« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月20日

レビュー:Pazhassiraja

我が最期にではなく、この大地のために哭せよ。

PazhassirajaHorse.jpg

まさか日本で上映される事になるとは思わなかった。2009年のマラヤーラム映画の最大のヒット作。


話はやや迂遠になるが、以下はタミル映画の歴史的名作といわれている Veerapandiya Kattabomman (Tamil - 1957) Dir. B Ramakrishnaiah Panthulu が描いた18世紀末のティルネルヴェーリ地方の土侯カッタボンマンについての解説。

 ヴィーラパーンディヤ・カッタボンマンは1760年に生まれ、90年に父の跡を継いで領主となる。30歳のときであった。彼はイギリス東インド会社からの再三の要求にもかかわらず、税の支払いを拒否し、徴税官と会見に臨んだおりに暴力沙汰におよんだりしたため、イギリス側が態度を一段と硬化させ、彼を逮捕すべく軍隊を遣わした。イギリスはヴィーラパーンディヤ・カッタボンマンのいる砦を包囲したが、彼の頑強なる抵抗に手を焼き、退却をよぎなくされるなど戦闘は難航を極めた。
 砦がイギリス軍の砲撃に耐えられないことを悟った彼は、軍が退くのを見届けるや、すぐさま砦から脱出し外部の味方のもとに潜伏する。イギリスが懸賞金を出して行方を追っていたところ、仲間の裏切りによってヴィーラパーンディヤ・カッタボンマンは捕らえられてしまう。イギリスが謝罪を条件に釈放の提案をしたが、彼はそれを即座に拒絶したとも伝えられている。彼はイギリスに屈しないまま、絞首台で名誉ある死を遂げたのであった。
 ヴィーラパーンディヤ・カッタボンマンが繰り広げた闘争は、1857年から59年にかけてのインド大反乱(セポイの反乱)に半世紀以上も先立つもので、全インド的な反英闘争の口火を切るものとして歴史的な意義も大きい。そのことは、1999年に彼の肖像を図案にしたインドの郵便切手(3ルピー)が発行されたことからもうかがい知られる。しかし、彼の闘いが基本的にはポリガールとしての権益を守るためのもので、後世の反英民族主義の動きとは性格を異にするとする見方もあるなど、歴史上の評価が定まっていないことも事実である。カッタボンマンは、当時イギリス支配に抵抗した多くのポリガールたちの一人であった。彼らの闘いは等しく鎮圧され、多くはイギリス東インド会社に所領を没収され、衰運は決定的なものになっていく。
 (中略)
 タミル人にとってヴィーラパーンディヤ・カッタボンマンは銀幕上でもおなじみの存在である。彼の波瀾万丈の生涯を描いたタミル映画『ヴィーラパーンディヤ・カッタボンマン』(1959年)は、インド独立闘争にもかかわった父をもつ名優シヴァージ・ガネーサンが主演したヒット作で、1960年にカイロのアフリカ・アジア映画祭で最優秀男優賞の栄誉に輝いている。

山下博司「カッタボンマンの戦い」(世界歴史体系 南アジア史3 南インド P.222-224)より。引用文中のポリガールとは地方領主のこと。なお、横書きでの読みやすさを考慮して、原文の漢数字を算用数字に置き換えさせていただいた)

20世紀前半の南インドは、対英独立闘争において自前のイコニックな指導者像を欠いていた。もちろん戦いに参加した無数の無名人はいたはずだが。結果として南インド映画史では独立闘争ジャンルは比較的低調であったという。随分前に紹介した 1921 (Malayalam - 1988) Dir. I V Sasi は史実(マイナーではあるが)に基づいた珍しい作例。プリヤン先生の Kaalapani (Malayalam, Tamil, Hindi - 1996) はフィクション。今日のアーンドラ・プラデーシュ地域ではアッルーリ・シーターラーマラージュ(1897- 1924)という、部族民を率いて英国に叛旗を翻した英雄がおり、過去に2度NTRとクリシュナをそれぞれ主役にして映画化されている。それから、上記の Veerapandiya Kattabomman のように過去に遡り歴史の再解釈を加えたもの。カッタボンマンについては、この Pazhassiraja 中でもちらりと言及されている。

18世紀末のマラバール地方コーッタヤム(今日のケララ南部の街ではない、こちら参照)の小領主、ケーララ・ヴァルマ・パラッシについても同じ事が言えるだろう。冷静な目で見れば、パラッシは上に引用したカッタボンマンと同じくイギリス東インド会社に対して孤立的に戦を交えた小領主の一人、いわば発掘されたフリーダム・ファイターだ。歴史の流れの中に埋もれた土豪をいかにスケール大きく描き出すか、これは一般的にはマラヤーラム映画の得意分野とは思えないので若干不安に思いつつも期待していたのだった。


cvPazhassiraja.jpgPazhassiraja (Malayalam - 2009) Dir. Hariharan

Cast: Mammootty, Sarath Kumar, Manoj K Jayan, Kaniha, Padmapriya, Suresh Krishna, Jagadheesh, Devan, Suman, Jagathy Sreekumar, Ajay Ratnam, Harry Key, Linda Arsenio, Peter Handley Evans, Captain Raju, Urmila Unni, Mamukoya, Nedumudi Venu, Valsala Menon, Thilakan, Lalu Alex, Murali Mohan, Abu Salim, Subair(詳しい配役についてはこちら参照)

正式タイトル:Kerala Varma Pazhassiraja
タイトルのゆれ:Pazhassi Raja, Keralavarma Pazhassi Raja
邦題:ケーララの獅子(@アジアフォーカス・福岡国際映画祭2010

DVDの版元:Moser Baer、メイキング映像を収録した付録DVDつき。なおマラヤーラム映画としては初のブルーレイ版も発売されている
DVDの字幕:英語
DVDの障害:現在のところ特になし
DVD入手先:MaeBagRealCinemas など

****************************************************

【粗筋ではなく、文献に残っている、(一応)史実とされていること】赤字は劇中に登場する人物と役者名)

■第一次パラッシ・ラージャー戦争(1793-1797)
18世紀の最後の10年、ケララ北部マラバール地方は第三次・四次マイソール戦争によって、マイソールのティープー・スルターンの統治からイギリス東インド会社(以下カンパニー)による再支配へと移行しつつあった。マイソールの統治下にあっては農民は政府徴税官を通じて直接納税していたが、カンパニーがマラバールの統治者に返り咲いた後この政策は覆され、各地の小領主(ラージャー)が徴税を請け負い、一括納税することになった。しかし各地での組織化された農民の抵抗もあり、定められた税額を納められないラージャーも多かった。戦争での損失を補填するために敷かれた厳しい税制への農民の不満はラージャーを通り越してカンパニーに向けられたのだった。コーッタヤムではさらに複雑な事情が加わった。当地の王家のケーララ・ヴァルマ・パラッシ(Kerala Varma Pazhassi Raja, aka Pychy Raja/ Mammootty)は、マイソール戦争に自ら出陣しカンパニー勢力を助けて奮戦し、ティープー・スルターンを退けるのに功があった。しかしカンパニーはこれに充分に報いることなく、彼の伯父クルンブラナード・ラージャー(Kurumbranad Raja, aka Veera Varma / Thilakan)にコーッタヤムの支配を委ねた。これを不服としたパラッシは公然と反抗し、小競り合いが繰り返され、コーッタヤムからの納税は事実上停止した。パラッシはカンパニーから反逆者と見なされていたナーランゴーリ・ナンビヤールを匿い、また自領内に住むマーピラ(マラバール・ムスリム)2名を窃盗の罪により処刑した。カンパニーはこれらをもってパラッシに逮捕状を出すことになるが、臣民からの信望の厚い彼を捕縛することは困難だった。1795年4月にはゴードン中尉(Lt. Gordon 劇中では Major James Gordon/ Peter Handley Evans)率いる分遣隊がパラッシの館を急襲するが、すでに主は逃亡していたため、カンパニー兵による宝物の略奪が行われた。

ワヤナードのマナッタナの森に逃れたパラッシは、ゲリラ戦によってカンパニー軍を悩ませる。和睦の試みも何度かはあったものの、不調に終わる。戦いの一方でパラッシは、かつて戦さを交えたマイソールのティープー・スルターンとの共闘も画策している。1797年3月にはダウ大佐およびミーリー中尉に率いられた2小隊がワヤナード北部のペリヤ峠付近で合流を試みたが、パラッシ配下の数千のナーイルおよびクリッチヤ(同地方の部族民)によって撃退される。同月にキャメロン小佐指揮下の1100名の分隊もペリヤ峠周辺でパラッシの待ち伏せ攻撃に遭って敗走し、キャメロンは戦死する。カンパニーは事態を安閑と眺めていることができなくなり、ボンベイから総督ジョナサン・ダンカン(Jonathan Duncan / Tommy)がやってくる。チラッカル・ラージャー(Chirakkal Raja / Murali Mohan)の仲介により、パラッシとカンパニーは和平に合意する。パラッシはカンパニーからの年金受領と略奪された宝物の返還と引き換えに、カンパニーとの共存(実質的な隠居)を受け入れた。

■第二次パラッシ・ラージャー戦争(1800-1805)
1797年の停戦は長くは続かなかった。パラッシの再蜂起の直接の原因は、1799年のシュリーランガパトナムの戦いによるマイソール戦争の終結後、マイソールとカンパニーとの間で結ばれた条約を根拠に、カンパニーがワヤナードを直接支配しようとしたことだった。ワヤナードを自領と考えるパラッシは、ナーイル、クリッチヤ、マーピラからなる兵を集めて再び戦いの狼煙を上げる。パラッシの有能な部下には、カンナヴァト・シェーカラン・ナンビヤール(Kannavath Shekaran Nambiar / Devan)カイテーリ・アンブ・ナーイル(Kaiteri Ambu Nair / Suresh Krishna)エダッチェーナ・クンガン・ナーイル(Edachanna Kungan Nair / Sarath Kumar)、それにクリッチヤ族の勇猛なる指導者タラッカル・チャンドゥ(Talakkal Chandu / Manoj K Jayan)らがいた。かつてクンガンが、部族民コロニーで無体な税の取立てを強行しようとした官吏を追い払って以来、チャンドゥは彼を慕いその右腕となっていた。事態を重く見たカンパニーはアーサー・ウェルズレイ(後のウェリントン公爵)をマラバール・マイソール・サウスカナラ総司令官に任命する。ウェルズレイ将軍はタラッセーリに布陣し対ゲリラ戦の戦略を練る。1801年にはスティーヴンソン大佐がマイソール側からワヤナードに攻め入ることに成功し、山中に要塞群を築く。徐々に勢力範囲を分断されていったパラッシは、今やワヤナード山中を彷徨っていると言ってもよい状態だった。1801年11月にはエドワード中尉がカンナヴァト・シェーカラン・ナンビヤールとその息子をを捕縛して処刑する。1802年には、徴税長官(コレクター)でもあるミクラウド少佐が一帯に武装解除を発令した。パラッシの側も反撃し、クンガンとチャンドゥの指揮のもと、カンパニー軍が駐屯していたパナマラム砦を攻略し陥落させた。1802年11月のこの勝利は一連の戦闘中のランドマーク(こちら参照)として語り継がれることになる。カンパニー側は、1200名の警察官からなるコルカルという軍事組織を新たに創設し、パラッシとの局地的戦闘に備える。

1804年初頭には、若く精力的なトーマス・ハーヴェイ・ベイバー(Thomas Harvey Baber / Harry Key)がタラッセーリの徴税副長官(サブ・コレクター)として赴任する。彼に与えられた特務は、パラッシの叛乱を鎮圧することだった。彼はコルカルを効果的に使い幾つかの局地的蜂起を押し潰し、また住民に対して反乱者への非協力と反乱者の動向を報告することを義務づけた。パラッシやその配下の武人達の首には懸賞金がかけられた。コルカルによる執拗な追跡のなかで、タラッカル・チャンドゥが逮捕される。山中を逃避行するパラッシとその一党の命運は、1805年11月30日に尽きる。この日、追い詰められたパラッシ・ラージャーは、50名のセポイと100名のコルカル・数名の仕官・それにベイバーからなるカンパニー軍と対峙し、短い交戦の末に射殺されたのだ。ワトソン大尉の副官チェーラン(Subedar Cheran / Ajay Ratnam)がまずパラッシらを発見し、接近戦の末、パラッシとその手勢は銃弾を浴びて斃れた。ベイバーお抱えの召使カナラ・メーノーン(Kanara Menon / Jagathy Sreekumar)が大胆にも銃を携えたままのパラッシに近づいて行くと、瀕死のラージャーは威厳をもって「寄るな、お前によって汚されたくない」と一喝した。同時に部下のうち4人が殺され、2人が捕縛された。パラッシの后とその侍女たちもまた保護された。しばらく後、別の場所では、病のため動くこともできなくなっていたクンガンが、生け捕りになることを潔しとせず自刃して果てた。ベイバーはパラッシの遺体を自らの輿にのせてマーナンタヴァーディまで運び、カンパニーの礼式に則り丁重に葬った。「反乱者ではあったが、彼はこの地の天与の指導者の一人であったので、打ち負かされた敵として扱われるべきではないと思った」と彼は報告書中で述べている。ベイバーはまた、パラッシを「特筆すべき無比の人格」と形容し、「あらゆる階層の住民達の間で、彼に対する大いなる尊敬と思慕が根を張っており、それは彼の死によってもまったく損なわれることはなかった」と記した。

