« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月30日

アウトソーシング先進地域

といってもコールセンター業務のことじゃない。
waheeda.gif
テルグ界の、外部スタッフ依存症にともなう吹き替え盛行に関しては前にちょこっと書いたけど、この記事(盛大にタイトルの綴り間違えてるな)によれば、First it was singers, next the heroines and now the villans なのだそうだ。なぬ、歌手? おタクら発音に関しちゃチョーうるさいんじゃなかったの?この人(born on June 4, 1946, in Konetampet, then in Andhra Pradesh, now in Tamil Nadu)なんかはカウントされてないのかな。

ともかく上記記事は、外面ばっかり凶悪でも声がシンクロしてないからイマイチ凄みに欠ける悪役が多すぎる、と嘆いてる。

二番目のヒロインに関してはというと、こっちのほうから嘆き節が聞こえてくるよ。

Telugu cinema has no actresses from Andhra Pradesh to fill a top heroine's slot for a very long time, forcing the industry to import its heroines from other cities.
--
Another fact is that families in Andhra Pradesh are still largely traditional and do not like their daughters to be associated with the glamorous world of cinema.
--
The year 2003 saw a unique record when 40 girls made their debut in Telugu films. Most of them turned out to be one-film or two-film wonders.

事情通によれば、南印では美女の産地といえばテルグ、と相場が決まってるらしい(それに対してイタダケナイのはコロマンデル海岸に面したもうひとつの州らしい<アタシが言ってんじゃないよ、事情通の人が言ってるのだ)。それなのにヒロイン自給率が危機的とは。時々いい玉が出てくるとみんなボンベイに行っちゃうしね(こん中にもいっぱい)。

投稿者 Periplo : 01:41 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (1)

2005年11月28日

Not for sale in India?

TajMahal.jpg

悪いけど何かもう激しくおバカ大作の予感がするのだけれどな。スチルを見ただけで独特のなまくら臭がぷんぷんの Taj Mahal (Hindi - 2005) Dir. Akbar Khan。

Newindpress 記事によれば、空前の巨費を投じて制作されたこの作品をマンモーハン・シン首相が観覧して激賞したとのことだ。

"I presented him a print of the film. He called back to say he wanted to meet the entire team. The lead pair Zulfiker Syed and Sonia Jehan, along with Arbaaz Khan, Pooja Batra, co-producer Irshad Alam and my wife, daughter and sister and I met the prime minister on Thursday," Khan told IANS.

"I was thrilled by his comments and also when he told me that he had met the visiting president of Indonesia and told him to see my 'Taj Mahal' to see what Bollywood was all about."

The Prime Minister also assured Khan that the possibility of "Taj Mahal" being granted tax exemption would be examined.

免税措置まで講じるとはすごいねぇ。

Bollywood has long had a love-hate relationship with historicals — the industry loves to make them and they hate to do well at the box office. (Times of India 記事 Past perfect, future tenseより)

同じコスプレでも、マーケティングを誤らなければそこそこヒットする可能性がある南印神様映画と違って、ボリウッドの歴史もの、特に「栄光のムガール帝国もの」のセールスは相当に厳しいらしい。90年代からのヒンドゥー原理主義台頭と歴史もの映画の衰退との間にはやはり関連があるのだろうか。

だけど国外で売れるのは、やっぱりこの手の「アラビアンナイト」なんだよな。もう一方の売れ筋「貧困もの」はインド人のプライドが許さないだろうし。世界中のインド料理店で一番ポピュラーな店名と同じタイトルのこの映画、案外スルッと日本で公開されたりして。とりあえずDVDが値崩れしたら観てみますわ。

投稿者 Periplo : 03:36 : カテゴリー バブルねたhindi
| コメント (0)

2005年11月27日

Roja Patti

アルヴィンド・スワミ様は私を抱き上げてぐるぐるとお回しになったのですよ、いつも私を隣に座らせて下さいました。タプー様もお優しい方。いつでも車を停めてお出ましになっては、親切な言葉をかけて下さったものです。プリヤダルシャン監督様?マイソールでの15日間の撮影に連れて行って下さいました。そしてご自分が召し上がるのと同じ料理を食べるようにと仰ったのです。でもわたしは(食事せずに)お側に控えておりましたけれどね。身の程というものがございましょう?分際をわきまえなきゃいけません、とくに映画の世界では。

主演俳優・監督とエキストラ、という職能上のヒエラルキーで説明しきれるとはとても思えない、目もくらむようなステイタスの格差を暗示する、「ロージャーのお婆ちゃん」の証言。

Roja(Tamil /Hindi /Malayalam /Marathi /Telugu - 1992) Dir. Mani Ratnam の衝撃のミュージカルシーン、♪Rukumani Rukumani で老人群舞という新しい地平を切り開いたSMラクシュミーのインタビューはもちろん貴重なのだが、それにしてもこの記事にすらラクシュミーお婆ちゃんのポートレイトが掲載されていないのもどうかと思う。

さらには、こんな興味深い証言も。

...Patti was in a zone of her own. “Those days you needed to know how to sing, dance, ride horses — everything. You could be black and nobody cared. Now? All that is required is white skin. The white-skinned man left the country but he did not leave our fascination for his skin behind!” she adds scathingly.

