

After looking around the theatre, we asked Priyadarshan some questions.

"My next will be a Tamil film. The title is 'Kanchipuram'. This is an art film and the actors are all newcomers. The story line is set in 1952. The shooting is to start in July," said Priyadarshan adding that his favorite Tamil film director is Mani Ratnam. He also said there are many technology experts in Tamil cinema but there was a terrible shortage of good stories.

The theatre manager Kalyanam and PRO Nikhil were also present.
(CineSouth 記事 Priyadarshan to direct 'Kanchipuram'- 06.03.2006)

以前のインタビューでは唯一の贅沢としてARラフマーンに作曲を依頼したと言ってたっけ。ともかく、大衆に阿らない自分のための作品と言い切るほどの気合い、SRK映画よりもずっと真価が問われる正念場となりそうな気がする。

〈Thanks to 慕夏堂様 for たれ込み and 恫喝〉

投稿者 Periplo : 13:57 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (4)

2006年03月10日

幻のツインタワー競演

二大巨頭って言っても MoMa のことじゃない。

Q:Was Rajpal's character to be played by Jagdee Shreekumar?

P:Yes. I changed that because the character needed to say a lot, and I assumed Jagdee Shreekumar wouldn't be comfortable speaking Hindi.(rediff interview Priyadarshan: Back with Malamaal Weekly より)

本日公開のプリヤン新作 Malamaal Weekly (Hindi) では、死体役のイノセント氏に加えてトリヴァンドラム訛りのこの人を悪役に想定していたというプリヤンの告白。そりゃ惜しい! ヒンディー語がしゃべれないってったって、吹き替えをあてればいいだけの話じゃないかとの気がするが。

投稿者 Periplo : 00:39 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2006年03月08日

無辜さんでした

胸のつかえがおりました。

Q:There is another intriguing name in the cast - ‘Innocent.’ Who is that?

P:‘Innocent’ is actually the name of a superstar character actor in Kerala - you could call him even the “Paresh Rawal of Malayalam cinema.” The casting has to be apt to make a good film. Sudha Chandran portrays Karamkali, the scheming, unmarried, greedy villainess. (DeccanHerald 記事 'Malamaal Weekly is my Malgudi Days'! より)

3月10日に公開が迫ったプリヤン新作 Malamaal Weekly (Hindi) で死体役をやるのはトリチュール訛りの この人だということがやっと判明。しかしボリ映画の記者はAMMA書記長で政界入りの噂すらあるイノセント・ヴィンセントのことを知らんのか? ちっとは勉強しぃや。

別のとこではこれは真正オリジナルだと相変わらず強気のプリヤン先生。その証拠に、これを元ネタにしてマ映画でリメイクをするのだそうだ。

But he ends with a master-stroke. "I'm in a totally original frame of mind this time. In fact, `Malaamal Weekly' is already being re-made into Malayalam by my assistant Murli."

This has to be the quickest re-make ever! (Sify.com 記事 No more re-makes? vows Priyadarshan より)

そして TelevisionPoint.com のこの記事によれば Malamaal Weekly はRK ナラヤンの Malgudi Days を元にした同名のTVシリアルに対するトリビュートでもあるのだという。

投稿者 Periplo : 04:09 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年03月04日

PはPでも

現実は映画よりもブラック。またまた出てきたプリヤン新作情報。

While the Hindi film industry continues its tirade against the menace of piracy, director Priyadarshan has devised a unique way of tackling the issue. He is making a film titled 'Pirates', which is about a band of boys and how a threat to their music makes them take up a collective stand against piracy. (Daily News & Analysis 記事 Priyadarshan film to highlight piracy scourge より)

海賊討伐十字軍の旗振り役にプリヤンを任命…アノナー 顎が外れそうになっちゃたYO!
まことに芸のない突っ込みで恐縮であるが、pirates 撲滅に plagiarism の専門家を充てるというのは大胆すぎないかい?