[主要参考資料]
A Survey Of Kerala History, A Sreedhara Menon, 2006, S. Viswanathan Pvt. Ltd.
Malabar Manual, William Logan, 1887/2004, Asian Educational Services
ウィキペディア:Pazhassi Raja
ブログ:Malabar Days by Nick Balmer(トーマス・ベイバーの子孫に当たるアマチュア歴史家)

なお、上記の資料中には、多くの記述はないものの、以下のような人名も見られる。
パラヤ・ヴィーッティル・チャンドゥ(Palaya Vittil Chandu 劇中ではPazhayamveedan Chandu / Suman):クルンブラナード・ラージャーの腹心
デーヴァス・バンダーリ(Devas Bhandari / Jagadheesh):コンカン人の胡椒商人
ウンニ・ムーッタ・ムーッパン(Unni Mutta Muppan / Captain Raju):カンパニーからは匪賊と見做されていたマーピラの首長
アッタン・グルッカル(Attan Gurukkal / Mamukoya):同じく犯罪者として扱われたマーピラ
パッルール・イェンマン・ナーイル(Pallur Emman Nair / Lalu Alex):ウェルズレイ将軍の友人として遇されていた有力者だが、パラッシのスパイであった可能性もある。後に公然とパラッシを支持する

また、トーマス・ベイバーの夫人ヘレン(Helen Baber)は劇中ではなぜか「婚約者」ドーラ(Dora / Linda Arsenio)となっている。実在のヘレンは、パラッシとの戦闘で戦死したキャメロン少佐の妻だったが、後にベイバーと再婚し、インドで没したという。あるいはドーラはヘレンとは別の人物として構想されたのかもしれない。

Photobucket

【寸評の寄せ集め】

雄渾で、モニュメンタルで、時に野性的で、最後には悲劇的カタルシスを与えてくれる、まさにマスターピース。ハリハラン監督の代表作となるだろう本作の成功は、スケールの大きさと共に、絶妙なまでの現代的バランス感覚があってのことだったのではないだろうか。

まずはヒロイズムの描き方。マンムーティのために誂えられたと言ってもいい役(そうは言ってもこれも、そいからこれも凄く見たい!)だが、過去の南印歴史もの映画とは違い、長々しい演説などはさせない。「スパイスの商いにやって来た者たちがこの国を支配してはならない」とだけ述べて、あとはひたすら行動で示すのだ。ますらおぶりと同時に貴族的な優雅さもたっぷりと描写されていることにも唸る。

それから洗練された殺陣。戦闘シーンの連続といっても過言ではない作品で、無数の人間が死ぬ場面ばかりなのに、目を背けたくなるようなむごたらしさは不思議と感じられない。一定のリアリティを保ちながらもあまり痛そうじゃない流血というのはインド映画としては割とレアなものではないか。啓蒙的作品として学童などに受容されるのも考慮に入れてのことだったのだろうか。

敵である英国人の描き方。初めて印度愛国映画を観る人にとってはかなり退くものがあるかもしれないが、これでも過去の作品と比べると随分中庸なものになってきているのだ。考証は相変わらずかなりいい加減(たとえば18世紀末の辺境の英国人社会でワルツが踊られてるとか)、それからお約束の「印度に理解を寄せる少数派」のキャラクターも図式的で雑な感じではあるのだが。それにしても、本作の主要英国人キャラを演じる Harry KeyLinda ArsenioPeter Handley Evans といった面々、例によってコーヴァラム・ビーチで転がってるところをリクルートされたのかと思いきや、皆さん「ボリウッド俳優」という肩書きをお持ちとのことだった、凄いね。

芸術性とエンターテインメント性とのバランスも見事。以前、タミル映画に親しんできた人がマラヤーラム映画のダンスシーンを観て「なんだかとても余白の多い画面ですね」と感想を述べたのを聞いて、その直感的な表現力に恐れ入ったことがある。本作では(ソングシーンに限らず)その余白の多い画面が芸術的・象徴的なアピールのベースとなっている。冒頭とクライマックスでの彼岸を思わせるチベット風ファンファーレなども印象的。一方でチャンバラのシーンは文句なしに楽しいし、ソングではエキゾチックなマーピラ歌謡まで聞かせてくれて、3時間20分を退屈させない。

バランスある配分といえば2人のヒロインの対比も。カニハーが演じる王妃は、しとやかに薄物をまとって佇むだけの静的なキャラクターだが、パラッシが英軍に捕縛されそうになるシーンなどでは芯の強さを見せて巧みだった。これまでは小柄な人と思い込んでいたが、本作で見ると実際はそうでもないみたいだ。出身地のタミル映画界では売れっ子とは言いがたかったが、本作をきっかけとして一気にマラヤーラム映画のオファーが増え、馴染みの顔となって活躍している。対照的に「動」の役割を担って活き活きしているのがクリッチヤ族の女戦士ニーリを演じるパドマプリヤ。実際のところ、パラッシ・ラージャーの軍にアマゾネス部隊があったという史実はないらしいのだが、敢えて考証の正確さを犠牲にしても、制作者にとってこれはどうしても必要なエレメントだったのだろう。見れば納得できる格好良さだもんね。もしも国家映画賞にアクション部門というのがあるならば、パドマプリヤ嬢こそがトップの候補者になったはずだ。余談ながら、弓が巧みであることで有名なクリッチヤ族は、20世紀後半のナクサライト運動においても、部族民の中では最も積極的に関わった集団なのだという。

最後に、サポーティング・キャストで気になった点。サラト・クマールやマノージKジャヤン、それに2人のヒロインについてはどのレビューでも言及され賞賛されているが、脇役マニア的におおっと思ったのは、王妃の兄弟でパラッシの腹心の一人であるカイテーリ・アンブを演じたスレーシュ・クリシュナ。普段は三番手四番手の悪役で、キャラ的には「単なるイヤな奴」。それが本作では随分と見せ場の多いおいしい役を貰って、なおかつ期待に応える演技をしていた。それから、クライマックスでパラッシとの一騎打ちを買って出るカンパニー兵チェーランを演じたタミル俳優アジャイ・ラトナム。正確に言うとスベダールは下級仕官だが、植民地下の現地人兵のイメージ(筆者が勝手に抱いているものだが)にかなりのリアリティが感じられた。

kaniha.jpgPadmapriya.jpg

【レビュー・インタビューなど】
http://en.wikipedia.org/wiki/Pazhassi_Raja_%28film%29
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/9653.html
http://www.nowrunning.com/movie/4056/malayalam/pazhassi-raja/review.htm
http://www.thehindu.com/arts/cinema/article391756.ece
http://www.outlookindia.com/article.aspx?262540
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14915401&ctid=5&cid=2428
http://movies.rediff.com/slide-show/2009/sep/29/slide-show-1-south-interview-with-kaniha.htm#contentTop
http://passionforcinema.com/pazhassi-raja-worthless-lives-priceless-freedom/
http://blog.nikhil.co.in/2009/10/pazhassi-raja-movie-review.html
http://www.sreejith.info/2009/10/movie-review-pazhassi-raja.html
http://prempanicker.wordpress.com/2009/10/29/review-pazhassi-raja/
http://www.kenneyjacob.com/2009/10/18/pazhassi-raja-is-royal/
http://www.bollywood-mania.com/TB/?P=4073
http://varnachitram.com/2007/06/01/who-was-pazhassi-raja/
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200911/article_1.html

recliningRaja.jpg
スチル・カメラマンさんのこういう遊び心にもグッとくる。

投稿者 Periplo : 03:00 : カテゴリー バブルねたkerala so many cups of chai
| コメント (0)

2010年09月14日

ロートル大集合!

「きみにはなんにん分かるかな?」だね、黄金の80年代。

約1年前に断片的な記事を見た時にえらく引っかかったのだけれど、それ以上の情報がなくてつい放置。今年になってシリーズ化されたということが分かったのだった。

80年代にサウスの映画界で活躍していた俳優たちが一堂に会して旧交を温める集い(おそらくこの時代には言語を問わず皆さんがマドラスで仕事していたのだろう)、題して Evergreen 80s というらしい。そしてその仕切り人がリシーたん!(今年度からスハーシニ様も加わったという)

旧交を温めてどーする、というのもあるだろうが、まあ若いもんの悪口とかを心置きなくくっちゃべる場も必要なんだろね、熟年スターさんたちにゃあ。

golden80sPart1.jpg
昨年末に急死したヴィシュヌヴァルダン翁の顔が見えるので、これは2009年の第1回イベントの際のものと分かる。主な出席者は以下の通り。

Nadhiya, Radhika, Shobana, Poornima Bhagiyaraj, Ambika, Lissy Priyadarshan, Radha, Sumalatha were the important yesteryear heroines who turned up. Then ex-heroes like Prabhu, Karthick, Prathab Pothan, Suman, Suresh and Banuchandar were also present for the bash. Apart from the above stars, Kannada Superstar Vishnuvardhan graced the function along with his wife.

Did we fail to add a big-shot in the above list? Though he turned a bit late, our Superstar Rajinikanth was also there to boost up this merriment into a big hit. (IndiaGlitz 記事 Superstar and stars of 80’s より)

その他のスチルはこちらなど参照。

golden80sPart2.jpg
こちらが今年のもの。80年代に活躍していた人物ならば今の身分は問わない、という事みたいだ。最後列にケララ人俳優のシャンカル氏の顔も見える。下の記事によれば全29名。

From the Tamil industry, the actors attended the event were superstar Rajnikanth, Sharat Kumar, Arjun, Mohan, Karthik, Prabhu, Suhasini, Radhika, Poornima, Radha, Kushbu, Ambika and Nadiya. From the Malayalam, Mohan Lal and Shobhan were present while from Kannada industry, Sumalatha and Ambarish attended the event. From the Telugu industry, Chiranjeevi Venkatesh, Bhanuchandar, Naresh, Suresh, Ramya krishnan and Suman were present. Mammootty and Kamal Hassan dint attend the function, Mammootty cant attend the party due to Ramadan fasting and Kamal Hassan is busy with International tour.(Metromatinee 記事 1980's South Indian actors Special Get together !!より)

今年はチェンナイで行われたが、この先は4州の都市で順繰りに開かれるとも。両年とも黒っぽい服が多いのはドレスコードがあってのことなのか。皆さんのはち切れんばかりのイイ笑顔。業務用のスマイルを超えてるように思われるんだが気のせいだろうか。

それにしてもリシーたん、昨年頃から明かにメディア露出を増やして来ている(たとえばこんなとこに顔出したり)。専業主婦を卒業してサウス映画界の顔役を狙うのか。もしかして、リシーたんとお近づきになれば、サウスのスターさんのインタビューとり放題になるとか??? まずはこのブログのタイトルをなんとかしないとあかんか(マジ)。

投稿者 Periplo : 01:17 : カテゴリー バブルねたsouth
| コメント (1)

2010年09月12日

ダンスの吹き替え

さすがスーパースターはスケールがデカい。

enthiran01.jpgAjeeshsan.jpg

公式トレイラーがリリースされ、一応9月24日の封切りが告知された Enthiran/Robot (Tamil/Telugu/Hindi) Dir. Shankar。もうあんまし時間もないと思うが、これからまた大騒ぎが始まるのかと思うと楽しくて仕方ない。

怒濤の報道はとても追いきれないが、上の写真のアジーシュ君に関してのものは面白かった。ケララ州マラップラムの出身、カラクシェートラで訓練を受け、現在はチェンナイに在住のダンサー。バラタナティヤムを得意とするらしいが、他にもカタカリ、クチプディそれにモダンもこなすという。Villu (Tamil - 2009) Dir. Prabhu Deva の一曲中で脇で踊った(しかし実際に見てどの人物なのかよくわからなかったが)のが関係者の目に留まり、今回の抜擢となったという。つまり、Enthiran/Robot の中でラジニ型ロボットが踊るシーンを吹き替えるという大役(TOI 記事 Ajeesh's a dancing robot による)。まあ、こういうことを映画公開前に堂々と公表するラジニは器が大きいね。ラジニ映画は1つのメディアとなっているのだということを実感。

