« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月31日

年末ご挨拶

2006年も当ブログにおつきあい頂きありがとうございました。特に多くのコメントを賜った慕華堂様、kubo 様、むんむん様に感謝。正直このブログは、いつも相づち・突っ込み・お励ましを寄せてくださる御三方に宛てて書かれた私信みたいなもんなんです(なんて言ったらプレッシャーか)。来年もおんなし調子で行くつもりなので、どうぞよろしくお願い致します。

今年も当網站へのアクセスを一人で支えてくれた リシーたんにご登場願いましょう。
dhim2.jpgdhim1.jpg
The idol of the year 2006, Lissy, Dhim Tharikida Thom (Malayalam - 1986) Dir. Priyadarshan より

投稿者 Periplo : 23:59 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (2)

2006年12月27日

カルナ劇場メモ

物議をかもしてもいる劇場の最高・最低料金フィックスに続いて、州政府所有地でのシューティング料の値下げも。

Important locales in Tamil Nadu include Ooty, Kodaikanal, Pollachi, Top Slip, Valparai, Mudumalai, Courtallam, Mahabalipuram, and bigger Temples in Kancheepuram. In the City ECR, Rajaji Hall, Marina and Elliots beach were the most preferred locations. Mr Karunanidhi, whose nearly six-decade involvement with film world was well known, announced considerable reduction in per day's rent for shooting to Rs 1,000 from a whopping Rs one lakh The previous AIADMK regime had increased the rent to Rs one lakh per day in 2003. It was later brought down to Rs 25,000 in 2004. Mr Karunanidhi said rates for shooting TV serials would be half of what was applicable for shooting a filim.(OneIndian 記事 TN Govt. slashes shooting rates より)

まあ、前任者への当てつけみたいな側面もあるんだろうけどさ。

投稿者 Periplo : 00:08 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (0)

2006年12月25日

天罰覿面

(前回よりの続き)なんて、客を嘗めたこと言ってるから過去の悪事をバラされちゃったじゃん、麗しのレーヴァティさんに。

Maybe a movie like Kilukkam, in which Revathy was at her histrionic best - who could forget that half-crazy 'Thampuratti from Tripunithura', sniffing out 'poricha koyi' and carrying suitcase full of 'Vellaram kallu'.

"The shooting was absolute fun. Those 28 days in Ooty are something unforgettable in my life. Actually, at the time of the shooting, we never thought it would become such a huge hit," Revathy recollected.

It was also the time when director Priyan learnt to get up early in the morning. "The camera was by Kumaranettan and to capture the morning light, he would ask us to be up by 4.30 am at least. Me and Mohanlal were all game for it, but Priyan had a problem. It was after doing the movie that Priyan realised how beautiful morning light is. Now he has no qualms about getting up early," said Revathy.

But what Revathy liked most about the whole movie were the improvisations that they made on the spot. "That scene when I call Jagathy 'koranga' and another where I get my hair cut were all created right then and there. It was a film that just happened," recalled Revathy.(Newindpress 記事 Disarming charm より)

今でこそサルマン君やゴーヴィンダ様の定時招集に関して偉そうなこと言ってるプリヤン先生だが、監督不在のままの早朝撮影なんてのも昔はあったわけだ。オイラに言わせりゃ四時半起きなんて楽勝だけどな、前の晩からギンギンで眠らなきゃいいんだからさ。

投稿者 Periplo : 02:47 : カテゴリー プリヤンtrivia
| コメント (0)

2006年12月24日

度肝抜かれた

'No one with brains should watch Bhagam Bhag!'

22日に公開された Bhagam Bhag はまずまずのすべり出しで、吉例により酷評の嵐。しかし上記の発言はプリヤンさん自身によるものです。よう言うわな。

少し引いて、文脈を明らかにすると以下のようになる。

Its the kind of film where adults should leave their brains at home and go to watch it. Actually Ive made the film for kids and people who love to watch cartoon films. No one with brains should watch it (laughs).(Cybernoon.com によるインタビューより)

それにしても、「所詮はお子様向けアルが、そんでもかまわなきゃ大人も見るヨロシ藁」とは吹きますなあ。広報・宣伝担当の裏方さんたちの苦労が忍ばれますわ。

投稿者 Periplo : 03:24 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2006年12月20日

Travancore 補遺補遺

毎度の事ながら訂正とお詫び。前回のポストはいつもの早とちりですた。まったくもう、こういうのをなんて言うんだっけ、朝令暮改?平身低頭?非難囂々?すっとこどっこい?

