« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

気が遠くなるようなスリム

プリヤン・フィルモグラフィーに新事実。

Mohanlal was my junior in school and college. When he bagged the villain's role in Fazil's debut film, `Manjil Virija Pookal,' I joined the unit as an associate director.(The Hindu インタビュー、The magic lies in packaging より)

プリヤンの監督デビュー作が Poochakkoru Mookkuthi (Malayalam - 1984)。それ以前に脚本を手がけたものが幾つかあることは知ってたが、アシスタント・ディレクターもやっていたというのは初耳。しかもそれがファーシルのデビュー作で、モーハンラールの(おそらく最初にクレジットされた)悪役デビュー作だったというのは感慨深い。Manjil Virija Pookal (Malayalam - 1980) のディスクなどは今のところ見あたらず。資料といえるものもこれぐらい。

きっとこんな感じだったんだろうね(このイメージの出典は不明)。
younglal.jpg

投稿者 Periplo : 23:08 : カテゴリー プリヤン旧作
| コメント (4)

2006年01月28日

remake or remix ?

他言語映画からのリメイク作品に特別重い娯楽税をかけたり、公開に各種の制限をつけたりすることが、カンナダ映画界の振興につながるのかどうかについては、サンダルウッドでも意見が二分されているようだ、Divided opinion on remakes (Sify.com 記事)。

A day before the dream merchant of Kannada cinema Ravichandran addressing the media told that the government can stop facilities to remakes and subsidy once for all.

'Then remakes are stopped, remix films come and that is already forte of some of the producers. There is no point in giving subsidy of Rs.10 lakhs to quality based films. This theory itself wrong' felt Ravichandran.

リメイク&リミックスしまくりで荒稼ぎして、次は芸術映画でより高いステージを目指すんじゃ、なんて言ってるボリウッドの監督もいるってのにねぇ。

投稿者 Periplo : 02:47 : カテゴリー バブルねたkannada
| コメント (0)

2006年01月27日

Padma Sri よりも凄いらしい

チランジーヴィが Padma Bhushan を受賞した(Konidala Chiranjeevi 名義で)という newKerala.com 記事。サウスのスターではラジニカーントについで2番目(ちなみに2004年にはこの人も受賞、mmm)。

しかしこういう晴れがましいシーンの陰にこの手の騒動がまた持ち上がってるんだろうな、なかなか報道されないけれど。

投稿者 Periplo : 02:48 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (4)

2006年01月26日

人生設計

ケララにジャヤラージという映像作家がいる。約18年間のキャリアで監督作が21本というから、多作とはいえないか。アート・コマーシャル双方を手がけ、アート方面では幾度も賞(州、国家、国際レベル)を受賞して芸術映画愛好サークルの連中の溜飲を下げさせるている。しかし、その拍手も鳴り止まぬうちに、それをあざ笑うかのように今度はアート命の連中が言うところの「コマーシャルなジャンク」を生産してヒットを飛ばす。

After Karunam won international awards, many filmmakers and artistes in Kerala asked Jayaraj to stop making 'commercial junk'. They felt it was high time he ended his romance with the commercial circuit and devoted his exceptional talent to serious cinema. But Jayaraj chose to make the 'crass commercial' Millennium Brothers next, releasing it on January 1, 2000.

---

The third in the Navarsa series was Bheebhats, in Hindi, with Seema Biswas in the lead. Sadly, the film did not get the kind of attention it deserved.

Then came the hugely successful 4 the people, a cult film in Kerala but again, "crass commercial junk". It was followed by a sweet little film called Makalkku, featuring National award-winning actress Shobhana as a mentally deranged beggar who does not utter anything in the film except the word killeri. Suresh Gopi, his favourite actor, played the role of Dr.Warrier.

Then came more "junk", in the form of Rain, rain, come again, which failed miserably at the box office. His Daivanamathil, an offbeat film on communalism and terrorism, won a lot of critical acclaim though.

