« 2010年12月 | メイン | 2011年03月 »

2011年01月10日

Project 2009:その3

お待たせしました(<誰も待ってないって)、お楽しみの星三つ。

一番のボリュームゾーン、それぞれに長所短所があって人によって好き嫌いはあるかもしれないが、駄目映画の烙印を捺すには勿体無さ過ぎる、そんな楽しみの詰まった玉手箱を一度にひっくり返して…と行きたいとこだが、あまりにも本数が多すぎ。ここでは全体の半数の17本をご紹介。同ーランクの中では筆者が割と気に入っているものを集めてみた。

******************************************************************

★★★☆☆(星3つ) 玉石混交の大バザール(その1)

cvColors.jpgColors 

Director:Rajbabu
Cast:Dileep, Roma, Harisree Ashokan, Cochin Haneefa, Sharanya, Bhama, Vinu Mohan, Sadiq, Innocent, Mamukoya, Indrans

タイトルの揺れ:Colours

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンス
キーワード:陸軍内汚職、母娘葛藤

寸評:ロマンス映画の王子様役にディリープってマジかいな、と退いたが、意外にも無難にこなしてるのを見て物真似出身俳優の底力を見た気がした。ただし本当のテーマは母娘葛藤の方。こちらはありふれた平凡な出来。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2009/colours-movie-review-040209.html
http://romaasranionline.blogspot.com/2009/01/dileep-to-do-cameo-in-romas-colors.html

cvMakanteAchan.jpgMakante Achan 

Director:V M Vinu
Cast:Vineeth Sreenivasan, Sreenivasan, Suhasini, Jagathy Sreekumar, Salim Kumar, Thilakan, Nadhiya Moidu, Janardhanan, Bindu Panicker, Suresh Krishna, Augsutine

タイトルの意味:Father of the son
タイトルの揺れ:Makante Achchan

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ホームドラマ
キーワード:この子にしてこの親あり、勝ち抜き喉自慢、反抗期

寸評:インチキ宗教家役で登場するジャガティ先生によるマハー・アヴァター・ババジの物真似が凄い。こんなことやって後ろから刺されたりしないのか、ちょっと心配になっちゃう。ストーリーは平凡だが、ケララのTV界を席捲していると言われる勝ち抜き喉自慢やダンスバトルの世界を垣間見る事ができる。それにしてもシュリーニ(父)、ナニゲにいい女優さんとのカップリングが多いよな。

備考:http://www.rediff.com/movies/2009/jan/23review-makante-achan-disappoints.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10837.html
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2009/makante-achan-movie-review-280109.html
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14843089&ctid=5&cid=2428


cvKunchacko.jpgKadha, Samvidhanam Kunchacko

Director:Haridas
Cast:Sreenivasan, Meena, Guruvayoor Sivaji, Augstine, Sona Nair, Sudheesh, Janardanan, Ganesh Kumar, Jagathy Sreekumar,Premkumar, E A Rajendran, Thilakan, Lakshmi Priya

タイトルの意味:Story, composition (by) Kunchacko
タイトルの揺れ:Katha Samvidhanam Kunchacko

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:クリスチャン、金貸し、良心の痛み

寸評:各種レビューで有名なサイコスリラー作品の出涸らしと酷評された。それに異論はない。因業金貸し親爺の遅まきながらのロマンスという部分は面白い。それにしてもシュリーニ、ナニゲにいい女優さんとのカップリングが多いよな。

備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10854.html
http://www.nowrunning.com/movie/6251/malayalam/kadha-samvidhanam-kunchacko/review.htm
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2009/kadha-samvidhanam-review-180209.html


cvSagarAJ.jpgSagar alias Jackie Reloaded 

Director:Amal Neerad
Cast:Mohanlal, Shobana, Bhavana, Suman, Sampath, Rahul Dev, Ganesh Kumar, Jagathy Sreekumar, Nedumudi Venu, V K Sreeraman, Manoj K Jayan, Vinayakan, Jothirmayi, Bala,Guruvayoor Shivaj, Sona Nair, Sumit Naval, Anu Anand

タイトルの揺れ:Sagar alias Jackie, Sagar alias Jackey, Sagar alias Jacky

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:暗黒街
キーワード:ドゥバイ、機関銃、マフィアのドン、裏切り

寸評:80年代の成功したアクション・スリラー Irupathaam Noottandu (Malayalam - 1987) Dir. K Madhu の続編というふれこみだったが、連続しているキャラは主人公だけで、それもほとんど必然性の感じられないものだった。つまり歴史的なヒット作に都合よく乗っかっただけのスカスカの続編。それでも、それでもさ、デザブ(デザイナーズ・ブランドのことだ、これ以上省略してはいけない)に身を包んで肩で風切ったり凄んだりするラルさんのこのカッコ良さだ。もうもう、おいら何度鏡の前で真似したかわかんないよおおお(恥)。それだけで観る価値ありだと断言しちゃうもんね。

当網站の関連ポスト:2009.09.16(ディスク情報)
備考:http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10897.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Sagar_alias_Jacky_Reloaded
http://www.nowrunning.com/movie/5810/malayalam/sagar-alias-jacky/index.htm
http://www.screenindia.com/news/sagar-alias-jacky-reloaded/446866/
http://www.hindu.com/fr/2009/03/27/stories/2009032751070100.htm


cvIG.jpgI. G. 