トラヴァンコール・シスターズの従姉妹のアンビカーには、妹にやはり有名女優のラーダーがいたのだなどと書いたけど、以前に紹介したアンビカーと、前回取り上げたアンビカー、冷静にこの二人の肖像・出演作を見比べてみりゃ同一人物だと言うにはやっぱ無理があるわな。二人は別人で、共通点はケララ出身ということだけみたいだ。

ambika.jpgパドミニ達三姉妹の従姉妹だというこの人をアンビカー(I)としておきやしょう。

舞踊家にして60年代マラヤーラム映画の代表的女優。ヒロインとしてのデビュー作は Koodapirappu (Malayalam - 1956) Dir. J D Thottan[本作にはスクマリも脇役出演していたようだ]。マラヤーラム映画への出演は80本を超え、他にタミル語、ヒンディー語映画にも出演。

代表作:Arappavan (Malayalam - 1961) Dir. K Shankar, Tacholi Othenan (Malayalam - 1964) Dir. S S Rajan, Shiksha (Malayalam - 1971) Dir. N Prakash

以上がこの人に関して確実に分かることのすべて(Malayala Manorama 発行のCD-ROM、75 Years of Malayalam Cinema による)。今年9月にパドミニが他界した折りの追悼記事には時々言及されることがあったが、本人が存命中なのかどうかも不明のまま。両親の名前や本人の子供の有無なども一切分からず。また追悼記事に登場する際にはスクマリと共に名前が挙がることが多かったが、妹にラーダーという有名女優がいるという記述はゼロ。つまり下記のアンビカー(II)とは別人と判断した次第。ちなみに Ambika(I) の IMDb での登録は僅か2本。

She adds, "We sisters had a lovely time in those days because we were in the same profession. We used to act in films, and dance on stage. We formed a troupe called Dancers of India."

The members of the dance troupe included not only the three sisters but their cousins, Sukumari and Ambika, both well known actresses in Malayalam. (In fact, Sukumari acts in films even today.)

Dance was their passion, not films. What they performed in films -- the snake charmers, Krishna Leela, the story of Radha-Krishna, etc -- were picked up from stage. And, they would travel all around the world with their troupe. In one of their famous dance dramas, Ramayana, Padmini played Sita and her younger sister Ragini, Rama. The eldest Lalitha was Ravana and Sukumari and Ambika danced as Hanuman and Bharatan respectively. "Being the tallest, Ragini always performed the male characters. And, as I was the shortest, I was the female lead all the time."

She also told me about the kind of roles they played in those days. "I used to play characters who were crying most of the time. Ragini was good at comedy roles and Lalitha in vampish roles." (rediff.com 記事Dance was Padmini's passion, not films 中のパドミニ・インタビューの再録より)

ambika2.jpgラーダーの姉だというこの人をアンビカー(II)としておきやしょう。 Ambika(II) の IMDb での登録は41 本。日本公開されたアルナーチャラムにも出演してるんだね、全然思い出せないけど。だけどこのリストには(I)の出演作も混じってんじゃないかなあ。

以前系図を掲載した際に、アンビカー(I)の説明としてリンクした、カンナダ語のテレビドラマで活躍しているというScreen 記事、AIADMK のケララ支部活動家もやっているというKairalee 記事は、結局こちらのアンビカー(II)の近況だったわけだ。

ということでダブル・アンビカー問題はここで一応決着。人騒がせな連中だわい。どーしてこう一語芸名ばかりが出てくるのか。やっぱりナーイルだから?

しかし系図を巡る新たな発見はまだあった。

レトロな写真が掲載された The Hindu 記事 When the stars shone in Malaya Cottage より。これも一連のパドミニの回顧記事のひとつ。

'Malaya Cottage' has a special place in the history of Malayalam cinema. It was a grooming ground for some of the most popular stars in the industry. Situated at Poojapura, Thiruvananthapuram, the mansion was home to Penang Padmanabha Pillai, a planter who worked in Malaysia.

Pillai had six children, all boys. Karthiyayini Amma, his wife, had a liking for girls and would invite home her nieces, one of whom she eventually adopted. A great lover of dance and music, Karthiyayini Amma made arrangements for the girls to learn dance at Malaya Cottage. Soon many girls from Karthiyayini Amma's extended family joined the music and dance lessons.

