2008年10月01日

正真正銘のご近影

を見つけてちょいと嬉しいっす。なんの話かって? リシーたんだよ。

lissy-tan05.jpg

9月25日にチェンナイ・サティヤム劇場で行われたVaaranam Aayiram (Tamil) Dir. Gautham Menon のサントラお披露目式典にて。他にこんなショットもあり。

The album was finally released by producer Ramkumar in the presence on Sony BMG's Ashok and Nandhini; actors Sathayraj, Prakashraj, Nasser, Meena, Divya Spandana, Lizzy Priyadarshan and Prithviraj (Bablu); directors Dharani, K.S. Ravikumar, Karu Palaniappan, Ameer, Vasanth and Radha Mohan; camerman R.D. Rajasekar, editor Anthony, art director Rajeevan, singers Sudha Raghunathan, Naresh Iyer and Devan and lyricist Thamarai. Also present at the occasion were cinematographer K.V. Anand, director-actor Samudhrakanni, director Priya V., actor Dushyanth and others.

以前と比べて明らかにリシーは表舞台に顔を出すようになってきてる。子供の世話もひと段落して映画界・TV界に復帰も考えてるのかね。ヲチ続行。

投稿者 Periplo : 00:40 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2006年12月25日

天罰覿面

(前回よりの続き)なんて、客を嘗めたこと言ってるから過去の悪事をバラされちゃったじゃん、麗しのレーヴァティさんに。

Maybe a movie like Kilukkam, in which Revathy was at her histrionic best - who could forget that half-crazy 'Thampuratti from Tripunithura', sniffing out 'poricha koyi' and carrying suitcase full of 'Vellaram kallu'.

"The shooting was absolute fun. Those 28 days in Ooty are something unforgettable in my life. Actually, at the time of the shooting, we never thought it would become such a huge hit," Revathy recollected.

It was also the time when director Priyan learnt to get up early in the morning. "The camera was by Kumaranettan and to capture the morning light, he would ask us to be up by 4.30 am at least. Me and Mohanlal were all game for it, but Priyan had a problem. It was after doing the movie that Priyan realised how beautiful morning light is. Now he has no qualms about getting up early," said Revathy.

But what Revathy liked most about the whole movie were the improvisations that they made on the spot. "That scene when I call Jagathy 'koranga' and another where I get my hair cut were all created right then and there. It was a film that just happened," recalled Revathy.(Newindpress 記事 Disarming charm より)

今でこそサルマン君やゴーヴィンダ様の定時招集に関して偉そうなこと言ってるプリヤン先生だが、監督不在のままの早朝撮影なんてのも昔はあったわけだ。オイラに言わせりゃ四時半起きなんて楽勝だけどな、前の晩からギンギンで眠らなきゃいいんだからさ。

投稿者 Periplo : 02:47 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2006年04月05日

仲良し4人組

御大イエスの僕先生を別にすれば、マラヤーラム映画音楽界のトップシンガーとして君臨している M G Sreekumar は、プリヤンに多くを負っているという The Hindu のインタビューを発掘。

"And when I made my debut in the film `Coolie,' under the baton of the late Ravindran master, getting a break was very difficult. I was lucky that my friend Suresh Kumar, producer, encouraged me to sing in his movies. Suresh, Priyan (film director Priyadrashan), Mohanlal and I share an excellent rapport. Perhaps the fact that we were all students of the same school (Government Model School in Thiruvananthapuram) helped."

--

As the trio of Priyadarshan, Suresh Kumar and Mohanlal went on to create cinematic magic, Sreekumar began to be identified as Mohanlal's voice. "We empathise with each other. It could be because we share the same birth star (Revathi)," laughs Sreekumar.

--

Although he found his niche in the world of music, he points out that it was Priyadarshan again who took him to Chennai and helped a "Trivandrum singer" reach out to a bigger audience.

"I was asked to sing for `Thalavattom' and that proved to be lucky. Soon I was singing for directors like Bharathan and Joshi.

--

Dwelling upon the changes in technology he says, "Technology was not so advanced then. It had its advantages too. A singer had to practise for at least six hours and that too with a live orchestra. By the time, the song was recorded, the singer would be singing from his soul.

For instance, even when we were recording the songs for films like `Thenmavin Kombathu,' a song recording brought the singer, lyricist, music director, film director and choreographer together. Emoting would be carefully monitored, the choreographer might have a request, the music director may make a change or two... This helped in giving the songs that extra something which made a great difference.