Director:B Unnikrishnan
Cast:Suresh Gopi, Anaitha Nair, Govind Padmasurya, Laximi, Kausalya, Siddique, Jagathy Sreekumar, Rajan P Dev,Devan, V K Sreeraman, Raj Kiran, Vijaya Raghavan, Guruvayoor Sivaji, Ambika Mohan,Jagannatha Varma, Ashish Vidhyarti, Sai Kumar, Subair, Biju Pappan, John Kokken

タイトルの意味:Inspecter General
タイトルの揺れ:IG

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:アンチ・テロリスト特別チーム、額の痣、ITギョウカイ、トリヴァンドラム、法服ギャル、ナルコ・アナルシス

寸評:近年のスレーシュ・ゴーピのお巡りスリラーとしては良くできてる方。行き過ぎた強引な取調べをやったために、懲罰人事で交通整理課に転属されたスレーシュさんのもとに、難事件の捜査特別チームへの異動命令が来るっていう出だし。型で押したようないつものやつだが、丁寧に作ってあってそれなりに楽しめた。

備考:http://movies.rediff.com/review/2009/apr/06/ig-is-a-suresh-gopi-fare.htm
http://www.zonkerala.com/magazine/ig-suresh-gopi-as-34.html
http://movies.bizhat.com/review_ig.php
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10911.html
http://www.imdb.com/title/tt1363106/
http://www.nowrunning.com/movie/6311/malayalam/ig/2094/review.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14878644&ctid=5&cid=2428


cvCurrency.jpgCurrency 

Director:Swathi Bhaskar
Cast:Jayasurya, Mukesh, Meera Nandan, Kalabhavan Mani, Suraj Venjaramoodu, Anil Murali, Mamukoya, Seetha, Anoop Chandran, Majeed, Anoop Menon

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:クライム
キーワード:偽札、デコオート、マッタンチェーリ、骨董屋、アングロインディアン、デビュー監督

寸評:曲者キャラが多く楽しいのだが、いかんせん本題のクライムの部分がままごとみたいで緊張感ゼロ。コーチンはマッタンチェーリの裏道にある、アングロ・インディアンの経営する怪しげな骨董店の舞台装置はとても魅力的。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2009/currency-movie-jayasurya-070509.html
http://specials.rediff.com/movies/2009/apr/29slide4-malayalam-film-currency.htm
http://movies.indiatimes.com/Reviews/Regional/Malayalam/Currency-Movie-Review/articleshow/4509113.cms
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Currency-Movie-Review-4,732.php
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14886717&ctid=5&cid=2428
http://en.wikipedia.org/wiki/Currency_(2009_film)
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2008/jayasurya-black-currency-film-020908.html
http://www.nowrunning.com/movie/5589/malayalam/currency/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10412.html


cvMadhyavenal.JPGMadhyavenal 

Director:Madhu Kaithapram
Cast:Swetha Menon, Manoj K Jayan, Irshad, Augustine, Balachandran Chirukkadu, Arun

タイトルの意味:Midsummer
タイトルの揺れ:Madhyavenal, Madhya Venal

DVDの版元:Sony
DVDの字幕:英語

ジャンル:アート
キーワード:老コミュニスト、老会議派、手紬ぎ綿糸、カンヌール、ビーディ工場

寸評:正真正銘のシュウェちゃん主演映画。芸術映画によく登場する、物静かで芯が強い、じっと耐えるタイプの女性を好演。ラストの皮肉なユーモアがいい。ただし作品としては、場面の繋ぎがあまりにも稚拙、使い古された象徴表現にゲンナリ。30年前の映画みたい。

当網站の関連ポスト:2009.05.12(予告的紹介)
オフィシャルサイト:http://www.xarfnet.com/
備考:http://www.nowrunning.com/movie/6431/malayalam/madhya-venal/index.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Madhya_Venal
http://popcorn.oneindia.in/title/1709/madhya-venal.html
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2009/madhya-venal-movie-100309.html
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=3067-Madhyavenal
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14897927&ctid=5&cid=2428
http://malayalam.galatta.com/entertainment/malayalam/livewire/id/Madhyavenal_wins_Padmarajan_Puraskaram_37630.html


cvWinter.jpgWinter 

Director:Deepu Karunakaran
Cast:Jayaram, Bhavana, Manoj K Jayan, Vijayakumar, Charu Haasan, Baby Rehna, Baby Mareena, Vijeesh, T G Ravi

DVDの版元:Harmony
DVDの字幕:英語

ジャンル:ホラー
キーワード:ハイダラーバード、化け物屋敷、洋館、女児連続殺害

寸評:ジャヤラーム出演作では珍しくないのだが、撮影後3年間も寝かされた末にやっと公開となったらしい。ジャヤラームの嫁役のバーヴァナちゃんが2児の母という設定なのにも仰け反る。クライマックス前までの緊張感は悪くないのだが最後にコケる。途中に出てくる印度風水師が怪奇現象を風水の観点から説明するシーンが面白かった。それにしても何でか知らんが、ジャヤラームにはホラー映画のオファーがよく来るみたいな印象。

オフィシャルサイト:http://winter.moviebuzz.org/
備考:http://www.zonkerala.com/magazine/winter-a-horror-entertainer-97.html
http://www.cinebuzz.co.in/reviews/Winter-reviews.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/7975.html
http://www.rediff.com/movies/2009/jul/20review-winter.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Winter_%28film%29
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14900399&ctid=5&cid=2428
http://www.nowrunning.com/movie/2528/malayalam/winter/index.htm


cvParayan.jpgParayan Marannathu 

Director:Arun S Bhaskar
Cast:Vidya, Biju Menon, Lakshmi Sharma, Arun, Baby Parvathy, Kalaranjini, Narayanan Nair, KPAC Lalitha,Madhupal, Suraj Venjaramoodu, Jaffer Idukki, Geetha Salaam

タイトルの意味:Talk about death(?)
タイトルの揺れ:Parayaan Marannathu

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:青春メロドラマ
キーワード:絵に描いたような村、ピチピチ女学生、デビュー監督

寸評:言葉足らず、寸足らず、しかし魅力的な作品だった。世のレビューは軒並み低評価で、その理由が使い古されたプロット展開にあるというのだが。少なくとも個人的には、予想すらしてなかった「ことの発端」では結構驚いた。なので、スリラーではないのだがネタバレは自重したい。演技者達が適材適所で素晴らしい。

