« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月26日

州境映画

前回からなんとなく続き。

またしてもマラヤーラム映画に新ジャンルを発見(というか勝手に命名)、「州境もの」だ、宗教ものじゃない。そしてこの場合州境は必ずタミル・ケララ州境。

Pandippada [Pandipada とも] (Malayalam - 2005) Dir. Rafi-Mecartin
Cast: Dileep, Navya Nair, Prakash Raj, Harisree Ashokan, Salim Kumar, Indrans, Rajan P Dev, Cochin Haneefa, T P Madhavan, Ambika, Sukumari, Neena Kurup, Zeenath, Subbalakshmi

ケララ州境近くのタミルの村でいがみ合う二つの素封家(片方はタミル人、もう片方はケララ人)。そこにコーチンの不動産ブローカーの主人公がやってきて土地取引を試みるが、暴力的ないざこざに巻き込まれて右往左往するというコメディ。

pandippada1.jpg

■この映画もまたポッラーチで撮影されているらしい。前回紹介した Naran のロケポイントと完全に同じと思われる箇所すらある。
■やはりタミル人が悪者に設定されている。手下を虫けらのように殺すタミル人地主をカンナダ出身のプラカーシュ・ラージがどぎつく好演、はっきり言ってヒーローのディリープは霞んでる(そうなんだよ、プラカーシュ・ラージの欠点は、脇役なのに往々にして主役を喰っちゃうとこにあるんだ)。大団円ではタミル人もケララ人も仲良くやろうよ、というメッセージが提示されるのだが、そこまでの過程が無茶の連続だから効果ゼロと言っていいかも。
■英語を話す大学出のヒロインに、粗暴な地主たちがコンプレックス丸出しにして狼狽えるという場面が笑える。しかしここではタミル・マラヤーラム・バイリンガル環境が前提となっているというところがすごい。実際に本作ではセリフの(推定)3割程度がタミル語によるものなのだが、マラヤーラム語の字幕は一切ない。
■カルチャー・ギャップでも笑いがとれるし。
"Does uncle marry the niece?"
"In Tamil Nadu, it is this way. Sister's daughter is his bride."
なんてセリフが出てくる。てことは、以前のちょっとしたコレクションで出てきた傾向は偶然ではないのか。
■タミルの田舎を舞台にすると、色鮮やかな風俗が登場して画面に華やかさが出てくるんだ。こういう絵はケララだけを舞台にするとなかなか出てこない。以前見たThenkasi Pattanam (Malayalam - 2000) もそうだった、ラーフィ&メカーティンはこういうパターンが好きなのか。
pandippada2.jpgpandippada3.jpg
こんな連中も出てくるしね。馬鹿馬鹿しいけど笑えます。

投稿者 Periplo : 08:09 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (11)

2006年11月23日

ディスク情報0611-2

2005Naran.jpgNaran [Man] (Malayalam - 2005) Dir. Joshiy のDVDを検品したので Mohanlal Discography に追加。

Cast : Mohanlal, Madhu, Devayani, Bhavana, Siddique, Jagathy Sreekumar, Innocent, Sona Nair, Rekha, Maniyan Pillai Raju, Beeman Raghu, Bindu Panikkar, V K Sreeraman, Salim Kumar, Mammukoya, Saikumar, Anand Raj, Edavela Babu, Augustine

現時点でのモーハンラールの御館様ムービーの最新作ということになるのかな(2005年9月公開)。もういい加減食傷気味で半ば義務感から見てみたのだけんど。

ストーリーは、僻村の有力者に拾われて育った孤児が、秩序を愛する荒くれ者となって村を力で支配するが、色々あって悪の勢力と一騎打ちになるというもの。聞いただけで欠伸の出そうなマチズモ・フェアリーテイル定型パターンだが結構面白かったのだ。定型を侮ってはいけない。

何がよかったのかと考えてみると、
1.映像美(というか風景美というか)
2.Ranjan Pramod による出来のいい脚本:例によって登場人物がやたらと多いのにキャラが分かりやすくて、すらすらと見られる。そして適度に散りばめられた象徴の適切さ。
3.迫力ある「洪水アクション」
という三つ。

以前 Praja (Malayalam - 2001) を見たときは目の前が真っ暗になったけど、監督のジョシ(1978年に監督デビュー)は老耄に入ってしまった訳じゃないんだ。

Udayananu Tharam (Malayalam - 2005) Dir. Rosshan Andrewss と並んで2005年のラルさんの「すーっぱる・ひっと&ばんっぱる・ひっと」(↑で一番耳に残ってるセリフ)。