投稿者 Periplo : 00:37 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年02月19日

注目のアイテムナンバー

asin.php
既にオフィシャルサイトがオープンしている Malamaal Weekly(最近のプリヤンものとしては割と地味キャストで比較的低予算らしいが、それでもこんな特集が組まれている)、プロモ画像が出回りはじめている Chup Chup Ke の後にもまだまだ続くプリヤン新作。タイトル未定のコメディで、アッキー君とゴーヴィンダ様の顔合わせ。ヒロインはサミーラ・レッディに内定。セカンドヒロインとしてスシュミター・センが予定されていたらしいが、いろいろあって降板のニュース。代わりにララ・ドゥッタが登場するらしい。第三の男はスニール・シェッティかアジャイ・デーヴガンらしいが、そんなことはどうでもよろしい。アイテムナンバーにサウス期待のエース、アシンちゃんが登場するかも、というandhracafe.com 記事。どっち向いても息苦しいくらいのお色気充満のなかで、アシンちゃんの清冽なお馬鹿ダンス(決めつけ)に期待!

投稿者 Periplo : 00:59 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年02月13日

マラマール週報

マーピラ映画にはまってる間にいつのまにかオフィシャルサイトがオープンしてた Malamaal Weekly (Hindi - 2006)。 そのほか indiaFM によるプレビュー、indiainfo によるプレビューも。英語映画の焼き直しらしいのだが、例によってプリヤンはオリジナルだと言い張ってる。なお、この映画との関係は不明。

オフィシャルサイトみてもまだわからない、死体役で登場するマ映画界コメディアンが誰なのか。一番知りたいのはこれなのに。

投稿者 Periplo : 00:35 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (3)

2006年01月24日

Chup Chup Ke

chupke.jpg

カリーナ+シャーヒドのラブコメ、Khatta Meetha は結局 Chup Chup Ke というタイトルに変更されたというIndiaFM 記事

既に撮了という televisionpoint 記事。公開は夏の休暇時期になるというが、このブランクというかプロモーション期間というかは随分なもんだ。

投稿者 Periplo : 00:45 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年12月02日

タイトル決定

カリーナ&シャーヒド・ペアの新作タイトルが Khatta Meetha に決定、indiaFM 記事。噂通りPunjabi House (Malayalam - 1998) Dir. Rafi-Mecartin のリメイクだということだ。

ちなみにこの記事によれば、本作の撮影クルーご一行様は、現在チェンナイでエラい目にあっているらしい。

Even the five star hotels were not spared. Director Priyadarshan's entire unit staying at a five star hotel, with their bottled water went down with the loosies. Starting with Shakti Kapoor, to Neha Dhupia to Suniel Shetty to even Kareena's delicate stomach, got a taste of Madrasi loosie.

投稿者 Periplo : 03:12 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年11月25日

リライト要求

Unhappy with the twist in the tale, Salman Khan apparently asked his director, Priyadarshan, to make changes in the climax of the film Kyon Ki.

The director may not have given in entirely to his lead actor's demands, but it's evident that there were changes made in the script. The original version in Malayalam ends quite differently. ( Times of India 記事より)

表向きは持ち上げたりしてみても、裏じゃいろいろあったんだねぇ。これまでリメイク映画のストーリーがところどころ変わってるのは市場に合わせた調整や製作者サイドの改良の試みからだと思っていたけど、案外こんな事情からなのかもしれない。サルマンが死んじまうエンディングがボリの観客の嗜好にそわなかったというのが、今回の Kyon Ki のフロップの原因のひとつとも言われているようだが…。

"People said Salman Khan shouldn't have died at the end. But that was my story! Why should I have changed the ending? Just to suit the Diwali mood? In that case, I should've never released 'Kyon Ki' during Diwali. (Newindpress 記事より)

「これ以上フィルムを切るなら縦に切れ!」って啖呵を思い出しちゃったよ。

投稿者 Periplo : 01:12 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年11月22日

ディワリ商戦

"Kyon Ki was from my heart. Its failure broke my heart," - rediff.com 記事より。

突出した大ヒットがないと言われた今年のディワリ映画だけれど、結局大方の予想どうり Garam Masala がトップ賞に。しかしあまりハッピーになれないプリヤン、力瘤の入ったシリアス映画 Kyon Ki... が鳴かず飛ばすに終わったため。

"I wanted to make films that I believe in. But now, it doesn't seem possible, at least not in Hindi where the market is dictated by formula. I might as well make films like Garam Masala and not lose my audience in Bollywood. I can make the more serious and experimental films in Malayalam where the market is more friendly to new ideas."