BrownRobo2.jpgSilverRobo1.jpgSilverRobo2.jpgBrownRobo1.jpg

アウトルック記事 Platinum Man’s Dance によれば、インド映画史空前の制作費の40パーセントは特殊グラフィック加工に費やされたのだそうだ。ケララのプロデューサーの皆さん、それから特殊映画監督のヴィナヤンさんあたりが聞いたら羨ましさで卒倒しちゃうかもね。

※上のスチルがアジーシュ君の踊るものなのかどうかはわかりません。

投稿者 Periplo : 23:58 : カテゴリー バブルねたtamil
| コメント (1)

2010年09月07日

Project 2008:その6

これで本シリーズも最終回。トップ賞から星1つまで合計57本を紹介してきたが、ここでは手をつくしてもどうしても見られなかった5本を記録しておく。全部合わせて62本となる。やっぱりスターが出てないアート系作品は厳しいんだね。ホントにこれで全部なのかというのは当然の突っ込みとしてあると思うが、さすがに現地のフィルムチェンバーのようなところに照会することまではできん。万が一漏れていたものが見つかったら、後々補追するつもり。

******************************************************************

☆☆☆☆☆(番外) どうしても見られなかった

■Eshh Silence Please 

Director:K P Sasi
Cast:Priyanandanan, C K Sabu, Muneera Sen, K P Mohan, Vijayan V Nair

タイトルの揺れ:Shh... Silence Please

ジャンル:アート

コメント:化学工場による環境汚染をテーマにした社会派作品。サイレント映画ということらしい。おそらく劇映画としてはかなり短いものなのではないか。非常に限定的な劇場で公開。

備考:
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/shh-silence-please-priyanandan-090408.html
http://www.nowrunning.com/movie/5176/malayalam/shh-silence-please/index.htm


■Chandranilekkoru Vazhi 

Director:Biju Varkey
Cast:Nedumudi Venu, Rekha, Nishant Sagar, Divya Vishwanath, Charu Haasan, Cochin Haneefa, Jagathy Sreekumar, Divya Vishwanath, T G Ravi, Master Mithun, Manikandan

タイトルの意味:A Way to Chandra
タイトルの揺れ:Chandranilekkulla Vazhi

ジャンル:アート

コメント:実際には2005年に完成し、その年のパドマラージャン賞およびジョン・アブラハム賞を受賞した作品が、2008年になんとか一般公開に漕ぎ着けたらしい。

備考:http://popcorn.oneindia.in/movie-cast/3746/chandranilekkoru-vazhi.html
http://www.cinemaofmalayalam.net/bijuvarkey.html
http://www.hindu.com/2006/05/11/stories/2006051117510400.htm
http://www.hindu.com/2006/02/15/stories/2006021501730200.htm
http://www.malayalasangeetham.info/php/MovieDetails.php?mid=6128&encode=utf
http://www.hinduonnet.com/2008/04/28/stories/2008042850080200.htm


■Oridathoru Puzhayundu 

Director:Kalavoor Ravikumar
Cast:Jayasree Sivadas, Goutham Babu, K B Venu, Jenny, Shaalin, Harikrishnan, Balachandran Chullikad, Murukan, Amarvind, Rikhil, Swathy

タイトルの意味:somewhere there is a river

ジャンル:アート

コメント:2007年完成。外資の進出による環境破壊と土地を奪われた人々の受難を、子供の目から描いた作品らしい。監督のラヴィクマールは商業映画で時に秀作を生み出している脚本家。SwaLe (Malayalam - 2009) Dir. P Sukumar など。

備考:http://www.arabnews.com/?page=9§ion=0&article=101853&d=1&m=10&y=2007
http://www.nowrunning.com/news/news.aspx?it=13969


■Thrill 

Director:B Venugopal
Cast:Sathya Prakash, Anil Murali, Anoopkumar, Pooja Vijyan, Prajoosha, Shraddha, Baburaj, Augustine, Kanakalatha

ジャンル:スリラー

コメント:娯楽映画フォーマットなのに1時間20分しかないらしい。にも拘らず「退屈」と評されている。監督は本作がデビュー。

備考:http://www.my-kerala.com/movies/2008/04/thrill-starring-sathya-prakash-augustin.shtml
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10194.html


■Adayalangal 

Director:M G Sasi
Cast:Govind Padmasurya, Jyothirmayi,T V Chandran, V K Sreeraman, Madampu Kunjukuttan, Sathi, T G Ravi

タイトルの意味:Footprints

ジャンル:パラレル

コメント:なにをどうやっても見られなかった痛恨の一作。もし見ることができたら、上位作品の中に入っていたかもしれない。ネット上ではかなり評判がいいのだ。こちらも例によって前年に完成しており、2007年度のケララ州映画賞最優秀作品賞・監督賞・撮影監督賞を受賞。お蔭で2008年になって一般公開となったらしい。文芸作品の映画化。20世紀中頃の貧しい北ケララが舞台。貧しさから逃れるために軍隊に入り、過酷な戦争体験の後に帰郷した青年の回想、のような物語らしい。上映時間は1時間20分程度。ヒロインのジョティルマイがいつもながらエッチだ。演技面でも相当高く評価されたというのに、どうしても見る術なし。残念だ。これからでも遅くはない、是非DVD化して欲しい。日本各地の映画祭関係者の皆様にも是非注目していただきたいもんです。

備考:
http://specials.rediff.com/movies/2008/apr/22slid1.htm
http://www.downarchive.com/3/adayalangal.html
http://www.thehindu.com/2008/04/09/stories/2008040955460100.htm
http://jyothirmayi-fan-club.blogspot.com/2009/10/adayalangal.html
http://www.filmysouth.com/Malayalam_Movie_Reviews/%E2%80%98Adayalangal%E2%80%99-Impressive/September-09-2008/%E2%80%98Adayalangal%E2%80%99-_Impressive_and_disappointing_too.html
http://www.thehindu.com/mp/2002/09/02/stories/2002090200370200.htm
http://journalost.wordpress.com/2008/09/11/m-g-sasis-adayalangal-great-movie/
http://www.cinemaofmalayalam.net/mgsasi.html
http://johncheeran.blogspot.com/2008/04/mg-sasis-adayalangal-hunger-anger-and.html


Adayalangal2.jpgAdayalangal1.jpg


どこぞの国の車輪三つの乗り物とおんなしで、バックができないもんだから、とうとうここまでやってきちまったが、労多くして益なし、馬鹿を晒すだけのこんな企画はもう止めようと思う。絶対やらないんだ。たとえ今日時点で2009年公開作のうちの50本強を既に鑑賞済だからって、絶対やるもんか~(哭)。

投稿者 Periplo : 02:28 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2010年09月05日

Project 2008:その5

ついにトワイライト・ゾーンに突入だ。不気味なBGMと共にご紹介できないのが残念!な星ひとつ16本。VCD率が高かった。それにデビュー監督によるものの比率も高い。まあ、間違えて買ったりしないほうがいいよという一種の警告として、実用的に受け止めていただければと思う。作品によっては寸評を省略した。もとより箸にも棒にもかからないものをヒステリックに攻撃しても頭悪そうに見えるだけだろうからね。あー、今頃そんなこと気にしても遅いって?

******************************************************************

★☆☆☆☆(星1つ) 誰が金出したんだよ!

cvAnthiponvettom.jpgAnthipponvettom 

Director:A V Narayanan
Cast:Arun, Saiju Kurup, Ramya Nambisan, Jagadheesh, Jagathy Sreekumar, Nedumudi Venu, Urmila Unni, T P Madhavan, V K Sreeraman, Rachna Shah, Maushami Udeshi

タイトルの意味:Golden ray of sunset
タイトルの揺れ:Anthiponvettam, Anthiponvettom, Anthipponvettam

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:青春
キーワード:チェ・ゲバラのパロディ、リゾート開発、立ってるだけのヒーロー、低予算なのに美しすぎる北ケララのロケ地(要調査)

寸評:IndiaGlitzによるレビューに以下のような一節あり。まったくだ。
Mollywood is notorious for the lack of talented youngsters, who could well be the crowd pullers, playing the lead. But it is also an industry which had always created the best supporting actors to the entire south India. Why do we continue to be with the same destiny, always depending upon our very few aged super stars? Well, I think watching 'Anthiponvettam' may provide you with some answers.

備考: センサー認証は2007年11月だが、劇場公開は2008年1月
http://www.nowrunning.com/movie/4148/malayalam/anthiponvettam/index.htm


cvGopalapuranam.jpgGopalapuranam 

Director:K K Haridas
Cast:Ramana, Sujibala, Suja, Jagannatha Varma, Salim Kumar, Machan Varghese, Indrans, Mukesh, Rajan P Dev, Saikumar, Thesni Khan, Tony, Shobha Mohan, Ponnamma Babu

タイトルの意味:Tale of Gopalan
タイトルの揺れ:Gopala Puranam

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:青春
キーワード:ダサい名前

当網站の関連ポスト:2009.02.28
備考:http://www.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/9714/1/
http://indulekha.com/moviegallery/2008/03/gopalapuranam.html
http://www.nowrunning.com/movie/4092/malayalam/gopalapuranam/index.htm


cvNovel.jpgNovel 

Director:Vijayan East Coast
Cast:Jayaram, Sada, J Pallasseri, Shari, Indrans, Jagathy Sreekumar, Saiju Kurup, Sharika Menon, KPAC Lalitha, Nedumudi Venu, Jagannatha Varma, Devan, Bindu Panicker, Ganesh Kumar, Lakshmi Ramakrishnan, Saju Kodiyan, Baby Nayantara

DVDの版元:Empire
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:小説家、新進歌手、別居、セクハラ、変な中国人

備考:センサー認証日付は2007年12月31日
http://www.hindu.com/2008/01/17/stories/2008011751110200.htm
http://indulekha.com/moviegallery/2007/12/novel.html
http://www.nowrunning.com/movie/4382/malayalam/novel/index.htm


cvJubilee.jpgJubilee 

Director:G George
Cast:Saiju Kurup, Manasa, Augustine, Salim Kumar, Bheeman Raghu, Anoop Chandran, Machan Varghese, Innocent, KPAC Lalitha, Bindu Panicker, Sadiq,Jagathy Sreekumar, Manoj K Jayan, Johnny, Kulappulli Leela

VCDの版元:Moser Baer
VCDの字幕:なし

ジャンル:青春
キーワード:モトクロス、本来の意味のヤオイ

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/9672.html
http://www.nowrunning.com/movie/moviepage.aspx?movie=4383


cvRobo.jpgRobo 

Director:Prassanna Kumar
Cast:Master Praveen Prasanna, Madhu, Shankar, Indrans, Kochupreman, Kulapulli Leela, Monilal, Sanal Kumar, Archana

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:児童&ロボット
キーワード:世界のZ級SFマニア垂涎アイテム、中に入ってた奴は誰なんだ

備考:http://www.nowrunning.com/movie/4921/malayalam/robo/index.htm


cvMohitan.jpgMohitham 

Director:Salim Baba
Cast:Kollam Thulasi, Nalini, Roshina Mohana, Spadikam George, Machan Varghese, Narayanan Kutty, Rajeev Roshan, Narayanan Nair, Salim Baba, Sreelekha, Meena Ganesh, Priyanka

タイトルの意味:Desire

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:柔軟桃色
キーワード:実用性なし、メジャー映画脇役俳優、巨大アイテム女優

寸評:ソフトポルノ映画。ソングシーン(2曲)とファイトシーンがある。このジャンルとしては、今回のプロジェクト中で遭遇した唯一の物件。わざわざ書くまでもないが「実用性」はゼロ。テルグ・メジャー映画のソングシーンのほうがよっぽどエロい。女優は初めて見た顔だが、男優・お笑い・悪役の皆さんは御馴染みの面子。それにしても一時期、マ映画界はこのジャンルでなんとか生きながらえているとか、超有名監督が小遣い稼ぎに制作にかかわっているとかの噂が流れていたものであるが、なぜ一本しか見つからなかったのか。カウント方法が違うのか、それとも地下に潜ったのか。

備考:ネット上にレビュー・ニュースは一切見当たらず


cvKovalam.jpgKovalam 

Director:Jagadish Chandran
Cast: Nishant Sagar, Sridevika, Ambili, Madhupal, Jagathy Sreekumar, Kalpana, Captain Raju, Spadikam George, Indrans, Machan Varghese, Kochu Preman

タイトルの意味:「ケララのゴア」という位置づけの有名リゾート・ビーチ

VCDの版元:Speed
VCDの字幕:なし

ジャンル:ロマンチック・スリラー
キーワード:欧米人観光客相手のガイド、麻薬、クリスチャン、ライフガード

寸評:これのみどうしてもディスクが入手できず、ネット動画で鑑賞。なので、その辺を割り増しして評価しなければならない。スクリーンで見ていたら、もしかしたら美しい海の青に癒されていたのかもしれない。が、ともかくコーヴァラムに行きたくなくなることだけは請け合いだ。

備考:2009年1月公開の可能性あり。
http://www.hinduonnet.com/2008/06/12/stories/2008061250360200.htm
http://www.malluvdo.net/2010/01/kovalam-2008-dvdrip-ac3-2-0-sub.html
http://www.malayalasangeetham.info/mmdb/5993.html


cvMayakacha.jpgMayakkazhcha 

Director:Akhilesh Guruvilas
Cast:Aravind Akash, Kiran Rathod, Nishant Sagar, Cochin Haneefa, Machan Varghese, Indrans, Captain Raju, Sudheesh, Kalsala Babu, Manga Mahesh, Sai Kumar

タイトルの意味:Magical Illusion
タイトルの揺れ:Maaya Kazhcha, Mayakazhcha, Maayakaazhcha

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:降霊スリラー
キーワード:狂乱の舞い野郎版、キランの旅路、タラヴァッドの呪い 

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/9991.html
http://www.nowrunning.com/movie/4636/malayalam/mayakazhcha/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/9991.html
http://moviezmazaa.blogspot.com/2008/06/mayakazhcha-review.html


cvKabadiKabadi.jpgKabadi Kabadi... 