Most talented of the lot were Karthiyayini Amma's nieces - Lalitha, Padmini and Ragini, later known as the Travancore Sisters. "Only Pappi (Padmini) was formally adopted. But my mother-in-law treated all of them like her daughters.
--
"They were initiated into different dance forms under Guru Gopinath first and later Mahalingam Pillai and Udayshankar. It was not the Travancore sisters alone, actors Sukumari and Ambika, their cousins, were also part of the Malaya Cottage clan. They all lived like a family there."
--
Actor and danseuse Shobhana is the niece of the Travancore Sisters and actor Krishna, the grand son of Lalitha.
--
Malaya Cottage also had its own `home productions' with Sathyapalan (the second son of Karthiyayini Amma) as producerdirector and the Travancore Sisters as the lead actors. `Ummini Thanka,' `Veluthambi Dalava,' `Minnunnathellam Ponnalla' _ belonged to that genre.

Sathyapalan produced and directed a number of feature films in both Tamil and Malayalam, many of them super hits of those times.

Sukumari and Ambika also made their debut in tinsel town when they were living at Malaya Cottage.

■この記事から新たに追加、訂正した人名
12.カルティヤイニ・アンマ 三姉妹の両親タンガッパン・ピッライとサラスワティ・アンマとどのように縁続きだったのかは分からないが、三姉妹のオバであることは確実。マレーシアでの植林事業で財をなした夫ペナン・パドマナーバ・ピッライとの間に6人の男子をもうけたが、女児に恵まれなかったのでパドミニを養女とし、他の二人も引き取って音楽・舞踊の英才教育を施した。自身は芸能人ではなかったようだが、芸術の大いなる理解者だったらしい。

13.サティヤパラン カルティヤイニ・アンマの2番目の息子。プロデューサー&監督として三姉妹をフィーチャーした作品なども手がけたという。しかしこの名前で検索しても全く引っかかってこないんだな。で頼みの綱の 75 Years of Malayalam Cinema にお伺い立てると P K Satyapal の名前で記載あり。こちらでは俳優兼プロデューサーとなっている。主な出演作は Minnunathuellam Ponnalla[Minnunathellam Ponnalla] (Malayalam - 1957) Dir. R Velappan Nair, Veluthambi Dalava[Veluthampi Dalava] (Malayalam -1962) Dir. S S Rajan, Pazhassi Raja (Malayalam - 1964) Dir. Kunchacko, Kunjali Marakkar (Malayalam - 1966) Dir. S S Rajan, Manikka Kottaram[Manikya Kottaram] (Malayalam - 1966) Dir. U Rajagopal Viruthan Sanku (Malayalam - 1968) Dir. Venu、プロデュース作はUmminithanga[Umminithanga] (Malayalam - 1961) Dir. G Viswanath, Veluthambi Dalava, Sarpakkadu[Sarppakavu] (Malayalam - 1965) Dir. J D Thottan, Viruthan Sanku

9.クリシュナについて、前回はラリターの息子と書いたけれど、上の記事では孫となっている。仮にこっちが正しいとすると、ショーバナ、ヴィニートよりも一世代下ってことになるんじゃん。こういう時のために会費払ってる頼みの綱、某会員制ギャラリーを覗いてみたんだけど、だめだぁ、最低でも3人のクリシュナさんが一緒くた。もしかしたらこのコがそうなのかな。一度も見たことないや、悪いけど。

※三姉妹のグル、ゴーピナートについてはこちら。プラブデーヴァのパパも弟子だったんだ。

ということで本日現在の王統系図をあげときます。
travancore2.jpg

投稿者 Periplo : 02:58 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (4)

2006年12月18日

Travancore Dynasty 補遺

王統に連なる芸能関係者をさらに発見したので、前に調べた系図に若干の追加(12.ラーダー)。こないだ久しぶりに古い雑誌の記事を読んでたらこんな部分に行き当たった。

 ヒロイン役では、先に取り上げたラーダーのほかに、実姉のアンビカーの人気が高い。ケーララの出で、妹よりも数年早くタミル映画界にデビューした。『アンダ・イェール・ナートカル』のヴァサンティ役が印象深い。妹とも『マナ・カナック(心の算段)』(86年)などで共演している。ここ六、七年数え切れない程の映画に出演し、タミルのトップ女優の座を守ってきたが、女優としてのピークの年齢を過ぎつつあるためか、最近人気にやや衰えが見えはじめているように思える。【山下博司『最近の南インド映画』、コッラニ12号(1987年9月)に所収、P.44 より】