--

On his foray into Bollywood, Sreekumar says that he once got a raw deal. "Priyan had made me sing for his Hindi film that was produced by Amitabh Bachchan Corporation Ltd. Nadeem and Shravan were the music directors and they made me sing `Jhoot Bolu Na' instead of `Jhoot Bolo Na.' Amitabh was reportedly unhappy with the diction and he had the songs sung by another singer. However, Malayalis do not seem to have a problem with diction or pronounciation. So, we have singers from Bollywood whose songs are hits in Malayalam. Malayalis seem to be more magnanimous."

最後の部分は Saat Rang Ke Sapne (Hindi - 1998) でのエピソードだと推測されるが、すげーな、すげーな。サウスからボリウッドに出てくと、こんなイジメに遭うのか。やっぱボリで成功するにはプリヤンはんみたいな鋼鉄心臓持ってないとアカンつうことがよう分かりましたわ。
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

投稿者 Periplo : 01:07 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2006年03月19日

Respect Priyan!

今を去ること2年半前、最初にプリヤンサイトを立ち上げる際に、レビューするディスクの掲載基準を決めたのだった。もともとダラシない性格なもんで、そうでもしないと訳のわからないもんになっちゃいそうだったから。

基準というのは
1.プリヤンが監督してる映画
2.上記のリメイク、またはオリジナル
3.プリヤンが脚本を担当している映画
という、竹を割ったようにシンプルなもの。

しかしインド映画の密林(というか荒野というか)をさまよってるうちに上記3原則ではカバーしきれないプリヤン関連映画が一杯出て来て困惑至極。プリヤン映画の原作の続編とか、プリヤンが出演してる映画とか、プリヤンがよく分からない形で貢献している映画とか、プリヤンが下請けした映画の無限に続きそうなリメイク・続編とか。さらに出てきちゃってるんだ、前にも書いたけど、プリヤンへのオマージュがヌケヌケとオープニングを飾る映画ってのが。困るな〜。

Udayananu Tharam (Malayalam - 2005) Dir. Rosshan Andrrews
Cast: Mohanlal, Sreenivasan, Meena, Jagathi Sreekumar, Mukesh, Cochin Haneefa, Salim Kumar, Indrans, Janardhanan, Lohitadas, Bhavana, TP Madhavan
Story: Rosshan Andrrews, Screenplay & Dialogue: Sreenivasan
タイトル標記の揺れ:Udayanaanu Tharam, Udayananu Thaaram, Udayanaanu Thaaram, Udhayananu Tharam
タイトルの意味:ウダやんがスターなんですわ
DVD発売元:Saina
字幕:英語(歌詞含む)
DVDのバグ:いまんとこなし

Udayananu1.jpg
サタジット・レイ
Udayananu2.jpg
プリヤン/スピルバーグ
Udayananu3.jpg
黒澤明/アラヴィンダン/チャップリン
Udayananu4.jpg
万年助監督のウダやんのむさ苦しい部屋に飾られた巨匠達のポートレイト。彼はいつもここで仕事にかかる前にお勤めをするんだな。
Udayananu5.jpg
さらに彼が結婚して移り住む新居にも(ご丁寧に別ショットの)プリヤン・ポートレイト。

本作でデビューした監督のアンドリュース氏がプリヤンの助監督をやっていたという記録、あるいはプリヤンに私淑しているという証言は今のところ見つからず。結局のところ主演俳優による、さり気なさのカケラもないプリヤンへの気配りなんだろね。

主演俳優確定にいたるまでのプロセスに関する公式(?)発表

"Mukesh and Mohanlal are very close friends and always stay in touch with each other. When Jayaram's name was announced, Mukesh had called Mohanlal up and asked him if he was approached for the role. Mohanlal said that he wasn't. Discussions began between them. When I saw them at AMMA's meeting, I spoke to them and explained the situation. Roshan called Jayaram up and told him about the change. Jayaram said that he was happy that Mohanlal is doing the role."(すでに消滅した CineSouth 記事より)

しかしこっちの説の方が大人気。

It seems Dileep was initially approached for the role. He was very impressed by the lead role of the director who makes a film with a superstar without even the superstar knowing anything about it. He was ready to slash his fee and give bulk dates because he fell in love with the script. Just when he was getting ready with the role's homework, he was told that he was out of the film and that Jayaram was the hero.