---

When asked how he can play Dr Jekyl and Mr Hyde while making films, Jayaraj says, "I enjoy both kinds of films. I make both kinds with the same passion and intensity." He agrees that he is more tense while making a commercial film like 4 the people though. "I am under tremendous pressure because I am making that type of film for the masses. I have to make them enjoy it. I have to convince them. If the masses don't accept a commercial film, it will be a big failure. Nobody knows what people like. Nobody has discovered that formula."(rediff.com インタビュー Jayaraj: A director's profile より)

ちょっと意外な気もするけど、芸術映画よりも商業映画の方が、この監督にとってはテンションを要求するものなんだ。きったはったの勝負事の世界で商業映画を世に送り出すよりも、低予算の中でアートを生み出す苦しみのほうが心臓への負担は少ないってことか。

以上はただの前ふりでした。さてプリヤンの話。

If both these films (Garam Masala, Kyon Ki...)work, I will say goodbye to Hindi cinema by 2007. I will only make small budget Malayalam films from them on.(The Rediff Interview Priyadarshan: I am a good actor by Patcy N, November 02, 2005)

結局2本同時大ヒットはならなかったものの、コマーシャル(ヒンディー)映画からの引退予告に期限が明記されたのだ。

After 61 films in five languages, including 16 in Hindi, director Priyadarshan says he will retire from commercial cinema in another two years. "I want to do serious films irrespective of box office value," he says. The director was in New York on vacation with his actress wife Lizzy and children Kalyani (13) and Siddhartha (12). It seems as if he's begun his move, having already made a serious film, directed by Rajeev Kumar, that will be released in February. Priyan, as he is called, says he has all the facilities and networking to make serious films, especially with his own studio in Chennai. Excerpts from an interview:

Q:You say you want to move out of commercial films. Does it mean you are dissatisfied with your career so far?

A:It is not due to any dissatisfaction with my earlier films. After a quarter of a century in the field, I want to move to another level, or to a higher level.

Q:When do you plan to go back to Malayalam movies?

A:Not soon. The food at home will always be there. I can go back any time. (The Rediff Interview Priyadarshan to retire from commercial cinema? by George Joseph, January 04, 2006)

やっぱりプリヤンにとっても、「もののわかった」趣味の良い内輪の人々からなる狭いコミュニティのなかで楽しくやれるアートの世界は、(資金のやりくりさえつけば)居心地良く思えるんだろうか。うまく行けばこれまで縁のなかった名誉が転がり込んでくるかもしれないしね。

しかし、ベタベタな突っ込みではあるが、よーするに

リメイクの元ネタに枯渇したんでねぇかい


という声も聞こえてきそうなものではあるが。

プリヤン映画ファンというより(新作リリースされても放ったらかしだし)、プリヤン生き様ヲチャーとなっている今日この頃。

投稿者 Periplo : 02:33 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (0)

2006年01月24日

Chup Chup Ke

chupke.jpg

カリーナ+シャーヒドのラブコメ、Khatta Meetha は結局 Chup Chup Ke というタイトルに変更されたというIndiaFM 記事

既に撮了という televisionpoint 記事。公開は夏の休暇時期になるというが、このブランクというかプロモーション期間というかは随分なもんだ。

投稿者 Periplo : 00:45 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年01月23日

ぞーきんリアリズム

穴埋めグラビア感が濃厚な rediff.com の特集 Age doesn't matter in Bollywood。一瞬熟年女優の記事かとも思ったがさにあらず。ようするに3カーンをはじめとするボリのトップ男優連中が近年の出演作中で大学生役を演じてるのはどんなもんかい、と突っ込んでる低レベルの揶揄。ボリウッドもこういう部分で近代化したんだねぇ。推測だけれどアミターブのヒーローとしての全盛期にはこういう突っ込みをされたことはあまりなかったんじゃないか(ア氏はそもそも学生役なんてあんましやらなかったか)。

そこいくと我らがサウスはいいねえ、スーパースターといわれる人たちにしてからが「54歳独身、恋人募集中だっ」で押し通してるんだから。もっとも北でも南でもヒロインに関してだけは実年齢リアリズムがすでに浸透してるから、その分ド厚かまし感が増幅されてきてることは否めないけどね。

投稿者 Periplo : 00:03 : カテゴリー バブルねたallIndia
| コメント (0)

2006年01月20日

ちょっ、ちょっと待ったぁーーー!

