« 再録:ナーヤル/ナーイル(nayar/nair)の母系制について | メイン | 年頭の抱負:泰米爾新浪潮 »

2010年12月31日

Good bye 2010

Kayam01.jpg

いやまいった、どこにも出かけてないのに3週間以上も更新できてなかったとは。どうもこうも活計をたてるのに追われて手も足も出んかったのよ。

そういうときに限って、というか、まる1年を振り返っても、なんだか異様なまでに豊穣な印度映画生活だったのだ、2010年は。お蔭で書きたいことが渦巻いていて、でも手足を繋がれてるもんだから欲求不満で爆発しそうだ。その一々をここで中途半端に書いても仕方ない気もするので、ひとまずはこの一年のご愛顧を感謝して〆ようと思う。皆さん今年もこのつまらないブログを読んで下さってありがとうございました。来年も変わらずつまらないことを書き続ける所存ですのでどうぞよろしくお付き合い下さい。

毎年大晦日には可愛ゆいリシーたんの画像を掲載するのが恒例だったけど、今年はシュウェちゃんことシュウェータ・メーノーンさんにご登場いただいた。

なんかね、今年のシュウェちゃんは一昔前の流行り言葉でいうところの「ステージがあがった」っていう感じなんだよね。ケララ州映画賞受賞というのもあったけど、それだけじゃない。どうしてだかシュウェちゃんの存在感が急にどっと増したんだ。カーヴィヤ・マーダヴァン、ナヴィヤ・ナーイルというあたりのアイドル系の女優さんたちが一時的にせよ第一線を退いて、演技派ミーラ・ジャスミンがどっかに行ってしまって(どこ行ったんだろ?)、シュウェちゃん今じゃマ映画看板女優の一人だよ(ただし、相変わらず吹き替えのお世話になることも多いみたいだ)。せり上がる存在感をもたらした今年の出演作群について詳しく書きたいのだけれど、それは来年のお楽しみにしよう。

ともかく、グラマラスな役柄を特に拒むことなく受け入れてきたら、いつの間にか大女優な風格が出てきちゃったシュウェちゃんの人生航路、それを可能にしたマラヤーラム映画界はやっぱり面白い。これからも息が続く限りヲチしていきたいもんです。

Kayam02.jpg
まもなく公開となるらしい Kayam (Malayalam - 2011) Dir. Anil より。主役はどうみてもシュウェちゃん!楽しみだあ。

投稿者 Periplo : 23:59 : カテゴリー miscellaneous

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?