Director:Sudhir - Manu
Cast:Mukesh, Kalabhavan Mani, Rambha, Suraj Venjaramoodu, Indrans, Jaffer Idukki, Harishree Ashokan, Bheeman Raghu, Manga Mahesh, Zeenath, Kochu Preman, Mani C Kappan, Pala Charlie, Ponnamma Babu

VCDの版元:Moser Baer
VCDの字幕:なし

ジャンル:コメディ
キーワード:またしてもデュオ監督デビュー、椰子國シク教徒ごっこ、双子ものなのに一緒に写るシーン少ない

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10332.html
http://www.my-kerala.com/movies/2008/07/kabadi-kabadi-starring-mukesh.shtml
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/kabadi-kabadi-rambha-050808.html
http://www.nowrunning.com/movie/5311/malayalam/kabadi-kabadi/index.htm


cvSMS.jpgSMS 

Director:Sarjulan
Cast:Bala, Navya Nair, Kulappulli Leela, Mukesh, Jagathy Sreekumar, Salim Kumar, Madhu Warrier, Anoop Chandran, Kottayam Nazir, Poornitha, Pala Charlie, Augustine

タイトルの揺れ:S.M.S., S M S

DVDの版元:SAS
DVDの字幕:なし

ジャンル:スリラー
キーワード:杜撰な携帯電話取り扱い、ポッラーッチ

備考:http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-SMS-Movie-Review-4,446.php
http://www.nowrunning.com/movie/4263/malayalam/sms/index.htm
http://www.filmysouth.com/Malayalam_Movie_Reviews/%E2%80%98SMS%E2%80%99-Why/August-25-2008/%E2%80%98SMS%E2%80%99-_Why_waste_your_time_and_money.html


cvApoorva.jpgApoorva 

Director:Nithin Ramakrishnan
Cast:Sanjeev, Helen (Soundarya), Senthil, Ajay Sathyan, Kalabhavan Mani, Vimala Raman, Suraj Venjaramoodu, Kalpana,Kochupreman, Anirudh Rajasekhar, M Nithish, Preethi, Baby Minu, Master Ananthu

タイトルの意味:Unusual

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:青春
キーワード:仲良しグループ、貧富の差、美人教師

寸評:なんでこんなものを見せられにゃあかんのだ、という腹立ち度ではこのプロジェクトの断トツのトップ賞。天然ボケの馬鹿映画ならそれほど苛立つこともなかったはずだが、アマチュアの自意識過剰ぶりが嫌悪感の元だったのだと思う。美少女でかろうじて星ひとつ。「18歳の監督」(もちろんデビュー)だけが売り。たどたどしさをわざと強調した餓鬼のナレーション(しかも英語)に寒疣!内容の貧しさと(サポーティング)キャストの贅沢さとのアンバランスという点でも異様。

備考:http://www.our-kerala.com/index.php?section=cinema_review&id=124
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/onam-release-apoorva-040908.html
http://in.movies.yahoo.com/news-detail.html?news_id=33373
http://cinemalayalam.net/articles/post/index/38/APOORVA-an-18-year-old-boy-s-venture
http://www.nowrunning.com/movie/5235/malayalam/apoorva/index.htm
http://www.thehindu.com/2008/08/28/stories/2008082850570200.htm
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Apoorva-Movie-Review-4,499.php


cvChithrasala.jpgChithrashalabhangalude Veedu 

Director:Krishna Kumar
Cast:Master Ganapathy, Lakshmi Sharma, Manraj, Pala Charlie, Sai Kumar, Mala Aravindan, Ambika Mohan, T S Raju, Guruvayoor Sivaj, Master Hari,Master Shayam Sunder

タイトルの意味:House of Butterflies
タイトルの揺れ:Chithrashala Bhangalude Veedu, Chithra Salabhangalude Veedu

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:児童
キーワード:大人を教育するための児童映画、恐るべき子役、ナクサライト崩れ

備考:http://movies.bizhat.com/review_chithra_salabhangalude_veedu.php
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10179.html
http://www.nowrunning.com/movie/5361/malayalam/chithra-salabhangalude-veedu/index.htm
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=1450-Chithra%20Salabhangalude%20Veedu


cvShambu.jpgSambhu 

Director:K B Madhu
Cast:Vijayakumar, Karthika, Sindoori, Ryaz Khan, Babu Antony, Rajan P Dev, Geetha, Santhosh Pali, Machan Varghese, Pala Charlie

タイトルの意味:Lord Shiva
タイトルの揺れ:Shambhu, Shambu

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:学園内政治活動、バス炎上、パーラッカード・ブラーミン、バーブ・アントニーの被り物 

寸評:監督の K B Madhu は、スリラー映画の第一人者 K Madhu とは別人。地味ぃ~な主演のヴィジャヤクマールは翌年2月に自殺未遂・逮捕などという事態に陥ってしまった。関係ない話だけど。

備考:http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Shambu-Movie-Review-4,518.php
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/8759.html
http://www.nowrunning.com/movie/3279/malayalam/shambu/index.htm


cvBullet.jpgBullet 

Director:Nizar
Cast:Suresh Gopi, Rajan P Dev, Devan, Cochin Haneefa, Indrans, Thirumala Chandran, Kalabhavan Mani, Pavithra, Mamukkoya, Babu Nambuthiri, Ravishankar, Subair,Kottayam Nazir, Jaffer Idukki, Babylona, Udayathara, Manraj, Ponnamma Babu, Bindu Panickar

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:キャラに凝り過ぎてストーリーなし、途中でアイデアが尽きた、Patteri、リアリティショー、ソフトポルノのソングシーン

備考:http://www.hindu.com/fr/2008/03/07/stories/2008030750090200.htm
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2008/bullet-movie-review-161208.html
http://www.filmysouth.com/malayalam_movie_interviews/niszarbullet/november-27-2008/niszar_bullet_interview.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Bullet-Movie-Review-4,559.php
http://www.nowrunning.com/movie/5060/malayalam/bullet/index.htm
http://www.my-kerala.com/movies/2008/03/bullet-movie-gallery.shtml
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14812439&ctid=5&cid=2428
http://indulekha.com/moviegallery/2008/08/bullet.html


cvSultan.jpgSulthan 

Director:Sreeprakash
Cast:Vinu Mohan, Varada, Anoop Chandran, Vijaya Raghavan, Shari, Lalu Alex, Kaviyoor Ponnamma, Salim Kumar, Jagathy Sreekumar, Guruvayoor Sivaj, Kulappulli Leela, Sreejith Ravi,Spadikam George, Praveen, Karthik, Sarayu, Shammi Thilakan

タイトルの揺れ:Sultan, Sulthaan, Sultaan

DVDの版元:Highness
DVDの字幕:英語

ジャンル:学園スリラー
キーワード:殺人、バイク、学園、裏切り者

寸評:学園アクションものの定型をなぞっているかに見えながら、バタバタと変な終わり方。DVDのランタイムは1時間38分ほど。察するに途中で資金が尽きたのか、アイデアが尽きたのか、その両方なのか。こんなのもあるんだ~。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/previews/2008/sultan-movie-preview-211108.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10333.html
http://www.nowrunning.com/movie/5302/malayalam/sultan/index.htm


cvChempada.jpgChembada 

Director:Robin Thirumala
Cast:Bala, Meenakshi, Babu Raj, Sadique, Babu Anthony, Ganesh Kumar, Abu Salim, Dinesh Panickar, Anu Anand, Sonu Salim,John Jacob, Raju S Nair, Ronson, Aravind Akash

タイトルの意味:Chembada, a kind of Tala
タイトルの揺れ:Chempadaa-The Art of War, Chempada, Chembadaa, Chempadaa

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:スリラー
キーワード:、コーチン、憎き悪役に切られた筈の頬の傷がシーンごとに出たり消えたり、野郎のアイテムダンス

寸評:言っちゃえば 4 The People (Malayalam - 2004) Dir. Jayaraj の何番か煎じ、というか出がらしだ。しっかし、ロックバンドの名前がレッド・アーミーってあんた…。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2009/chembada-movie-review-090109.html
http://www.bharatwaves.com/news/Chembada%E2%80%93-a-Music-Thriller-12355.html
http://www.nowrunning.com/movie/5128/malayalam/chembada/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10767.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Chembada-Movie-Review-4,590.php
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14828922&ctid=5&cid=2428

******************************************************************

言うても詮無いことではあるが、こんなのに金だすお大尽がケララにいるんだったら、アンジャリ・メーノーンに新作を撮らしてやれよ!それから Manjadikuru(2008年作品らしいのだが、劇場公開なしなのでカウントされていない)を一般公開しろ!と叫びたくなるのだった。

なんとか難所を乗り越えて青息吐息だ。このシリーズ、これで終わりではない、次回をお楽しみに。

サイテー映画 Apoorva には、タミル俳優のセンディルまでもが出演Apoorva

投稿者 Periplo : 17:00 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2010年09月04日

Project 2008:その4

さーて、いよいよ魔界の入り口にやってきた。9本を紹介しよう。最初から企図していたわけではないのだが、人気と実力を兼ね備えたスター俳優またはスター監督のものが揃ってしまった。スターさんが出てなかったら星ひとつになってたのかも。

さすがにここまで来ると、そのスターさんのファンの人以外には全くお勧めできない。逆にファンの人にはこう言いたい、ほれほれ、目を逸らすんじゃねえ、こいつをよぉ~く見るんじゃ!と。

******************************************************************

★★☆☆☆(星2つ) この布陣でここまで酷いか!

cvCollageKumaran.jpgCollege Kumaran 

Director:Thulasidas
Cast:Mohanlal, Vimala Raman, Siddique, Riza Bawa, Suresh Krishna, Vijayaraghavan, Irshad, Suraj Venjaramoodu, Harisree Asokan, Janardhanan, Nedumudi Venu, Babu Nambuthiri, Manka Mahesh, T P Madhavan, Suja,Saiju Kurup, Balachandra Menon, Bijukuttan, Jagannatha Varma, Shamna Kasim, Jayakrishnan, Sruthi Lekshmi

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:学食、よろず相談所、退役軍人、汚職政治家 

寸評:陸軍将校あがりでシェイクスピアの引用なんかを口走っちゃう学食の親爺。ストーリーはない(きっぱり)。授業に出ずに入り浸りになっても責められるわけがない。いつまでも留年し続けたい。

当網站の関連ポスト:2008.01.262009.01.10(ディスク情報)
備考:http://www.nowrunning.com/movie/4309/malayalam/college-kumaran/index.htm
http://www.rediff.com/movies/2008/feb/04ssck.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/College_Kumaran
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9356.html
http://ratheesh.livejournal.com/308336.html


cvDeIngottu.jpgDae Ingottu Nokkiye 

Director:Balachandra Menon
Cast:Jayasurya, Sara, Jagathy Sreekumar, Janardhanan, Bharath Gopi, Kalpana, Thilakan, Idavela Babu, Mala Aravindan,Nedumudi Venu, Salim Kumar, Indrans, Kochupreman, Rajan P Dev, Kollam Thulasi, Balachandra Menon, Lena, M R Gopakumar, Sukumari, Manga Mahesh, Kaviyoor Ponnamma, Narayanan Kutty, Kulapully Leela