ただし、引用文中ではアンビカー&ラーダー姉妹がケララ出身だということが述べられているだけで、トラヴァンコール三姉妹との姻戚関係については触れられていない。だからアンビカー&ラーダーがパドミニ達の親戚なのかどうかはホントは分からない(アンビカーがパドミニの従姉妹だという証言が、以前紹介した The Hindu 記事以外に見つからない)。1930年代生まれで50−60年代が最盛期だったトラヴァンコール三姉妹、1940年生まれのスクマリと、1980年代がヒロイン最盛期だった(60年代末の生まれか?)アンビカー達が従姉妹関係にあるというのも若干無理があるようにも思えるのだが。しかし一般に子沢山で大家族なインドの状況(だからこそオジ・メイ婚なんてのが成立するんだろうし)を考え合わせると一概に否定もできない。まったく一語芸名というのは厄介じゃ。

ambika2.jpgradha2.jpg
左がアンビカー、右がラーダー

アンビカーが1970年代末のデビューから今日までずっと映画出演を続けているのに対して、ラーダーのキャリアは1981年からの10年にほぼ限られている。ムンバイ在住のビジネスマンとの結婚によって引退したということだが、2006年2月になって娘と一緒に踊りの発表会に出たという記事近影が見つかっている。娘の芸能界デビューを画策しているのか、自らのカムバックへのアピールなのか。そういや、何度も検索で行き当たってるケララ美女軍団にかんする The Hindu の記事にも名前だけはのってたのでした。

追記:冒頭に掲げた系図、結局信用できないということがわかったので急遽取り下げ。詳細は次号を待て。

投稿者 Periplo : 00:26 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (0)

2006年12月17日

ディスク情報0612-2

anandabhadram01.jpg

ついにDVD発売、注目の黒魔術映画 Anandabhadram (Malayalam - 2005) Dir. Santosh Sivan。公開間近ということでポストしたのは1年以上も前だったんだけど、マ映画としては異例の早さでのディスク化。当初は天才アートディレクターサブ・シリルの初監督作品という部分でのみ注目していたのだが、シリルが途中で降板、サントーシュ・シヴァンがメガホンをとることになった。意外にも本作がシヴァンのマラヤーラム映画初監督作。もちろん俄かサントーシュ・ファンとしても大いに期待が高まっていたのですた。

Cast : Prithviraj, Manoj K Jayan, Kavya Madhavan, Kalabhavan Mani, Revathy, Riya Sen, Biju Menon, Nedumudi Venu, Cochin Haneefa, Maniyan Pillai Raju, Kunchan, Indira Thambi, Lakshmi Krishnamurthy, T P Madhavan, Akhila, Neethu, Kalashala Babu, Parameshwaran Nair, Kannan Pattambi, Padmanaban Thambi, Rajkumar Haripad, Govindan Kutty, Janaki, Tejas

Director : Santosh Sivan
Cinematographer : Santosh Sivan
Producers : Maniyan Pillai Raju, Ajaya Chandran Nair, Raghu Chandran Nair
Music Director : M G Radhakrishnan
Art Director : Sunil Babu
Story, Screenplay, Dialogues Writer : Sunil Parameshwaran
Choreographer : Aparna Sindoor, Anil Natyaveda
Costume Designer : S B Satheesan

でもって感想はというと、快作も怪作、マラヤーラム・ホラー映画ファンの方(そんなのいるか)には是非おすすめしたいスマッシュヒットです。

anandabhadram02.jpganandabhadram09.jpg
anandabhadram08.jpganandabhadram03.jpg
anandabhadram05.jpganandabhadram07.jpg
anandabhadram04.jpganandabhadram06.jpg

■導入部のあらすじ
長らく米国に居住してサンフランシスコで息を引き取った母 (Gayatri Devi / Revathy) の遺灰を手に、故郷であるケララ村に帰還する青年アーナンダン (Anandan / Prithviraj)。母の遺志に従い遺灰を故地に埋葬し、村の聖所に灯明をともすためだ。母は神秘的な力をもつ有力なマーダンビ家の出だった。一族では代々20歳になった総領娘が儀式を経て半神となり、家と村の安寧を支えるのがしきたりだった。しかし母は儀式の前に恋に落ち、駆け落ちして米国に逃れてしまったのだった。