箇条書きのトリヴィア&感想

■屋外シーンのロケ地はタミルナードゥ州のコインバトール県 ポッラーチ郡(ケララとの州境近く)の山間部、それにダルマプリ県ペンナガラム郡(カルナータカとの州境近く、カーヴェリ川沿い)にあるホゲナッカルの滝の付近で撮影されている。特に前者は最近のタミル、マラヤーラム映画で大人気のロケ地らしい。pollachi+movie+shootingで検索すると結構な数が引っかかって来る。以下のイメージはおそらくポッラーチのもの。
naran01.jpg
naran02.jpg
ドラマチックな景観だ。カメラは2000年代に入ってからデビューしたシャージ(有名なこの人とは別人)。

しかしどちらについても観光ガイドブックなどでの紹介は少ない。ホゲナッカルの滝についてはこの本に "From here the Cauvery enters the plains in a series of impressive waterfalls which have recently found fame as the backdrop for some of Indian cinema's more tragic love scenes. Sadly, in the last few years, the falls have also attracted dozens of disconsolate real-life lovers who have jumped to their deaths here." との記述が見られる(P.543)。ちゃんと題名まで書いてよ。

■水族館のショーで係のお兄さんがボールを投げ、それをお利口なアシカ君が追いかけてボールの下をくるりと廻って顔を出す、これを45歳のラルさんがやるのだ。増水した雨季のカーヴェリ川で、ボールではなく巨大な流木を相手に。実際に本作の撮影では肉体的に相当な消耗だったとラルさんは後日のインタビューで告白してる。ご苦労さんです。

■タミルでロケしてるのにアンチタミルな台詞が出てくる。

This irritation is visible in some of Mohanlal's films. Before 'Naran,' Mohanlal acted in 'Udayon.' The villain is played by Salim Ghose from Tamilnadu, who frequently says, "If it rains back home, you will have water in your wells." In response, Mohanlal would poke fun, "But it hardly ever rains there!" When Mohanlal comes to Tamilnadu, he likes to have sugarcane. So, Salim Ghose tells him, "Tamilnadu sugarcane..very tasty." "But the water from my place is tastier," says Mohanlal in annoyance.

The film is full of repartee on water scarcity in Tamilnadu and Kerala's beautiful countryside. (But Kerala gets its rice and vegetables from Tamilnadu. If there's a lorry strike in Tamilnadu, the Keralites have a hard time!)

Even in the recently released Mohanlal film 'Naran,' one can see his irritation with all things Tamil. He plays the role of Velayudham who does not allow anything strange or problematic in his town. Since Tamil signboards would cause problems, he does not allow shops to display sign boards. At one point, a shopkeeper does not heed Mohanlal's words and puts up his Tamil signboard. Following this, the film shows people causing problems in that shop.

Mohanlal continues to portray in his films that Tamilians are causing problems for Malayalis.

From film processing to other technical work, the Malayalam film world depends on Tamilnadu expertise. Jobless Malayalis descend on Tamilnadu in search of fresh pastures. When such is the case, it is unbecoming of a leading film personality like Mohanlal to portray anti-Tamil sentiments in his films.(Cinesouth.com 記事 Mohanlal's anti -Tamil sentiments より)

劇中の台詞=俳優の信条と短絡する、ある種のタミル映画ファンの単細胞ぶりそのまんまの記事だが、実際に本作の中の台詞は刺激的。こういうのは検閲では引っかからないのか。マ映画にはたしかにタミル人の悪役が多い。埋め合わせをするかのように現在公開中の Karutha Pakshikal (Malayalam - 2006) Dir. Kamal ではケララで逼塞し孤独に暮らすタミル人役をマンムーティが熱演しているという。

Ranjan Pramod もまた2000年代に入ってから活動を開始した脚本家。本作をはじめとして若手としては高い評価を得ていたが、調子に乗って監督業に進出し、デビュー作 Photographer (Malayalam - 2006) で「アマチュア仕事」「100年早いわ」などと集中砲火を浴びている。

■脇役陣もいい。悪辣極まりないのに詰めの甘い(これはこの手の映画ではいつものことだ)メイン悪役のシディーク、いつものタミレカ、たいした演技もしてないけど貫禄十分なマドゥー etc. 。「きみはなんにんわかるかな」的な楽しみも。

この映画は、いうなればラルさん御館様ムービーの集大成なんだな。そしてそれが興行的にも成功したんで、思ったんじゃないか「やるこたやったわ。これでしばらくは社会問題ものとか文芸ものでしのごう」と。ただの憶測だけどね。来年あたりにはまたパワーアップして大暴れしてたりして。

投稿者 Periplo : 03:04 : カテゴリー Mohanlal Discography
| コメント (2)

2006年11月22日

研究者必訪

マ映画界のコメディアン2大巨頭の一人、イノセント先生(もう一人はこのお方)が、オフィシャルサイトを立ち上げられました。http://innocent.net.in/ です。があっ、残念ながらオールマラヤーラム語。フィルモグラフィーの記載は、何故か IMDB にあがっている162本よりも少なくて157本。文盲にも楽しめるのは家族写真満載のフォトギャラリーだけかも。早くスチルも充実させて欲しいもんです。

Innocent said he was very excited to have his website which would bring him closer to his fans and help him keep in touch with them through mails and chat.