備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Parayan_Marannathu
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/previews/2008/parayaan-marannathu-preview-101108.html
http://www.kripacinema.com/php/showNews.php?newsid=230&linkType=K
http://malayalam.galatta.com/entertainment/preview/malayalam/previewnews.asp?n=1231
http://www.nowrunning.com/movie/5129/malayalam/parayan-marannathu/index.htm
http://movielife-m4movie.blogspot.com/2010/11/movie84-parayan-marannathu-malayalam.html


cvDaddyCool.jpgDaddy Cool 

Director:Aashiq Abu
Cast:Mammootty, Richa Pallod, Master Dhananjay, Biju Menon, Vijaya Raghavan, Saikumar, Beeman Raghu, Baburaj,Radhika, Suraj Venjaramood, P Sreekumar, Rajan P Dev, Govind Padmasurya, Daniel Balaji, Ashish Vidyarthi, Anoop Chandran

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ファミリー・スリラー
キーワード:駄目親父、カーチェイス、エルナクラム、犯罪捜査官、誤射、デビュー監督

寸評:一見すると児童映画だが、後半にはスリラーになっていき、大人でも観られる造りになっている。餓鬼どもだけのお遊戯会風ダンスシーンなどもあって目障りなことこの上ないのだが、それでもマンムーティがソロで踊るよりは全然マシという悲しい現実。マ映画初出演(だと思う)、ムンバイ出身の「サウス映画ほぼ専門」女優リッチャ・パッロードは結構可愛い。お母さん役にしとくのが勿体無い。

備考:http://specials.rediff.com/movies/2009/apr/17slid1-mammootty-in-daddy-cool.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10940.html
http://www.nowrunning.com/movie/6352/malayalam/daddy-cool/index.htm


cvVairam.jpgVairam 

Director:M A Nishad
Cast:Pasupathy, Dhanya Mary Varghese, Suresh Gopi, Mukesh, Saikumar, Jayasurya, R Jayan, Harishree Ashokan, Thilakan, Ashokan, Samvritha Sunil, Rekha, Ambika, Meera Vasudev, KPAC Lalihta, Machan Varghese, Byon

タイトルの意味:
タイトルの揺れ:Vairam: Fight For Justice

DVDの版元:Empire
DVDの字幕:なし

ジャンル:クライム
キーワード:ポッラーッチ、パーラッカード、レイプ殺人、トドゥプラ

寸評:地味だが批評家受けの良かったクライム・スリラー。この手の事件はケララではホントによくあることらしく、映画でもしばしば取り上げられる。ストーリーはそのあたりのリアリティある描写のほうに力が注がれて、アッと驚く一発逆転の犯人解明とかそういうのはない。ホシはいつものあの人。

備考:http://www.my-kerala.com/movies/labels/Vairam.shtml
http://www.nowrunning.com/movie/6640/malayalam/vairam/index.htm
http://www.thaindian.com/newsportal/entertainment/review-vairam-2009_100252460.html
http://movies.rediff.com/review/2009/sep/22/south-malayalam-movie-review-vairam.htm
http://movies.rediff.com/slide-show/2009/jun/01/slide-show-1-pasupathy-in-malayalam.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Vairam


cvSitakalyanam.jpgSeetha Kalyanam 

Director:Rajeev Kumar
Cast:Jothika, Jayaram, Geethu Mohandas, Indrajith, Manorana, Oduvil Unnikrishnan, Sukumari, Baiju, Janardhanan, Kalpana, Jagadheesh, Bindu Panicker, Siddique

タイトルの意味:Marriage of Seeta
タイトルの揺れ:Seethakalyanam, Sita Kalyanam, Sitha Kalyanam

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ロマンティック・コメディー
キーワード:ケララ・アイヤル、婚礼式次第、バラモンを騙して肉を食わせる

寸評:ジャヤラーム出演作では珍しくないのだが、撮影後何年も寝かされた末にやっと公開となったらしい。なので、2006年に他界したウンニクリシュナンさんが出てきてビックリしたりする。吹き替え版を除くとジョーティカの唯一のマ映画出演作となるのかな(自信なし)。予測可能で、なおかつ無理のあるストーリーではあるが、パーラッカードのバラモンの結婚式の記録として貴重。

備考:http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2009/seetha-kalyanam-release-291009.html
http://www.zonkerala.com/magazine/seetha-kalyanam-jyothika-in-151.html
http://www.nowrunning.com/movie/4283/malayalam/seetha-kalyanam/index.htm


cvAngelJohn.jpgAngel John 

Director:S L Puram Jayasurya
Cast:Shanthanu Bhagyaraj, Mohanlal, Nithya Menon, Lalu Alex, Ambika, Vijaya Raghavan, Baiju, Bijukuttan, Jagathy Sreekumar,Sona Nair, Salim Kumar, Kollam Thulasi

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:ソシオ・ファンタジー
キーワード:低能息子更正、クリスチャン、ポンディシェリー

寸評:本作で一番印象に残ったコメディー・シーンは、なんでも望みを叶えてくれるという天使に、「じゃ、ムマイト・カーンをここに呼んで」と主人公がおねだりするシーン。対する天使のラルさんは「予算がないから駄目」と正直には答えず、もっともらしい理由をつけて却下するのだ。どーです皆さん、この先が観たくてたまらなくなったでしょう。

当網站の関連ポスト:2009.11.19(撮影風景)、2010.05.10(レビュー)
備考:http://varnachitram.com/2009/10/30/guest-review-angel-john/
http://en.wikipedia.org/wiki/Angel_John
http://www.zonkerala.com/magazine/angel-john-review-158.html
http://movies.rediff.com/slide-show/2009/sep/11/slide-show-1-south-mohanlal-plays-angel.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/11239.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Angel_John_-Movie-Review-4,925.php
http://movies.rediff.com/report/2009/oct/23/south-malayalam-movie-review-angel-john.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14916424&ctid=5&cid=2428
http://beta.thehindu.com/arts/cinema/article15968.ece
http://kerala9.com/news/?p=1017


cvTrain10th.jpgPatham Nilayile Theevandi 

Director:Joshy Mathew
Cast:Innocent, Jayasurya, Meera Nandan, Vijaya Raghavan, Anoop Menon, Dr.Ambi, Sreekala, Balachandran Chullikad,  Jagannathan, Rajeevnath, Jose Thana, Poojapura Radhakrishnan