せせこましくてみみっちいマ映画界には居場所がないけど、脳みそ空っぽでワンパターンのヒンディー界にもうんざりだもんね。物事うまく運ばなくなると出てくるいつものぼやき節。

Garam Masalaではツインヒーローの仲違いのだのトリプルヒロインが陰でいがみ合ってただの、お上品なマ映画界だったらあんまり表に出てこない(無い、とは言わないけど)低レベルネタにもうんざりしてるみたいだ。そういうことなら再度タミル界にカムバックっちゅーのはどうやろ。

笑いどころも落ちもないしであんまりだから、Kyon Ki... ルーマニア・ロケのギャラリーを挙げておこう。

投稿者 Periplo : 03:07 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2005年11月05日

未確認リメイク情報

趣旨としては無関係な cinesouth のニュース Murali Nagavalli goes to Bollywood にちらりと現れたプリヤン情報。

UTV is going to produce this film. Right now, the company is producing Priyadarshan's new Hindi film, which is the remake of 'Punjabi House'.

また発注しなければならないディスクが増えてしまった。Punjabi House (Malayalam - 1998) Dir. Rafi-Mecartin はテルグ、カンナダではすでにリメイク済みらしい(資料)。

投稿者 Periplo : 03:07 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年11月02日

芸道+愛国もの?

Garam MasalaKyon Ki... の本日同時公開でインドの芸能メディアは結構騒いでいるみたいだけれど、プリヤンはもうその先にいっちゃってる、mumbaimirror 記事

The astonishingly productive Priyadarshan is still to complete his fourth film in six months, when he's already planning his next, most ambitious project to date.

Priyan plans a big epic period film ? "My first since 'Kala Pani' about the Chau dancers of Orissa and Bihar who took on the might of British colonisers through the dance form. " Explains the prolific director, "Chau was also a form of martial arts. The Chau dancers fought back the British, but were finally decimated systematically for their rebellious streak. It's a project for Percept Pictures. I plan to take a break after the Kareena - Shahid film that I'm shooting right now." The film would be Priyan's first historical. Two years ago he was planning a film on the life of the Chandrashekhar Azad with Abhishek Bachchan. "But that didn't work out," sighs the director, "But this film on Chau dancers has me all charged up."

The indefatigable Priyadarshan incidentally has completed 60 films by now. And he has also finally found a title for his new Kareena - Shahid starrer: "I want to call it Khatta Meetha. I'm a great fan of Basu Chatterjee and Hrishikesh Mukherjee's middle-of-the-road comedies."

As to which of his two films, up for release simultaneously on November 2, is he betting his own money on, Priyan affirms, "I want both Garam Masala and Kyon Ki to do well. But if you ask me to choose, then I'll have to go with Kyon Ki. It's very close to my heart and in league with like Kala Pani and Viraasat. If it works then I'd want to get more experimental. Garam Masala is a straight-off 'Priyadarshan' kind of formula film."

オリッサ州、マユールバンジ県のチョウについては、 こちらの The Chhau Dance of Mayurbhanj : Its Growth and Royal Patronage など。

投稿者 Periplo : 22:18 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年10月16日

やっぱりリメイク

ディワリ公開の2作に続くプリヤン新作 Malamaal Weekly (Hindi) は、やっぱりリメイクであることが各種のディスカッションボードなどから判明。今度のネタ元は、英語映画 Waking Ned (Ireland/UK/France/USA - 1998) Dir. Kirk Jones らしい。

Galatta.com 記事によれば、今回のマラヤーラム映画界からの持ち込みキャストには Sona Nair(この映画に出ていた)も加わる模様。

投稿者 Periplo : 19:25 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年10月03日

Garam Masala Heroines

Garam Masala の3人のキャビンアテンダントを紹介してくれている rediff.com のおスペ。いくら凝視しても3人の区別がつかんのですわ(老化?)。