アーナンダンがたどり着いた故郷の村は様子がおかしい。強力な黒魔術師ディガンバラン (Digambaran / Manoj K Jyan) が人々を恐怖に陥れていたのだった。彼の父は村はずれの滝壺の奥の洞窟内の至聖所に安置されている三種の神器−足指輪・奥義書・ダイヤモンド−のうちの足指輪を盗み出すことに成功し、それを息子に伝えた。それによってディガンバランは他人の体に憑依して意のままに操ることができるようになったのだった。ディガンバランのもくろみは、マーダンビ家の娘を伴って訪れなければ手に入れることができないという残りの二種の神器を奪取して宇宙を支配する呪力を得ることだった。彼はマーダンビ家の長女スバドラを誤って殺してしまったが、村娘のバーマ (Bhama / Riya Sen) を呪術によって操り、彼女の生霊をつかってスバドラを甦らせようと試みている。一方でマーダンビ家の次女バドラ (Bhadra / Kavya Madhavan) が神となる儀礼が近づいていた。

■いつものランダムな感想

演技陣についていえば、何といってもマノージKジャヤンが素晴らしい。悪役冥利に尽きる役といっていいかも。カタカリの悪役のマニエリズムを意識的に取り入れた芝居は完全にヒーローのプリットヴィラージを喰ってる。もちろんその辺にいるただ人相が悪いというだけの人たちにはつとまらない。独演ショー状態のミュージカルシーンも本作の白眉でしょう。
manojkjayan.jpg

対する盲目の剣術師を演じるカラーバワン・マニもド迫力。やっぱり独演ショーの別のミュージカルシーンでは自分で歌ってるらしい。
kalabhavan.jpg

今やただ独りマラヤーラム映画界にとどまっているヤングヒロインのカーヴィヤ・マーダヴァンさん。あまりにもガタイがよすぎてどんなものかと思ってたけど、カタカリ女形風のくっきりメイクをすると映えるね。結構かわゆい。バラタナティヤムのビデオを出すくらいなんだから踊りも上手いんだろうけど、本作ではあまり活かされていない。

前から気になってていたんだけど、魔術師にも色んな種類があるみたいなんだ。本作には黒魔術師、白魔術師、占星術師、霊媒師というのが登場している。占星術師だけはナーイルだということがわかる。白魔術師はブラーミンか。霊媒師はおそらく低位カーストなのではないかと推測。役割的にもきっちりと棲み分けがあるのだと思う。

サントーシュ・シヴァン作品というと、芸術寄りのメッセージ性の強いものという先入観があったのだが、本作は例外。もちろん洗練されてはいるのだが、マラヤーラム・ホラー映画に連綿たる馬鹿馬鹿しさ、怪異やしきたりが「なぜそうなのか」が全く説明されない(科学的にはもちろん神話的にも)ユルい脚本、おどろおどろしい効果音、使い古された小道具の数々、屍累々なのに能天気なエンディングなど、クリシェが満載。入門編に是非お勧めしたい一本です(初心者の人は間違ってもこれとかには手を出さないように。インド映画人生がイヤになるかも)。

サブ・シリルは美術監督としても参加はしなかったようだが、アソシエート・アート・ディレクターの一人に Bawa Cyril という名前が見られる。息子だろうか? 美術担当は Sunil Babu、そしてS B Satheesan による衣装、サントーシュ自身による撮影のコンビネーション(ちなみに特撮はほとんど使われていない)によって圧倒的なビジュアルに仕上がっている。考えてもみてくだせえ、サントーシュのアート映画では90分しか持続しない陶酔の映像美が、ここでは135分も続くんでっせ!

投稿者 Periplo : 02:00 : カテゴリー so many cups of chai
| コメント (0)

2006年12月10日

いつもの儀式

BhagamBhag.jpg

12月22日に公開が迫ったプリヤン新作 Bhagam Bhag でいつもの露払い儀式。これは既に縁起物と化しているのだろうか。

The Bombay High Court has issued notices to actor-producer Suniel Shetty, director Priyadarshan and writer Neeraj Vora for an alleged infringement of The Copyright Act in their forthcoming film Bhagam Bhag.