呑気に腕相撲なんかしてるバヤイじゃないよ、お二人さん。
Gisthi.jpg

しばらく前に気のない書き込みしたまま放ったらかしにしてたけど、今気がついた、これって今年はじまって以来の異常事態じゃん! 

プリヤンのKakkakuyil (Malayalam - 2001) のリメイクである Gusti [aka khusthi] (Tamil - 2005) Dir Raj Kapoor が昨年末にやっと公開されたという話だけれど、ちょっと待て。Kakkakuyil のタミル語リメイクはプラシャン主演で London (Tamil - 2005) Dir. Sundar C. てのがあるじゃないかぁぁぁ。

KakkakuyilLondon がリメイク関係にあることは確実なのだ。だって漏れはこの倫敦を去年花の都で(死ぬほど退屈しながら)見たんだもん。

ま、まさかリメイク権の二重売り(プリヤンならやりかねん)? Gusti の公開の遅れの原因はこれなのか? 同一言語圏で同じストーリーの2作が同じ年に公開って、いくらインドでもこりゃ前代未聞じゃないの?

それにしても…

バレなきゃ何でもアリなのかーっ?!

 (<バレてるって)


資料集(冷静になろう)

'Kaaka Kuyil' goes to Tamil By MIO Team Dec 15, 2005, 06:34

The Mohanlal starrer 'Kaaka kuyil', which was directed by Priyadarshan, is going to be remade in Tamil.

The Tamil version of the film stars Karthik and Prabhu in the lead. This is one of the comeback films for Karthik who had been sent away home after a series of irresponsible behavior on his side that had cost lakhs of rupees to the film makers.

The film in Tamil has been named 'Gusti'. Rajkapoor is going to direct the film.
http://www.musicindiaonline.com/n/p/malayalam/275/

Return of Karthik

Karthik, who has been very enthusiastic about the project from Day 1, offered to act the villain's part also. Incidentally Karthik shares the screen with Prabhu in director Raj Kapoor's next venture - a remake of the Mohanlal-Mukesh starrer written and produced by Priyadarshan. Will re-creating the "Agni Nakshatram" magic be a tall order for the two Tamil heroes?
http://72.14.203.104/search?q=cache:r9wfWm9sAhwJ:www.behindwoods.com/Return_of_karthik.html+karthik+prabhu+priyadarshan&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja

リメイク権2重売りを示唆する唯一の記事 Thursday, November 18, 2004

Arrangement has been made to buy over the story of Malayalam film 'KakkaKuyil' for the Tamil film 'Gusti' acting by Prabu and Kartik. However, story has been already bought by Kushboo and she is going to use the story for her new film. Now, Gusti director Rajkapoor is looking for new story.
http://www.veenaimovies.com/titbits.asp?Page=94

London
オリジナルと比較したレビュー:http://bbthots.blogspot.com/2005/03/original-london-and-originals-original.html
IndiaGlitz によるギャラリー
当作は既に Ayngaran よりDVDリリース済み。かくいう筆者も入手済みながら未チェック(死ぬほど退屈な予感がするんで)。

Kakkakuyil レビュー
http://moviemagik.tripod.com/Bollywood/south/kakakuyil.htm
http://www.screenindia.com/20010427/malayalam.html
本作のDVDについてはこちら。結局字幕付きは(存在はしてるんだろうけど)未入手。字幕なしで見ると死ぬほど退屈。

テルグ語リメイクである Tappu Chesi Pappu Koodu (Telugu - 2002) Dir.A Kodanda Rami Reddy のレビュー
http://www.idlebrain.com/movie/archive/mr-tappuchesi.html
http://www.hinduonnet.com/thehindu/mp/2002/05/20/stories/2002052000590400.htm

