« メモ:訃報 | メイン | たまには本も読もう6 »

2007年01月07日

6年ぶりの蔵出し

プリヤンさんから思いもよらぬお年玉。

The film derives its inspiration from the Marathi hit Bindhaast. Released for now in Tamil and Malayalam, the movie is due to be dubbed in Hindi and released soon.(rediff.com 2000年12月の記事 Enjoyable, even gripping at times! より。

Bindhaast [Fearless] (Marathi - 1999) Dir. Chandrakant Kulkarni のリメイクであるマルチリンガル映画 Snehithiye... (Tamil - 2000) のヒンディー語版が、上記記事から6年たって突然公開されるという話。タミル、マラヤーラム(Rakkilippattu)、テルグ(Sneham)、カンナダ(題名不明)の4バージョンは2000年に公開されたようなのだが、ヒンディー語版はお蔵入りになってたらしい。タイトルは今のところ FriendshipIndiaFM 記事ほか)。

やっぱりヒンディー語映画界でのプリヤンの市場価値が高まってきたということなのだろうか。

オリジナル Bindhaast のプロデューサーは、まるで自作の事を語るようにインタビューに応じている。つまり今回は著作権を巡る争いはないってことか。「インド初のグローバル・ベンチャー」ってのはさすがに吹きすぎだと思うのだが、ヒンディー語以外にも世界の主要言語で公開するってホントかいな?

Professor-cum-producer Matchindra Chate wants to release the film in key languages across the world.

Besides being an educationist, Professor Matchindra Chate (Chate Classes) is also a creative filmmaker. Having produced two successful Marathi movies 'Bindhast' and 'Chimani Pakhare', Chate now awaits the release of his film 'Friendship' in January. Incidentally, he calls this multi-lingual film 'India's first global venture'.

The Priyadarshan directorial casts Tabu as a cop. In the past the actor was a part of Priyadarshan's hits 'Virasat' and 'Hera Pheri'.

Coming back to Chate, the producer says, "The film has already been made in Tamil, Telugu, Hindi, Kannada and Malayalam. It will take about a year to distribute it in other widely-used languages of the world. I want this to be India's first true global venture."

The film, as its title suggests, talks about friendship. "It's about two innocent college girls who get involved in a controversy and eventually get arrested," he says.

Will the professor then desert his established profession to concentrate on filmmaking? "No, coaching is my priority. If my teachers come up with a problem, I will solve that first," he adds. (DNA 2006年12月31日記事、Tabu's "Friendship" with Priyan

ディスクを引っ張り出してきて流し見してみたけど、やっぱりハイダラーバード出身のこの美人が演じる警部さんの格好良さに圧倒される。殺人現場に居合わせながら何もできなかった通行人の男共を痛罵したり、群がる取材陣を蹴散らしながら大股で闊歩したり、犯人が潜む倉庫に拳銃を構えながら単身乗り込んだり、こういうマニッシュな役を演じるチャンスに恵まれた女優さんはインドではごく少ないはず。野郎のお巡り映画と比べてみてもかなりイイ線いってると思うのだが。

今回のヒンディー語版公開に期待しちゃうのは、タプー警部の右腕として活躍するジャヤシュリー警部補を演じたこの女優さんについてもっと情報が出てくるかもしれないってことなんですわ。

ladycop1.jpgladycop3.jpg
ladycop2.jpgladycop5.jpg
ladycop4.jpgladycop6.jpg
逮捕して貰いたさに思わず犯罪を犯してしまいたくなるよーなこの警部補さん、改めて萌え。

投稿者 Periplo : 07:05 : カテゴリー プリヤンremake

コメント

た、タイーホしてほすい、心底!(惑乱している)

投稿者 慕夏子 : 2007年01月07日 19:22

こーんな婦警さんにぶっとい警棒でメッタメタにたたかれたりしたら、あたしゃもう…ハアハア。

投稿者 Periplo : 2007年01月08日 02:44

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?