投稿者 Periplo : 02:48 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年09月22日

こっちはとっくに

スナック菓子でお茶濁してる間に Garam Masala の方はとっくにオープンしてたみたいでつ。

GaramMasala.jpg

投稿者 Periplo : 00:00 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2005年09月21日

やっとケリが…

ついてないのかな。Kyun Ki だの Kyunki だの Kyonki だの。Kyon Ki...オフィシャルサイトがオープン間近。

kyunki.jpg

投稿者 Periplo : 04:48 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2005年09月20日

お待ちかね

11月3日同時公開に向けて、プロモーションがスタートしたプリヤンの Garam MasalaKyon Ki / Kyun Ki。まずは前者に関してお約束の打ち上げ花火、MidDay 記事

John Abraham and Akshay KumarGaram Masala, produced by Venus and directed by Priyadarshan, is in hot water. Manoj Bohra, producer of the play, Plane Crazy About Love, claims the film is a rip-off of his play, and the names of the characters and the storyline is the same. (中略) Says Bohra, 'Two years ago, I was planning a film based on Boeing Boeing. But then I decided it was commercially viable to make a play first. Now that the play is running successfully, I was planning to make a film on it; the scripting is already in progress.'

今度は演劇界からのクレーム。打ち上げ花火って言うよりは泥かけ祭りか?

Paying compliment to Mohanlal Salman says jovially , " I didn't see 'Thalavattam' because I didn't want to be complexed by Mr. Mohanlal's work . However , I would like him to see 'Kyon Ki' and tell me what he feels about my work ."

一方で晴れて無罪となったKyon Ki / Kyun Kiの主役からはこんな謙虚なコメントも。PlanetBollywood 記事

投稿者 Periplo : 00:05 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年09月15日

Garam Masala トレーラー

今年のディワリ公開が決まっているプリヤンのGarama Masala のトレーラーを発見。IndiaFM のレビューページ上にて。うぬぬ、全然面白そうじゃない。Garama Masalaに関してはこんな記事も(あ、違うか)。

投稿者 Periplo : 10:07 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年08月30日

ディワリ激突

プリヤンの新作 Kyun KiGaram Masala がどちらも11月3日に封切りになるだろうという、NewKerala.com 記事

そして後に続く Malamal WeeklyVictoria No.203 (Hindi - 1972) Dir. Brij のリメイクであるというBollyvista のすっぱ抜き。だだしこの記事では作品名が Maalamal Express となっている。こちらは12月公開予定。

やっとタイトルが確定したらしい Kyun Ki はプロモーションビデオが公開に。はっきり言って全然面白そうじゃない。こういう時は、主演俳優を某国の太子に脳内変換するソフトを稼動させればいいんじゃ。

victoria203.jpgmalamaalweekly.jpg

投稿者 Periplo : 00:42 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2005年08月20日

プリヤン・スタイル

別にこいつのことをおいかけてるつもりはないんだが油食む。

I enjoyed doing the film. I always wanted to work in a comedy film and with Priyadarshan in particular. Priyan's style is different from the rest. He lets you perform the way you want to and when you check the monitor after the shot, you ask yourself in disbelief, Did I really do that? (indiaFM インタビューより)

そのGaram Masala は、スチルが流通開始。

投稿者 Periplo : 01:30 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年07月27日

マラマル週報

昨日のリストには撮影進行中のコメディ映画が抜けていた。

個人的には一番興味を惹かれている Malamal Weekly のキャスティングに追加情報。寒村のヒンドゥー教徒をクリスチャンに改宗させる宣教師役で登場するのはシャクティ・カプールSify.com 記事)。その他の出演者はRiteish Deshmukh, Rimi Sen, Om Puri, Paresh Rawal, Arbaaz Khan。今日に至るまで主演が誰なのかさっぱりわからないのだが。別の記事からはSudha Chandran, Rajpal Yadav も。

例によって過去のマラヤーラム・コメディからのパクリなのか、ヤンガージェネレーションのふやけたロマンスにリールを割くのか、他作品と比べてパブリシティが不足してるのはなぜなのかetc. 不確定要因は少なくないが、近年のプリヤン映画の中では傑作になりそうな予感もするんだけどね。