Gustiのレビューは先日紹介したもの以外、なかなか見あたらない。おそらくポンガルリリースの大作群に飲み込まれて跡形も残さず沈んでしまったのだろう。祈るような気持ちでディスク化を待つのみ(死ぬほど退屈だろうけど)。

Kakkakuyil と同時期に製作されて、モブシーンの一部を使い廻している映画もある、Yeh Teraa Ghar Yeh Meraa Ghar (Hindi - 2001) Dir. Priyadarshan だ。バレなきゃオッケー、オッケー。

投稿者 Periplo : 01:10 : カテゴリー プリヤンremake
| コメント (1)

2006年01月19日

美國憧憬

ケララの衆にとって、豊かで何でもアリでオサーレーで憧れちゃう宝の国っていったら、なんつってもアメーリケなんだな。いろいろ見てみたけどイギリス在住 NRI にはついぞお目にかかったことがない。不思議だ。湾岸ていうのは、リアリティあり過ぎてまた意味が違って来ちゃうんだろうし。逆にジャッパンなんて、あまりにイメージなさ過ぎて造形不可能なんだろし。

たいていのことには驚かなくなってるけど、しばらく前に見た Geetham (Malayalam - 1986) Dir. Sajan に出てくる美國帰りファッションには度肝を抜かれた。

geetam1.jpggeetam2.jpggeetam3.jpggeetam4.jpg
注:笑いをとる役じゃないです。

しかしこうやってキャプチャしたりしてるうちに、どんどん冷静になって、フツーの資料として流し見している自分がいる(w

投稿者 Periplo : 02:09 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2006年01月15日

邪宗MoMa

adharvam1.jpgadharvam2.jpg
Adharvam (Malayalam - 1989) Dir. Dennis Joseph

krishnaparunthu2.jpgkrishnaparunthu3.jpg
Shree Krishnaparanthu (Malayalam - 1984) Dir. A. Vincent

一口にマラヤーラム・ホラーつっても色々あるもんだ。これまでは脱力お笑い系しか見てなかったけど、シリアス丹虎系なんてのがあることもわかった今日この頃。何らかの理由で正統派婆羅門コミュニティから逸脱した主人公が異端の師に出会って黒魔術を修得するという話。その呪力で周囲を恐怖に陥れながらも結局ラストでは破滅するというのがお約束か。もとになっている文芸作品があるのだろうか。ともかく正統派婆羅門の世界にも看過できないほど影響を及ぼしているというケララのタントリズムについて調べだしたらキリがなさそうだ。

上記両作とも、監督は名前からしてクリスチャン。それにテーマがテーマだけにエッチなおネエ様が出てくるのもチョーいい。

投稿者 Periplo : 20:34 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2006年01月12日

雨が降りゃ、太鼓屋が叩く

尋ねディスクのコーナー。
cvMazhapeyyunnu.jpg

プリヤンの旧作 Mazha Peyyunnu Maddalam Kottunnu (Malayalam - 1986) のタイトルの意味(だけ)が判明。こちらの全然関係ないブログ上で。ケララ童謡の歌詞からとったものということになるんだな。かつてVCDが存在したことだけは確かなのだが、現在取り扱っているショップは見あたらず。トレイラーはこちらさんで。

フォーラムなんかでの評価は結構高いんだけどね。プリヤン映画で唯一の MoMa 共演作。コメディだそうです。

投稿者 Periplo : 03:11 : カテゴリー プリヤン旧作
| コメント (0)

2006年01月11日

ニューエイジコスプレ寓話

速報、殿下のハリウッド進出第1弾のSF大作のスチルどぇ〜す!
GuruMohanlal.jpg

…というのはもちろん嘘でGuru (Malayalam - 1997) Dir. Rajeev Anchal です。通販サイトのファンタジー映画というカテゴリーの棚でみつけた珍品。激賞しているレビューもあり。