'Sifymax.com is the ideal medium for me to nurture relationships and widen my fan base while also showcasing my work to a global audience,' said the star comedian who is also the president of the Association Malayalam Movie Actors.

Dedicated to the star's fans and friends, the website contains over 50 film clips featuring him.

Rib-tickling stories narrated by Innocent himself and rare pictures of Innocent with his family, list of awards bagged and photo galleries of his best films are also part of the website. (DailyIndia 記事より)

これに刺激されて他のスターさん達もバイオグラフィー&フィルモグラフィー充実のオフィシャルサイトを続々と立ち上げて欲しいもんである(英語でね)。

投稿者 Periplo : 23:52 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2006年11月21日

プロデューサー・デビュー?

以前に紹介したマラヤーラム白色映画、Varavelppu [Welcome] (Malayalam - 1989) Dir Sathyan Antikkad がヒンディー・リメイクされることになるというApunkaChoice.com 記事 Mohanlal film to be remade in Hindi

The film, which will by produced by director Priyadarshan , will be directed by Rajakumaran Thampy, son of lyricist Sreekumaran Thampy. Govinda and Reema Sen will do the lead roles, according to the grapevine.

これまでリシーたんを名目上のトップに据えて自作をプロデュースしたことのあるプリヤンだけど、他人の作品のプロデュースは初めてじゃないかな。

しかし、共産主義運動と湾岸出稼ぎが重要なモチーフになっているこの映画をどう翻案するつもりなのか。これからもヲチ。

付記:監督の父である作詞家の Sreekumaran Thampy という人はケ州映画賞審査委員長をつとめるような重鎮らしい。

投稿者 Periplo : 23:45 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (0)

2006年11月15日

吹き替えの経済学

AP州映画賞 Nandi Awards の発表で華やいだテルグ映画界に青天の霹靂。

同州の Film Chamber of Commerce の下部組織(?)Telugu Film Producers Council が11月11日付けで他言語映画の吹き替え上映を全面禁止にするとの発表。

The Telugu film industry is caught in a row over curbs on dubbed movies being proposed in a bid to protect the interests of local producers of small budget films.

Taking a cue from neighboring Karnataka, the Telugu Film Producers' Council had, in its general body meeting recently, decided to ban dubbing movies, particularly from Tamil, on the ground that they were "detrimental" to the original movie-making in Telugu.

The powerful body of film makers has asked its members not to buy dubbing rights of any non-Telugu movies and even warned of "non-cooperation" in case of anyone defying the ban.(同機構のウェブサイト上のニュース Telugu filmmakers call for ban on dubbed movies より)

禁止の理由は、他言語(特にタミル語)の大作の吹き替えに押され気味のテルグ語低予算映画の保護、そしてテルグ語映画の独自性の保持。

More than one-third of the total 200 releases this year were dubbed films. Out of the sixty odd dubbed films released in 2005, about ten films made their mark at the box office, according to industry sources.

Among the run-away hits this year were the Rajnikanth-starrer 'Chandramukhi' directed by P. Vasu, Shankar's 'Aparichithudu' that catapulted Vikram to superstar status, A.R. Murugadas's 'Ghazini' with Surya in the lead role, the psycho thriller 'Manmatha' with Simbu in a dual role and the off-beat love story 'Premisthe', directed by Balaji Shakthivel for Shankar with debutantes Sandhya and Bharath.

[注:AparichithuduAnniyanManmathaManmathanPremistheKaadhal]
--
Apart from Tamil movies, over half-a-dozen films dubbed from English and other languages fared well too. On the other hand, the straight films of even big Telugu stars have flopped. Even megastar Chiranjeevi's films 'Jai Chiranjeeva' and 'Andarivaadu' fared poorly at the box office.

Of the 131 films released last year, only three were big hits and a little over half-a-dozen movies managed to recover their costs. Almost all the top actors faced drubbing at the box office. The list included Allari Pidugu (Balakrishna), Super (Nagarjuna), Balu ABCDEF (Pavankalyan), Subhashchandra Bose (Venkatesh), Political Rowdy (Mohan Babu), Narasimhudu (Junior NTR) and Soggadu (Tarun).

As a result of this trend, several producers are vying to pick up dubbing rights of successful Tamil films. (同上)

なんだか結局「テルグ語低予算映画の保護」じゃなくて「テルグ語巨大予算映画の保護」って感じがするな。実際同じ記事で、テルグ映画界のプロデューサー業の寡占ぶりを馬鹿正直に紹介してるんだから。

"The cost of production has gone up so much that we cannot afford to make a straight movie in Telugu. It is still controlled by a handful of families of big-ticket producers. We are able to release a dubbing movie with much lesser budget. What is their problem?," said a small producer on condition of anonymity.(同上)

この発表に対して、吹き替え声優、吹き替え脚本家(こういう職業があるんだね)、劇場主などからは猛反発。Film Chamber オフィス前で抗議の示威行動に出たらしい。

"What originality are they talking of when most of our big films are either remakes or rehashes of successful films made in other languages? They are unable to digest the success of dubbed films. Neither can they make quality films," a noted dubbing film producer said on conditions of anonymity.

