« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月28日

Kanjeevaram/Kanchivaram

Kanjivaram01.jpgkanchiPoster.JPG

トロントでの公開が決まった、タミル語による社会派映画、やっとマトモなスチルが流通開始。nowrunning にて。

にしても芸術映画はやっぱり扱いが小さいね。The Hindu では短いインタビューも。

投稿者 Periplo : 12:22 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (14)

2008年08月19日

注目の芸術映画

kuttysrank2.jpgkuttysrank1.jpg

Kuttysrank (Malayalam - 2008) Dir. Shaji N Karun
Cast: Mammootty, Kamalini Mukherjee, Padmapriya, Meenakumari, Sai Kumar, Siddique, Suresh Krishna

なんだかひっそりと制作されていたみたいなのだ。公開はまだなのかな。ネット上の情報も少ない少ない。

いかにも思わせぶりな芸術映画的設定。

The film is set in the early 60’s and is about a boat driver who runs a parcel service between Kodungaloor and kollam, through the back waters of Kerala. He has no home and no religion. He has three concubines in three different Islands on his route, and each has got a different type of relationship with him. The women meet for the first time only after the death of the protagonist when they are called on to identify his body.(Cinemalayalam 記事 Mammotty in triple role より)

以下の引用文中の Chavittunatakam という単語に思わず反応。

Shaji describes the background of the shot that is being canned: “Not many people have any real clues about Srank, his origins or his religion. He speaks in a peculiar Kochi slang and the story develops in Malabar, Kochi and Travancore. The three women have been presented in the backdrop of three different seasons. The sequence that we are shooting now shows one phase in the life of the Srank (boat driver). During a rainy season, the Srank happened to be in a Chavittunatakam troupe.”(The Hindu 記事 Portrait of Kutty Srank より)

ケララのクリスチャンの間で細々と受け継がれているという音楽劇・チャヴィットゥナーダガムについては、約2年前にちょっと気になってメモをしていたんだった。まさか今頃になってマ様主演作でこれが見られるとは。ユネスコ無形文化遺産から物真似ショーにいたるまでの、一体全部でいくつあるのかも分からないヘンテコな芸能が、マラヤーラム映画を豊かなものにしてるのは間違いないね。

Shaji N Karun 監督といやあ、カンヌ行きのラルさんカタカリ映画 Vaanaprastham − The Last Dance (Malayalam - 1999) で、巨匠っぽい地位にあるのかとも思ってたけど、この扱いの低さ、まだまだ色々苦労してる人なのかな。

ディスクになるまで幾歳月やら。いっそ見物に出かけたい。っていうか、どこ行きゃ見られるんだ?

投稿者 Periplo : 01:04 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (2)

2008年08月13日

再び蘇る亡霊(Japan関連6)

また息を吹き返してきたのかい、この話!(さらに以前にはこんな記事も書いたっけ)

To be made in three languages Japanese, Tamil and Hindi. The film aims to clear common misconceptions about martial arts. (OneIndia 記事、Kamal to share screen space with Japanese actor より)

しかも一段とグレードアップして。主演はカマル・ハーサンと浅野忠信だそうだ。ARラフマーンによるサウンドトラックは出来上がってるのに、主演女優は未定だってさ。ともかく、カマルと別企画のラルさんが日本で鉢合わせ、なんてことになったら面白いねえ。

ただし、この記事、お約束と言うかなんと言うか、例の調子でフカしてる部分もあるから、あんまし信用できないんだけどね。

Without directly acting in a single movie or single scene in Japanese, Rajinikanth is ruling the Japan Box Office as one of the Superstars of the country for the past 10 years! All his Tamil Blockbusters have dubbed in Japanese and released in large number of theaters in Japan in these years. Muthu, Arunachalam and Padayappa have rocked Japanese Box Office with huge collections. Even Baba also ran well and collected a lot in Japan.

おいおい、これだから印度の芸能記事は…。

投稿者 Periplo : 01:32 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (1)

2008年08月10日

ワールド・プレミア

Billoo Barber vs Kuselan/Katanayakudu のリメイク対決にまつわる舌戦に気をとられていたら、水面下ではこんな動きもあったのだ。

Kanchivaram Priyadarshan, India

World Premiere

Vengadam is a born optimist and weaver of saris, but his lowly status means he can never afford the fashions he creates. At the birth of his daughter he pledges to wrap her in the finest silk on the day of her wedding, dismaying his community who believe that, if such a promise is not fulfilled, a curse will follow. Desperate to keep his word, he steals a thread of silk each day, weaving secretly each night. But when his access to the silk is jeopardized, Vengadam must find a way to keep from breaking his promise.

何年も前からのプロジェクト、カーンチプラムの織物職人を題材にした芸術映画が、今年の9月4日から13日の間開催される第33回トロント国際映画祭にてワールド・プレミア上映されるというのだ。なんとか頑張って賞でもとってもらいたいもんである。そうじゃないと一般公開されないからね。

ん、SPECIAL PRESENTATIONSていうのは賞レースとは関係ないのかな?