タイトルの意味:Trains in the 10th Floor
タイトルの揺れ:Paththam Nilayile Theevandi

DVDの版元:Highness
DVDの字幕:英語

ジャンル:パラレル
キーワード:アル中、幻覚、鉄道員、医師、裁きの人、イノセント、schizophrenia 統合失調症

寸評:統合失調症の遺伝について随分と大胆な事を言ってくれてるな。シリアス系作品だけにこれでは偏見を助長する危険性があるのではないか。それはそれとして、イノセント先生による、アル中と統合失調症で夢幽界を彷徨ってる元鉄道員の芝居が見事。マユーラ・ヌリタムのダンサーが衝撃的。

備考:http://www.nowrunning.com/movie/6777/malayalam/patham-nilayile-theevandi/index.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Patham_Nilayile_Theevandi
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=3063
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Patham_Nilayile_Theevandi-Movie-Review-4,962.php


cvChemistery.jpgChemistery 

Director:Viji Thampi
Cast:Saranya Mohan, Mukesh, Vineeth, Harishree Ashokan, Shilpa Bala, Vineeth, Manoj K Jayan, Siddique, Vijayakumar, Dinesh Panicker, Jagathy Sreekumar, Suresh Krishna, KPAC Lalitha, Ambika Mohan, Lakshmi Priya

タイトルの揺れ:Chemistry, Che-Mistery

DVDの版元:Empire
DVDの字幕:なし

ジャンル:ホラー
キーワード:憑依、女学園、キャッツアイ

寸評:美少女に悪霊がとり憑いてくわぁあ~っていう、典型的な椰子國ホラー。落としどころも1キロ先から見えてる平凡なストーリーだが楽しめる。歌あり踊りありで、女学生の皆さんがきゃっきゃきゃっきゃで、「それはセンセイ~」とくりゃ、もうおっかないホラーなんか観たくなくなる。

備考:http://movies.rediff.com/slide-show/2009/oct/09/slide-show-1-south-first-look-of-viji-thampys-chemistry.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/11268.html
http://www.bharatstudent.com/cafebharat/movie_reviews_2-Malayalam-Chemistry_-Movie-Review-4,970.php
http://popcorn.oneindia.in/movie-cast/4052/chemistry.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Chemistry_(2009_film)
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14920629&ctid=5&cid=2428
http://www.nowrunning.com/movie/6999/malayalam/che-mystery/index.htm


cvChattanbinadu.jpgChattambinadu 

Director:Shafi
Cast:Mammootty, Laxmi Rai, Siddique, Suraj Venjaramoodu, Salim Kumar, Mythili, Manoj K Jayan, Vinu Mohan, Janardhanan, Sai Kumar, Vijaya Raghavan, Shoba Mohan, Ambika Mohan, Narayanan Kutty, Meenakshi, T G Ravi, V K Sreeraman, T P Madhavan, Subbulaxmi, Spadikam George

タイトルの意味:Rowdy country
タイトルの揺れ:Chattambi Nadu, Chattambinaadu

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:コメディ
キーワード:親爺の饗宴、御館様、カンナダ訛りマラヤーラム語

寸評:大ヒットした Rajamanikyam (Malayalam - 2005) Dir. Anwar Rasheed から始まったマンムーティの訛りで笑かすシリーズ。今回はカンナダ訛り。カンナダ語のなんたるかが全然わかってなくても何となく可笑しいのが不思議。Pokkiri Raja (Malayalam - 2010) Dir. Vysakh でもそうだったけど、「お茶目な荒くれ者と変なしゃべくり」という組み合わせが何か笑いを刺激するものになるんだろか。独特な極道ファッションにも注目。

備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Chattambinadu
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14924825&ctid=5&cid=2428
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/reviews/2009/chattambinaadu-movie-review-311209.html
http://movies.rediff.com/review/2009/dec/28/south-review-chattanmbinadu.htm
http://www.nowrunning.com/movie/7044/malayalam/chattambi-nadu/2438/review.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/11370.html
http://sify.com/movies/Mammootty-in-Chattambinadu-imagegallery-malayalam-jjrmBviaheg.html
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=3079


cvRamanam.jpgRamanam 

Director:M P Sukumaran Nair
Cast:Jagathy Sreekumar, Margi Sati, Anoop Chandran, Indrans, Manju Pilla, Kochu Preman, Jayakrishnan,Revathi Menon

タイトルの意味:Night sky
タイトルの揺れ:Raamanam

DVDの版元:Blue Berry
DVDの字幕:なし

ジャンル:アート
キーワード:コミュナルな緊張、1970年代マラバール、ムスリム社会、ナンギャール・クートゥ

寸評:生真面目な文芸映画。文芸作品を基にしているが、原作にあったムスリム社会の指導者である主人公の背徳的な一面の描写は、諸事情を考慮して省かれたという。ラストのシーンにはある種の美しさがあるがそこまでいくのが難儀。字幕を請い願う類の作品。シリアス・ジャガティ先生に興味あればお勧め。

備考:http://popcorn.oneindia.in/title/2260/raamaanam.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Raamanam
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=3112
http://www.kochivibe.com/tag/movies-kochi/
http://www.hindu.com/fr/2009/10/09/stories/2009100950970200.htm
http://www.mathrubhumi.com/english/news.php?id=23722
http://malayalam.galatta.com/entertainment/malayalam/livewire/id/Ramanam_MP_Sukumaran_Nair_next_31803.html

Photobucket
Chemistery のポスター(部分)。コマいねたで恐縮だが、画面中央にある Indrans Jayan という人名はこの人のことだ。出演しているから名前が上がってるわけじゃない、コスチューム担当なんだよね。あー、面白い。

投稿者 Periplo : 23:38 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (1)

2011年01月08日

動画情報1101

続きものの途中ですがここでニュースです。

ytKanchivaram.jpg

プリヤン先生の悲願の芸術映画 Kanjivaram (Tamil - 2008) は Moser Baer 社のサイト上でDVDがまもなく発売になるという告知がされたままずっと動きなしなのだけれど、YouTube 上で全編配信されているのを知った。

TheCineCurry提供のノーカット(と推測)ジャスト2時間の字幕つき動画:http://www.youtube.com/watch?v=E7JLSryoD8c