--

The same council spearheaded an agitation against a ban on Telugu films imposed by the Karnataka film industry recently.(The Hindu 記事 Producers council ban on dubbed films draws flak より)

同機構の内部も一枚岩ではないようだ。

The old Nizam unit of the State Film Chamber of Commerce, Hyderabad, had unanimously resolved that there should be dubbing films.

Talking to film journalists, the president and secretary of the chamber, M Vijayender Reddy and Muralimohan respectively and others made it very clear that there should be dubbing films. They condemned the decision of the Film Producers Council in no uncertain terms.

They found fault with the decision saying that it is unbecoming on the part of the producers council to declare that they would not cooperate with the producers who go for dubbing films.(Indiaglitz 記事 Nizam Film Chamber condemns Producers council decision

疑問:old Nizam unit って何?

以前、えらく突飛な入場料金政策について読んだときも思ったけれど、テルグ界はやることがいちいち過激だわな。これでタミルvsテルグの全面戦争に突入するのだろうか。冒頭にあげた Nandi Awards にしても、トリシヤ以外のタミル人は外されてるじゃないかなんて記事まで出てくる始末。キナ臭さも倍増。

付記:少し古いけど、1999年のタミルナードゥ州でのタミル語映画公開総本数149本中、タミル語オリジナル作品が85本だったのに対して他言語映画の吹き替えは64本だったそうだ(Dinakaran 記事による)。

投稿者 Periplo : 02:00 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (4)

2006年11月14日

語源の経済学

長らくプロジェクトの存在自体が不明になっていたアジットの新作 Godfather は、結局 Varalaru - History of Godfather (Tamil - 2006) Dir. K S Ravikumar として公開に漕ぎ着けたんだな。なにが原因でこんなに遅れたのかはよく分からないが。

気になってるのはその次。前にちょこっと取りあげたマ映画のリメイク Kireedom について。

当初はオリジナルのKireedam [Crown] (Malayalam - 1989) Dir. Sibi Malayil と同じタイトルで制作発表されたようなのだが、ここに来てやはり変更の可能性。

こっちの記事によれば、Magudam となる可能性があるらしい。

その訳は、

Since Kireedom is a Sanskrit word, the producer is contemplating a title change - the Tamil equivalent of Kireedom to avail the entertainment tax exemption. (Talkies Today 記事 On a roll より)

州首相選挙でのカルナの映画業界関連の公約は、只今上映中の記事によれば以下のようなものだったらしい。

1.Waiver of entertainment tax for films with Tamil titles.
2.Grant of Rs. 95 lakhs for the production of the proposed biographical film "Periyar".
3.Offer of Rs.10 lakhs for dubbing the English film 'Ambedkar' into Tamil.
4.Renaming of the Film and Television Institute in Chennai after MGR
5.Slashing of the charges for shooting on government property.

エンタメ関連の公約に限っていえば、タミルの政治家の皆さんの有言実行ぶりは大したもんだ。2と3にも大いに期待。

投稿者 Periplo : 03:51 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (3)

2006年11月13日

ネタ満載ディスク

ケララ名物の二人組監督 Siddique-Lal(その後袂をわかってそれぞれバラで活躍してる)のSiddique と、マ映画界出ずっぱり悪役の Siddique、この二人は同一人物なのか別人なのか、それを知るためにだけ購入したVCD、 Siddique Lal's Cine Galaxy (DVDも出てるけど、今回チェックしたのはVCD)。

結論:やっぱり別人でした。
Siddique-lal.jpgSiddique.jpg
左から Siddique (director)、Lal (director-actor-producer)、Siddique (actor-producer)。

これだけでこのディスクを入手した甲斐はあったってもんだが、なんだか知らないうちに全編見通してしまったのだ(もちろん字幕なしだが)。

1994年にドゥバイで行われたマラヤーラムスターによる慰問ショー。
出演者:Siddiqe-Lal, Innocent, Geetha, Mohini, Jagadeesh, Manoj K Jayan, Kalpana, Sukumari, Vineeth, Sheeta, それにプレイバックシンガーのおじさんが二人ほど。これで全部だ、逆さにして振ってもこれ以上誰も出てきやしない。内容は、生オケをバックにしたスターさんたちの生歌、生ダンス、コント(比率はだいたい3:2:5)。すごいなあ。それでもなぜか見通してしまったのだ。

