« 6年ぶりの蔵出し | メイン | 賑々イロモノ1 »

2007年01月08日

たまには本も読もう6

そしてまた新たな疑問に悶絶しよう。

 シャーカーとは、整列・行進にはじまり、ヨーガや武術、伝統スポーツの訓練、マントラや賛歌の斉唱、訓話や問答、対話などを行うもので、インド各地で毎日開かれているRSSの末端活動である。(中島岳志、『ナショナリズムと宗教 現代インドのヒンドゥー・ナショナリズム運動』、2005年、春風社刊、P.200より)

 一回のシャーカーは通常一時間ほどで、(1)整列・行進およびヨーガやインドの伝統スポーツ、武術を行う「身体訓練」、(2)マントラや賛歌の斉唱、訓話などの「知的訓練」、(3)問答・討論などを行う「対話」の三本柱で構成される。基本的に、シャーカーに参加するスワヤンセーヴァクたちは、シクシャークやガタナーヤクを含め、みなカーキー色のショートパンツに白いシャツというユニフォームを身に着けることになっている。
 シャーカーは主任教育係の笛の合図と共に全員が整列し、サフロン色の旗を立てるところからはじまる。立てた旗に向かい、参加者は胸に手をあて一礼、RSSメンバーである誓いを述べる。その後、「回れ右」「右向け右」などの号令にあわせて整列の練習をし、整列したままの状態で行進の訓練に移る。場所によっては、これにランニングを加えるところもある。
 次にスーリヤ・ナマスカールという太陽に捧げる祈りを行う。(中略)つづいてさまざまなヨーガや武術の鍛錬が行われる。ここではタンダーと呼ばれる竹製の警棒を用いた武術の訓練が中心になることが多い。(同書 P.202-203より)

 シャーカーではカーキー色の短パン、白いシャツ、黒い革靴、白い靴下、黒い帽子が制服に設定されており、それを着用することが原則とされる。(同書 P.210より)

久しぶりに巡り会った快著。マスコミ報道では「危険で時代錯誤な復古主義」「ファシズムへの指向性を持った狂信者集団」という紋切り型でしか紹介されないヒンドゥー・ナショナリズムの最前線を、大衆組織であるサング・パリワール、とりわけRSS諸団体の末端での活動を通して分析し、なおかつインド現代史の流れの中で俯瞰する。結構な大仕事だ。それにもかかわらず無学者にも理解可能な平易な文体で書かれていることが有難い。上記引用箇所以外でも面白かったのは、デリーで開かれた全インド学生協会の全国大会で、南インドから動員された学生代表たちが、延々と続く難解なヒンディー語の演説に飽き飽きして逸脱行為を始めたというエピソード(P.339-340)。不適切な物言いかもしれないが、ここは物凄くウケた。

話を元にもどすと、草の根のファンダメンタリズムを支えるシャーカー活動の実際というのは、ガイジンにはなかなかはかりがたい部分だったのだ。現地の人にはなんでもない当たり前の風景なんだろうけど。

この部分を読んで、ふと最近見たOkkadu [A single guy] (Telugu - 2003) Dir. Guna Sekhar の冒頭のミュージカルシーンを思い出して思わず「あうあうっ…!」っと大声あげちゃったんだよね。

なかなかよくできたアクション映画だったのだ。冒頭でハイダラーバード下町の対立する二つの不良グループがガンを飛ばしあうシーンは、明らかに『ウェストサイド物語』(USA - 1961) Dir. Jerome Robbins & Robert Wise からインスピレーションを受けている。西側物語が現代版のロミオとジュリエットであるのに対して、本作はモダン・ラーマーヤナみたいな話。

最初のダンス♪Govind bolo hari gopal bolo [Hare Rama] は典型的なヒーロー登場ソングで、テルグ名物の巨大セットのチャールミナールをバックに繰り広げられる群舞。斬新さはないが上手くまとまったスタイリッシュなダンスだと思う。残念ながらディスクでは歌詞の字幕が省略されてしまっているので何を歌ってるのかは分からないのだが、idlebrain のレビューによれば、

A fast beat song with semi-classical musical interludes. Shankar Mahadevan, who is adept at singing such songs, proves the point once again with this one. Sirivennela puts forth a nice philosophy in this song that chanting God's names and celebrating festivals pompously like a norm since time immemorial finds its true meaning only when we realize the essence in those actions by understanding the importance and motives behind those chants and celebrations. The accented singing of 'Govind bolo hari gopal bolo! Radha ramana hari gopal bolo!!' sounds so cool that you start humming it even before you realize it.