タイトルの意味:Hey, look here!
タイトルの揺れ:Da Ingottu Nokkiye, Dhe Ingottu Nokkiye, De Ingottu Nokkiye

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:コメディ
キーワード:政治風刺ポンチ絵、一人二役、セクハラ、替え玉、シュリー・ナラヤナ・グル

寸評:ファミリー人情コメディの巨匠、バーラチャンドラ・メーノーンがここまで堕ちたか、と泣きたくなるほどのどんより加減。唯一の救いはジャガティ先生の一人二役。

備考:http://www.rediff.com/movies/2008/apr/14ssdin.htm
http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/991/movie/De%20Ingottu%20Nokkiye.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-De%20Ingottu%20Nokkiye-Movie-Review-4,307.php
http://www.filmysouth.com/Malayalam_Movie_Synopsis/De_Ingottu_Nokkiye/March-18-2008/De_Ingottu_Nokkiye.html
http://www.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/9672/1/
http://www.filimworld.com/morereview.php?fid=30
http://cinemalayalam.net/movie/De-Ingottu-Nokiye/3515
http://www.nowrunning.com/movie/4869/malayalam/de-ingotu-nokiye/index.htm


cvMagicLamp.jpgMagic Lamp 

Director:Haridas
Cast:Jayaram, Meena, Jagathi Sreekumar, Augustine, Kalabhavan Mani, Oduvil Unnikrishnan, Janardhanan, C I Paul, Manka Mahesh, Mamukoya, Baiju,Kottayam Nazeer, Sangeeta (Rasika), Divya Unni, Narayanan Nair, Indrans, KPAC Lalitha, Kushboo

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:コメディ
キーワード:お蔵入り冬眠映画、コメディ・オブ・エラース、一人二役

寸評:2000年公開予定で撮了していたが、プロデューサーの資金難からお蔵入りし、2008年6月にやっと封切られた。ということを知らずに観ると、2006年に他界したウンニクリシュナンさんが出てきたりしてビックリだ。2002年に結婚して引退したサミュークタ・ヴァルマが登場するシーンがあったともいう(DVDでは確認できず)。実はジャヤラーム出演作には少なくないのだ、こういうの。

備考:http://world.rediff.com/news/article/www/movies/2008/jun/09ssml.htm
http://www.nowrunning.com/movie/4683/malayalam/magic-lamp/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10286.html
http://www.hindu.com/2008/06/18/stories/2008061850870200.htm
http://www.screenindia.com/old/20010615/rmala.html
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/magic-lamp-release-050608.html
http://sify.com/movies/malayalam/fullstory.php?id=14686569


cvMadambi.jpgMadambi 

Director:B Unnikrishnan
Cast:Mohanlal, Kavya Madhavan, Mallika Kapoor, Siddique, V K Sreeraman, Biju Pappan, Suraj Venjaramoodu, Ajmal Ameer, KPAC Lalitha, Jagathi Sreekumar, Innocent, Narayanan Nair, Kollam Thulasi, T P Madhavan, Madhu

タイトルの意味:Feudal lord
タイトルの揺れ:Madampi

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:マッチョお館様
キーワード:金貸し、教育事業

寸評:吼えるお館様、怒るお館様、自分を犠牲にするお館様。マ映画には珍しいが、地域語ファンダメンタリズムの要素を加える試みも窺える。ラルさんの弟分役のアジマル・アミールは本作の後、本格的にタミル映画に行ってしまった。ま、無理もないか。

当網站の関連ポスト:2009.04.04(ディスク情報)
備考:http://gokul1988.wordpress.com/2008/07/05/trash-can-madambi-a-movie-from-the-past/
http://varnachitram.com/2008/07/06/review-roundup-madambi/
http://en.wikipedia.org/wiki/Madampi
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14708679&ctid=5&cid=2428
http://filmreviews.bizhat.com/malayalam/madambi/


cvAayutham.jpgAayutham 

Director:M A Nishad
Cast:Suresh Gopi, Adithya, Nishanth Sagar, Lal, Rajan P Dev, Kollam Tulasi, Karthika, Bharathi, Bala, Jagathy Sreekumar, Asokan, Thilakan, Murali, Madhu,Baburaj, Keerikadan Jose, Sudheesh, Guruvayoor Sivaj, Jaffer Idukki, Shammi Thilakan, Seema, Sadiq, Urmila Unni

タイトルの意味:Weapon
タイトルの揺れ:Aayudham, Ayutham, Ayudham

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:漁村、イスラム原理主義テロ、外資によるフリーポート建設計画 

寸評:近年ケララで実際に起こっている社会問題をてんこ盛りにしたスリラー。ティラカン演じるCMはアチュタナンダンそのものという役作りだったという。なにがいけなかったかと言うと、入りくんだ難事件のはずなのに、スレーシュ・ゴーピが登場した途端、大した捜査もしないのにするすると幕が上がるように勝手に真相が現われてきちゃうところかな。いつものことだが。

備考:http://www.artkerala.com/node/6356
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2008/ayudham-film-review-260808.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10464.html
http://www.filmysouth.com/Malayalam_Movie_Reviews/%E2%80%98Ayudham%E2%80%99-A/August-18-2008/%E2%80%98Ayudham%E2%80%99-_A_letdown.html
http://www.rediff.com/movies/2008/aug/18ssa1.htm
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Aayudham-Movie-Review-4,428.php
http://www.cinecurry.com/movie/malayalam/aayudham
http://insideindiaz.blogspot.com/2008/09/aayudham-movie-review.html
http://www.nowrunning.com/movie/5301/malayalam/ayudham/index.htm


cvKanichukulangayil.jpgKanichukulangarayil CBI 

Director:Suresh - Vinu
Cast:Manoj K Jayan, Suresh Krishna, Sai Kumar, Meghanathan, Rajan P Dev, Kollam Thulasi, Pala Charlie, Sadique, Lakshmi Sharma

タイトルの意味:CBI at Kanichukulangara (カニチュクランガラ事件についてはこちら参照)
タイトルの揺れ:Kanichu Kulangarayil CBI

VCDの版元:Moser Baer
VCDの字幕:なし

ジャンル:スリラー
キーワード:実話ベース、ウドゥマライペーッタイ、女好きスワミ、bombay 1000 pan masala

寸評:スーパーコップ&スーパー捜査官のヒロイズム炸裂映画とするか、苦く恐ろしい現実を描く社会派映画にするか、どっちかにして欲しかった。颯爽と登場のCBIが推理より腕力で真相を突き止めるのはいいが、それにしちゃあ結末がニヒルすぎる。

備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Kanichukulangarayil_CBI
http://www.nowrunning.com/movie/5459/malayalam/kanichu-kulangarayil-cbi/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10395.html
http://popcorn.oneindia.in/title/1385/kanichu-kulangarayil-c-b-i.html
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14709853&ctid=5&cid=2428
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/manoj-k-jayan-kanichukulangara-220308.html


cvLaptop.jpgMy Mother's Laptop 

Director:Rupesh Paul
Cast:Suresh Gopi, Padmapriya, Swetha Menon

タイトルの揺れ:Laptop

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:アート
キーワード:マザコン、泥酔、シュウェちゃん、フォート・コーチン

寸評:アートとパラレルというジャンルの境界は年々曖昧になっていくばかりだが、本作だけは躊躇いなくアートと断定。それも最もアホなタイプの。監督は得々として自作について語っているが、ラストの駄洒落についてだけは口を噤んでいる。気持ち悪い、どういう意味か教えてくれ~っ!

オフィシャルサイト:http://www.laptopmovie.info/movie.html
備考:http://malayalam.galatta.com/entertainment/malayalam/livewire/id/Laptop_to_release_two_versions_16178.html
http://www.hindu.com/2008/07/30/stories/2008073051030200.htm
http://www.nowrunning.com/news/news.aspx?it=14548
http://malluwood4u.blogspot.com/2008/05/laptop.html
http://www.nowrunning.com/movie/5018/malayalam/my-mothers-laptop/index.htm
http://focusindia.wordpress.com/2008/07/08/malayalam-movie-laptop/
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/article/36769.html


cvThavalam.jpgThavalam 

Director:Baiju 2D
Cast:Suresh Gopi, Sindu Menon, Rathya, Sreejith Ravi, Salim Kumar, Bijukuttan, Nedumudi Venu, Baby Diya, Jagathy Sreekumar, Manga Mahesh, T G Ravi, Meena Suresh, Ambika Mohan, Manraj

タイトルの意味:Resting place

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:父娘もの
キーワード:州境もの、実話ベース、放浪トライブ、葡萄園

寸評:エルナクラムのバスターミナルに暮らしていた実在のタミル人男性をモデルにした物語らしい。映画はタミル・ケララ州境に舞台を移したメロメロ・メロドラマ。見てる最中、スロー再生になってるんじゃないかと何度も機器を確認してしまった。

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10515.html
http://popcorn.oneindia.in/title/1384/thavalam.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Thavalam-Movie-Review-4,490.php
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14757828&ctid=5&cid=2428
http://en.wikipedia.org/wiki/Thavalam
http://www.nowrunning.com/movie/5559/malayalam/thavalam/index.htm


cvLollypop.jpgLollipop 

Director:Shafi
Cast:Prithviraj, Kunchacko Boban, Bhavana, Roma, Jayasurya, Suraj Venjaramoodu, Bijukuttan, Narayanan Kutty, Jagathy Sreekumar, Salim Kumar, Rajan P Dev, P Sreekumar, Manga Mahesh, Baburaj, Anil Murali, Shari, Subair

タイトルの揺れ:Lollypop, Lolly Pop

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス 
キーワード:フォート・コーチン、クリスチャン、自動車メカニック、ブラコン、シスコン

寸評:しんしんと心が冷え込む薄毛ヤング映画。ロリでもなければポップでもないんじゃ(泣)。

備考:劇場公開は2009年1月の可能性あり。
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/lollipop-movie-release-181208.html
http://criticatwork.blogspot.com/2008/12/lollypop-sucks.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10510.html
http://www.nowrunning.com/movie/5755/malayalam/lolly-pop/index.htm
http://www.artkerala.com/node/6360
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Lollipop-Movie-Review-4,603.php
http://www.cinecurry.com/news/movie-news/malayalam/climax-prithvirajs-lollipop-changed-one-day-after-release


******************************************************************

ふふっ、次はお待ちかねの星ひとつドベ映画だ。ここまでお付き合いくださった皆さんにならきっと楽しんでいただけるはず。

それでも Madambi はかなりのヒットとなったらしい。写真は81日連続上映を告げるポスター Maadambi

投稿者 Periplo : 14:32 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2010年09月03日

Project 2008:その3

続いては星3つ、どぉ~んと21本だ。掲載は概ね公開順というのは前回と同じ。

とりあえず「見どころありの佳作」としてみたが、これは片面のラベルでしかない。期待させときながらこれかよ、という結果だったものも、このカテゴリーには多数あり。判別できた限り全て記載した出演者名や、妙なキーワードから感じ取れるものがある人にとっては、お宝となるものが埋まっているかもしれない。

******************************************************************

★★★☆☆(星3つ) 見どころありの佳作

cvOfhepeople.jpgOf The People

Director:Jayaraj
Cast:Arun, Arjun Bose, Padmakumar, Harshan, Devipriya, Govind, Anoop, Sunil John, Alleppey Sudheer, Nedumpuram Gopi, Sabitha Jayaraj

VCDの版元:Highness
VCDの字幕:なし

ジャンル:スリラー
キーワード:ナクサライト、外資進出、不法投棄ゴミ、チェ・ゲバラ 

寸評:若者パワー大爆発!を意図して作られたものと思うのだが、なんか貧相でこ汚いんだな、クラブキッズ達。

当網站の関連ポスト:
2010.06.07(レビュー)
備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9671.html
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/corruption-of-the-people-251007.html
http://sify.com/movies/malayalam/fullstory.php?id=14546528
http://www.cinechance.com/forum/malayalam-films/jan-01-08/topic.php?topicid=578


cvRoudram.jpgRoudram 

Director:Ranji Panicker
Cast:Mammootty, Manju, Saikumar, Vijayaraghavan, Jayakumar, Ramu, Shammi Thilakan, Lalu Alex, Rajan P Dev, Subair, Janardhanan, Spadikam George, Jaffer Idukki, Urmila Unni, T P Madhavan, Johnny, Bindu Panicker, Balachandran Chullikadu, Mohan Jose,Maya Moushmi, Venu Nagavalli, Abu Salim, Sreelatha, Kollam Ajith