But the chain of misery didn't stop there. Jayaram too was impressed with the role because it had action, comedy and lot of scope to emote. He gave his consent.

Suddenly he was informed that he wasn't doing the film either. Mohanlal was. Jayaram tried to find out who was behind all the mess and realized that it was a leading director who also has a good presence in Hindi. This director is a very close friend of the superstar and his loyalty towards him is a well-known fact in the film industry. (MusicIndia Online 記事、Behind-the-scene tragedy of 'Udayanaanu Thaaram' より)

危機に瀕したマラヤーラム映画界に対する鋭い風刺が話題となって大ヒットした本作だが、ガイジン観客の立場から観てみてそれほど笑いの質が高いとは思えないし、弾けてもいないと思う。主人公(モーハンラール)の入魂の脚本を盗んでプロデューサーに売り付け、その作品に主演することで大スターにのしあがってしまう友人(シュリーニヴァーサン)、そしてその友人に対する主人公の復讐がメインプロット。この映画で、パクリ魔としてつとに名高いプリヤン先生がキャスティングの口利きをしてさらにはオマージュまで捧げられてしまう、という部分にこそ最もブラックなユーモアがあると思えて仕方がない。しかしもちろんこれは制作者の意図したものではない。

だけどこれはあまりにも卓見すぎて一般人にはついてこれねぇだろーな。まあ、一般的な意味での見どころを書いておきやしょーか。

■槍玉に挙がってる有名スター
モーハンラール:有名なサイドビジネス
マンムーティ:グラサンへの偏愛、ダンスからっ下手
ディリープ:ファンクラブを煽ってライバルの出演する映画の上映妨害をさせる
ミーラ・ジャスミン:親族との骨肉闘争
未特定:本来何の権限もない側近を侍らせて映画制作に口出しさせる大スター

評者によってはさらに多種多様な深読みも。もちろんこれらはオフィシャル・サイト(すでに消滅)やニュース配信社の記事では知り得ない部分。最近少しずつ増えつつある魔映画関連ブログに多くを負っている(※)。こうして見ると、最初に主演のオファーを受けていたというディリープが一番こっぴどくやられてるな。

これらのオチョクリは大部分が成り上がりスター役のシュリーニヴァーサンによって繰り広げられているのだが、演技として見ると、ちょっとばかしヤリ過ぎの感がある。他のキャストの非常にナチュラルな芝居と比べて明らかに浮いている。しかしこれは致し方のないことなのだろう。脚本を書いた当人がコテコテのクリシェとして演じてみせる、そうでもしなければ極々小さな魔映画保存会のなかで関係者が村八分になっちゃうからね。

■見どころ:
ジャガティ・シュリークマールが見せてくれる、9+3=12のラサ。なんだかさっぱりわかんないけど可笑しい。

■印象的なセリフや挿話:
"If 60 Malayalam films are released in a year, out of that 55 films are flop."
"If a girl is going well with her film career, some scoundrel will come and grab her. And it's a routine affair in Malayalam cinema."
"You producers undervalue the cine goers. Because there are no good movie, they watch mimicry and clap hands. …"
あと、歌舞シーンではMGR映画の典型的ソングシーンからの引用もあったっけ。

■よく分からないところ:
mimicry film ってのはどんなものなのか、そこまで盛んだというのならディスクになってるものもあるんだろうが、正直言って見るのがコワイ。

■星評価:
オタク心をくすぐる引用:★×100。この先魔映画を見続ければさらに美味しくなってくんだろうね。

■note:
箸にも棒にもかからん大根役者がよくできた脚本に助けられて大スターになる、という筋立ては脚本重視の魔映画ならではかも。

※資料集

本作の後半部分はハリウッド映画 Bowfinger (USA - 1999) Dir. Frank Oz からのパクリらしい。アンドリュースさんがヒンディー・リメイクをつくるのにグズグズしてると、大モトネタから直接リメイクしちゃう奴が出てくるかもよ、と警告しているChithram 記事