マラヤーラム映画では唯一、インド代表でオスカー外国語部門にエントリーを果たした。また現地では一般商業映画として正面突破を試みて玉砕したらしい。

現実のケララで発生したという想定の流血の暴動からワープして異次元ワールドでの独裁国家の圧政に立ち向かう主人公のスピリチュアル・ジャーニー。コミュナル紛争に対する警鐘という非常に志の高いメッセージ映画なのだが、…う〜ん、う〜ん、字幕なしでの鑑賞だから論評は控えておこう(<便利な言い訳)。しかし導入部の現実世界でのシーン、些細な誤解が緊張を生み、それが政治家に煽られて大暴動になっていく様を活写した部分は見事としか言いようがない。ここだけは字幕なしでも100%理解できたのだった。この映画の数年後、これまではコミュナル暴動とは無縁と思われていたケララで映画を地でいくような事態も。

まあ、おトボけファンとしてはこの人までコスプレに参加してるのを見れただけで元はとれたようなもんだが。

投稿者 Periplo : 00:33 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2006年01月08日

アホの一念岩をも貫く

sreeayyyappa.gifayyappa.jpg

ついにゲット、マラヤーラム神様映画のディスク、Sree Ayyappanum Vavarum (1982) Dir. Suresh だぁ。神様映画が絶無でないことは知っていたが、なかなか実物を拝むことができなかったのだ。しかもケララが本場の神様アイヤッパンとくりゃ、期待も高まるというもんだ。主演はプレMoMa時代の超級明星、プレーム・ナシール(しかし彼が演じるのはなぜかムスリムのスルタン)。

で、字幕なしながら通して見てみて、どうだったかというと、やっぱかなりキツいわ、こりゃ。冒頭の記録映画的な実写部分は面白いし、衣装や小道具などに(それに多分ストーリーにも)ケララらしさが見られるものの、映像は素朴極まりない紙芝居。となると残されるのは、やっぱりトリヴィア的な楽しみしかないんだな。

たとえば、お母さんじゃなくてヒロイン役をやってるこの人とか、信じられないくらいスリムなこの人とか、いつもながらケバくていい感じのウンニマリー(aka ディーパ)さんとかね。それに、たった5分ぐらいしか出番がない脇役のこの人ってのも貴重だ。各種の爆裂ファンサイト覗いてみても、これをフィルモグラフィーに掲載しているものは皆無、してやったりだぜ!

あと、面白かったのは神様映画といいながらも、神様があんまし活躍しないとこだ。奇跡はたびたび起こるけど、アイヤッパン以外の人格神が芝居する部分はほとんどないのだ。こーゆー方々のイメージはサブリミナル的に挿入されるだけ、ダンスシーンなど望むべくもない。そして行いの正しいムスリム(つまり7世紀以降の話ってことになるな)がストーリーの主要部分を占める。この辺がマラヤーラム神話映画の特徴なのかどうなのか。

まあともかく、アイヤッパン神に退治されるアスラの情けなさを見るだけでも、このジャンルがケララで流行しなかったことはよく分かろうというものだ。
asura.jpg

これからもこの手の脱力系レアものを続々ご紹介の予定。気長にお待ち下さい。

投稿者 Periplo : 03:35 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2006年01月06日

緊急メモ:南北問題

ヲチャーにとってはあまりにも刺激的な記事。そのうち削除されてしまいそうなヨカーンがするのでとりあえず全文保存。

Bollywood babes say 'No' to south! Sify.com 記事

By Moviebuzz
Thursday, 05 January , 2006, 16:45

The local Tamil press has been on the overdrive saying that Aishwarya Rai or Rani Mukherjee will be doing Sivaji. But Bollywood industry grapevine has it that no 'A'-grade heroine will do a south Indian movie, as it is suicidal for their career in Hindi films.

In the last three years, which top heroine has featured in south films? Ash, Rani or Preity has not done a single south film during this period, while out-of-work rejects like Manisha Koirala or Shilpa Shetty may have done the odd Tamil or Telugu film.