ちなみにインタビュアーの Roopa Swaminathan 女史(上記記事はこの本からの抜粋)の次作はタミル映画の歴史に関するものとなるらしい(rediff.com 記事 による)。

投稿者 Periplo : 03:55 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (6)

2005年11月26日

人民芸術家

chevalier.jpg俳優からジャーナリストに転じたCho S. ラーマスワミは多くの作品でシヴァージと共演した。彼はシヴァージに対する「オーバーアクト」という批判に対して、ある映画の特定のシーンに関してのシヴァージとの対話を持ち出して応えた。ラーマスワミによれば、彼の前でシヴァージはその同じ場面を抑制したやり方で演じて見せた。なぜ映画中ではそのように演じないのかと問われて、シヴァージは答えた。「こういう演り方をするならば、私や君だけが芝居を楽しむことになる。一般の人々はどうなるのかね?」
Frontline Volume 18 - Issue 16, Aug. 04 - 17, 2001 Tamil cinema's lodestar より

そう、タミル映画のある種の単純さやブキッシュさは、繊細なものを造形する能力の欠如によるものでは必ずしもないのだ。欠如によるもののこともあるけど。

投稿者 Periplo : 03:55 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (0)

2005年11月25日

リライト要求

Unhappy with the twist in the tale, Salman Khan apparently asked his director, Priyadarshan, to make changes in the climax of the film Kyon Ki.

The director may not have given in entirely to his lead actor's demands, but it's evident that there were changes made in the script. The original version in Malayalam ends quite differently. ( Times of India 記事より)

表向きは持ち上げたりしてみても、裏じゃいろいろあったんだねぇ。これまでリメイク映画のストーリーがところどころ変わってるのは市場に合わせた調整や製作者サイドの改良の試みからだと思っていたけど、案外こんな事情からなのかもしれない。サルマンが死んじまうエンディングがボリの観客の嗜好にそわなかったというのが、今回の Kyon Ki のフロップの原因のひとつとも言われているようだが…。

"People said Salman Khan shouldn't have died at the end. But that was my story! Why should I have changed the ending? Just to suit the Diwali mood? In that case, I should've never released 'Kyon Ki' during Diwali. (Newindpress 記事より)

「これ以上フィルムを切るなら縦に切れ!」って啖呵を思い出しちゃったよ。

投稿者 Periplo : 01:12 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年11月24日

言うても詮無いことながら

This one can shock all ? shock and awe they call it in the west! Mona Chopra wants to set new standard in Bollywood. She wants to perform real love making scenes like in Hollywood for the first time in Bollywood. She says she is giving what audience wants and Censor Board should not come in the middle.

Mona Chopra decided to shake the world of sex with her own talent under her lingerie. She is going topless and somewhat bottomless in Red Swastika.

she is shedding her clothes for her forthcoming films Red Swastika and Naughty Boy. -Indiadaily.com 記事より

ここ数年のうちにボリウッドは「中に入れてぇ〜」だの「外に出してぇ〜」だのといったことをおっ始めてしまうのだろうか? それじゃつまんねーよ。

せめてサウスだけはこのままガチガチの今鯖で行って欲しいもんである。お口とお口でぶちゅーってのさえ憚られるのに、ダンスシーンでサリーの隙間の背中舐めちゃうのはアリ、みたいな歪んだスタンダードで(藁。

投稿者 Periplo : 01:19 : カテゴリー バブルねたhindi
| コメント (0)

2005年11月23日

ラジニ様ファッション

youngsupparustar.jpg

Chandramukhi で衣装を担当したのはSidney S Sladenというひとらしい。
Fashion designer Sidney S Sladen has brought the first five years of his professional career to a triumphant close recently by designing superstar Rajnikant's 60 costumes in the hit film Chandramukhi, which, according to all reports, helped the 59-year old actor look every inch the swashbuckling hero. (One fan's testimony: "Thalaivar film very super. Thalaivar looking super young.") newindpress 記事より。

参考資料:Time for new trendsSidney's show

Vasu's father was MGR's makeup man and Vasu too knows about makeup.
Sydney Sladen designs Rajni's costumes

寝間着のデザインなんかもするのかな。

投稿者 Periplo : 01:07 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (0)

2005年11月22日

ディワリ商戦

"Kyon Ki was from my heart. Its failure broke my heart," - rediff.com 記事より。

突出した大ヒットがないと言われた今年のディワリ映画だけれど、結局大方の予想どうり Garam Masala がトップ賞に。しかしあまりハッピーになれないプリヤン、力瘤の入ったシリアス映画 Kyon Ki... が鳴かず飛ばすに終わったため。

"I wanted to make films that I believe in. But now, it doesn't seem possible, at least not in Hindi where the market is dictated by formula. I might as well make films like Garam Masala and not lose my audience in Bollywood. I can make the more serious and experimental films in Malayalam where the market is more friendly to new ideas."