オチョクリ対象を探るためにお世話になったブログ記事など
http://archienaironfilms.blogspot.com/2005/10/udayananu-thaaram-malayalam.html
http://varnachitram.com/2006/02/17/review-udayananu-tharam/
http://www.hinduonnet.com/thehindu/fr/2005/02/11/stories/2005021101940300.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Udayananu_Tharam
http://www.mouthshut.com/review/Udayananu_Tharam-88693-1.html
http://www.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/7711/1/

投稿者 Periplo : 05:07 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (12)

2006年01月04日

予期せぬ遭遇2

narasimham1.jpg

やはりフィルモグラフィー探求に終わりは無し。最近のモーハンラール映画でこれを超えるスーパーヒットはまだ出ていないといわれている(そのイメージに捕らわれたということで「人獅子の呪い」とすら言われている) Narasimham (Malayalam - 2000) Dir. Shaji Kailas を検品してみたところ、冒頭の謝辞にサブ・シリルと並んでプリヤンの名前。これについてはデータベースなどにも記載がなかった。一体どういう形で貢献したのか。

narasimham2.jpg

ご自慢のチェンナイのスタジオを格安で貸したとかいう話かとも思ったが、主演女優アイシュワリヤ(ラーイさんじゃない方)の証言によればそーゆーことでもなさそう。

I had nothing much to do with the success of Narasimham. I am just basking in the glory of Lal's success. I am just part of a successful project, that's all. I just shot for ten days for the film.

One incident really touched me. Sabu Cyril (the set designer) had put up a huge tank for a song. I had to kick myself up from under.

When I did, a loose nail at the bottom of the tank sliced in between my big toe and the second. I didn't feel any pain as I was inside the water.

After the shot, I sat down to read a book. Suddenly, my feet started throbbing. I looked down and saw blood getting pumped out of the slit in the leg. I was so shocked that I cried out loud. The next thing I saw was Priyan, Lal and Ranjit near me.

In no time, it was bandaged and I felt much better. I had to do a couple of shoots more, and I was supposed to shoot till nine at night.

But Lal told Priyan to finish my shots first so I could go and rest. And he stayed back. When he finished, it was 11 pm. There are very few in the industry like him who really care. (BharatMohanlal.com の「外部リンク」中の記事より、ただしオリジナルは消滅した模様、関連ページはこちら

narasimham3.jpg

正式な製作スタッフに名前を連ねてるわけじゃないのに、特定シーンだけ相棒のアートディレクターと一緒に参加? キャリアにおいてはずっと後輩のはずのシャージ・カイラースの下請け? マ映画界のはぐれ者同士の友情? う〜ん、よく分からない世界だ。謎は深まるばかり。

narasimham4.jpg

ヒットを量産してるのに批評家からは叩かれまくりのシャージ“タミル映画みたい”カイラースについてはこちらなど。何というか、ある意味痛快なインタビューだ。

また本作中でケララ人のヒンドゥー教徒であるヒロインが、Velankanni Mary! と叫ぶシーン(上掲の2番目のイメージ)、これは色々な意味で興味深い。また改めて書こう。

投稿者 Periplo : 00:32 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2005年12月29日

予期せぬ遭遇

madrasmail.jpg

フルモグラフィーの探索に終わりはない。見覚えのある人相悪い奴が No: 20 Madras Mail (Malayalam - 1990) Dir. Joshi に突然出てきて吃驚。自分自身の役での特別出演というのは盲点だった。IMDb のフィルモグラフィーをちゃんとみてれば事前にわかったはずのことなのだが。

それはそうとこの映画、とんでもない名作&珍作。ハードコアなプリヤンマニア、穏健な MoMa 帰依者、ひねくれタミル映画ファン、インドレイル愛好家、単なるレアもの好き、上記のどれかに当てはまる方になら自信を持ってお勧めできるお正月映画でつ(ただし時刻表ミステリ好きにはちょっと…)。あまりにも見どころが多すぎてお腹いっぱいなこの映画の内容についてはまた項を改めて。

オマケ:「メイル」に関してはこちらQ. Why are mail trains so called? What's the RMS? の項を参照。鑑賞のお供にはこちらが便利。

投稿者 Periplo : 23:39 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2005年10月09日

研究メモ

どうってことない凡庸なデータベースで見つけたプリヤン関連作品 Prem (Hindi - 1995) Dir. Satish Kaushik。特別感謝欄にプリヤンの名前あり。要調査。

