« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月29日

絶対見ねえぞ

lissy-tan.jpg

Dasavathaaram なんぞ。こっ、この野郎、おいらのリシーたんにこんなことしやがってえええ。一体この映画ナニ? 台詞はタミル語だったようだが。このリストの中にあるようには思えん。VCDぐらいにはなってるのか。Dasavathaaram なんぞどうでもエエが、これは見たい〜〜〜〜。

※写真は本文とは無関係、Dhim Tharikida Thom (Malayalam - 1986) Dir. Priyadarshan より

投稿者 Periplo : 01:04 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (1)

2008年06月15日

ヘンテコ資料系

約2年前のポストメモ:Caste System in Telugu Filmdom? で紹介したテルグ映画の格付けを裏付ける(?)資料を発見。

アーンドラ・プラデーシュ州事業税局、APFDC Certificates アーカイブ

例えばYamadonga (Telugu - 2007)Dir. S S Rajamouli の書類を見ると、本作が high budget film だ(当たり前だ)ということが、そしてBhookailas (Telugu - 2007) Dir. Siva Nageswara Rao の書類を見ると(見かけが派手な割に)low budget film だということが、わかっちゃったりするのである。

投稿者 Periplo : 23:48 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (1)

2008年06月14日

史上初の快挙か

なんだかいきなりって感じで今週発表された印度国家映画賞。2007年度ではない、2006年度のものなのだ。2005年度の発表が色々あってずれ込んだ(こちら参照)しわ寄せがまだ残ってんだな。

RathriMazha.jpg

えーと、国家映画賞の選定委員会は Directorate of Film Festival [Gov. of India] という組織になるんだけれど、ホームページ見ても今回発表の正式なプレスリリースの掲載は一切なし。だから各種ニュースサイトの報道を信じるしかないんだけど、恐ろしく多岐に渡っているこの賞の全容を報じているページは見つからず。

で、注目のマ映画関連。

Malayalam Cinema bags nine awards ! (Sify.com 記事 6.11)

いや別に9部門制覇(タミル映画で受賞したプリヤちゃんも入れれば10部門だ)っていうのが快挙なんじゃなくて、コリオグラフィー部門で受賞ってのが驚倒天地なんだよね。

Best dance choreographers- Madhu Samudra-Sajiv Samudra for Rathri Mazha. (上記記事より)

ちなみに2000年までのマラヤーラム映画国家映画賞受賞作リストはこちら。歴代の国家映画賞振り付け部門受賞者リストはこちら

まあ、これまでにも何度かこぼしたことはあるんだけど、マ映画のダンスシーンの全体的なしょぼさというのには如何ともしがたいものがある。予算の制約と踊れる俳優の不足、バラード調のメロディアスな楽曲への指向というのが原因なのだろうか。タミルナードゥ・ボーダーを舞台にした州境ものでは、必須のお約束としてわざとらしくタミル風の音楽と踊りが挿入されるのだが、「本場もの」に比べると何だか冷え冷えと侘びしくて、全くお祭り気分にさせてくれない。多分振り付け師だってバックダンサーだってタミル映画と共通のはずなのにね、不思議なんだ。

何の話だったっけ、そう Ratri Mazha [Night Rain] (Malayalam - 2006)。

Direction : Lenin Rajendran
Cast : Vineeth, Meera Jasmine, Manoj K Jayan, Biju Menon, Lalu Alex, Cochin Haneefa

舞踊家が主人公らしい。監督のレーニン・ラージェンドランは、寡作ながらアートと娯楽の狭間で一味違った作品を送り出し続けている異才。

ディスクの発売はなし。そんなに見事な舞踊シーンなら動画サイトにアップされてやしないかと探してみたけど見あたらず。監督インタビュー(まだ全部見てない)に一部収録されてるかも。

ただし、こちらの音楽レビューを読むと何となく予測できるのだが、この映画のダンスはいわゆる「インド映画のソング&ダンス」とはちょっと異質なものなんじゃないかという気はする。どんな世界が広がっているのかね。

付録:Ratri Mazha ギャラリー、その1その2

投稿者 Periplo : 23:59 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (3)

2008年06月07日

プリヤンがやってくれる?

ベルリンに興奮の渦を巻き起こし日本公開も決まった話題作の中の、サウスをおチョクったシーンに(反撃できなくて)悔し涙を呑んだ皆さん、プリヤン先生がリベンジしてくれる?かもよ。

Hindi2020.jpg

1年以上前に半信半疑で紹介した賑賑イロモノ、牛の歩みで進行中。いちおうオフィシャル・サイトも。

タイトルは Twenty - Twenty [Twenty:20 とも] に確定。 クリケット用語らしいんですけどね、意味はさっぱりわかりまへん。67明星(まさにbrown dwarf galaxy)と17大歌手の競演、撮影も終盤に入っているらしい。夏に公開。ただし半ば予想されたことながら、きかん気なミーラちゃんは喧嘩別れしちゃったんで登場はなし。

ヤング中心ギャラリー熟年もカバーのギャラリー

MalluOSM.jpg

ここに来て、一番派手なキメのソングシーンを、マ映画界から追放処分されていたはずのプリヤン先生が手がけるという話が浮上中。

Noted director Priyadarshan has been roped in to picturise the big song in Twenty:20, a film made to raise funds for AMMA in which almost all the stars in Malayalam cinema are acting for free. The song is conceptualised based on the song in Om Shanti Om.

It is said that the song will feature almost all the stars and a huge set is being erected at Navodhaya Studio,Kochi. Art director Joseph Nellikal supervises the set being built.

There are 67 characters in the film and 17 playback singers have sung the signature song starting 'Amme Amme'. Music is by Berny Ignasius. The latest rumour is that AMMA is trying to rope in big stars from other states like Amitabh Bacchhan, Rajinikanth, Kamal, Vijay and Vikram, who are as popular as their Malayalam counterparts in Kerala.(oneindia 6月3日記事 Priyadarshan roped in for Twenty:20

ボリウッドでの顔の広さを買われての緊急登板なんだろうか。ともかくビッグBを引っ張ってこられるのかどうか、興味本位でヲチ。

投稿者 Periplo : 02:17 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (0)

2008年06月06日

資料系アップデート0806

まだ全貌は把握し切れていないのだが、とりあえず紹介。

オンライン辞書 South Dravidian etymology

Database query to South Dravidian etymology
Database query to Telugu etymology
Database query to Dravidian etymology
DB一覧

コツを掴めば語源のみならず一般的な辞書としても使うことができるかもしれない。

親ページはサンタフェ研究所Evolution of Human Languages

投稿者 Periplo : 01:36 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (0)