情報は、プラカーシュ・ラージの爆裂ファン(そんな人がいるんだねぇ)のブログ、My Year of Prakash Raj から貰った。

DVD発売を待つべきかどうか若干迷ったが、我慢できずこのYT動画で全編鑑賞してみた。断っておくが、先日ぶち上げたタミル・ニューウェーブ映画ヲチ事業の一環としてではない。どこまでも伝統製法にこだわった昔ながらのゲイジツ映画なんだよね、これ。

ゲイジツ映画なのだから、もとよりソング&ダンス&アクション&お笑いなどは期待すべくもない。ないものねだりの気持ちは捨てて、日本で開催する映画祭の作品選定委員になったつもりで臨んだ。

KanjivaramPoster.jpgKanchivaram 

Director:Priyadarshan
Cast:Prakash Raj, Shreya Reddy, Jayakumar, P Sreekumar, Geetha Vijayan, Sampath Kumar, Dr. Bhardhwaj, Veena Batt, Vinodhini, Mini Ramesh

タイトルの意味:絹織物、とくにシルクサリーで有名なタミルナードゥ北部の都市の名前、ときには同地で織られるサリーそのものを指す場合もある。こちらなど参照。
タイトルの揺れ:Kanchipuram, Conjeevaram, Kancheepuram, Kanjeevaram, Kanjivaram, Kanchi

動画の字幕:英語。焼きこみなので読みづらいが、鑑賞に支障をきたすほどではない。
動画の再生障害:特になし。ただし、画面の色調がひどく暗くて寒々しい。これがネット動画ゆえなのか、オリジナルがすでに暗いものなのか、やはり後日DVDで比較してみたい。

当網站の関連ポスト:2006.05.24(最初のデータ集積場)、2008.04.17(公開間近情報)、2008.08.10(ワールドプレミア)、2008.08.28(トロント映画祭出品)、2009.06.20(このネタバレのポスターいいんかいな)、2009.09.15(国家映画賞受賞)

ネタバレ度30パーセントの粗筋 
インド独立前夜のマドラス管区、カーンチープラム。腕の立つ織工ヴェンガダム(Prakash Raj)には夢があった。それは、嫁を貰う際に相手の娘に自分の織った絹の婚礼用サリーを着せる事だった。しかし極端な低賃金労働と厳しい労務管理は彼に自家用のシルクサリーを織る事を許さなかった。妻のアンナム(Shreya Reddy)は着古した木綿のサリーで彼の家にやってきた。やがて二人の間には娘が一人生まれた。妻に着せる事ができなかったシルクサリーを将来の娘の婚礼のために誂える、これがヴェンガダムの悲願となった。折りしも織工たちの間には共産主義運動が芽ばえ始め、彼はそのリーダー格となっていく。(粗筋了)

寸評
俄か選定委員@北東京南印度芸術映画祭としての感想は、「ウチはパス、京橋とか代々木とかが収蔵するぶんにはイイんじゃないの」ってとこだ。凄く良くできてる、でもともかく古くさ~いんだ。もちろん世の中には、良くできた映画が好き、深刻なものが好き、悲しい気持ちになるのが好き、世の不公平に憤るのが好き、貧乏で遅れた印度を見て安心するのが好き、プラカーシュ・ラージが好きetc.色んな人がいるのだから、映画祭で上映すれば好意的な受容もあるかとは思う。しかし個人的には全然好かん。

別に暗い映画だからダメだと言っているのではない。タミル映画のある種の作品群には、過酷な運命と大激情がぶつかり合ってとんでもない大悲劇、ってのがあって、それはタミルならではの魅力になってたりする。でもケララ出身のプリヤン先生のつくったこのタミル語映画は、それらに似ていながらなにか違うものになっている。巧みな伏線があって、象徴的な小道具の使い方も見事、時系列をジグザグに前進するシーンの配置も効果的。だけど不思議に醒めていて、頭の中だけで作った感じがあって、観ていて劇中の大激情に振り回されることがない。っていうか、主人公の絹のサリーに対する思いというのが、いくら説明されてもあまり心に迫ってこない。悲願というよりは妄執に思えてしまう。ラストの落としを狙ったクサい芝居(出演者達の演技が、ではなく、脚本がだ)にシラけちゃうんだ。

立ち上げから公開まで随分と時間のかかったこの作品、結局一番面白かったのは「トランペットが欲しい黒人の子(©西原理恵子)」状態で遠い目をして語るプリヤン先生自身だった。そんなにボリウッドで(あるいはケララで)バカにされて苛められてたんかいな。まあともかくこれで国家映画賞が獲れてコンプレックスも鎮まっただろうから、またいつものリメイクに精を出して欲しい。

罵詈雑言もここいらでいい加減にしようと思うが、当網站に来訪くださってるくらいの皆さんに対してお勧めしたいポイントは、「タミルを題材にしてタミルで撮影したタミル語の映画だからといって必ずしもタミル映画にはならない」現象のサンプルとしてとてつもなく貴重、というとこかな。一度は観て損はないと思うよ。

投稿者 Periplo : 03:55 : カテゴリー プリヤン旧作
| コメント (0)

2011年01月04日

Project 2009:その2

昨日に引き続き、お楽しみの星4つ、10本をご紹介。

ひと言でいうと、2009はマンムーティの有卦の年だったみたいだ。振り返って見て2008年にはソロ出演作で星4つ以上のものが一つもなかったってのに、この2009年は(興業的に、あるいは質的に)当たり続き。しかし翌年早々の Dhrona 2010 (Malayalam - 2010) Dir. Shaji Kailas でいきなりズッこけたのだった(その後また目覚しく持ち直したが)。一方でモーハンラールはやや低調だったか。一時期とは違う形で役の固定化が起きているようなのだが、それについてはまた別のところで書こう。

作品群の仕分けに当たって、やむなく「人間ドラマ」というラベルを貼ったものが幾つかある。レンタルビデオ屋の棚分類みたいでホントは嫌なんだが、これ以外にいいネームが思いつかないのだ。ロマンスでも、コメディでも、アクションでもない、人間が出てきてドラマがある(幸い動物が主人公ってのはなかった)、としか言いようがない作品群。高齢化する二大巨頭によって支えられてるマ映画界らしいじゃないすか(泣)。