The movie is scheduled for a 22 December, 2006 release all over. The film's story, according to the allegations, has been picked from popular Malayalam film Mannar Mathai Speaking. Made in 1995, it was directed by Mani C. Kppan and starred Mukesh, Vaani Vishwanath and others. The notices have been issued on 7 December and the three defendents have been asked to file a reply by 12 December. (Business of Cinema 記事 HC issues notices to Bhagam Bhag makers より)

今のところプリヤンのリアクションは報じられていない。

Mannar Mathai Speaking (Malayalam - 1995) Dir. Mani C Kappan については過去のポストでも紹介したけど、すでに手に負えないほどのリメイク輪廻の一部になっていて、なおかつ今年公開された Phir Hera Pheri (Hindi - 2006) Dir. Neeraj Vora(これ自体がプリヤン映画の続編なのだ)がこれのリメイクではないのかという疑惑があるのだ。

同一言語圏で同じ年に同じネタ元からのリメイクがダブル公開? 前にもいちどあったよな。もしかして確信犯でやっているのかプリヤン先生。まあ、いつものように蓋開けてみれば、ストーリーの本筋じゃなくて、毒にも薬にもならんコメディ・シーンのパクリってあたりなんだろうけどさ。

投稿者 Periplo : 23:13 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (3)

2006年12月07日

思い出したことなど

そういや前に南印の近親婚について素朴な疑問をアップしたときに、なんか書き忘れてる気がしたんだ。

iruvar.jpgtarang.jpg

印度芸能界でヒロインやるよな妙齢の女優のマネージャー兼付き人は、たいていママがやるんだけど(例えばこの人なんかも)、何らかの理由でそれが適わない場合はオジがその役割を担うことが多いのだそうだ。そして女優とジャーマネの間に淫靡な関係ができてしまうこと(ありていに言えばオジによる性的搾取だが)が当たり前のようになっていたのだとも。

Iruvar (Tamil - 1997) Dir. Mani Ratnam ではあからさまにそういうシーンがあった。あれは母方叔父だったのか。Bhumika (Hindi - 1976) Dir. Shyam Benegal でヒロインが‘恋愛結婚’するのはもうちょっと遠い親戚だったっけ(どっちにしろこの映画のモデルはマラーティー映画の女優なのだから南印の近親婚話に絡めて語るのは反則なのだが)。

ちなみに右の写真は Bhumika じゃなくて Tarang (Hindi - 1884) Dir. Kumar Sahani のものらしい(未見)。

投稿者 Periplo : 01:43 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (0)

2006年12月06日

ディスク情報0612-1

cvMuskurahat.jpgプリヤン先生のヒンディー語作品で唯一DVDになっていないと思っていた Muskurahat が、某通販サイトで投げ売りされてるのを発見したので早速発注。

Muskurahat (Hindi - 1992) Dir. Priyadarshan
Cast : Jay Mehta, Revathi, Amrish Puri, Annu Kapoor, Jagdeep, Anil Dhawan, Mahesh Anand, Arif Khan, Anju Mahendru, Asha Sharma, Uma Kamesh, Nilima Deshpande, Saba, Darshan Bagga, Lalita Pawar, Sharat Saxena

もちろんリメイク。元ネタは自作の Kilukkam (Malayalam - 1991) だという。そしてこの記念すべきヒンディー進出第一作は自慢の脚本にもかかわらずフロップ。いつものように原因を俳優のせいにしてる。プリヤン的な収穫はアムリーシュ・プリーとの仕事上のつきあいがここから始まったということになるのかな。アムリーシュのキャリアの上でも本作は割に重要だと言っている glamsham.com 記事。このあたりから戯画的な悪役以外のキャラも増えてきたらしい。以下はプリヤンによる回想。

I was filming Muskurahat and was looking for an actor. I met Amrish Puri through Pranlal Mehta.

Amrish Puri met me at Holiday Inn, Mumbai. Normally, stars have a secretary but this man did not. I still remember he had walked in with his umbrella and diary.

He asked me directly what the subject was. When I said his was a positive role, he informed me that he usually did negative characters. He asked me why I chose him for a positive role. I replied that I really wanted Utpal Dutt for the role, but since he was no more, I had thought of him. He laughed and agreed to do it.