タイトルの意味:Fury
タイトルの揺れ:Raudram

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ポリス
キーワード:汚職政治家、飲酒、麻薬シンジケート

寸評:マ映画界の誇る塩気の効いた悪役軍団の皆さんが揃い踏み。親爺いきれであっぷあっぷ。ソングシーンなし。

備考:http://www.nowrunning.com/movie/4412/malayalam/roudram/index.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Roudram
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9887.html
http://www.imdb.com/title/tt1105741/
http://tvmtalkies.com/archives/368
http://specials.rediff.com/movies/2007/oct/23sld1.htm
http://nikhilsworld.com/roudram-review.html


cvSalabham.jpgSalabham 

Director:Suresh Palanchery
Cast:Ramya Nambisan, Sudheesh, KPAC Lalitha, Kaithapram Damodaran Nambuthiri, Mala Aravindan,Mamukoya, Madambu Kunjikuttan, Rajan Padoor, Bindu Vaarapuzha, Nilamboor Ayisha

タイトルの意味:Butterfly
タイトルの揺れ:Salabam, Shalabham

DVDの版元:Blue Berry
DVDの字幕:なし

ジャンル:パラレル
キーワード:思春期、初潮、渓流、降霊術師、魔女狩り、茶店  

寸評:愛らしい青春の惑いを描いた佳品。ただ、クライマックスにもって来るべき美しい象徴表現を前半から小出しにしてしまったのが勿体無い。

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/9266.html
http://www.nowrunning.com/movie/4139/malayalam/shalabam/index.htm


cvKeralaPolice.jpgKerala Police 

Director:Chandrashekaran
Cast:Kalabhavan Mani, Laxmi Sharma, Swarnamalya, Baiju, Bijukuttan, Innocent, Bindu Panickar, Suraj Venjaramoodu, Augstine, Sreejith Ravi, Madhu Warrier

タイトルの揺れ:Keralapolice

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ポリス
キーワード:ダリト、クオータ、芸能界殺人事件

寸評:推理ドラマとしてのストーリー展開に見るべきものはないが、マニさんトレードマークのコミック・アクション&スポ根風味浪花節を面白いと思えれば充分ではないか。

当網站の関連ポスト:2009.10.12
備考:http://www.nowrunning.com/movie/4555/malayalam/kerala-police/index.htm
http://www.screenindia.com/old/fullstory.php?content_id=18284
http://www.my-kerala.com/movies/2008/03/kerala-police-movie-gallery.shtml
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9989.html
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14630204&ctid=5&cid=2428
http://www.takepanga.com/story.php?title=Kerala_Police_Movie_Review
http://movies.bizhat.com/review_kerala_police.php


cvInnateChinta.jpgInnathe Chintha Vishayam 

Director:Sathyan Antikkad
Cast:Mohanlal, Meera Jasmine, Sukanya, Mohini, Muthumani, Mukesh, Vijayaraghavan, Asokan, Innocent, Mamukoya, Baby Nivedhitha, Guruvayoor Sivaji, Siddique, Babu Namboothiri , Anoop Chandran

タイトルの意味:Today's problems to think about
タイトルの揺れ:Innathe Chinthavishayam

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:家庭争議、自動車運転教習、ムスリムのキャリア・ウーマン

寸評:これだけの俳優をそろえておきながら、ちまちまとしたTVドラマ風に終わってしまったのが悲しい。魔法のサティヤン節はどこへ行ってしまったのか。

当網站の関連ポスト:2009.03.31(レビュー)
備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10005.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/article/37119.html
http://tvmtalkies.com/archives/446
http://varnachitram.com/2008/04/12/review-roundup-innathe-chintha-vishayam/
http://en.wikipedia.org/wiki/Innathe_Chintha_Vishayam
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200806/article_5.html


cvAnnanThambi.jpgAnnan Thambi 

Director:Anwar Rasheed
Cast:Mammootty, Lakshmi Rai, Gopika, Rajan P Dev, Anil Murali, Kiran Raj, Suraaj Venjaramoodu, Salim Kumar, Siddique, Janardhanan, Hairsri Ashokan, Kunchan, Manianpillai Raju, Bijukuttan,Master Monu, Master Sonu, KPAC Lalitha, Urmila Unni, Remadevi, Shivanibhai,Kulapully Leela

タイトルの意味:あに・おとうと
タイトルの揺れ:Annan Thampi

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:コメディ
キーワード:一人二役、セルフ物真似、聾唖、ポッラーッチ、大衆演劇

寸評:市場の乱闘、フラワー・アビシェーカムの中のヒーロー登場、双子の取り違えコメディ、清々しいくらいにコテコテ。

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9878.html
http://www.rediff.com/movies/2008/apr/18ssannan.htm
http://www.window2india.com/cms/admin/article.jsp?aid=6274
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200806/article_3.html
http://malayalam-film-review.blogspot.com/2008/04/annan-thanbi-review.html


cvSwarnam.jpgSwarnam 

Director:Venugopan
Cast:Kalabhavan Mani, Praveena, Jagathy Sreekumar, Baby Nayantara, Murali, Valsala Menon, Narayanan Nair, Indrans

タイトルの意味:Gold

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ファンタジー
キーワード:ポッラーッチ、埋蔵金伝説、シャバリマラ巡礼、ガウンダール、神秘の湖、人身御供、黒魔術

寸評:冒頭のナレーションをモーハンラールが担当。見どころがそれしかない、という意味ではない。寸評でもネタバレがないよう気をつけなきゃならない類のストーリーなので。

備考:http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Swarnam-Movie-Review-4,323.php
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10153.html
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/swarnam-box-office-090508.html
http://www.nowrunning.com/movie/4860/malayalam/swarnam/index.htm
http://www.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/9718/1/
http://www.rediff.com/movies/2008/may/05sss.htm
http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/1009/movie/Swarnam.html


cvPachamarathanlil.jpgPachamarathanalil 

Director:Leo Thaddeus
Cast:Sreenivasan, Padmapriya, Suraj Venjaramoodu, Bijukuttan, Lalu Alex, Lal, Nasser, Pala Charlie, Sukumari, V K Sreeraman, Sona Nair, Cherthala Lalitha, Meera Vasudevan

タイトルの意味:Under the shade of a green tree
タイトルの揺れ:Pachamarathanal

DVDの版元:Harmony
DVDの字幕:英語

ジャンル:ファミリー・スリラー
キーワード:パーラッカード、ポッラーッチ、異カースト婚、コインバトール爆弾テロ、ナーセル、ステージ・パパ

寸評:タミル俳優のナーセルが異様なくらい活き活きとしていた。シュリーニは受身一方。しかし最近ナニゲにいい女優さんとカップル出演が多いな、シュリーニ。

備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Pachamarathanalil
http://www.rediff.com/movies/2008/may/12ssp.htm
http://www.nowrunning.com/movie/4997/malayalam/pachamarathanalil/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/article/38467.html
http://varnachitram.com/2008/05/12/review-roundup-pachamarathanalil/


cvPositive.jpgPositive 

Director:V K Prakash
Cast:Jayasurya, Sukanda, Vani Kishor, Ayilya Nair, Jagathy Sreekumar, T G Ravi, Manikkuttan, Ramesh Pisharody, Augusutine, Saikumar, Narayanan Kutty, Bindu Panicker, P Sreekumar, Shari, Mala Aravindan, Jagannatha Varma, Al Sabith

タイトルの揺れ:+ve

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:コーチン、偽札、薬物、ロックバンド、リシーたん似、サイテーBGM

寸評:ヤングが束になって出てくる映画なのでもちろんロックバンドやってるのだ。しかし…。リシーたん似の女の子に免じて星2つ追加してやったんだぞ。

備考:http://www.nowrunning.com/movie/4963/malayalam/positive/index.htm
http://www.hindu.com/fr/2008/02/22/stories/2008022250310200.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9890.html
http://www.rediff.com/movies/2008/may/19ssp.htm
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Positive-Movie-Review-4,343.php


cvShakespear.jpgShakespeare MA Malayalam 

Director:Shyju Shaji
Cast:Jayasurya, Roma, Jagathy Sreekumar, Salim Kumar, Innocent, Suraj Venjaramoodu, Bijukuttan, Anoop Chandran, Kalabhavan Mani, Rajan P Dev, Valsara Menon, Lohithadas, Saikumar, Subair, Urmila Unni, Baby Chandana, Kulappulli Leela、Ponnamma Babu

タイトルの揺れ:Shakespeare M.A. Malayalam, Shaksphere M.A. Malayalam

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:巡回劇団、医療の残酷

寸評:お気楽ラブコメかと思いきや、途中から凄い展開になってしまって面食らう。序盤の田舎芝居の劇団のどたばた部分が素晴らしい。カラーバワン・マニの本領発揮というか、地のままというか。

備考:http://www.artkerala.com/node/5456
http://www.nowrunning.com/movie/5064/malayalam/shakespeare-m-a-malayalam/index.htm
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Shakespeare%20MA%20Malayalam-Movie-Review-4,344.php
http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/1046/movie/Shakespeare%20M.A.%20Malayalam.html


cvAandavan.jpgAandavan 

Director:Akbar Jose
Cast:Kalabhavan Mani, Sindu Menon, Jagathy Sreekumar, Anand, Indrans, Salim Kumar, Subair, Pala Charlie, Irshad, Bijukuttan, Machan Varghese

タイトルの意味:God
タイトルの揺れ:Andavan

VCDの版元:Moser Baer
VCDの字幕:なし

ジャンル:アクション
キーワード:スラムのヒーロー、婦警さん

寸評:ともかく婦警さんが出てきてくれるならそれは名作なのだ。ましてやその婦警さんがシンドゥ・メーノーンなら。

備考:http://www.nowrunning.com/movie/2589/malayalam/aandavan/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/7984.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Aandavan-Movie-Review-4,347.php


cvOneway.jpgOneway Ticket 

Director:Bipin Prabhakar
Cast:Prithviraj, Bhama, Mammootty, Thilakan, Nishanth Sagar, Jaffer Idukki, Salim Kumar, Jagadesh, Jagathi Sreekumar, Radhika, Sadiq, Sudheesh, Guruvayoor Sivaji,Maniyanpillai Raju, Machan Varghese

タイトルの揺れ:One Way Ticket

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:マーピラ、マラップラム、マンムーティ、ファンクラブ、自身の役で特別出演

寸評:ストーリーがどんなにヘボでも、椰子國クラブシーンをこれだけ詳細に描写してるのだから貴重だ。なるほど、ファンクラブも執行部クラスにまでいけば、スターさんからこんなことあんなことして貰える訳か。やっぱおいらも東京支部を…。

当網站の関連ポスト:2009.01.15(レビュー)
備考:http://www.rediff.com/movies/2008/jun/23ssticket.htm
http://www.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/9793/2/
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9984.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/review.php?rid=4&cat=4&id=371


cvMizhikal.jpgMizhikal Sakshi 

Director:Ashok R Nath
Cast:Sukumarri, Mohanlal, Vineeth, Nedumudi Venu, Manoj K Jayan, Kochupreman, Subair, Kailas Nath,Krishnaprasad, Dinesh Panikkar, Renuka, Josef

タイトルの意味:Eye Witness

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:パラレル
キーワード:クリシュナーッタム、マーピラ、テロ、メロドラマ

寸評:不思議な踊りの精も登場して、いい意味での芸術的な浮遊感に持っていかれそうな気分になる。が、過度なメロドラマ演出に邪魔をされてしまい不完全燃焼。

当網站の関連ポスト:
2009.03.31(ディスク情報)
備考:http://www.cinemaofmalayalam.net/ashoknath.html
http://ia.rediff.com/movies/2008/jun/23ssms.htm
http://movies.bizhat.com/review_mizhikal_sakshi.php
http://www.nowrunning.com/movie/5106/malayalam/mizhikal-sakshi/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10117.html
http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/1081/movie/Mizhikal%20Sakshi.html
http://www.thehindu.com/2008/06/28/stories/2008062850450200.htm


cvMinnaminni.jpgMinnaminnikkoottam

Director:Kamal
Cast:Narain, Meera Jasmine, P Sreekumar, Manikuttan, Jayasurya, Indrajith, Roma, Samvritha Sunil, Radhika, Anoop Chandran, Saikumar,Mamukoya, Janardhanan, T G Ravi, Balachandran Chullikkad

タイトルの意味:Firefly gang
タイトルの揺れ:Minnaminnikkuttam

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:グループ青春
キーワード:プリヤンおちょくり、サイクマール、アチャヤン

寸評:気恥ずかしくなるよなトレンディドラマだが、マ映画としては新鮮ではある。ストーリーは Ullam Ketkumae (Tamil - 2005) Dir. Jeeva とよく似てるらしい。ベテランのカマル監督が時折思い出したように若者映画に取り組むというのは、ちょっと面白い現象ではある。

