2010年12月31日

Good bye 2010

Kayam01.jpg

いやまいった、どこにも出かけてないのに3週間以上も更新できてなかったとは。どうもこうも活計をたてるのに追われて手も足も出んかったのよ。

そういうときに限って、というか、まる1年を振り返っても、なんだか異様なまでに豊穣な印度映画生活だったのだ、2010年は。お蔭で書きたいことが渦巻いていて、でも手足を繋がれてるもんだから欲求不満で爆発しそうだ。その一々をここで中途半端に書いても仕方ない気もするので、ひとまずはこの一年のご愛顧を感謝して〆ようと思う。皆さん今年もこのつまらないブログを読んで下さってありがとうございました。来年も変わらずつまらないことを書き続ける所存ですのでどうぞよろしくお付き合い下さい。

毎年大晦日には可愛ゆいリシーたんの画像を掲載するのが恒例だったけど、今年はシュウェちゃんことシュウェータ・メーノーンさんにご登場いただいた。

なんかね、今年のシュウェちゃんは一昔前の流行り言葉でいうところの「ステージがあがった」っていう感じなんだよね。ケララ州映画賞受賞というのもあったけど、それだけじゃない。どうしてだかシュウェちゃんの存在感が急にどっと増したんだ。カーヴィヤ・マーダヴァン、ナヴィヤ・ナーイルというあたりのアイドル系の女優さんたちが一時的にせよ第一線を退いて、演技派ミーラ・ジャスミンがどっかに行ってしまって(どこ行ったんだろ?)、シュウェちゃん今じゃマ映画看板女優の一人だよ(ただし、相変わらず吹き替えのお世話になることも多いみたいだ)。せり上がる存在感をもたらした今年の出演作群について詳しく書きたいのだけれど、それは来年のお楽しみにしよう。

ともかく、グラマラスな役柄を特に拒むことなく受け入れてきたら、いつの間にか大女優な風格が出てきちゃったシュウェちゃんの人生航路、それを可能にしたマラヤーラム映画界はやっぱり面白い。これからも息が続く限りヲチしていきたいもんです。

Kayam02.jpg
まもなく公開となるらしい Kayam (Malayalam - 2011) Dir. Anil より。主役はどうみてもシュウェちゃん!楽しみだあ。

投稿者 Periplo : 23:59 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2010年04月07日

ぼちぼち再開1004

PappyAppacha.jpg

セルフ発注セルフ受注の自主的取材旅行@椰子國から戻ってまいりやした。半月の行程中で最も感動的だったのはイノセント先生の巨大カットアウト(右側のディリープはあくまでもオマケ、あ、そいから、巨大というのは椰子國にしては、ということだけどね)との遭遇だした。

間もなく公開になるはずのクリスチャン・ホームドラマ Pappy Appacha (Malayalam - 2010) Dir. Mamas Chandran のもの。エルナクラムのパドマ劇場にて。

全印度的にはIPLシーズンで映画界は夏枯れという話だったのに、椰子國は妙に熱いことになっていて、カットアウトが林立していた。「カットアウト・カルチャーはケララには存在しない」なんて知った気なことを書かないどいて良かったわい。

投稿者 Periplo : 15:42 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2010年03月24日

Off Season

offseason.jpg
Kerala Cafe (Malayalam - 2009) の一篇、Off Season Dir. Shyamaprasad より

リーマンじゃないからさ、繁忙期が終わったからって喜べない訳よ。網張って待ってたって引っ掛かるのは屑仕事、かえってコチトラの持ち出しになっちまうことだってあるわな。世界同時不況で丸々肥えたジンガイのカモも減っちまったしよ、観光業界もお先真っ暗だああ。

洒落で書いてるうちにホントに泣けてきちまったわ(泣)。半月ほどの更新休止。またお会いしましょう。

投稿者 Periplo : 00:01 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2010年03月07日

資料系アップデート1003

若干まだるっこしい手順ながら、マラヤーラム語の映画タイトルなどの意味を調べる方法にひとつ追加。

グーグルのインディック・トランスリテレーションを使ってマ語ネームをゲットする。このシステム、英文字とマラヤーラム文字の機械的な対応じゃなくて、一定程度辞書的な登録がされてるみたいなんだ。だから、Mohanlal と入れても Mohanlaal としても、ちゃんと同じ മോഹന്‍ലാല്‍ のネームを出してくれる。ただし、Nayantara だと നയന്താര、Nayanthara だと നയന്‍‌താര、なんて違う結果が出ることもある。

それはともかく、ここでゲットしたネームをコピペしてオンライン辞書にぶち込んでみる、マラヤーラム語の場合は以下の二つが見つかってる、他にもあるだろうけど。

Mashithantu:本日のところ28,179語を収録
Universal Dictionary:本日のところ2,280語を収録

こういうツールを使って調べたところ、Samastha Keralam P.O. (Malayalam - 2009) Dir. Bipin Prabhakar のタイトルの意味は「パーフェクト・ケララ郵便局」になる筈(ほんまかいな)。