******************************************************************

★★★★☆(星4つ) マ映画捨てたもんじゃない、の秀作

2HariharSet2.jpg2 Harihar Nagar

Director:Lal
Cast:Mukesh, Siddique, Jagadish, Asokan, Laxmi Rai, Janardhanan, Vineeth, Pala Charlie, Kunchan, Subair, Rohini, Rekha, Geetha Vijayan, Kaviyoor Ponnamma

タイトルの揺れ:To Harihar Nagal

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:コミックスリラー
キーワード:浮かれ中年、色惚けハイテンション

寸評:以前のレビューにも書いたように、本作は In Harihar Nagar (Malayalam - 1990) Dir. Siddique-Lal の続編ではあるが、第一作を見ていなくとも楽しめる。しかしその場合でも、第一作での決め台詞だった Thomaskutty Vittoda ! (トーマスクッティ、逃げるんだあ!)は頭に入れておいていいかもしれない。

当網站の関連ポスト:2009.12.20(ディスク情報&レビュー)
備考:http://en.wikipedia.org/wiki/2_Harihar_Nagar
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14877708&ctid=5&cid=2428
http://www.thehindu.com/fr/2009/04/03/stories/2009040350990100.htm
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200904/article_4.html
http://in.movies.yahoo.com/news-detail/49325/2-Harihar-Nagar-simple-entertaining.html
http://www.nowrunning.com/movie/6070/malayalam/2-harihar-nagar/index.htm
http://nariyalchutney.blogspot.com/2009/04/from-in-harihar-nagar-to-to-harihar.html
http://www.upperstall.com/films/2009/2-harihar-nagar


cvBhagyadevata.jpgBhagyadevatha

Director:Sathyan Anthikkad
Cast:Jayaram, Kaniha, Narain, Nedumudi Venu, Innocent, Mamukoya, Venu Nagavally, KPAC Lalitha,Lakshmipriya, P Sreekumar, Samvritha Sunil

タイトルの意味:Goddess of good luck
タイトルの揺れ:Bhagya Devatha

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:痛い系コメディ
キーワード:馬鹿亭主、クリスチャン、持参金問題

寸評:前年の Veruthe Oru Bharya (Malayalam - 2008) Dir. Akku Akbar に続く、ジャヤラームお得意の「痛い奴」じたばたコメディ。しかし前作と比べると、その「痛さ」の描写がより自然なものになっていて、結構楽しく見られる。そのあたりは、ベテラン監督サティヤン・アンティッカードの本領が発揮されてると見るべきか。持参金を巡るえげつない攻防が繰り広げられる舞台は、風光明媚なクッタナードのクリスチャン家庭。観光気分も味わえる。

備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Bhagyadevatha
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/11048.html
http://www.zonkerala.com/magazine/bhagyadevatha-sathyan-anthikad-with-23.html
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14883101&ctid=5&cid=2428
http://www.sathyanfans.com/search/label/Bhagyadevatha
http://www.nowrunning.com/movie/6417/malayalam/bhagya-devatha/index.htm


cvPassenger.jpgPassenger

Director:Ranjith Shankar
Cast:Sreenivasan, Nedumudi Venu, Dileep, Mamta Mohandas, Jagathy Sreekumar, Anand Sami, Madhu, Harisree Ashokan, T P Madhavan, Kochu Preman, Anoop Chandran, Laxmi Sharma, Valsara Menon, Sona Nair, Manikuttan, Guruvayoor Sivaji, Sreejith Ravi

タイトルの意味:Local train

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー
キーワード:外国資本誘致、立ち退き問題、各駅停車

寸評:感想は以前のレビューに書いたことが全てで特に付け足すものはない。本作でデビューしたランジット・シャンカル監督自身による制作秘話がめっちゃ面白い。この作品の成立へのマ様の関与の仕方には、なんか深読み裏読みしたくなるものがあるが、さすがに書けないわ。

当網站の関連ポスト:2009.05.15(予告)、2009.12.14(レビュー)
備考:http://www.asianetindia.com/entertainment/sreenivasan-dileep-passenger_39950.html
http://sify.com/movies/malayalam/fullstory.php?id=14892674
http://movies.rediff.com/review/2009/may/08/review-passenger.htm
http://www.nowrunning.com/movie/6435/malayalam/passenger/index.htm
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10961.html
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14886494&ctid=5&cid=2428
http://movies.rediff.com/slide-show/2009/may/12/slide-show-1-ranjith-shankar-on-passenger.htm


cvBhramaram.JPGBhramaram

Director:Blessy
Cast:Mohanlal, Bhoomika,Suresh Menon, V G Muralikrishnan, Baby Nivedhitha, Lakshmi Gopalaswamy, KPAC Lalitha, Shoba Mohan, Jayalakshmi, Madan Babu

タイトルの意味:Bee
タイトルの揺れ:Bramaram

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:スリラー/人間ドラマ
キーワード:州境もの、思春期のトラウマ、司法の不在、コインバトール、イドゥッキ、ロードムービー

寸評:本作についても過去のレビューで思ったことは充分に書いたつもりだ。蛇足するならば、お医者さん役で登場する、いかつい顔のVGムラリクリシュナンについてかな。あのバラト・ゴーピの息子、本業はむしろ評論家か。過去にちょこまかした役で映画出演の経験があるらしいが、本格的な演技といえるのは本作が初めてらしい。スターダムを争うようなタイプではないが、個性派脇役軍団にまた一人タレントが加わったと思いたい。こちらにインタビューあり。

当網站の関連ポスト:2010.05.19(レビュー)
備考:http://epradeep98.blogspot.com/2009/08/bhramaram-review.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10910.html
http://www.nowrunning.com/movie/6395/malayalam/bhramaram/index.htm
http://www.cgtantra.com/index.php?option=com_content&task=view&id=321&Itemid=33


cvLoudspeaker.jpgLoudspeaker

Director:Jayaraj
Cast:Mammootty, Sasi Kumar, Anoop Menon, Cochin Haneefa, Sukumari, Salim Kumar, Unda Pakru,Janardhanan, Augusutine, Jagathy Sreekumar, Kalpana, Baby Nayantara, Johnny,Harishree Ashokan, KPAC Lalitha, Unnikrishnan Namboodiripad, Valsala Menon,Bheeman Raghu, Sreejith Ravi, Suraj Venjaramoodu

