« 大部屋以上明星未満☆07 | メイン | 大部屋以上明星未満☆09 »

2006年04月11日

大部屋以上明星未満★08

Sreeraman04.jpg
V K Sreeraman (Sriraman とも)

ともかく縦方向にデカい。エンパイア・ステート・ビルといっていいかも。比較的色白で長身ならばサウスではヒーローを夢見てもおかしくないのだが全然そんなことにはならなかったようだ。だってとことん顔がイジワルそうなんだ。目を細めて見ればわかると思うが、額に大きく「」って書いてあるんだよね。マ映画の悪役は、そこいら歩いてる連中よりはキャラが立ってるけど、タミル・テルグ映画みたいなフリークス度の高い人はあんまりいないな(一方でカタカリのメイクしてても一発で見分けがつくよな突出フェイスがスーパースターになるわけだわなw)。ともかくこの底意地の悪そうな感じは尋常じゃなくて痺れる。

言葉で虐めるタイプがよくハマる悪役だが、一方で芸術映画 Desadanam [The Journey to Wisdom] (Malayalam - 1996) Dir. Jayaraj、Maargam [The Path] (Malayalam - 2003) Dir. Rajiv Vijayaraghavan などにも脇役出演。

Sreeraman01.jpg

なお、IMDb によるバイオ情報では、Sometimes Credited As : C.V. Sreeraman とあるがこれは大嘘。CVの方は映画の脚本も手がけたことのある有名なマラヤーラム語作家。しかしややこしいことに、VKの方も実は作家としてそこそこイイ線いってるらしいのだ。ネット上に韻文が掲載されてる(もちろんコチトラには読めないが)し、著作も出版されている。そしてCVとVKは時々ツルんでマスコミの前に姿を見せたりもしている。姻戚関係は今後の調査課題(多分無関係だと思う)。

Sreeraman02.jpg

最も網羅的な肩書きは以下の様になっている。

A reasonably popular film actor, drama writer, director, columnist, writer, social worker, an award winning T.V. presenter and a committed political activist. (ディスカッションボード情報より)

唯一見つかったインタビュー。それから近影

投稿者 Periplo : 01:07 : カテゴリー brown dwarf galaxy

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?