Rani Mukherjee in a recent television interview said she has very lucrative offers from south, but she does not want to spoil her image after doing films like Black and Paheli with top banners and stars like King Khan and Amitabh Bachchan.

In an off-the-record talk with a very famous cameraman based in Chennai who is Rani's favourite lensman, she is reported to have said that south superstars films are "crass and crude and women are just used as glam dolls in ridiculously picturised songs".
Why should Ash do a south film at a time when she is trying to make a breakthrough in Hollywood? In all her interviews including that famous Oprah Winfrey show, she acknowledges only Mani sir's Iruvar, no mention of Shankar's Jeans or Rajiv Menon's Kandu Kondein Kandu Kondein!!

Even one or two film old actresses in Mumbai today think twice before doing a south Indian film. Remember in Bollywood no actress is successful in both type of films and their career is short lived. Ayesha Takia became very hot after Nagarjuna discovered her in south with his Telugu Super.

But Ayesha just refused to do any more south films including Sivaji, as she was more interested in doing trash Hindi films like Shaadi No:1 and Home Delivery. The young new breed of Bollywood heroines too is avoiding south films, due to the image problems.

投稿者 Periplo : 04:08 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (3)

2006年01月04日

予期せぬ遭遇2

narasimham1.jpg

やはりフィルモグラフィー探求に終わりは無し。最近のモーハンラール映画でこれを超えるスーパーヒットはまだ出ていないといわれている(そのイメージに捕らわれたということで「人獅子の呪い」とすら言われている) Narasimham (Malayalam - 2000) Dir. Shaji Kailas を検品してみたところ、冒頭の謝辞にサブ・シリルと並んでプリヤンの名前。これについてはデータベースなどにも記載がなかった。一体どういう形で貢献したのか。

narasimham2.jpg

ご自慢のチェンナイのスタジオを格安で貸したとかいう話かとも思ったが、主演女優アイシュワリヤ(ラーイさんじゃない方)の証言によればそーゆーことでもなさそう。

I had nothing much to do with the success of Narasimham. I am just basking in the glory of Lal's success. I am just part of a successful project, that's all. I just shot for ten days for the film.

One incident really touched me. Sabu Cyril (the set designer) had put up a huge tank for a song. I had to kick myself up from under.

When I did, a loose nail at the bottom of the tank sliced in between my big toe and the second. I didn't feel any pain as I was inside the water.

After the shot, I sat down to read a book. Suddenly, my feet started throbbing. I looked down and saw blood getting pumped out of the slit in the leg. I was so shocked that I cried out loud. The next thing I saw was Priyan, Lal and Ranjit near me.

In no time, it was bandaged and I felt much better. I had to do a couple of shoots more, and I was supposed to shoot till nine at night.

But Lal told Priyan to finish my shots first so I could go and rest. And he stayed back. When he finished, it was 11 pm. There are very few in the industry like him who really care. (BharatMohanlal.com の「外部リンク」中の記事より、ただしオリジナルは消滅した模様、関連ページはこちら

narasimham3.jpg

正式な製作スタッフに名前を連ねてるわけじゃないのに、特定シーンだけ相棒のアートディレクターと一緒に参加? キャリアにおいてはずっと後輩のはずのシャージ・カイラースの下請け? マ映画界のはぐれ者同士の友情? う〜ん、よく分からない世界だ。謎は深まるばかり。

narasimham4.jpg

ヒットを量産してるのに批評家からは叩かれまくりのシャージ“タミル映画みたい”カイラースについてはこちらなど。何というか、ある意味痛快なインタビューだ。

また本作中でケララ人のヒンドゥー教徒であるヒロインが、Velankanni Mary! と叫ぶシーン(上掲の2番目のイメージ)、これは色々な意味で興味深い。また改めて書こう。

投稿者 Periplo : 00:32 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2006年01月03日