当網站の関連ポスト:2009.10.18
備考http://www.rediff.com/movies/2008/jul/14ssm.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14714384&ctid=5&cid=2428
http://movies.bizhat.com/review_minnaminnikkoottam.php
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10404.html
http://www.nowrunning.com/movie/5252/malayalam/minnaminnikkoottam/index.htm


cvParunthu.jpgParunthu 

Director:M Padmakumar
Cast:Mammootty, Lakshmi Rai, Jayan, Abu Salim, Augustine, Suraj Venjaramoodu, Poornitha, Lakshana, Mamukoya, KPAC Lalitha Cochin Haneefa, Jagathi Sreekumar,Jatasurya, Saiju Kurup, Devan, Manga Mahesh Anil Mural, Sreelatha

タイトルの意味:Eagle

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:人生ドラマ
キーワード:金貸し、グジャラーティー、恐怖の病院窓口、パラニ、コーリコード

寸評:本作、Vaasthavam (Malayalam - 2006) 、それに Kerala Cafe (Malayalam - 2009) の冒頭の一編、パドマクマールという監督はアンチヒーローに取り憑かれているのかもしれない。Devasuram (Malayalam - 1993) Dir. I V Sasi の影響が指摘される本作では、ラストでの改心に今ひとつ説得力が感じられないのが残念。

当網站の関連ポスト:2009.07.27
備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2008/parunthu-review-230708.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10408.html
http://www.rediff.com/movies/2008/jul/21ssp.htm
http://www.nowrunning.com/movie/5443/malayalam/parunthu/index.htm
http://nikhilsworld.com/parunthu-review.html
http://www.imdb.com/title/tt1295067/


cvThirakkatha.jpgThirakkatha 

Director:Ranjith
Cast:Priyamani, Anoop Menon, Prithviraj, Samvritha Sunil, Mallika Sukumaran, Nandhu, Renjith, Manianpillai Raju, Augustine, V K Sreeraman, Cochin Haneefa, Gruvayoor Sivaji, Jagannatha Varma, Anil Murali,Nishanth Sagar, Byon

タイトルの意味:Screenplay
タイトルの揺れ:Thirakatha

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:人生ドラマ
キーワード:銀幕、ラルさんそっくりさん、実話風、ダミー監督、付き人、接待ゴルフ風掛け声 

寸評:世間一般では大好評だった作品だが、なぜか心に響くものがなく、その理由がいまだに分らず困っている。やはり人気スターの「栄光の絶頂」があまりにも地味すぎるのが原因か。マ映画界って本当にこんななのか。パーツパーツではマニア垂涎の大ネタ小ネタ満載なのだが。

当網站の関連ポスト:2009.01.23(ディスク情報)
備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10502.html
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200811/article_8.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Thirakkatha
http://www.nowrunning.com/movie/5473/malayalam/thirakatha/index.htm
http://www.rediff.com/movies/2008/sep/15sst2.htm
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/previews/2008/thirakkatha-film-preview-150908.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Thirakkatha-Movie-Review-4,467.php


cvMalMayaBazar.jpgMayabazar 

Director:Thomas Sebastian
Cast:Mammootty, Sheela (Maya), Vincent Ashok , Salim Kumar, Bijukuttan, Kalabhavan Mani, Rajan P Dev, T G Ravi, Suraj Venjaramoodu, Sabitha Anand, Saikumar, Lalu Alex, Yamini Sharma, Anil Murali, Tisca Chopra , Janardhanan, Mala Aravindan, Augustine

タイトルの意味:Market of illusion
タイトルの揺れ:Maya Bazar, Mayabazaar, Maya Bazaar

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:親父コメディ 
キーワード:一人二役、婆羅門だってねえ、肉喰いねえ!

寸評:祝祭シーズンごとのルーティーンとして制作・公開される二大巨頭アイドル映画の典型(本作はラマザーン公開)。市場の顔役にヒロイズムを見出すってのは、タミル・マラヤーラムの特徴ってことになるかねえ。

備考:http://www.nowrunning.com/movie/5625/malayalam/maya-bazar/index.htm
http://movies.bizhat.com/review_mayabazaar.php
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/10512.html


cvRathriMazha.jpgRathri Mazha 

Director:Lenin Rajendran
Cast:Vineeth, Meera Jasmine, Manoj K Jayan, Chitra Ier, Lalu Alex, Kulappulli Leela, Subair

タイトルの意味:Night Rain
タイトルの揺れ:Rathrimazha

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:パラレル 
キーワード:カラリ、コンテンポラリー・ダンス、不能、嫉妬、ビデオチャット 

寸評:足を失った舞踊家は視力を失った画家とは異なるものか、という問いかけが、男女の関係を通して語られる。芸術的な志向性をもつ映画作家が探求を深めていけばこういう世界に到達するのは自然の流れなのかもしれない。が、見てるこっちは、なぜここまで込み入った話にしなければならなかったのだろう、それで何が訴えたかったのだろう、などと激しく悩んでしまった。

当網站の関連ポスト:2008.11.06(ディスク情報)
備考:センサー認証は2006年12月30日だが、劇場公開は2008年10月。
http://www.nowrunning.com/movie/3065/malayalam/rathri-mazha/index.htm
http://varnachitram.com/2007/04/05/authentic-mexican-cuisine-reethi-gowla-and-simplicity/
http://domidomipiyoman.at.webry.info/200905/article_7.html
http://domidomipiyoman.at.webry.info/200905/article_11.html


cvPatthanKanda.jpgParthan Kanda Paralokam  

Director:Anil
Cast:Jayaram, Sreedevika, Kalabhavan Mani, Jagathy Sreekumar, Rajendran,Salim Kumar, Mukesh, Kottayam Nazir, Sona, Shobha Mohan, Narayanan Nair, Pala Charlie

タイトルの意味:Parthan, who has seen the other world

DVDの版元:Empire
DVDの字幕:英語

ジャンル:ファンタジー
キーワード:密造酒の危険性、パンチャーヤト、村の寺院の運営権争い

寸評:このプロジェクト中で最も腰を抜かした一本。どういう部分にかというと、配役の大胆さ。なので、マ映画俳優に馴染みのない人が見ても何がオドロキなのかは全然分からないと思う。Pakalpooram (Malayalam - 2002) からこっち、お莫迦ホラー&ファンタジーの名手として注目のアニル監督はやっぱり裏切らなかった。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2008/parthan-kanda-paralokam-review-141008.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/9908.html
http://www.rediff.com/movies/2008/oct/03ssp.htm


cvPakalNakshatrangal.jpgPakal Nakshatrangal 

Director:Rajiv Nath
Cast:Mohanlal, Suresh Gopi, Anoop Menon, Laxmi Gopalaswami, Manianpillai Raju, Kalpana, Surabhi, Subair, Reena Basheer, K B Venu, Maya Vishwanth, Murugan, Nishant Sagar

タイトルの意味:Stars of the Day Light
タイトルの揺れ:Pakal Nakshathrangal, Pakalnakshatrangal

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:アート
キーワード:無頼派アーティスト、ハンプティダンプティ 

寸評:どこにもそういう言及はないが、おそらく舞台はフォート・コーチンの古い洋館。神秘的な夜のシーンが美しい。ラルさん版『インド夜想曲』といってもいいかもしれない。

当網站の関連ポスト:2009.12.11(レビュー)
備考:http://alexp0205.wordpress.com/2008/12/07/pakal-nakshathrangal-lacks-beauty/
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10712.html
http://www.nowrunning.com/movie/5704/malayalam/pakal-nakshatrangal/index.htm
http://movies.bizhat.com/review_pakal_nakshatrangal.php
http://www.cinemaofmalayalam.net/rajeevnath.html


cvCrazyGopalan.jpgCrazy Gopalan 

Director:Dipu
Cast:Dileep, Radha Varma, Manoji K Jayan, Harishree Asokan, Machan Varghese, Indrans, Salim Kumar, Jagathy Sreekumar, Biju Menon, Kannan Pattambi, Sadiq, Madhu Warrier, Narayanan Nair, Kollam Thulasi, Janardhanan

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:コメディ
キーワード:ポッラーッチ、コーチン、こそ泥、コーリコード

寸評:まさにディリープのために誂えられたビレッジ・コメディ。コメディのジャンルですら最近は都市化が進んでいるようなのでちょっと懐かしい感じ。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2009/crazy-gopalan-review-020109.html
http://malayalam.galatta.com/entertainment/malayalam/livewire/id/Crazy_Gopalan_with_impressive_collection_21032.html
http://www.nowrunning.com/movie/5747/malayalam/crazy-gopalan/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10744.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Crazy_Gopalan
http://varnachitram.com/2008/10/03/naming-game/
http://www.rediff.com/movies/2008/dec/26review-crazy-gopalan.htm

******************************************************************

さて、だんだん嫌~な感じになってきた。次回は星二つ。


モデルになったとされる実在の女優の顔写真を大胆に使った Thirakkatha のポスター
Thirakkatha

投稿者 Periplo : 21:06 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2010年09月02日

Project 2008:その2

いよいよお楽しみ(誰がだ?)のセカンド・ステージ。10作品を挙げてみた。プロジェクトを始めた当初の比較的点が辛目だった時のものと、末期になってからの大甘インフレ気味のものが混じっちゃったけどね。

なお、掲載の順番は概ね公開順となっているが、厳密なものではない。

******************************************************************

★★★★☆(星4つ) お勧めの傑作あるいは力作

cvCalcutta.jpgCalcutta News

Director:Blessy
Cast:Dileep, Meera Jasmine, Indrajith, Innocent, Bindu Panickar, Vimala Raman, Suja, Thampy Antony, Manasa, Brinda

タイトルの揺れ:Kolkata News

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:ベンガルの憂愁、カルカッタ、巨大売春窟、組織的人身売買、カーリー女神、降霊師、市電

寸評:力を入れすぎて壊れちゃった、魅力的な失敗作。ところで、なぜ携帯電話でなければならなかったのだろうか。

備考:http://www.nowrunning.com/Movie/?movie=4249
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/9460.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Calcutta_News
http://varnachitram.com/2008/01/25/moviemazaa-review-calcutta-news/


cvSoundOfBoot.jpgSound of Boot

Director:Shaji Kailas
Cast:Suresh Gopi, Honey Rose, Riza Bava, Bheeman Raghu, Rajan P Dev, Bala, Murali, Maniyanpillai Raju, Lakshana, Pala Charlie, Sona Nair, T P Madhavan,Krishnakumar , Biju Pappan

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:羅生門的構造、非常事態宣言、山岳地方、警官の暴走

寸評:クライマックスのハロウィンの仮装さえなければシリアスなスリラーとしてかなりのものとなっていたのではないか。惜しい!