印象的なシーン
■とりあえす1ステージに1回ぐらいまでは、Siddique-Lal のラールとモーハンラールのああ勘違いで笑いがとれるみたいだ。
■唯一のぴちぴちギャル(当時)のモーヒニ(タミル出身?)はマラヤーラム語がそれほど得意じゃないので挨拶も英語混じり。この子をダシにしてイノセント先生が英語コンプレックスねたで笑いをとってる。
■ベテラン女優のギータ(カルナータカ出身?)はそこそこマラヤーラム語がしゃべれるけど、タミル語の方が得意。ギータ様をダシにしてイノセント先生がタミル語ディスコミュニケーションねたで笑いをとってる。
スクマリさんの生歌はどえらいハイテンションで、客席では踊り出す連中が多数。プロの歌い方じゃないが気迫が凄い。もちろん筆者もディスプレイを前に踊りました。
VineethManichitra.jpg■プロの踊り手ヴィニートによる Manichitrathazhu のクライマックスのダンス。ソロで踊ってる。たぶん自分で振り付けたんだろうけど、妖しさ200%、筆者もディスプレイの前でゾワ〜っときました。一方で生歌コーナーではガチガチに緊張しまくって棒立ち。下手ッぴでした、はい。
■悪役&性格俳優のマノージKジャヤンの生歌はプロはだし。バイオを見て初めて知ったが古典音楽家の息子だったのだ。いや、もったいない。
■全ステージの半分以上に出ずっぱりのイノセント先生は縦横無尽トークで会場を沸かせていたのだが、唯一生歌コーナーではガッチガチ。カンペ片手にすげえ怖い顔になっていた。下手ッぴでした、はい。
■Siddique の名前の発音はシディークというよりは「しっでぃく」なんだわな。
■まあこんな感じの2時間を超えるショーを見に来た、湾岸在住の外貨獲得戦士の皆さんの喜びっぷり。相好を崩すっつうか、もう子供みたいになってんだ。日頃通販であんな酷い目にあってるにもかかわらず、もしかしてイイ人たちなのかしらん、とか思っちゃったよ。

オマケ1:悪役メイクを落としたシディークはこんなことになってしまっている。
オマケ2:シディークの悪の巣窟はこちら。っていうか、いいんか?こんなん載せて!

投稿者 Periplo : 00:28 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2006年11月10日

プリヤンネタ5連発

ときどき思い出したようにやってみるプリヤン・ニュース&ゴシップ。

1発目Bhagam Bhag の公開を12月22日に控えたプリヤンは、(この12月に?)監督生活25周年を迎えるのだそうだ。

He has a total of 69 films to his credit of which he has written almost 40 of them. His other venture for 2007 titled Chandralekha, which stars Anil Kapoor, Tabu and Mahima Chaudhry, is slated for a release next year and is at present in the post-production stage.(Business of Cinema 記事 BhagamBhag marks Priyadarshan's 25 yrs より)

へ?初耳。 Chandralekha ってのはマラヤーラム語の旧作とおんなし名前だけど、関係あるのかな? Chandramukhi と混同してるわけでもなさそうだけど。


2発目:India FM のこちらの記事では Dhol なる次回作のことが紹介されている。これはたぶん以前に見つけて呆れた海賊盤撲滅運動映画 Piretes の名称変更と思われる。


3発目:憧れのあの人にまたも接近というニュースも。

And now Priyadarshan wants to direct Amitabh Bachchan for one of the story ideas he has in mind. But he denies any development on the project and rubbishes the rumours that say that the film is titled Assasin and is a remake of the Hollywood classic The Day of The Jackal.

Says Priyadarshan, "It is true I want Amitji to play a principal role in my film. But nothing is finalized. I still haven't approached him for the role yet, forget he asking for the script. And my movie is not 'The Day of The Jackal' but something different. Just the idea came from there".(India FM 記事 Priyadarshan hopes to direct Amitabh Bachchan より)

そりゃーメデタイけど、舞い上がってこっちをオクラにしたりはしないで欲しい、頼むよ。


4発目:ケララでは有力新聞社の記念行事で、なんだかよく分かんないけどお馴染みの連中と一緒にお立ち台に上がるらしい。

And the presence of thespian actor Madhu, one of the last film personalities of yet another generation, is expected to bring back memories of the yesteryears.

'At the function we would honour two of the greatest film personalities in the Malayalam film industry, ace director Priyadarshan and veteran comedian Jagathi Sreekumar,' said B.C.Jojo, executive editor of Kerala Kaumadi(India eNews 記事より)


5発目:こないだは珍しくマ映画界でダンスの上手い男優の出現に驚いたりしてたんだけど、元祖踊れるヒーロー・ヴィニートのインタビューにも美味しいネタ。ひとつは Chandramukhi で彼が演じた役は、じつはオリジナルの Manichitrathazhu でも最初にオファーが来ていたものだったという告白。ほおおお、そーだったんかい。もひとつは、

vc: What are your future projects?