グーグルのトランスリテレーションはサウス4言語を含む19言語をカバーしてるから、結構遊べそうだよね。

付記
シカゴ大テルグ語1:Brown, Charles Philip. A Telugu-English dictionary. New ed., thoroughly rev. and brought up to date ... 2nd ed. Madras: Promoting Christian Knowledge, 1903.
シカゴ大テルグ語2:Gwynn, J. P. L. (John Peter Lucius). A Telugu-English dictionary. Delhi; New York: Oxford University Press, 1991.
Universal Dictionary テルグ語:2,170語
シカゴ大タミル語1:Fabricius, Johann Philipp. J. P. Fabricius's Tamil and English dictionary. 4th ed., rev.and enl. Tranquebar: Evangelical Lutheran Mission Pub. House, 1972.
シカゴ大タミル語2:Kadirvelu Pillai, Na. Tamil Moli Akarathi. N. Kathiraiver Pillai's Tamil Moli Akarathi: Tamil-Tamil dictionary = Na. Kathiraiver Pillayin Tamil Moliyakarati: Tamil-Tamil akarathi. 6th ed., rev. and enl. Cennai: Pi. Ve. Namacivaya Mutaliyar, 1928.
シカゴ大タミル語3:McAlpin, David W. A core vocabulary for Tamil. Rev. ed. Philadelphia, Pa.: Dept. of South Asia Regional Studies, University of Pennsylvania, 1981.
シカゴ大タミル語4:University of Madras. Tamil lexicon. [Madras], University of Madras, 1924-1936.
シカゴ大タミル語5:Winslow, Miron. A comprehensive Tamil and English dictionary of high and low Tamil. Madras: P.R. Hunt, 1862.
Kannadakasturi カンナダ語:非ユニコード。現状ではうまく作動せず。
GICAS:ヒンディー語・日本語・英語

投稿者 Periplo : 19:54 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2010年01月02日

お年玉

swetha.JPG

お年玉が欲しいのはオイラのほうだい!などと子供のようなことを言うのはやめよう。皆様の初夢の幸多きことを祈念して、シュウェちゃんのドリーム・シークエンスを。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 Periplo : 00:43 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2009年12月31日

総括?

三日前の出来事も覚えてない、三日先の予定も見えてない、そんな中で行く年を振り返ったり、来る年を見通したりするよな区切りめいたことをする気にはどうにもなれまへん。

なので惰性でいつものお決まりを。

本年もっとも印象的だったイメージはミーナーちゃんの結婚披露宴

meenawedding.JPG

…に現れた熟年夫婦のものですた。

最後にささやかながらお歳暮を。皆様よいお年をお迎え下さい。

投稿者 Periplo : 19:32 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2009年09月13日

ぼちぼち再開

VictoriaMemorial.jpg

脳内デトックスのしすぎでへろへろだけど、来週から再開しようと思います。ネタはギッチギチ。あとは時間のやりくりだけ。

投稿者 Periplo : 21:41 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2009年08月28日

エアギターもってこう

Yamahanagari.jpg

ここんとこ二週間近く更新を怠っておりましたが、この先も二週間ほど更新を怠るつもりだす。ネタはぎっしぎしにあるんだけどね、しばらく熟成さしときます。

投稿者 Periplo : 05:44 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2009年01月01日

新年愉快

NewYear2009.jpg
とりたてて語るほどの抱負もないけれど、今年も地道にレビューを増やして行きたいと思いますだ。どうぞよろしゅうに。

投稿者 Periplo : 00:43 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2008年12月31日

年末大奉仕

本年も大変お世話になりました。年末恒例のリシーたんで締めくくり。

lissy-tan06.jpglissy-tan07.jpg
lissy-tan08.jpglissy-tan09.jpg
lissy-tan10.jpglissy-tan11.jpg

はあ〜、リシーたんの笑顔を眺めてれば、ドヤの暮らしも口入れでの押し合いへし合いも忘れられるよう。イメージはいずれも先日紹介の Manu Uncle から。

そういや、これを紹介したのはラルさんが自身の役で出てるからだっけ。
ManuUncleLal.jpg
リシーのキャプチャしてたらどうでもよくなっちゃったんだけど、一応画像あげとくか。頬髭・グラサン・ソフト帽でファンに見つけられるのを防いでる大スター、という設定。カタカリのメイクしてもわかっちまうラルさんじゃあ、全然バレバレに思えるけどな。

投稿者 Periplo : 23:33 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2008年12月09日