備考:http://www.nowrunning.com/movie/4584/malayalam/the-sound-of-boot/1498/review.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/8323.html
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14602767&ctid=5&cid=2428
http://ia.rediff.com/movies/2008/feb/11sssob.htm


cvCycle.jpgCycle

Director:Johny Antony
Cast:Vineeth Sreenivasan, Vinu Mohan, Bhama, Sandhya, Jagathy Sreekumar, Shammi Thilakan, Murali, Arun, Anoop Chandran, Salim Kumar, Cochin Haneefa, Saikumar, Sadiq, Devan

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:青春
キーワード:コーチン、湾岸出稼ぎ、自転車、バイク

寸評:学校は出たけれど(稼ぎのいい)職はなし、夢と希望は湾岸出稼ぎ、というマ映画伝統のモチーフだが、どたばたにスピード感があるのが現代的か。キャラ設定と俳優の実年齢が近いのも珍しい。

備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Cycle_(film)
http://www.india-forums.com/bollywood/article.asp?id=2835
http://www.rediff.com/movies/2008/mar/04ssja.htm
http://www.hindu.com/fr/2008/01/18/stories/2008011851170200.htm
ポスターギャラリーはこちら


cvMalabar.jpgMalabar Wedding

Director:Rajesh, Faizal
Cast:Indrajith, Gopika, Suraj Venjaramoodu, Mamookoya, Bijukuttan, Santhosh Jogi, Janardhanan, Manianpillai Raju, K T S Padannayil, Kiran Raj, Manka Mahesh, Anoop Chandran, Machan Varghese, T P Madhavan

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:パーラッカード、儀礼的悪戯、ちょっぴり民俗学

寸評:Monsoon Wedding (Hindi - 2001) Dir. Mira Nair に対する微かなパロディがあるものと思われる。

備考:http://malayalam-film-review.blogspot.com/2008/03/malabar-wedding-review.html
http://www.nowrunning.com/movie/4861/malayalam/malabar-wedding/preview.htm
http://www.rediff.com/movies/2008/mar/24ssmw.htm


cvMulla.jpgMulla 

Director:Lal Jose
Cast:Dileep, Meera Nandan, Salim Kumar, Suraj Venjaramoodu, Ajay Kumar, Biju Menon, Riza Bava, Guruvayoor Sivaji, Saiju Kurup, Mala Aravindan, Sukumari,Anoop Chandran, Pala Charlie, Bhavana, Lal Jose

タイトルの意味:Jasmine

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:鉄道、州境、パラニ、クリミナル・トライブ

寸評:近年のリアリスム志向の一連のタミル映画のタッチを意識的に取り入れたものだったのかどうか。

当網站の関連ポスト:2009.07.14
備考:http://malayalam-film-review.blogspot.com/2008/03/mulla-review.html
http://www.rediff.com/movies/2008/mar/28ssm.htm
http://www.nowrunning.com/movie/4557/malayalam/mulla/review.htm
http://varnachitram.com/2008/03/26/preview-vishu-2008-releases-mulla/
http://www.globalmalayaly.com/php/showBlogDetails.php?blog_id=71&category_id=6&linkid=46
http://www.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/9616/1/
http://gallery.oneindia.in/main.php?g2_itemId=736570
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?ctid=5&cid=2428&id=14633612
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Mulla-Movie-Review-4,291.php


cvBharuthe.jpgVeruthe Oru Bharya 

Director:Akku Akbar
Cast:Jayaram, Gopika, Innocent, Suraj Venjaramoodu, Niveditha, Madhu Warrier, Rahman, Ganesh Kumar,Sona Nair, Guruvayoor Sivaj, Jaffer Idukki

タイトルの意味:Simply a Wife
タイトルの揺れ:Veruthe Oru Bhariya

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:コメディ
キーワード:家庭争議、夜のお務めストライキ、馬鹿亭主

寸評:もういい加減にしろよ、と言いたくなるような痛い奴が出てきて、困った行状を晒しまくった挙句に罰を受ける。実はこれがマラヤーラム・コメディの王道。こういうのでトップスターの地位を保ってるジャヤラームは凄い奴なのかも。

備考:http://sify.com/movies/specials/veruthe_oru_bharya/
http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/1139/movie/Veruthe%20Oru%20Bharya.html
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200808/article_1.html
http://www.nowrunning.com/movie/?movie=5069
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200808/article_1.html
http://ia.rediff.com/movies/2008/aug/11ssv.htm
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/veruthe-oru-bharya-hit-280808.html
http://www.cinefundas.com/2008/09/09/veruthe-oru-bharya-malayalam-movie-review
http://specials.rediff.com/movies/2008/aug/06slid1.htm
http://vellithira.in/filmnews/2008/08/28/veruthe-oru-bharya-veruthe-aayillaa-detailed-study/
http://www.hindu.com/fr/2008/09/12/stories/2008091251110200.htm


cvAakashagopuram2.jpgAakashagopuram 

Director:K P Kumaran
Cast:Mohanlal, Nithya Menon, Sreenivasan, Manoj K Jayan, Swetha Menon, Geethu Mohandas, Bharat Gopi

タイトルの意味:Castle in the Air
タイトルの揺れ:Aakasha Gopuram, Akashagopuram

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:アート
キーワード:イプセン、在英NRI、ロリコン、飼い殺し、象牙の塔 

寸評:主演のラルさんから脇役陣、そして新人ニティヤに至るまでの、マ映画俳優の芝居力の高さが一覧できる。いわゆる「ネイティヴィティ」を排したつくりなのに、設定自体は荒唐無稽ではない、稀なるオール英国ロケ映画。沈痛なトーンに支配されていながらも、一方で涼風も感じさせる佳品。

当網站の関連ポスト:2009.01.04(ディスク情報)、2009.12.10(ディスク情報その2)
オフィシャルサイト:http://www.aakashagopuram.com/
備考:http://www.iffigoa.org/esg2008/iffi2008/pdf_files/IndianPanorama2008.;pdf
http://www.upperstall.com/films/2008/aakashagopuram
http://www.hindu.com/fr/2008/08/22/stories/2008082250670200.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Aakasha_Gopuram
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14744808&ctid=5&cid=2428


cvThalappavu.jpgThalappavu

Director:Madhupal
Cast:Lal, Prithviraj, Dhanya Mary Varghese, Rohini, Atul Kulkarni, Jagathy Sreekumar, Maniyan Pillai Raju, Sreejith Ravi, Saranya, Parvathi, Gayathri, Geetha Vijayan

タイトルの意味:Head dress (of police)
タイトルの揺れ:Talappavu

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:パラレル
キーワード:ワヤナード、ナクサライト、部族、お化け話 

寸評:記憶に留めることが鎮魂なのである、というコンセプトが非常に効果的に展開される。アラガッパンの撮影、シャーム・ダルマンのBGMが印象的。

当網站の関連ポスト:2010.05.02(主演女優)、2010.06.07(レビュー)
備考:http://www.hinduonnet.com/thehindu/fr/2007/10/19/stories/2007101950620200.htm
http://jiby216.blogspot.com/2008/05/thalappavu-coming.html
http://ia.rediff.com/movies/2008/sep/15sst1.htm
http://specials.rediff.com/movies/2008/sep/10sli1.htm


cvGulmohar.jpgGulmohar

Director:Jayaraj
Cast:Ranjith, Meenu Mathew, Kollam Thulasi, Rajamani, Siddique, Nishant Sagar, Surabhi, Jagadeesh, Meera Vasudev, Kaviyoor Ponnamma, Augustine, Ambika Mohan, Subair, Zeenath, Jayakrishnan, Sudheesh, I M Vijayan

タイトルの意味:Flamboyant Tree

DVDの版元:MoserBaer
DVDの字幕:英語

ジャンル:アート
キーワード:非常事態宣言下のナクサライト、部族民抑圧、山岳地方、警官の非道

寸評:大スターが出てこなくて、陰々滅々たるテーマ。にもかかわらず異様なまでの凝集力で最後まで一気に見せる。こういう作品が限定的ながら一般公開されたというのは凄い。ジャヤラージ監督の近年の作品中では最高峰。

当網站の関連ポスト:2010.06.07(レビュー)
備考:http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/1211/movie/Gulmohar.html
http://www.thehindu.com/2008/12/18/stories/2008121850190200.htm
http://getahead.rediff.com/movies/2008/oct/03ssg.htm
http://www.hindu.com/fr/2008/10/03/stories/2008100350450100.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10115.html
http://www.hinduonnet.com/thehindu/fr/2008/08/08/stories/2008080850600100.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14769662&ctid=5&cid=2428
http://specials.rediff.com/movies/2008/aug/14sli1.htm
http://www.thehindu.com/2008/09/15/stories/2008091550810200.htm
http://www.cinemaofmalayalam.net/jayaraj.html
http://entertainment.oneindia.mobi/malayalam/reviews/2008/812.html
http://www.nowrunning.com/movie/5146/malayalam/gulmohar/index.htm


cvKurukshetra.jpgKurukshetra 

Director:Major Ravi
Cast:Mohanlal,Biju Menon, Siddique, Neenu, Pradeep, Sunil Kudavathoor, Bineesh Kodiyeri, Manikuttan, Arjun, Anjana, Capt.Kishor, Col.Bhakt, Damodar, Kannan Pattambi, Anil Murali, Asrani, Major Ravi, Nehak Bhatia, Netanya Singh, Cochin Haneefa, Suraj Venjaramoodu

タイトルの意味:マハーバーラタの中での最終戦争の地の名前、こちら参照

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:戦争
キーワード:カルギル紛争、カシミール、捕虜拷問

寸評:粗を探せば無数に見つかるが、それでもメイジャー・ラヴィ監督の一作ごとの向上には敬意を表したい。本作がなければ、ラルさんの地球、じゃなかった地域防衛軍への抜擢はおそらくなかったはず。

当網站の関連ポスト:2009.07.16(レビュー)
備考:http://www.damorcinema.com/kurukshetra.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?ctid=5&cid=2428&id=14773983
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10407.html
http://www.hindu.com/2008/10/19/stories/2008101950220200.htm
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200811/article_5.html

Veruthe Oru Bharya のポスター(部分)
Veruthe Oru Bharya

それにしてもこうして見てみると地味なセレクションだ。次回は星三つをご紹介。

投稿者 Periplo : 03:11 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2010年09月01日

Project 2008:その1

よい子は絶対真似しちゃ駄目! 2008年に公開されたマラヤーラム映画(ダビングを除く)を全部見ようという馬鹿なプロジェクト。

******************************************************************

タミル映画でやるとなると田舎の山を売らにゃあならん。テルグ映画だと5箇年計画になっちまう。カンナダ映画だとプロジェクト開始まで生きてられるか自信がねえ。信じがたい事だが、主にディスクで印度映画を鑑賞してる在日日本人にとって、マラヤーラム映画は一番早く、そして安価に最新作がチェックできるものになっていたのだった。

今から1年とちょっと前に上げたポストで、2008年に公開されたマラヤーラム映画リストを転載した際に、実はその時点でリストのうちの半分近くを既にチェック済であることに気付いたのだった。おもしれえじゃねえか、残りも全部潰したる!単純馬鹿な漏れはそこからせっせと絨毯爆撃作戦にかかり、そして途中から後悔したのだった。まず、破廉恥ディスクの嵐に再生装置が途中でコケた。これは本当のところドクターストップみたいなものだったのかもしれない。それから、面白そうで見ごたえありそうな作品から見てったせいで、終盤の屑の山を抜けるのが本当に辛かった。一歩間違えたらノイローゼになってたかもしらん。

そんな思いまでして完遂したところで一体何の意味があるのだろうか。プロジェクトの最初のうちは「全部見ること」の意義を箇条書きにするほど持ってたはずなのだが、いつの間にか擦り切れて四散してしまった。それで何が分るというのだ、というのが今の率直な感想。とりあえず、詳細なキャストなどを列記しておけば、なんかの拍子に他人様の役に立つことがあるかもしれない。これから数回にわたって掲載予定。ただアルファベット順に並べるだけじゃあ面白みがないので、個人的な好みにそってランキングした。もちろん万人の賛同を得られるものでないのは承知の上だが、そのくらいは許して欲しい。ただそれだけの記録。

この百年に全世界で作られた映画の99.9パーセントは「サイテー映画」なのだ。「映画が好き」と言ってる奴らのほとんどが最上段の「イイ映画」しか見ていない。丘の上の名所しか見ない観光客と同じだ。眼下に広がる巨大なスラムを見てから言え!(洋泉社映画秘宝編集部編『映画秘宝 エド・ウッド サイテー映画の世界』の町山智浩による巻頭緒言より。本稿執筆に当たってのの引用元はこちら

通常のランキングものとは逆に、トップ賞から紹介。

★★★★★(星5つ) マ映画やってて良かった!

cvTwenty20.jpgTwenty:20 
Director:Joshiy
Cast:こちら参照

タイトルの意味:クリケット用語、こちら参照
タイトルの揺れ:Twenty Twenty

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:アクション・スリラー
キーワード:マンムーティ、モーハンラール

寸評:意外性も何もないが、やはり本作がトップだ。だって面白かったんだもん。だけど、マ映画を初めて観る人には全くお勧めできない。最低でも二大巨頭のすーっぱるすたーぶりを知らないと楽しめんだろね。徹底的に内輪ウケの楽屋落ち。たとえば、スラージがなぜマンムーティの腰巾着役で出てくるのかとか、ムケーシュの演じるお巡りがなぜ職権濫用してまでラルさんに味方するのかとかね。どこまでもケララ人観客だけをターゲットに想定して、それ以外の部分には全く色気を示さない映画作り。いわゆる「ボリウダイゼーション」とは無縁のこの清々しさ。やっぱマ映画やってて良かった!って思うのさ。

当網站の関連ポスト:2007.01.102008.06.072008.10.042008.10.19(ポスター騒動1)、2008.11.10(ポスター騒動2)、2008.12.13(メイキング)、2009.06.19(タミル・リメイク話)、2009.06.23(ディスク情報)、2009.06.28(詳細キャスト)、2009.08.09(ランタイムについて)

備考:準オフィシャルサイトはhttp://sify.com/movies/specials/twenty20/

20fighting.jpg

現地上映時、このシーンでは、皆が「いやぁぁ、やめてぇ」「駄目っ、やめちゃいやーっ」ってな嬌声を上げたことだろね。オジちゃんも、オバちゃんも、ニイちゃんも、ネエちゃんも。

次回は注目の星4つだ!

投稿者 Periplo : 02:44 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)