Vineeth: At present finishing the film Raathri Mazha. A couple of projects which are being discussed and a Hindi film to be directed by Priyadarshan.(varnachitram 記事、Interview with Vineeth より)

プリヤンのヒンディー映画に出演? もしかして薔蘭ちゃんと?

投稿者 Periplo : 03:08 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (2)

2006年11月09日

ディスク情報0611

2005Thanmathra.jpgマ映画界ではかなり話題になった若年性アルツハイマー映画、Thanmathra (Malayalam - 2005) Dir. Blessy のディスクをやっとこさ検品しますた。

Cast : Mohanlal, Meera Vasudev, Nedumudi Venu, Jagathi Sreekumar, Arjun Lal, Seetha, Innocent, Manka Mahesh, Prathap K Pothan, Niranjana, Dinesh Arora

箇条書きのトリヴィア&感想
■葬式シーンの遺体役でちょこっと登場するのはこの人かな。自信なし。
■問題のすっぽんぽんシーンはちゃんとDVDに収録。しかし大騒ぎするほどのもんじゃないわな。
■本作の息子役でデビューのアルジュン・ラール君は恐ろしくダンスが達者。俳優業を続けるかどうかは未定らしいが、久々の踊れるヒーローだわな。いんや、ふだんニイちゃんたちには関心ないんだけどね、僅か1分足らずのシーンで刮目ですわ。
■テーマがテーマだけにジャガティ先生もあんましお笑いをやってくれないのだが、州政府庁舎内で女性職員相手にサリーの行商をおっぱじめた奴を追い出したあとにこんな台詞が出てきて、ちょこっとだけクスグられます。
■ラルさんが劇中歌を1曲フルコーラスで歌ってる。事前の知識なしでこれがわかってしまう自分が怖い。
■この作品の公開後、Ramesan Nair syndrome というのがケララを席巻して、四十過ぎの親爺たちが神経科に殺到したという。人ごとじゃない、おいらもホンマに怖かったっす。
■夏頃からゴタゴタやってて、(こちらの見落としでなければ)まだ正式発表されてない2005年度国家映画賞の主演男優賞を Black (Hindi - 2005) Dir. Sanjay Leela Bhansali のビッグB、Maine Gandhi Ko Nahin Mara (Hindi - 2005) Dir. Jahnu Barua のアヌパム・ケールと争ったってことだ。

The 53rd National Film Awards, finally ended after a three-week-long exercise conducted by a 12-member feature films jury and a six-member non-features panel, and the results are delivered to the Information and Broadcasting Ministry. But the names of the winners cannot be formally made public as the legal grey areas are still to be negotiated. The member of the feature and non-feature juries was headed by veteran south Indian actress B Saroja Devi and television personality Siddharth Kak respectively.

While the award winners are still to be announced, unofficial reports confirm that Amitabh Bachchan has won, what will be his second (previously Agneepath, 1990) Best Actor National Award for his universally saluted performance in “Black” defeating Kerela superstar Mohanlal and our very own Anupam Kher by a meager margin, while the same film got the coveted Best Hindi Feature Film. (desiFans.com 記事より)

なんと、昨年の主演男優賞はラルさん、バッチャン、アヌパム三つ巴のアルツハイマー対決だった訳だわな。ディスクが値崩れしてからなんて言ってないで、やっぱ見なきゃ、Black、それに Maine Gandhi Ko Nahin Mara も。

投稿者 Periplo : 00:58 : カテゴリー Mohanlal Discography
| コメント (1)

2006年11月04日

たまには本も読もう5

まったくもう、ディスク化の割合、ディスクのクオリティだけでもマ映画ヲチャーはヒンディーやタミルと比べてハンデがあるのに、通販業者までもが問題ありなんだ。注文を送れども送れども梨の礫。ブチ切れて本でも読むしかないじゃないの。一日千秋、読書の秋だよ、ハイサイ叔父さん。

 コング・ヴェッラーラは、交叉イトコ婚、母方オジと姉妹の娘のオジ・メイ婚、兄弟・姉妹交換婚を、たとえどんなに系譜上近い関係にあっても近親婚ではないばかりか、むしろ望ましい結婚だと考えている。二つの家族のあいだで婚姻を繰り返すことによって、両家の絆が強まるからである。実際、交叉イトコ婚、母方オジと姉妹の娘のオジ・メイ婚、兄弟・姉妹交換婚はいずれも交叉親族の呼称でよびあう者同士の結婚である。マーマー(母方オジ)とマーッピライ(mappilai、姉妹の息子)という呼称は、年上の母方交叉イトコと年下の父方交叉イトコの間の呼称としても使われる。したがって、若い男子にとって自分が小さいころからマーマーとよんできた人は、将来、義理の父あるいは姉妹の夫となりうる人でもある。このような親族呼称で呼び合っている人々にとって、系譜関係からみれば世代を斜行するオジ・メイ婚となる母方オジと姉妹の娘との結婚も、同世代の交叉イトコ婚も同じことなのである。