投稿者 Periplo : 00:50 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年07月26日

お手玉状態

プリヤン新作まとめ編。

アッキーと油ハムの Garam Masala はいつの間にやらほぼ完成してた模様(PlanetBollywood 記事)。

しかし同記事によれば、サルマン+アジャイ・デーヴガンで企画され10月に撮影開始が予定されていた別の新作は、「サルマンの10月の予定がつかなくなった」ためにキャスティング変更が行われるらしい。

もうずいぶん前に撮了してるはずのサルマン+カリーナの新作公開に関しても音沙汰なし。

そのカリーナのもう1本別のプリヤン映画はコメディで、相手役はシャヒード。タイトルは未定(rediff.com 記事)。

投稿者 Periplo : 00:48 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年07月16日

ケララから同伴

プリヤンのボリ新作、Malamal Weekly のキャスティングに追加情報。

It will have two Malayalam actors, Innocent and Jagdee Shreekumar. One of them will be acting like a dead body. The other wants to tell the truth but has a bullet shot in his neck. So both do not talk in the film.

前にも紹介した rediff.com のインタビューでのプリヤンの発言。

なんか、マラヤーラム映画界というのは規模の割りにコメディアンがやたらと多い気がする。印度2ちゃんでもベスト・コメディアンを巡って大荒れ。しかし、全インド的にみてもコメディエンヌといえる女優は少ない。なんでだろ。

投稿者 Periplo : 01:07 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年07月14日

宝籤映画など

正直言ってプリヤンのボリ新作情報に喰らいついてくのには若干食傷気味。あまりがっつかなくても公開近くになればガンガン情報が流通しはじめるからね。

などとファンの風上にも置けないことを言ってはみたものの、メモをまとめておいてもいいだろう。

Malamal Weekly Cast : Paresh Rawal, Om Puri, Riteish Deshmukh, Rima Sen, Rajpal Yadav, Sudha Chandran
(Mid Day のインタビューほかによる)

ボリスターによるボリ映画ながら、舞台はタミルということだが本当か? ちょっと興味沸いてきた。

今どきプリヤンは完成脚本を作成せずに撮影に臨む、と書かれているが本当か? ちょっと意外。

カリーナ+サルマンの新作(一部キャスティングの変更があった模様)は未だにこの記事では ready-for-release untitled film などと言われているが、 indiaFM 記事によれば8月に予定されていた公開をディワリまで延期することになるという。

さらにもう一本の新作、Garam MasalaSify.com 記事によればディワリ公開が予定されている。

新作公開よりも旧作のディスク化の方が待ち遠しいよ〜ん。

投稿者 Periplo : 00:52 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年06月23日

Kyunki ? Kyonki ?

(前日の続き)というのも、長らくSRK主演を想定して温めてきた、『カッコーの巣の上で』の翻案であるThalavattam (Malayalam - 1986) のリメイクであるシリアス恋愛ものはサルマン主演でほぼ完成してるから。タイトルは二転三転の末、Kyunki決まったらしい (PlanetBollywood 3/18 の情報)。

しかし公開もされないうちから主演俳優にケチつけてる奴がいる。ほかならぬプリヤン自身だ(rediff.com 3/29のインタビュー)。すこしはプロモーションてもんを考えたらどうだと言いたくなるが、それだけBollyでの地位を磐石と考えてるということなのか。ただしこのインタビューで特筆すべきは、今後の身の振り方についての部分。

I am going to retire next year because I want to stop making the kind of commercial films I make, and make the kind of films that I really want to.

I want to make a Hindi film on AIDS, and a Tamil film on the weavers of Kanjeepuram. These will be realistic films, about one hour and 20 minutes long.

I wanted to make them since the last four years but I did not get the chance because I was making commercial films. I have already stopped making Malayalam films.

してみると、チェンナイの劇場を買い取ったというのも何か戦略があってのことなのか?

新作のタイトルをKyonki としているソースもある。どっちが正しいのかちょっくら調べてみると、また訳分かんないことになっている、Webindia123.com、6/4 の記事

The director is planning to start shooting in October.

はぁ? ヒトがちょっと目を離してる隙に勝手なことされると迷惑千万じゃ!

投稿者 Periplo : 00:24 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)