せせこましくてみみっちいマ映画界には居場所がないけど、脳みそ空っぽでワンパターンのヒンディー界にもうんざりだもんね。物事うまく運ばなくなると出てくるいつものぼやき節。

Garam Masalaではツインヒーローの仲違いのだのトリプルヒロインが陰でいがみ合ってただの、お上品なマ映画界だったらあんまり表に出てこない(無い、とは言わないけど)低レベルネタにもうんざりしてるみたいだ。そういうことなら再度タミル界にカムバックっちゅーのはどうやろ。

笑いどころも落ちもないしであんまりだから、Kyon Ki... ルーマニア・ロケのギャラリーを挙げておこう。

投稿者 Periplo : 03:07 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (1)

2005年11月14日

メモだ、メモ!

最近ちょっと太めになってきたかと懸念していた某氏の記事を見つけて興奮、Sify.com 記事


Vikram goes for rejuvenation!
After a massive publicity campaign for Majaa in Andhra, Vikram is taking a break from his hectic schedule for the next three weeks. He is off to Coimbatore where he will get rejuvenated at Dr Ravindran's clinic.

He is going for a complete Ayurvedic treatment including Abyanga (one of the most rejuvenating treatments of Ayurveda to improves blood circulation, rejuvenates the whole body, removes cellulite, beautifies the skin and helps sleep better), Pizhichil (an extremely soothing and relaxing massage for toning, strengthening and deeply rejuvenating the whole body), yoga and meditation (the art of keeping free from stress)for a month).


タミルスターに若返りの秘術を施すクリニックはここだぁーっ!! ヨ、ヨヤクヨヤク。

投稿者 Periplo : 02:15 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (3)

2005年11月09日

注目のバクティ映画

sriramadasu.jpg
細々と神話映画について調べていると、どうも南印での中心はテルグ界だったらしいことが見えてくる。他の地域でこのジャンルが軒並みB級化した後も、テルグでは時々大スターをフィーチャーした大作が作られる。現在製作中のSri Ramadasu Dir. K Raghavendra Rao も凄そうだ。何たって龍樹様、ANR様の親子競演。脇をかためるのが、スネーハ、ナーセル、サラト・バーブなど何故かタミルの人たち。フォトギャラリーも大充実。

投稿者 Periplo : 05:31 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (1)

2005年11月08日

そっちが悪役なら…

こっちはお巡りだ! ってことでマンムーティが久々にヒンディー映画に出演。Sau Jhooth Ek Sach (Hindi - 2005) Dir. Bappaditya Roy 。レビューも多数。しかしこの映画の情報、ケララ芸能記事では全く目にしなかった(見落とし?)。うへっ、もうディスクまで出てるわけ?ヒンディー映画の半分、いや四分の一のペースでもいいからマ映画もディスク化して欲しいもんだぁ(泣。

投稿者 Periplo : 02:46 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (1)

2005年11月05日

未確認リメイク情報

趣旨としては無関係な cinesouth のニュース Murali Nagavalli goes to Bollywood にちらりと現れたプリヤン情報。

UTV is going to produce this film. Right now, the company is producing Priyadarshan's new Hindi film, which is the remake of 'Punjabi House'.

また発注しなければならないディスクが増えてしまった。Punjabi House (Malayalam - 1998) Dir. Rafi-Mecartin はテルグ、カンナダではすでにリメイク済みらしい(資料)。

投稿者 Periplo : 03:07 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2005年11月02日

芸道+愛国もの?

Garam MasalaKyon Ki... の本日同時公開でインドの芸能メディアは結構騒いでいるみたいだけれど、プリヤンはもうその先にいっちゃってる、mumbaimirror 記事

The astonishingly productive Priyadarshan is still to complete his fourth film in six months, when he's already planning his next, most ambitious project to date.

Priyan plans a big epic period film ? "My first since 'Kala Pani' about the Chau dancers of Orissa and Bihar who took on the might of British colonisers through the dance form. " Explains the prolific director, "Chau was also a form of martial arts. The Chau dancers fought back the British, but were finally decimated systematically for their rebellious streak. It's a project for Percept Pictures. I plan to take a break after the Kareena - Shahid film that I'm shooting right now." The film would be Priyan's first historical. Two years ago he was planning a film on the life of the Chandrashekhar Azad with Abhishek Bachchan. "But that didn't work out," sighs the director, "But this film on Chau dancers has me all charged up."

The indefatigable Priyadarshan incidentally has completed 60 films by now. And he has also finally found a title for his new Kareena - Shahid starrer: "I want to call it Khatta Meetha. I'm a great fan of Basu Chatterjee and Hrishikesh Mukherjee's middle-of-the-road comedies."

As to which of his two films, up for release simultaneously on November 2, is he betting his own money on, Priyan affirms, "I want both Garam Masala and Kyon Ki to do well. But if you ask me to choose, then I'll have to go with Kyon Ki. It's very close to my heart and in league with like Kala Pani and Viraasat. If it works then I'd want to get more experimental. Garam Masala is a straight-off 'Priyadarshan' kind of formula film."

オリッサ州、マユールバンジ県のチョウについては、 こちらの The Chhau Dance of Mayurbhanj : Its Growth and Royal Patronage など。

投稿者 Periplo : 22:18 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)