資料系アップデート0812

かつて拙サイトに掲載した参考資料集は、あいかわらずの干物状態。リンク切れや事実上の閉店状態のものもまじっちゃってますわ、ホンマにすんません。しかし1998年に『ムトゥ 踊るマハラジャ』が日本で劇場公開された時分と比べると、日本語でのインド映画情報サイトも随分様変わりしましたなあ。

本来ならば資料集に掲載すべきなんだけどひとまずこちらで速報しときたい、日本人によるサウス映画関連ブログをふたつ。

ドミドミ日記
カーヴェリ川長治の南インド映画日記

前者は獨逸國、後者は天竺國班加羅爾にお住まいの印映愛好家による、サウスに重点を置いたブログ。勉強になりまっせ。オイラもモリモリ映画観てドバドバ書いちゃうぜ、という気にさせてくれるのであります。

投稿者 Periplo : 00:23 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2008年09月22日

復帰

LissieJCT.jpg

いつものビョーキのせいでちょっとブランクがありましたが、またぼちぼち始めていくつもりだす。

写真はエルナクラム市街北部の Lissie Junction 付近。名前の由来はこのそばにある Lisie Hospital にあることはまず間違いないんだけど、ついね。ビョーキっていってもここに入院してた訳じゃないよ、念のため。

投稿者 Periplo : 15:14 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2008年01月01日

賀年片

印度の鼠君は、ガネーシャ神の乗り物だそうです。名前はMushika。小さな体で主の巨軀を支える、これぞ神話の不条理。

NYcard2008.jpg

ムシカ君の物語はこちらあたりで。ガネーシャの各種の異名だけで描かれたこの図像などを見るとホントに運んどります。ご苦労さんですなあ。

投稿者 Periplo : 20:25 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2007年08月03日

鐵分不足

で頭がまともに働きまへん、しばらく更新を停止します。

Virasat08.jpg
Virasat (Hindi - 1997) Dir. Priyadarshan より。

投稿者 Periplo : 04:43 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2007年04月09日

絵日記風に

shwetaAL1.jpg
年中行事のため中断しとりましたが、予告通りパワーダウンして再開。

写真はいずれもAbraham & Lincoln (Malayalam - 2007) Dir. Pramod Pappan の街頭ポスター。シュウェちゃんはますます凄絶なB級お色気顔になってきた。

shwetaAL2.jpg

投稿者 Periplo : 03:38 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2007年03月23日

Escapism

という名の休止。

varendamaduraikku.jpg

半月後ぐらいにさらにパワーダウン(爆)してお目にかかる予定だす。

投稿者 Periplo : 01:57 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2007年03月17日

シュウェちゃん items1

追っかけ宣言したからにはちょっとずつでも潰していこう。

DBshweta.jpg
DBshweta2.jpg

Dubai (Malayalam - 2001) Dir. Joshi
Cast : Mammootty, Anjala Zaveri, Nedumudi Venu, Vijayakumar, Vindhya, Urmila Unni, Mammukoya, N F Varghese, Biju Menon, Preetha Vijaykumar, Shweta Menon, Charu Hasan, Nirmal Pandey, Janardhanan, Cochin Haneefa

僅か6年前の公開だってのにレビューが少ない少ない。マラヤーラム映画史上トップランクの制作費をつぎ込んだ199分の大作だったが見事にコケた。シュウェ様は1分40秒ほどのソングシーン♪Yeh Hilain... にゲスト出演。アップが少なくて口元の刀傷については確認できず。マフィアの親玉が砂漠にテントを張って催す宴席でのダンサー役。隣で踊ってんのは、タミル・コメディアンのヴィヴェック(嘘)。

ジョシ映画にしては荒唐無稽度は低いが、それ以上でもない。居ながらにしてドバイ観光できるだけが取り柄かも。なお、本作撮影時点でこれ関連施設は未オープンだったのでロケ地には無し、残念。

たぶん制作予算の大半は、ドバイ在住の輸入王を演じるマ様がとっかえひっかえするアルマーニ(推定)に消えたんじゃないか…。

投稿者 Periplo : 03:15 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (6)

2007年01月01日

年頭ご挨拶

前ポストから数時間しかたってないけど、皆様明けましておめでとうございます。予告通りいつもの調子でボチボチやってきますわ。と書いたけど、大したニュースもないんだな、どうすんべ。

最近、一部の南印好きコミュニティの中で、タミルにハマる人=タミラー(Tamiler) という呼称が定着しつつあるようなのれす[ちなみにタミル語でタミル人を表す語はTamilan (タミラン、男性単数)、Tamilar (タミラル、複数)]。その伝でいくと、昨年の当ブログはかなり「ケララー」な色合いが濃かったでしょうかね。今年ももちろんプリヤン動向はしぶとくフォロー、ライフワークと化したモーハンラール・ディスコグラフィーも粘着的に続けるつもりだけど、やっぱりなんか新しいことも始めたい。