通販サイトの簡単なレビューみても特にプリヤン作品とは関係ないみたいだが…。前世ものというのはちょっと興味を惹かれる。

投稿者 Periplo : 02:09 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2005年08月01日

プリヤン・スタジオ

Aamir was in Chennai recently for a day to dub Om Puri's voice over at Four Frames, the state-of-the-art studio of director Priyadarshan. (The Hindu 記事より)

カーン様の4年ぶりの大作のおかげでプリヤン・スタジオの名前が判明。

このスタジオ、ドーサが大好きなベジタリアンのBさんも絶賛してる。

投稿者 Periplo : 00:42 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2005年07月24日

アジャイ君

タミル語を話せないタミル男優に一名追加。パンジャブ出身のアジャイ君だ。もちろんデーヴガンとは別人。

'I was into stage even during my school days. 'Director Priyadarshan happened to be there on one of my better days. And promptly, he gave me the opening to play the brother of Jackie Shroff in the Hindi film Gardish.That laid the foundation and thereafter there were offers to act in films like Mafia and Meri Shaadi '.

Gardish にそんな奴出てたっけ? そのぐらいのチョイ役だったに違いない。プリヤンが発掘した新人の中で最大のモンスターといえば月顔の主演女優だが、他にも結構この手のプチ・スターがいるのかもしれない。

その後アジャイ君は何を思ったかタミル、テルグに進出。いつも思うのだが、ヒーロー・ヒロイン以外の脇役に現地語しゃべれない奴をわざわざ使うというのにはどんなメリットがあるのだろう。

ちなみにタミル・テルグ・マラヤーラムでも悪役出演してたアムリーシュ・プリは少なくともテルグ語映画では自分でアフレコしていたという衝撃の事実。

An actor is not complete unless he dubs his voice for the role he plays. The non-Telugu actors like Prakash Raj and Amrish Puri attained stardom in Telugu films due to the same quality of dubbing their voice. (idlebrain.com 記事より)

ちょっと脱線したけど、このアジャイ君、He is to act in a Japanese film to be shot in Japanなのだそうだ。え、日本産の日本映画に出演ってマジ?

投稿者 Periplo : 01:58 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (1)

2005年07月10日

たまには本も読もう

Encyclopaedia of Indian Cinema のP.151、Mohanlal (1962-)の項より。


Director Priyadarshan says that in Mohanlal dance, 'I do not go in for well-rehearsed and conducted steps of dancing, but insted make the camera move according to the music.'

なるほど、カメラに踊らせるってか! これぞ創造の秘密ってやつだわな。

投稿者 Periplo : 01:30 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2005年07月03日

ウダヤンはスター

udayananu2.jpg

なんだかしらんが今年上半期のぶっちぎりヒットとなったらしい Udayanaanu Thaaram (Malayalam) Dir. Roshan Andrews 。主要キャストは Mohanlal, Meena, Sreenivasan, Jagathi Sreekumar, Mukesh, Salim Kumar, Indrans, Bhavana, Lohithadas。

前にちょっとだけ書いたけれど、ショービズ界内幕ものであるこの映画の冒頭、リュミエール兄弟から始まってジャン・ルノワールだのサタジット・レイだのの世界映画史の巨匠たちへのオマージュとして、壁にかけられた肖像写真をカメラが追うのだが、最下列になんとケララ州出身のリメイク・マスターが顔を覗かせるのだ! これで完全にずっこけてしまって本編のお笑い部分は上の空。この映画に関してはリアルタイムで追っかけてただけに(こちらの1/28,2/12,2/17、およびこちらの2/22を参照)感無量。

udayananu1.jpg
いや、感慨に浸っている場合ではない、前に進むのだ(何のこっちゃ)。
スーリヤ+パールティバンでタミル・リメイクの話はすぐに出て来たが、その後続報は聞かない。そして最近になって今度はアニル・カプール主演でヒンディー・リメイク話。どちらのバージョンでも、監督はオリジナルと同じローシャン・アンドリュースとなっている。もしかして営業して回ってるのだろうか、アンドリュース氏。

追記:シネサウスの記事によれば、ヒンディー語リメイク権を買ったのは Venus らしい。この会社の最近のお気に入り監督でよくマラヤーラム映画を無断でパクっちまう恐ろしいリメイク魔がいるのだ、気いつけた方がいいよ、アンドリュースさん。

投稿者 Periplo : 00:53 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (4)