 男性にとって、母方オジの娘、父方オバの娘、姉妹の娘はウリマイペン(urimaippen)である。ウリマイペンとは「(結婚する)権利がある娘」という意味である。結婚式の前夜、花婿と妹の二人がイナイッチール(inaiccir)儀礼を行う。これは新郎の妹が兄に、将来、娘が生まれたら自分の息子の嫁にくれることを約束させる儀礼である。結婚式に先立って、次の世代の母方交叉イトコ婚が儀礼的に約束されるのである。イナイッチール儀礼の翌朝おこなわれる結婚式では、新郎が席につく前に、母方オジ、母方オジの息子、父方オバの息子が、新郎席に座る。彼らは新婦をウリマイペンとする男性たちである。彼らは司祭からビンロウの葉を受け取り、娘が他の男と結婚することを承認する旨を表明して退席する。その後にようやく花婿が入場して式が始まるのである。(杉本星子、2006年、「女神の村」の民族誌、風響社、P.98-99より)

同書はタミル・ナードゥ州中部イーロード県を中心としたコング地方のヴェッラーラ・カースト社会で1990年代に行われた実地調査の報告。しかしこの「近親婚」は決してこの地方のこのカーストの中だけの慣行ではないらしい。以前、プリヤン映画に関連してナーヤルの母系制について調べたときも出てきたんだった。

家長の座は女性から娘に受け継がれ、Karanavanをはじめとする男性の成員は、他のTaravadの女性との間にもうけた実子に何らかの財産を相続させることはできなかった。王族の場合、国王は男性であったが、王位を継承するのは国王の姉妹の息子=甥であり、国王の息子ではなかった。また一般的に、男性の娘は、その男性の姉妹の息子と結婚するのが理想的とされていた。

一方で本書では、「実際のティンダル村の村人の婚姻関係を調べてみると、一六一の婚姻事例のうち七三パーセントが、それ以前に全く婚姻関係のない相手との婚姻であった。交叉イトコ婚やオジ・メイ婚が優先婚だといわれているわりに、その比率は高いとはいえない。(P.99)」と、通念と実態との差違も紹介している。だけど映画のなかじゃバリバリ健在。

タミル映画でこれまでに遭遇したものリスト

1.Chinna Veedu (Tamil - 1985) Dir. K. Bhagyaraj
2.Pounu Pounuthan [Pavunu Pavunuthan] (Tamil - 1991) Dir. K Bhagyaraj
3.Thiruda Thiruda (Tamil - 1991) Dir. Mani Rathnam
4.12B (Tamil - 2001) Dir. Jeeva
5.Chandramukhi (Tamil - 2005) Dir. P Vasu

1.心ならずも親の決めた相手と結婚させられる主人公ゴーパール [K Bhagyaraj](しかも彼の妹は同じ日に新婦の兄と結婚するのだ)。婚礼の夜にはじめて彼に話しかける新婦バギヤラクシュミー [Kalpana] の第一声は「オジさん(Maama)」。
3.両親を早くに亡くしたヒロインのラサティ [Heera Rajgopal] は母方のオジ夫婦に育てられる。ある日このオジは、星占いで悪い卦が出たことを口実に彼女を第二夫人にすると妻に告げる。
4.ヒロインのジョー [Jothika] は、母の弟であるアラヴィンド [Suniel Shetty] になついて纏わりつくが、叔父の方では彼女に男女の愛を感じていて、いつ切り出すべきかで逡巡している。そして母もそれをうすうす感づいている。
5.センディル [Prabhu] の母 [K R Vijaya] はこの結婚に落胆していた。かつて自身がセンディルの父 [Sivaj Ganesan] と恋愛結婚した際に、彼の姪で許婚と見なされていたアキラーンデーシュワリ[Sheela] の人生を狂わせてしまった経緯があった。それ以来の両家の30年にも渡る断絶を解消するために、アキラーンデーシュワリの姪のプリヤー [Malavika] とセンディルとの縁談をすすめていたところに、妻を伴ったセンディルが現れ気まずい状況に追い込まれたからだ。

しかしなんつっても凄いのは2だ。
2.ヒロインのパヴヌ [Rohini] は、5歳の時に失踪してしまったオジを心の支えとして恋い焦がれ、彼の帰還(そして彼との結婚)を頑なに待ち続け、村人の笑いものにされている。