タイトルの揺れ:Loud Speaker

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:人間ドラマ
キーワード:胴馬声親父、ソフトパンチパーマ、臓器移植ドナー

寸評:英語の標題は読んでの通りだが、つまりこれは主人公を形容する喩えなのだ。ともかく地声がやたら大きくて、しかもしょっちゅう喋ってる。話す内容はというと、見たまんまの実況中継みたいなのが多く、頼むから黙ってくれと言いたくなる。教育程度も低いのでボキャブラリーが貧弱。さらにその上駄目押しでラジオ(携帯ラジオではない)を小脇に抱えて、いつも意味なく鳴らしてる。つまり、電車の中とかで出会ってしまったら目を伏せてさりげなく隣の車両に移りたくなる、そういう困った親爺。典型的なロウワー・キャラをインテリのマンムーティが演じるとどうなるのか、というのが本作のポイント。上に述べたようなイッちゃってるオッちゃんのリアルな描写としてはあまり成功しなかったように思うのだが、何か別の、類型ではないユニークなキャラが新たに立ち上がってしまったような気がする。あの「ラガーン」のヒロインだったグレーシー・シン、「もうサウスなんかじゃ仕事しないわよ」発言をぶっ放してたグレーシーちゃんが、ヒロインですらない小さな役で登場。名も知らぬぅ遠き椰子の國に流れ寄る~、ってやつか。

備考:http://malayalam.galatta.com/entertainment/review/malayalam/reviewnews/n/1656/movie/Loud%20Speaker.html
http://www.arunthomaskb.com/tweets/500/mammoottys-loudspeaker-review/
http://en.wikipedia.org/wiki/Loudspeaker_%28film%29
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/10886.html
http://www.cinebuzz.co.in/reviews/loudspeaker-review.htm
http://www.nowrunning.com/movie/6815/malayalam/loud-speaker/2345/review.htm
http://movies.rediff.com/report/2009/sep/21/south-malayalam-movie-review-loud-speaker.htm
http://www.metromatinee.com/malayalam_movie_reviews/movie_review_readmore.php?MVR_Id=15-Malayalam%20Movie%20Reviews&PageNo

cvKeralaCafe.jpgKerala Cafe

Director:M Padmakumar, Shankar Ramakrishnan, Shaji Kailas, Uday Ananthan, Anjali Menon, B Unnikrishnan, Shyamaprasad, Anwar Rasheed, Revathy, Lal Jose
Cast:Dileep, Navya Nair, Babu Namboothiri, Sudheesh, Prithviraj, Rahman, Manianpillai Raju, Jayasurya, Sukumari, Geethu Christie, Suresh Gopi, Jyothirmayi, Dhanya Mary Varghese, R Jayan, Thilakan, Fahad Fazil (Shanu), Reema Kallingal, Meera Nandan, Anoop Menon, Jagathy Sreekumar, Nithya Menon, Mukundan, Siddique, Swetha Menon, Suraj Venjaramoodu, Frank Pietropinto, Marie Muscroft, Vindhyan, Salim Kumar, Kozhikode Shanthadevi, Kalpana, Jinu Joseph, Molly Master Akash, Baby Karthu, Sona Nair, Srinath, Augustine, Sreelakshmi, Archana, Jayarao, Sasi, Master Arun, Sai Shree, Mammootty, Sreenivasan, Manikandan, Sreelekha, Suresh Nair

タイトルの揺れ:Kerala Café

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:オムニバス
キーワード:

寸評:今ここでリストをまとめながら気がついたんだけど、10作のオムニバス映画でありながら、主役格はもちろんのこと脇役にいたるまで、誰一人として掛け持ち出演してないんだ。これもちょっとすごい事のような気がする。またここで蛇足しちゃう、第四エピソードのお化け話に主演していたファハド君について。ファハド・ファーシル、あの Manichithrathazhu のファーシル監督の息子だ。2002年に親父の監督のもと、シャーヌの芸名でお膳立ては完璧なヒーローデビューをしたのだが、全く鳴かず飛ばず(その作品 Kaiyethum Doorathu、ディスクを持ってんだけど怖くて見てない爆)。勉学を完了させるという名目で芸能界から姿を消した。それが本作でカムバック、幾分すっきりとした顔立ち&すっきりしすぎ感もある生え際で(こちら参照)。批評家の受けも結構よかったらしい。今年2011年あたりから本格的出演作が出てくるようだ。

当網站の関連ポスト:2009.09.23(予告)、2010.01.05(関連作品)、2010.03.14(レビュー)、2010.05.02(出演女優)、2010.11.23(出演女優)
オフィシャルサイト:http://www.keralacafe.in/http://keralacafe.moviebuzz.org/
備考:http://sify.com/movies/malayalam/review.php?cid=2428&id=14917457
http://sify.com/movies/Preview-Ten-directors-team-up-for-Kerala-Cafe-imagegallery-malayalam-jk0nfngfeda.html
http://movies.rediff.com/report/2009/oct/29/south-malayalam-review-kerala-cafe.htm
http://www.nowrunning.com/movie/6976/malayalam/kerala-cafe/index.htm
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2009/kerala-cafe-film-170609.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/11593.html
http://solidsmoke.blogspot.com/2009/11/kerala-cafe.html
http://passionforcinema.com/kerala-cafe-do-step-in-here-for-a-while/
http://www.deccanherald.com/content/36996/kerala-cafe.html
http://news.karmakerala.com/2009/11/04/kerala-cafe-film-with-a-difference/
http://www.hit967.com/?p=469
http://cinema.nryn.in/2009/11/kerala-cafe.html
http://www.ranjithkavarachan.com/kerala-cafe-review
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/200911/article_6.html


cvSwaLe.jpgSwa.Le

Director:P Sukumar
Cast:Dileep, Gopika, Nedumudi Venu, Salim Kumar, Jagathy Sreekumar, Harishree Ashokan, Innocent, Ashokan, Ganesh Kumar, KPAC Lalitha, Vijaya Raghavan, Edavela Babu, Kunchan, Manikuttan, Sreejith Ravi, Sadique, Madhu Warrier, Nishant Sagar, Guruvayoor Sivaj, Kalaranjni, Sona Nair, T P Madhavan, Kochu Preman

