« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月30日

ディワリ激突

プリヤンの新作 Kyun KiGaram Masala がどちらも11月3日に封切りになるだろうという、NewKerala.com 記事

そして後に続く Malamal WeeklyVictoria No.203 (Hindi - 1972) Dir. Brij のリメイクであるというBollyvista のすっぱ抜き。だだしこの記事では作品名が Maalamal Express となっている。こちらは12月公開予定。

やっとタイトルが確定したらしい Kyun Ki はプロモーションビデオが公開に。はっきり言って全然面白そうじゃない。こういう時は、主演俳優を某国の太子に脳内変換するソフトを稼動させればいいんじゃ。

victoria203.jpgmalamaalweekly.jpg

投稿者 Periplo : 00:42 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2005年08月28日

ディスク情報0508

cvMukundetta.jpgcvVandhanam.jpg

プリヤン旧作のディスク化情報。

Mukundhetta Sumithra Vilikunnu (Malayalam - 1988)
Starring: Mohanlal, Srivivasan, Ranjini, Nedumudi Venu, Innocent, Jagathy Shreekumar, Thikkurisi Sukumaran Nair, K.P.A.C. Lalitha, Soomen, Pappu, Raju

Vandhanam (Malayalam - 1989) 
Starring: Mohanlal, Girija, Mukesh, Nedumudi Venu, Jagadesh, Ganesh Kumar, Manian Pillai Raju

前者はSurya から、後者はNew Age から、いずれも英語字幕付き(未検証)DVDで発売。いずれの作品にもネット上でレビューらしいものは見あたらず。

投稿者 Periplo : 00:30 : カテゴリー プリヤンdisc
| コメント (0)

2005年08月26日

ディストリビューター・デビュー

おおお、ボリ映画のウィッシュリストではかなり上位につけていながら未見だった象さん映画 Raja ko Rani se Pyar Ho Gaya (Hindi - 2000)は、ケララ出身でプリヤンのお友達でもあるラージーヴ・クマールさんの監督作だった訳ね。美術にサブ・シリルも名前を連ねている!

そのラージーヴ・クマールのヒンディー新作をプリヤンがディストリビュートすることになるという Galatta 記事

Director Priyadarshan enters film distribution in Kerala through Free Kick directed by Rajeev Kumar. This Hindi film has Sur fame Gauri along with newcomer Sushanth in the lead. The film is jointly produced by Jhamu Sughand and Four Frames owned by Priyadarshan. The film, which revolves around football, will be shot in Kerala and Pune locations. The film's music is by Srini. Four Frames will distribute this film in Kerala. Four Frames entertainment division has already a DTS recording theatre in Chennai and bought GV's preview theatre in the metro. Rajeev Kumar's first Hindi film was Raja ko Rani se pyaar ho Gaya.

やはり監督業から足を洗うための布石なのか?

rkrsphg.jpg

投稿者 Periplo : 02:58 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (0)

2005年08月23日

素朴な疑問文

市井の商売人や職人の職業倫理が一般にかなり高い(少なくともバブル前まではそうだったと思う)国に暮らしながら、インドの人々(つまり、通販屋とかオートの運ちゃんとかだ)と僅かながら接点を持ってみて感じること。あの国でゲージツ家、とくに高度な集団作業を本質とする映画監督だの建築家だのをやっていくというのは、どれほどにストレスフルであるかということ。

もちろん興行成績第一で細かいとこなんざ気にしないや、とケツまくっちゃってる奴もいるだろうが、いくら商業映画の世界だからといって、ゼロからモノを作り出す仕事をしている以上、それなりに「こうあるべき」というイメージをマテリアライズしようともがいている(だからこそゲージツ家の道を選んだのだろうし)ディレクターは多いはず。そういう方々がチームメンバーの手抜き・能力不足・納期無視・契約不履行などといったデタラメぶり(<決めつけか?)、真心のこもっていない仕事ぶり(<ゲージツの世界でのモラルはまた違うのか?)に対して感じる焦燥感はいかばかりのものなのか。

そういう中での炒りたてられるような苛立ちがこの映画を作らせたんじゃないかという気がする。政治的なメッセージよりも。

投稿者 Periplo : 00:35 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (0)

2005年08月20日

プリヤン・スタイル

別にこいつのことをおいかけてるつもりはないんだが油食む。

I enjoyed doing the film. I always wanted to work in a comedy film and with Priyadarshan in particular. Priyan's style is different from the rest. He lets you perform the way you want to and when you check the monitor after the shot, you ask yourself in disbelief, Did I really do that? (indiaFM インタビューより)

そのGaram Masala は、スチルが流通開始。

投稿者 Periplo : 01:30 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年08月19日

インパクト画像

pouran.jpg

現在公開中のPouran(Malayalam) Dir. Sundar Das より。いわゆるパラレルシネマのカテゴリーに入るものなのか。

マ映画にはこれまでにも'the positive and negative impact of communism on the lives of common people' というテーマの作品群が結構あって、この映画も'There are rhetorical references to how the state has failed to reinvent its socialist ideals for economic development unlike China or West Bengal. The film suggests that socialism only thrives in poverty and uses its redundant tools like strikes to bring a place to a standstill.'なんだそうだ。

ともかく、

Right from the early days, the traditional Malayalam cinema had different genres like socials (Hindu, Muslim and Christian), historicals, wild life films, comedies, political types, crime thrillers, musicals, docu-dramas, fantasies and so on, but the most favoured one was socials. (Essays on the Cultural Formation of Kerala より)

