« 痛み分け | メイン | レビュー:Annamayya »

2008年11月15日

レビュー:Nandhanam

Nandhanam01.jpgNandhanam02.jpg

これに関しちゃ、クドクド長文を書く必要は感じないな。ジャンルを一言でいうと「シンデレラ物語」。もひとつ別のキーワードもあるんだけど、それは言わぬが花。

cvNandhanam.jpgNandhanam (Malayalam - 2002)
タイトルのゆれ: Nandanam
タイトルの意味: Garden of Lord Krishna

DVD版元: AP International
DVDの字幕: 英語(歌詞含む)
DVDの障害: 現在のところ特になし
主な販売サイト: MaEbag

Director: Ranjith
Music Director: Raveendran
Playback Singers: K J Yesudas, K S Chithra, M G Sreekumar, Radika Thilak, P Jayachandran, Sujatha

Cast: Navya Nair, Prithviraj, Kaviyoor Ponnamma, Revathy, Siddique, Innocent, Aravinder Singh, N F Varghese, V K Sreeraman, Saikumar, Jyothirmayi, Sudheesh, Kalaranjini, Jagannatha Varma, Sadiq, Narayanan Nair, K J Yesudas, Augustine, Jagathi Sreekumar, Mala Aravindan, Jagadesh, Kalabhavan Mani

【ネタバレなし、出だしのみの粗筋】
グルヴァイユール寺院から程近いところにある、大きなタラヴァッド。ここに女中として住みこんでいるバーラーマニ (Navya Nair) は大層な働き者だ。古くからいる3人の年嵩の女中達は何かと理由をつけては仕事をさぼってばかりいる。大奥様 (Kaviyoor Ponnamma) のお世話から炊事・洗濯まで、全てが彼女の肩に掛かっているので、グルヴァイユール寺院のそばに住んでいながらバーラーマニは忙しすぎてお参りすらしたことがない。同年代の友達がいないバーラーマニは、しかし快活で、自室のクリシュナ神像から家畜の牛たち、果ては植木にいたるまでを相手に、いつも何かしらを語りかけている。ある日、大奥様のもとに孫息子のマノ (Prithviraj) がやってくる。彼はこれからアメリカに働きに出かけるのだが、出発までの2週間を祖母と過ごそうというのだ。屋敷で唯一の女の子であるバーラーマニに目を留めるマノ。その先は言わずもがなである訳だが、一つだけ問題があった。それはもちろん、マノがマザコンであるということだった。

【若干のコメント】
本作でプリットヴィラージがデビュー。しかしクレジットこそトップにきているものの、ここでは明らかに脇役。主役は Ishtam [Eshtam] (Malayalam - 2001) Dir. Sibi Malayil でデビューしてからまだ間もないナヴィヤ・ナーイル。いや正直なとこね、ナヴィヤさんの過度にとろ〜んとした面立ちには若干苦手意識があったんだけど。でも、本作での15歳かそこら(1986年というのが発表されている生年)のナヴィヤさんには、きゅーんとなりましたね。熟女好みを公言しているこのワタクシが。

Nandhanam03.jpgNandhanam04.jpg

ともかく灰かぶり物語だから、ヒロインの境遇は悲惨。こういう設定にしたら普通は馬鹿馬鹿しくなって途中で見るの止めるかも、というくらいの。それを最後まで引っ張るのは、ナヴィヤさんの「泣き」の演技の異様なまでの巧さ。それに加えて、最近では南印でも田舎以外では廃れつつあるという Pavada と呼ばれるツーピース 、あるいは Dhavani と呼ばれるハーフサリーをまとって踊る姿。ロリに目覚めちゃいそう。

ナヴィヤさん以外では、人情味のある口入れ屋を演じるイノセント先生、それから当たり役の一つであるインチキ祈祷師のジャガティ先生のコメディアン二大巨頭が見ものです。

監督のランジットは脚本家としても名高い人物。本作も自らストーリー・脚本を担当している。これまでのホン屋としての作風は、どちらかというとマッチョマッチョなものが多かったように思えるが(例えばNarasimham (Malayalam - 2000) Dir. Shaji Kailas など)、一方で Summer in Bethlehem (Malayalam - 1997) Dir. Sibi Malayil やThirakkatha (malayalam - 2008) Dir. Ranjith みたいなファンシー系やオフビート系も手がけることがあるんだな。不思議な奴だ。

投稿者 Periplo : 08:00 : カテゴリー so many cups of chai

コメント

Nandhanam one of the superhits in malayalam will be remade in Tamil, shortly. Prithviraj himself will don the lead in this Tamil version as well. But the role of Balamani that was made immortal by Navya Nair in the original will be presented by this year’s National award winner, Priyamani.

The film will be directed by Renjith ,this will be his tamil directorial debut.
The other thing of interest is that young star Dhanush, who is planning a clear shift in the type of his roles, will appear in the movie in a cameo as an avatar of the God. The movie will get into floors in a short while.

The film will be Produced by veteran producer Shogun Mohan .The Tamil screenplay is being written by writer-director Viji, who wrote the screenplay of Mozhi and also wrote and directed Vellithirai.

Nandanam revolves around young Balamani (Navya Nair in the original), an orphan who comes to Guruvayoor to work as a maidservant in a big Tharavadu (ancestral home) near Guruvayoor temple. Her employer is an old lady Unniamma (Kaviyoor Ponnamma); three other old ladies also live in the house. All she yearns for is a ‘darshan’ of the deity, Lord Krishna, but somehow, she never makes it to the temple although she can hear the sound of poojas and bhajans daily. Balamani shares her sorrows and worries with a picture of the idol kept in her room.

One day, Balamani has a dream of marrying a man of high status. She feels that this is what her lord has in store for her and she starts believing in her dream. Into this sitution arrives Manu (Prithviraj), Unniamma’s only grandson, to spend few days with his grandmother before going abroad to pursue his studies. Balamani realises that he is the man of her dreams.

Balamani and Manu soon fall in love despite Balamani’s reservations about their difference in status. However, their happiness does not last long, as Manu’s widowed mother Thankam (Revathy) fixes his wedding with her friend”s daughter. It is too late when Manu confesses his love to his mother. Manu and Balamani decide to part ways not to hurt his mother”s feelings.

Balamani finds it really difficult to forget her dream and strives hard to hide her grief. But Unni (Aravindan), the man living next door understands her feelings and constantly assures that her miracles do happen and dreams are achievable. Will Balamani’s dreams come true? That constitutes the rest of the story.
http://keralaonline.com/entertainment/nandhanam_7821.html
By KOL News , Written on November 3, 2008

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2008年12月31日 20:53

上で「タイトルの意味: Garden of Lord Krishna」としたが若干の意訳のようだ。

Nanda (Gopa):The king of the cowherds of Vraja. He and his wife Yashoda, the greatest of devotees in the mood of parents, raised Krishna from His infancy until He left Vraja for Mathura.

Nandana (-vana):The pleasure gardens of the demigods in Svargaloka.

Nanda-nandana:Krishna, “the darling son of Nanda.”

http://www.krishna.com/en/node/362

Svargaloka とはインドラ神が住まう楽園のことをさすが、nandana の原義は「喜び」であるらしい。Nanda-nandana はクリシュナ讃歌によく現れるフレーズ。

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2009年01月02日 15:12

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2009年01月18日 23:20

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2009年03月26日 23:32

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2011年05月30日 14:37

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2011年07月15日 18:44

投稿者 Periplo [TypeKey Profile Page] : 2013年06月16日 04:19

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?