言っとくけど、5歳ってのはオジさんが5歳の時だよ。オジ・メイ関係にあるってだけで未だ見ぬ(も同然の)相手を激しく意識しちゃってるんだ。


マラヤーラム映画でこれまでに遭遇したものリスト

1.Bharatham (Malayalam - 1991) Dir. Sibi Malayil
2.Commissioner (Malayalam - 1994) Dir. Shaji Kailas
3.Nerariyan CBI (Malayalam - 2005) Dir. K Madhu
4.Achanurangatha Veedu (Malayalam - 2005) Dir. Lal Jose

1.声楽家のゴーピ [Mohanlal] は伴奏者の娘でイトコでもあるデーヴィ [Urvashi] と隣あって暮らしている。新たに引っ越してきた隣人に彼女をイトコだと紹介する (She is my cousin. My uncle's [my mother's younger brother's] daughter.)。その隣人は二人の関係を即座に理解して"She is your girl by custom." と応じる。
2.バーラットチャンドラン警部 [Suresh Gopi] は、職権逸脱行為によって法廷に召喚され、女性検事インドゥ[Shobana] に完膚無きまでにやり込められる。閉廷後、彼女に掴みかかろうとする彼を止めに入った周囲の人々に対して一言、"She is my cousin"。理由になっちゃいないが、要するに「(許婚同士の)痴話喧嘩なんだから放っとけ」という意味なのだと思う。
3.旧家の令嬢アニータ [Gopika] は自宅に遊びに来た友人が変死する事件に見舞われる。現場検証にやってきた捜査官サイクマール [Jishnu] とはイトコ同士。が、映画の後半ではフィアンセ同士として周囲から扱われている。
4.低位カースト出身でクリスチャンに改宗したサミュエル [Salim Kumar] を父に持つシャーリー[Samvritha Sunil] は従兄 [Madhu Warrier] と愛し合っていた。従兄の家族(こちらの一家は改宗していない)は二人の結婚を望んだ(または許した)が、サミュエルはイトコ婚はクリスチャンの倫理に反するとして申し出を退けた (The customary girl for Hindu's is equivalent to a sisiter for Christians)。面目を潰された従兄の家族はサミュエル一家への敵意を露わにする。


なぜかタミル映画ではオジ・メイ婚、マラヤーラム映画では交叉イトコ婚ばかりが集まってしまったが、サンプルが少なすぎてこれが両州の傾向を表しているのかどうかは判断できず。それにしても、customary girl/boy なんて言い方が英語にあるのだろうか。Dictionary Of Indian English っていうのを当たってみたけど分からず。

付記:母方オジを表す語彙
maama(タミル)、ammama(マラヤーラム)、uncle(これもよく出てくるがそこいらのオッちゃんに対しても用いられるので要注意)。もっといっちゃうと maama ってのもそこいらのオッちゃんに使われることもあるからやっぱり混乱させられるのだが。

投稿者 Periplo : 01:20 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (2)

2006年11月03日

直球だ

久方ぶりに気合いの入ったファンサイトを発見しました。その名も M.G.R.。これから中身をじっくり読ましてもらいます。いや、頑張って欲しいっす。

投稿者 Periplo : 03:47 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (2)

2006年11月01日

Bhagam Bhag

Bhagam Bhag (Hindi - 2006) Dir. Priyadarshan は12月22日クリスマス公開が決まった模様。

Cast : Akshay Kumar, Govinda, Paresh Rawal, Jackie Shroff, Arbaaz Khan, Lara Dutta, Tanushree Datta, Shakti Kapoor, Rajpal Yadav, Sharat Saxena, Razzak Khan, Manoj Joshi.
IMDb を見ると他にも有名どころがいっぱい出て来るみたいだけど、ホントだろうか。

タイトルはときに Bhagam Bhaag, Bhagambhag などとも。タイトルの意味は run, run (?)、こちらによれば the film's title itself indicating a film about a 'theatre on a run' だという。

あらすじ:Paresh Rawal has a theatre group in India and he performs shows all over the country. Akshay and Govinda along with others are actors in the group. Both are very naughty natured guys who never miss any chance to flirt with girls, ever the girls in the group. At the completion of one show, an organizer offers Pareshユs group to perform 30 shows in England. All get very excited to hear the news but the day they had to leave for England, the heroine opts out due to Akshayユs misbehavior.

Through Rajpal, a taxi driver, Govinda and Akshay try to find out a girl for their play but it leads to many misunderstandings and a series of funny sequences. In this process, Govinda & Akshay fall into trouble involving a drug baron and other mishaps.

Thereafter, the trio discovers a girl (Lara Dutta), who suffers from amnesia to act in their drama and just as Akshay and Lara fall in love, her memory returns and it brings chaos into their lives, including a murdered husband!

From here the story leads to its climax in which a major conspiracy gets exposed and finally these three innocent guys are set free. (IndiaGlitz 記事Exclusive Synopsis of Bhagam Bhag より)

オフィシャルサイトもエントランスだけ登場。

なんでか知らんが、きちゃない写真しか流通してないので盗載は見送り。

投稿者 Periplo : 00:21 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)