« タレント料理本 | メイン | 傍迷惑な奴ら(2) »

2006年10月04日

傍迷惑な奴ら(1)

これまでに紹介したレーカー様ミーナちゃんもそうだったけど、紛らわしい名前の検索者泣かせが多すぎるんじゃ。印度の場合、本名には色々と制約があるというのはよくわかる。だけど芸名なんだからもうちょっと工夫してもよさそうなもんじゃないか。顔と名前を覚えて貰ってこその芸能人じゃないか。まあ、中には本名が有名な芸能一族の名字とたまたま同じなのにちゃっかりあやかってる(この馬鹿っpoorの片割れとかさ)例なんかもあるようだけど。


Kunchako.jpgBobanKunchako.jpgkunchakoboban.jpg
左からKunchacko, Boban Kunchacko, Kunchacko Boban。

お前ら尻取り遊びかい!
Kunchacko:M Kunchacko とも。1940年代末からプロデューサー、監督として活動を開始。ヒットメーカーだったらしい。「北方剣士譚もの(Vadakkan Pattu)」を初めて制作した人物だという。
Boban Kunchacko:Kunchacko の息子でやはりプロデューサー。幼少時には父の作品中で子役俳優も経験済み。
Kunchacko Boban:Boban Kunchacko の息子。子役デビューは Dhanya (Malayalam - 1984) Dir. Fazil 、ヒーローデビューは Aniyathipravu (Malayalam - 1977) Dir. Fazil。ヤングヒーローの一人だが、代表作といえるものが未だ見あたらないように思われる。愛称は Chackochan、Chako。ファンサイトも。

やっぱ三代目だからおっとりしてるんだな、チャコちゃん。

I never thought of coming into films itself. It was quite accidental. For me acting in films is something that just happened one fine morning. And so, I cannot say for sure as to what would happen in future. Maybe I'd take to some other aspect of films too. But which aspect, I can't say now. I have a lot of limitations as an actor.

I cannot aspire to be a National Award winner or an Oscar winning actor. I just want people to accept me as a not-so-boring actor, i.e, a good actor. That's what I can call my ultimate ambition. I aim at doing whatever role I get to the best of my ability and of course within my limitations.(Kelals.com によるバイオグラフィーより)

謙虚を通り越した自信のなさ。タミルに出稼ぎにでも行って根性鍛え直さにゃあ。

投稿者 Periplo : 02:07 : カテゴリー brown dwarf galaxy

コメント