From then on whenever I called him for a movie, he would ask whether it was originally meant for Utpal Dutt, which meant that he was positive in the film. In all my movies, except Kaala Pani, he had positive roles.(rediff.com インタビュー 'Mohanlal is my all-time favourite!' より)

ベンガル出身のウトパル・ダットの出演作は実は日本で結構上映されてたりするんだ。プリヤンの憧れの人リストに入ってるみたいだから、この先ぼちぼち研究対象にしよう。

投稿者 Periplo : 01:47 : カテゴリー プリヤンdisc
| コメント (5)

2006年12月03日

資料系アップデート

かつて拙サイトに掲載した参考資料集は、経年修正を怠けたためにかなり干物化が進んでしまっとります。なんとかしたいと思いつつも怠け中。語学関係のアップデートを一つだけ。上記ページでは進行中としてあったものだけど、「タミル語世界のOED」と呼ばれている Tamil Lexicon (Madras Univ.) のオンライン化が完成してたんですね。それともベータ版なのかな。

シカゴ大学によるTL
http://dsal.uchicago.edu/dictionaries/tamil-lex/

もちろんタミル語学習者以外にとっては楽勝とは言いがたいけど、タミル語単語のローマナイズ入力ができて、曖昧検索にもそこそこ対応しているところがありがたい(murugan:murukan、kaadhal:katal 程度のブレには対応してもらえる)。ユニコード非対応ブラウザでも検索可能。

同じソースから編纂されたケルン大学の Cologne Online Tamil Lexicon もある。117,773語のエントリー。こちらもタミル語のローマナイズ入力による検索が可能。

どっちかというとシカゴ大の方が、「闇雲に数打ちゃ当たるかも」式検索にフレンドリーかも。

参考:リンク集 Online Dictionaries - Tamil を見ると他にもいろいろありそうだ。

投稿者 Periplo : 22:11 : カテゴリー miscellaneous
| コメント (0)

2006年12月01日

Japan 関連5

Mohanlal as ナイルさん。こっちの話とはまた違うみたいだ。

最近ニュースもあんましないし、今日こそちゃんと仕事しよー、と思って机に向かってみたら、また香ばしネタが舞い込んできちまった。

Mohanlal to play freedom fighter in Indo-Japanese film

Panaji, Nov. 30 (PTI): Unsung hero Ayyapanpillai Madhavan Nair, who fought India's British rulers from Japan, will be portrayed by south Indian film star Mohanlal in a movie based on his life.

"This will be a co-production between Japan and India. Japan's PAL Entertainment Production will produce it with an Indian producer," said Albert, a well-known south Indian director who is finalising the project.

Leading Japanese actress Shunsuke Matosuoka will star opposite Mohanlal in the film that will depict the era between 1920 and 1970, he said on the sidelines of the International Film Festival of India here.

"The film will be made in three languages -- Malaylam, Japanese and English -- depending on the scenes. We don't want to lose the essence of the story on the language issue. We are producing a realistic film, it's not fiction," said Albert, who has won awards like the Aravindan Puraskaram and Padmarajan special jury award.

Nair, popularly known as Nairsan, hailed from Kerala and worked from Japan, rubbing shoulders with freedom fighters like Rash Behari Bose, one of the founders of the Indian National Army (INA), Albert said.

"Nairsan lived in Japan for over half a century and spent several years in Manchuria. There, he was an unofficial advisor to the Manchukuo government and the Kwangtung army. He also conducted an anti-colonial movement against British imperialism in India and other parts of Asia," said Albert, who is finalising the Indian producer for the venture. (The Hindu 記事の全文引用)

amNair.jpgアイヤッパンピッライ・マーダヴァン・ナーイル。これまで一度も聞いたことの無い名前だ。ものすごく検索しづらそうだね。しかし日本語で検索してみたらすぐにみつかりますた。この人、A. M. ナイルさん(1905-1990)。

ほかに rediff のThe Man Who Knew Netaji という記事もあり。

もしかしたら、過去に紹介した Iniyenkilum... (Malayalam - 1983) Dir. I V Sasi で、路頭に迷ったラルさんたち一行を保護する、在日マラヤーリー(Balan K Nair が演じた)の中小企業社長(カレー屋さんではなかったが)はこのナイルさんがモデルだったのかも。

買ったきりで積ん読になってたこの本も読まなきゃあかん。

それにしても、日本の映画業界にはラルさんの隠れファンでもいるんだろうか。これを読んだら出てきてカミングアウトしてよ。

これからもナイルさん研究は続行(おいおい、仕事はどうすんじゃ)。

投稿者 Periplo : 01:43 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (8)