なんだそうだ。

okkadu1.jpgokkadu2.jpg
okkadu3.jpgokkadu5.jpg
okkadu6.jpgokkadu7.jpg
okkadu8.jpgokkadu9.jpg

まあ、バクティを歌うとはいってもそこはそれ、ヴィジュアルとしてはハイダラーバードに暮らす色んなバックグラウンドの人たちのイメージを散りばめて、コミュナルなハーモニーをメッセージとして全面に打ち出しているのだ。美しいじゃありませんか。

しかしだな、曲の終盤になって(曲調は変わらず)急にこんなイメージが出てくるのだ。
shakha1.jpgshakha2.jpg

これってどー見たってシャーカーの修練風景じゃん! ヒンドゥー原理主義を唱えるRSSの連中ですらハイダラーバードでは平和な風景の一部と見なされているのだろうか?

一〇代の参加者はRSSの支持者である父親に勧められ参加していたものの、学校の勉強が忙しくなってきたことを理由に参加を止めた。彼は周囲の視線のあるなか、カーキー色の短パンを履いて毎朝年長者たちとトレーニングを行うことは非常に恥ずかしいといい、シャーカー自体もあまり楽しいものではなかったと語っている。(前掲書P.230、ニューデリー高級住宅地のシャーカー構成員への聞き取り調査より)

容易に想像はできるが、こういう擬似軍隊式の集団訓練は、若い衆からはクールなものとは見なされていないのだ。それならば尚更なぜこのイメージをここに持ってきたのか?

これに限らずテルグのダンスシーンのイコノロジーにはよく分からないことが結構ある。ぼちぼち探求していこうとは思っているのだが。

ちなみに本作には Ghillli (Tamil - 2004) Dir. Dharani、 Aajay[Ajay] (Kannada - 2006) Dir. Meher Ramesh
の2つのリメイクが存在する。冒頭ソングがどういうふうに処理されているのか、そのうち見てみよう。

投稿者 Periplo : 02:35 : カテゴリー バブルねたtelugu

コメント

ワタクシ、本文でご指摘のあった著作も読んで映画も見ているのですが、あのダンスシーンの光景がシャーカーの修練風景だということには全然気づきませんでした。毎度のことながらぺ様のご慧眼には脱帽でございます。

実は同じマヘーシュ・バブー主演のBobby(Telugu - 2002) Dir. Sobhanの冒頭に♪E Jendaという愛国ダンスナンバーが登場するのですが、ここでも軍服似のユニフォームに身をかためた連中が行進するシーンが出てきます。あれもやはりシャーカーだったのかなあ?

Ghillli も見てるのですが、そういう光景はなかったような…。カンナダ語リメーク版は存在することを知りませんでした。VCDか何かになっているのなら確認してみたいような気がします(が、買ってもたぶん見ないだろうなあ藁)

投稿者 慕夏子 : 2007年01月08日 13:29

慕夏堂様、

>Bobby(Telugu - 2002) Dir. Sobhanの冒頭に♪E Jendaという愛国ダンスナンバーが登場する

情報ありがとうございます。早速見てみたいとこですが、どこで売っとんのじゃDVD。

Okkadu についてですが、もしかして主人公はRSSの専従という設定なのか?とすら想像してしまいました。キチンと確認してませんが、学校に行っているシーンはなかったような気がするし、定職を持ってるわけでもなさそう。身を興すチャンスをカバディの試合だけに賭けている下町のチョイ悪。おとんは警察の幹部だってのに。不思議です。

投稿者 Periplo : 2007年01月08日 21:31

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2013年06月16日 04:17

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?