投稿者 Periplo : 23:32 : カテゴリー プリヤン新作
| コメント (0)

2008年08月09日

なんかしらんが凄い

mayaravan.jpg
新規事業のための資金をクリエイティブ活動によって創出しようというショーバナ様。

Conceived, interpreted and choreographed by Shobana herself, Maya Ravan is in a dance and theatre format with dialogues in English. The voiceovers have been done by actors such as Naseerudhin Shah, Mohanlal, Jackie Shroff, Suhasini Maniratnam and Revathy, among others. “And then Tabu called me to say that she wants in too,” says Shobana, underscoring how successful it’s been.(The Hindu 記事 The art of expression より)

自前の舞踊団 Kalarpana (現在はマスカットに本拠を置くという)の恒久的な学校施設をチェンナイのアルワルペート地区(まあ、都心といっていい場所だね)に建設する資金集めのために、インド主要都市でのコンサートツアーを行うのだという。

ショーのタイトルは Maya Ravan、ラーマーヤナのストーリーに英語のナレーションを付けた舞踊劇だそうだ。このステージ、昨年には30を超える都市を巡る全米ツアーですでに披露されているのだが、今年バージョンはさらにパワーアップしたものになっているらしい。

The new version of Maya Ravan will have more Bollywood elements on stage.(OneIndia 記事 Kamal disappoints Shobana より)

ボリウッド風味の英語版ラーマーヤナねえ。ちなみにこちらの記者会見映像を見ると、ボリウッドという用語はショーバナ自身が意識的に使っているものであることがわかる。昨年の米国ツアー・バージョンの一部はこちらなどで。

投稿者 Periplo : 18:30 : カテゴリー バブルねたallIndia
| コメント (2)

2008年08月02日

絶不評公開中

BrahmyDramaCo.jpg
それにしてもコ汚いスチルだなあ。

昨年秋に紹介した謎のリメイクがいつのまにやら完成して公開されておりました。Mannar Mathai Speaking (Malayalam - 1995) Director:Mani C Kappan に端を発するリメイク輪廻にさらに一作追加だす。

Brahmanandam Drama Company (Telugu - 2008) Dir. I Srikanth
Cast : Brahmanandam, Sivaji, Ravi Krishna, Kamalini Mukherjee, Sameeksha, Ranganath, Dharmavarapu Subrahmanyam, Jeeva, Ali, AVS, Raghubabu, Sivajiraja, Allari Ravi, Raghubabu, Kamal, Gundu Sudarshan, Apoorva, Sasirekha

Indiaglitz のレビューを読むと、看板背負ったブラフミー先生の熱演以外は、キャスト・スタッフ全部門がこき下ろされてる。劇中に登場するドラマ・カンパニーが公演に出かけていくのは曼谷、スチルを見ると魅惑の南国というよりは単に暑苦しい大都会という感じ。それからミュージカルシーンはこちらでほぼ全曲プレビュー可だが、正直言ってめっちゃ安手だ。それにしてもだ、この映画のタイトルからして、本来のヒーロー(プリヤン版ではアッキー君が演じた)であるシヴァージ君の影が薄いということが見て取れるわな。まあ、紛らわしい芸名を選んだ報いじゃて。

色々否定的な材料を並べ立てたけど、ディスクになったらすぐにチェックするつもりだす。

投稿者 Periplo : 20:04 : カテゴリー プリヤンremake
| コメント (0)

2008年08月01日

隔靴掻痒

lissytan03.jpg
Lissy in Adikurippu [Adikkurippu] (Malayalam - 1989) Dir. K Madhu

いよいよ本日ワールドワイドに公開の Kuselan/Kathanayakudu だが、数日前にチェンナイの Four Frames 所有のプレビュー・シアター でセレブだけの試写会が行われたのだそうだ。

A special preview of the film was held at Four Frames Preview Theatre, and he, along with Rajinikanth, Lata Rajinikanth, Soundarya Rajinikanth, P Vasu and his family, actor Prabhu, Kandhaswamy, Pushpa Kandhaswamy, PS Saminathan, Pyramid Saimira's MD and Lizzy Priyadarshan, saw the final version of the Rajini-starrer first.(Newindpress 記事‘I’ve never seen Rajini cry so well’より)
A special screening was held at Chennai's Four Frames theatre for Rajini and his family members. Latha Rajini, daughter Soundarya, K Balachander and his daughter Pushpa Kandasamy, P Vasu and his family, Lizie (wife of Four Frames owner director Priyadarshan), P L Saminathan (Executive Director of Pyramid Saimira) all watched the preview.(Cinesouth 記事 Rajini moves guru with his acting より)

ううっ、こんな錚々たる有名人士を迎えて自前の劇場でホステス役、リシーたん格好エエ。しかしポータルサイトのイベントギャラリーとかを幾ら探してみても当日の写真は見当たらないのだった。

しかしこれだけ「外」で仕事してるんだったら、コンテンポラリーなリシーたんご真影が拝める日もそう遠くはないかもしれん。嬉しいような怖いような。

付録:なぜこんなものが記事になるのかよくわからないのだが、チェンナイのセレブ御用達ヘアサロンには夫婦で通ってるそうだ。

投稿者 Periplo : 00:13 : カテゴリー プリヤン消息
| コメント (2)