理論武装も何もなしにいきなり宣言するなんて軽率にも程があるとは思うのだけれど、勢いで言ってしまおう、今年の抱負。

2007NY.jpg

今年はあーんどりゃーでも行くんだぎゃあ

投稿者 Periplo : 05:20 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年12月31日

年末ご挨拶

2006年も当ブログにおつきあい頂きありがとうございました。特に多くのコメントを賜った慕華堂様、kubo 様、むんむん様に感謝。正直このブログは、いつも相づち・突っ込み・お励ましを寄せてくださる御三方に宛てて書かれた私信みたいなもんなんです(なんて言ったらプレッシャーか)。来年もおんなし調子で行くつもりなので、どうぞよろしくお願い致します。

今年も当網站へのアクセスを一人で支えてくれた リシーたんにご登場願いましょう。
dhim2.jpgdhim1.jpg
The idol of the year 2006, Lissy, Dhim Tharikida Thom (Malayalam - 1986) Dir. Priyadarshan より

投稿者 Periplo : 23:59 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (2)

2006年12月03日

資料系アップデート

かつて拙サイトに掲載した参考資料集は、経年修正を怠けたためにかなり干物化が進んでしまっとります。なんとかしたいと思いつつも怠け中。語学関係のアップデートを一つだけ。上記ページでは進行中としてあったものだけど、「タミル語世界のOED」と呼ばれている Tamil Lexicon (Madras Univ.) のオンライン化が完成してたんですね。それともベータ版なのかな。

シカゴ大学によるTL
http://dsal.uchicago.edu/dictionaries/tamil-lex/

もちろんタミル語学習者以外にとっては楽勝とは言いがたいけど、タミル語単語のローマナイズ入力ができて、曖昧検索にもそこそこ対応しているところがありがたい(murugan:murukan、kaadhal:katal 程度のブレには対応してもらえる)。ユニコード非対応ブラウザでも検索可能。

同じソースから編纂されたケルン大学の Cologne Online Tamil Lexicon もある。117,773語のエントリー。こちらもタミル語のローマナイズ入力による検索が可能。

どっちかというとシカゴ大の方が、「闇雲に数打ちゃ当たるかも」式検索にフレンドリーかも。

参考:リンク集 Online Dictionaries - Tamil を見ると他にもいろいろありそうだ。

投稿者 Periplo : 22:11 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年08月17日

褐色矮星銀河

大好評連載中の「大部屋以上明星未満★☆」を別のカテゴリー (brown dwarf galaxy) にまとめてみました。

投稿者 Periplo : 02:36 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年06月28日

療養休暇

色んなとこで色んな名前で楽しくやってるうちに、ちょーしに乗りすぎて、ハヤリ病の「まるちぷる・ぱーそなりてぃ・でぃすおーだる」に罹ってしまいますた。いいお医者様がいると評判のところにチョイと行ってきやす。半月ぐらい後にお目にかかりやしょう。

治療想像図(ただし施術者と被術者が逆転しとります)
Thandavam01.jpgThandavam02.jpg
Thandavam03.jpgThandavam04.jpg
Thandavam (Malayalam - 2001) Dir. Shaji Kailas より

投稿者 Periplo : 01:31 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年05月22日

いつものアレか?

ここんとこご無沙汰だったんで、あっちのほうにポストしてみました。

投稿者 Periplo : 04:15 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年04月30日

謹んで訂正2

先日のエントリー大部屋以上明星未満★11にイージーなミスがあったので、訂正します。まあ、いつものように誰も気にしちゃないだろうけど。

投稿者 Periplo : 02:59 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年01月01日

新年快樂

どういう訳か恒例になってしまったリバーシブル年賀状、捻りもなくかんわいぃ〜バージョンとちょっと不気味ぃ〜バージョンを用意いたしました。どうぞ本年もよろしく莫迦話にお付き合い下さい。

投稿者 Periplo : 04:24 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2005年06月25日

友が皆我よりエラく見ゆる日は

取引先に貸した豪華資料本を紛失され、
見積書に訳の分からないケチをつけられ値引きされ、
その直後にトンマなミスが発覚して振り上げた拳の行き場に困り、
血反吐を吐いた別の仕事は時給500円だったことが分かった。
そんな一週間の終わりには…

こうやってユニコードで遊んでやるんだ!



விஜய்காந்த்





கறுப்பு எம் ஜி ஆர்




Vijayakanth-27.jpg

投稿者 Periplo : 01:20 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2005年06月04日

test

本家ページのURL
http://periplo.hp.infoseek.co.jp/

何でもブログのURL
http://www.doblog.com/weblog/myblog/40353

投稿者 Periplo : 05:40 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (1)