« 注目のボリウッド・デビュー作 | メイン | 本日のエエ味ニュース »

2006年05月15日

たまには本も読もう4

あるサークルで紹介されていたのを見て、タミル映画の巨大看板を取りあげたオモシロ写真集なのかもしれないと勇躍入手した本。しかし内容は直球のタミル政治史。図版は一枚もなし。んー、だけどオンもしろい。血湧き肉踊るマハラジャ、現代政治史すなわち映画史というタミルならではの波瀾万丈。

Cut-outs, Caste and Cine Stars: The World of Tamil Politics (by Vaasanthi, Published by Penguin Books India, April 2006) P.69−70でのRMヴィーラッパン(映画プロデューサーであるとともにMGRの政治的な側近でもあった)の証言

我々は1970年の大阪万博に合わせて Ulagam Chutrum Vaaliban を製作することになっていた。ある日突然に、MGRは撮影を口実にジャヤラリタと世界一周の物見遊山に出かけるつもりなのだというゴシップがマスコミで報じられた。私はジャヤラリタをキャスティングするつもりは毛頭なかったから非常に不快を感じた。こういったこと全てにかかわるのは嫌だった。私は日本行きを取りやめようとしたがMGRの意向は変わらなかった。「今流れている類のニュースは好ましくない。あなたはDMKのリーダーで財務担当でもあるのだから。ナヴァシャクティ(会議派系の新聞)はあなたの私生活に関するスキャンダルを書き立てている。過去数年間に我々はあなたの立派なイメージを作り上げ、それを保持するのに腐心してきた。誰かがナヴァシャクティにこういった作り話を漏らしているのだとしたら、それはジャヤラリタに違いない。彼女はあなたの評判を貶めようとしている。あなたのような地位のある人物の部屋に許可もなく入るような勇気は誰も持ち合わせていない。皆が許しを得てから入室する。誰もがあなたを尊敬しているからだ。政治家、大物プロデューサー、党員たち、あなたと言葉を交わそうとするものは誰であれサティヤ・スタジオの入り口で待ち受けるのが、日常の光景だ。このせいで撮影はいつも遅れるのだが。そういうところにあの女はスタスタとやってきてノックもせずにあなたの部屋に入り込む。彼女が出てきてからあなたが姿を見せるのにはさらに半時間を要する。サロージャ・デーヴィだって共演者なのに。あの女以外で衆人環視のもとであなたの部屋に入り込もうとする人間が他にいますか? なぜ彼女だけがこんなことをするのか。MGRは大人物かもしれないが、自分にとってはただの人間にすぎないのだと世間に向かってアピールしたいのだ。我々の住む土地でこれを続けるだけでは足りず、世界中でやろうとしているのだ。日本に行ってこれに立ち会えというのですか?」

ううう、日本を舞台にしたインド映画の金字塔、Ulagam Sutrum Valiban (Tamil - 1973) Dir. MGR は、まず大阪万博ありき、の企画ものだったんだ。そしてすんでのところでボツになる危機をかいくぐっての奇蹟の名作だったわけだ。そしてその危機を作ったのがジャヤ様の大胆な陽動作戦だったかもしれないとは。感無量ですわ(ジイイーン。まあ難しい状況だったのはわかるが、是非ジャヤ様にも来日していただいて大阪の空の下MGRとの愛の絶唱を繰り広げて欲しかった。

ちなみに同書の他の箇所では、タミル政治史の最大の汚点といわれる、ジャヤラリタへのセクハラまで伴った州議会乱闘事件(1989年5月25日の予算審議委員会)の一部始終も詳細に記述されている。あうう、やっぱ見たいわ、カルナvsジャヤの果てしない死闘をつづる Iruvar Part 2 。マニ・ラトナム監督がやらないんだったら、シャンカル監督でも。いんや、あんましクヨクヨ考えたりしないでサクサクッといくんだったらプリヤンでもいいや。

投稿者 Periplo : 00:03 : カテゴリー バブルねたtamil

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?