なんてのを読むと、細々ディスクで鑑賞しているマ映画は、ごくごく限られた氷山の一角だという気がしてくるわな。

投稿者 Periplo : 01:02 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2005年08月14日

特別ゲスト

プリヤンの旧作 Kilukkam (Malayalam - 1988)の続編、Kilkilukkam Dir. Sandhya Mohan(過去記事はこちら)へのモーハンラールの特別出演は、クライマックスの数シーンだけになるだろうというCineSouth 記事。しかし過去の例からすると、それでも興行成績には大いにプラスになるのだという。

一般的に特別出演には、1.大物が本来は役不足な役に敢えて出演、2.ギャラなしの友情出演、3.所属映画会社・プロダクションの契約関係を越境した出演、というカテゴリーがあるが、基本的に俳優=フリーランスのインドの場合3はないようだ。そのかわりに、4.ストーリーとは無関係なダンスナンバーなどでのアイテム出演、ていうのがあるんだな。今回のラルさんの場合はやっぱり1だろうか、4だったりして(過去に実例あり)。

さらに上記記事によれば、The film is also going to star director Priyadarshan. なんて話も。これはたぶん2だと思うが、まさか性格俳優に転向なんてこと考えてるんじゃないだろね(マ映画界では兼業が結構盛ん)。

投稿者 Periplo : 19:43 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (1)

2005年08月12日

久々の悪役

椰子國の太子が、それもヒンディー映画で、しかも伝説の名作のリメイクで。

"I wasn't really offered anything exciting. And if I work in a language with which I'm not fully at home, I need to work with directors like Priyadarshan (with whom I did Kala Paani in Hindi) and Ramu who I'm comfortable with." Now Mohanlal is all set to return to Hindi cinema in the remake of Sholay. (Times of India 記事より)。

これまで横目で眺めつつも、それほど興味が持てなかったリメイクだったけど、こうなったら話は別。

画像は上記記事とは(あまり)関係ありません ^^;)
Sree Krishnaparunthu (Malayalam - 1984) Dir. A. Vincent より。
sreekrishna.jpg

投稿者 Periplo : 00:02 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (1)

2005年08月09日

Jootata

Jootata is a remake of Malayalam film 'Kuchikuru Muguthi' the debut film of Priyadarshan made 20 years ago. The same film was made in Hindi as'Hungama'. In this Kannada version it will be changed a little bit to the present environment.(オフィシャルサイトより)

文中の'Kuchikuru Muguthi'とは正確にはPoochakkoru Mookkuthi (Malayalam - 1984) のこと。しかし、キャスト紹介ページ見ても、一人として知った顔がいないというのが情けない。

下はPoochakkoru Mookkuthi のVCD。ヒロインはプリヤンの奥さん Lissy。
Poochakkoru Mookuthy.jpg

投稿者 Periplo : 01:46 : カテゴリー プリヤンremake
| コメント (0)

2005年08月07日

Japan 関連2

制作中のマラヤーラム映画、Nothan に、日本人舞踊家が出演するそうです。ご本人の日記から無断リンク。今のところレビューなどは未発見。

投稿者 Periplo : 22:14 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (1)

2005年08月03日

冬眠明けにガオーッ

GopiTheIPS.jpgそういや最近名前を聞かないと思ってたら、働き盛りのオッさんが2年も仕事してなかったという話。

Gopi who was on hibernation for the last two years, needs heavy promotion to make a strong come back! (Chithram 記事
そりゃなんで? なんかムツカシい事情でもあったのか。

There is a huge sympathy wave for Suresh Gopi among distributors and theatre owners in Kerala. (BizHat 記事
うむむ、思わせぶりな書き方だ。訳あって干されていたのだろうか。

Can Suresh Gopi carve out his own action movie market from the two superstars- Mammootty and Mohanlal? If Bharathchandran IPS becomes a hit then Suresh will be a threat to the two M's.

Theatres in Kerala who secretly want to stop the monopoly of the two M's are praying that Bharathchandran IPS takes a good opening and 'Lal Creations' are going all out to boost the publicity as the film releases on August 5. (Sify.com 記事
おおっ、なんか凄い話がでてきたじゃん。二大巨頭寡占体制打倒とは。IMDbのプロフィールによればゴピさんは1958年生まれ。オヤジを制すにはオヤジしかないって訳か。

Renji Panicker said that the film was packed with many topical subjects and some of them are controversial. He has even touched upon the issue of minority communalism taking an upper hand. (Galatta 記事
うはっ、期待しちゃっていいのかな、ゴピさん。

それに色っぽい婦警さんも出てくるみたいだし(強面婦警さん役 Shreya Reddy のギャラリーはこちら)。ちなみにこの映画、Commissioner (Malayalam - 1994) Dir. Shaji Kailas の続編ということだ。

投稿者 Periplo : 00:06 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (3)

2005年08月01日

プリヤン・スタジオ

Aamir was in Chennai recently for a day to dub Om Puri's voice over at Four Frames, the state-of-the-art studio of director Priyadarshan. (The Hindu 記事より)

カーン様の4年ぶりの大作のおかげでプリヤン・スタジオの名前が判明。

このスタジオ、ドーサが大好きなベジタリアンのBさんも絶賛してる。

投稿者 Periplo : 00:42 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)