Khusthi / Gusti

Gusti (Tamil - 2005) Dir Raj Kapoor のIndiaGlitz によるレビューを発見。制作発表は相当に早かったものの、遅れに遅れたこの映画、昨年末にひっそりリリースしたようだ。なんつってもツインヒーローの片割れのプラブーさんが忙しそうだったからねぇ。元ネタはプリヤンの、えーと何だっけ、そうだ Kakkakuyil (Malayalam - 2001) だったっけ。しかしこの Gusti に関する、そう多くはない報道を読むと、「原作はプリヤダルシャンのスーパーヒット」なんて書いてあるのがちらほら。この手の記事ってホントにデタラメだぁ。

投稿者 Periplo : 00:21 : カテゴリー プリヤンremake
| コメント (0)

2006年01月02日

初夢企画

以前このブログの前身でこんなことを書いたんですけんどね。

2004.03.01 ケララ州映画発展公司Kerala State Film Development Corporation (KSFDC)主導でトリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)に映画村をブッたてる構想が浮上。空港、鉄道駅つき! Kairalee.com 記事より。これもまたこの先の揉め事のタネになりそうな予感がしてワクワク。

上記のKairalee.com 記事は既に消滅。これと同じものなのかどうかは不明ながら、同種のテーマパーク開発にまつわる記事を発掘、The Hindu Business Line の2002年3月記事。どっちにせよ古いネタだが固有名詞がわかっただけでも進歩じゃ、Kinfra Film & Video Park というんだそうだ。ともかくフォトギャラリー覗いてみれば、同パークが絵に描いた餅で終わってないことだけは確か。KINFRA とは Kerala Industrial Infrastructure Development Corporation のこと。

Mr Suresh Babu is hoping to develop the park as a major centre for film and TV-based enterprise with all required infra- structure and exclusive training facilities. His aim is to bring back to the capital city and Kerala at large all pre- and post-production activities now being outsourced to Chennai and other centres.

いったん名前がわかれば、検索もしやすくなるってもんだ。

KINFRA Film & Video Park is the first Infotainment Park in India, phase-I of which is complete. In the second phase of development, the Film & Video Park proposes to develop infrastructure facilities for an international centre for production and export of animation films. The main objective behind developing the industrial park is to facilitate an easy start-up of industrial units with minimum time and cost. ( Boom in industrial parks、ProjectMonitor.com 記事2005年1月)
Even those who have routinely experienced Kerala's bountiful natural resources will be unprepared for the first look at the lush green and undulating 75 acres (30 ha) of the KINFRA Film and Video Park, at Kazhakuttam on the outskirts of Thiruvananthapuram, which provide a breathtaking background for the high-tech and creative work that is already being carried out within. Individual units tucked away on wooded slopes that slide down to a small lake formed to conserve all the harvested rainwater of the campus; a dominant hillock with the central Park Centre facilities that include what will be Kerala's first digital preview theatre; and down in the valley a large and aesthetically designed open-air amphitheatre... the park has been planned to provide the serene creative environment which alone can exploit the cutting-edge technology tools that will soon become available. "The decision to choose this location was the wisest thing I have ever done," said Malayalam matinee idol Mohanlal, who was one of the first to sign up and invest in the park - his digital sound recording studio is fast nearing completion. (Enviable record in kick-starting growth、Frontline2005年3月記事)

おおっと、"前線"の最新記事 (Dec. 31,2005 - Jan 13, 2006)にも進捗状況が。

The last major facility to go on stream at the Film and Video Park was Vismaya, Malayalam film actor Mohanlal's Dolby/DTS sound recording and post- production unit.

これまでチェンナイでの出向作業が通例になっていたマ映画のプロダクション工程をケララに呼び戻すばかりでなく、ここみたいにインド中から、いや世界中からクルーを呼び寄せちゃうもんね、という気宇壮大なこの計画、これからも見守っていきたい。

投稿者 Periplo : 03:02 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (1)

2006年01月01日

新年快樂

どういう訳か恒例になってしまったリバーシブル年賀状、捻りもなくかんわいぃ〜バージョンとちょっと不気味ぃ〜バージョンを用意いたしました。どうぞ本年もよろしく莫迦話にお付き合い下さい。

投稿者 Periplo : 04:24 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)