タイトルの意味:Staff Correspondent
タイトルの揺れ:SwaLe, Swa Le, Swantham Lekhakan

DVDの版元:Moser Baer
DVDの字幕:英語

ジャンル:人間ドラマ
キーワード:ノスタルジー、ジャーナリスト稼業、パパラッチ

寸評:これについてもレビューに詳しく書いた。マラヤーラム語が一切読めないガイジンにとって、地方語ジャーナリズム王国であるケララの実態は客観的な数字以外は把握しにくい部分があるのだが、本作を観ると(誇張されているだろうとは思うが)、実際の報道のクオリティがどんなものなのかがうっすらと見えてくるような気がする。

当網站の関連ポスト:2010.10.03(レビュー)
備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Swantham_Lekhakan
http://entertainment.oneindia.in/malayalam/top-stories/2009/swantham-lekhakan-real-life-041109.html
http://old.musicindiaonline.com/ar/i/movie_name/12259/1/
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/11264.html
http://movies.rediff.com/report/2009/oct/30/south-malayalam-review-swa-le.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14917466&ctid=5&cid=2428
http://kerala9.com/news/swale-review-swantham-lekhakan-user-reviews/
http://dileepfansclub.co.cc/news/2009/swantham-lekhakan-first-schedule-completed/


cvNeelaTMRnew.jpgNeelathaamara

Director:Lal Jose
Cast:Archana Kavi, Kailash, Reema Kalingal, Samvritha Sunil, Suresh Nair, Sreedevi Unni, Joy Mathai, Amala Paul, Balachandran, Tony Kattukkaran, Parvathi, Jaya Menon

タイトルの意味:Blue Lotus
タイトルの揺れ:Neelathamara, Neela Thamara

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:純文学娯楽映画
キーワード:お屋敷のお坊ちゃんが女中にちょっかいだしてわっちゃっちゃ、同一言語リメイク

寸評:純文学娯楽映画というのは自分で勝手に考え出したジャンル名。必ずしも文学作品を原作に持っているとは限らないが、勧善懲悪的な決め事から逸脱し、なおかつセンチメンタルでもある、こういう文芸的な娯楽作品がある程度まで大衆に受け入れられるというのは、やっぱりケララならではのことなのかなあ。本作を州都トリヴァンドラムで見た際に、劇場前で停めてくれたオートの運ちゃんが、ポスターを見て「これは良い映画だ」とコメントしたのにはやっぱ驚いた。

当網站の関連ポスト:2009.12.12(主演女優)、2010.04.26(劇中歌)、2009.05.08(レビュー)、2009.11.25(端役女優)
オフィシャルサイト:http://neelathaamara.moviebuzz.org/
備考:http://www.moviewood.net/blog/malayalam-movie/the-new-blue-lotus/
http://www.kenneyjacob.com/2009/05/08/the-re-birth-of-neelathaamara/
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/preview/11023.html
http://cauvery-south-cine.at.webry.info/201002/article_1.html
http://movie.webindia123.com/movie/asp/movie.asp?m_id=681&display=preview
http://twitter.com/neelathaamara
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=3065-Neelathaamara
http://www.varunlive.com/movie-review-neelathaamara-the-lotus-blooms-again/
http://www.facebook.com/pages/Neelathaamara/109438899081773?v=desc
http://www.jocalling.com/2009/11/neelathaamara/
http://en.wikipedia.org/wiki/Neelathaamara
http://www.malayalasangeetham.info/mmdb/6625.html
http://eenitam.blogspot.com/2009/12/too-short-little-sweet-neelathamara.html
http://popcorn.oneindia.in/movie-synopsis/2345/neelathaamara.html


cvPaleriManikyam.jpgPaleri Manikyam:Oru Pathira Kolapathakathinte Katha

Director:Ranjith
Cast:Mammootty, Swetha Menon, Mythili, Gouri Munjal, Sreenivasan, Siddique, Sreejith Kaiveli, Vijayan V Nair, Musthafa, Suresh Krishna, Pradeep Mudra, T Damodaran, K P Alikkoya, P Chithrabhanu, Damodaran Vadakara, Giri, Benpal, K Udaya Kumar, P Pradeep, Pankan Thamarassery, P S Vipin, Yatheendran Kavil, Shamsu Mysoor, Sudhi, Sasikumar Eranjikkal, Vijayan Karanthur, C K Gireesh Kumar, Haridasan Master, C Hariharan, Hareendranath Iyyadu, T Narendran, Gopinath, Gireesh Perinchery, Jayaprakash Kuloor, Vikraman Nair, Manchery Sundar Raj, Sasi Kalinga, Vijishambika Antharjanam, Thiruthiyadu Vilasini

タイトルの意味:Manikyam of Paleri village, a midnight murder story
タイトルの揺れ:Paleri Manikyam, Palery Manikyam:Oru Pathirakolapathakathinte Katha, PMOPKK, Palerimanikyam

DVDの版元:AP International
DVDの字幕:英語

ジャンル:ミステリー
キーワード:マラバール地方、ムスリム封建領主、1950年代、共産党政権誕生、村の娼婦、村はずれの狂人

寸評:シュウェちゃんの演技に対する評価が確立した記念すべき作品。しかし本作でも台詞の吹き替えは Paradesi の時と同じくズィーナトが担当だったという。シュウェちゃんもここで一発セルフダビングに挑戦しないと「その先」が狙えない、なんとかしなくては(真剣)。

当網站の関連ポスト:2010.04.13(賞その1)、2010.06.06(レビュー)、2010.04.13(賞その2)
備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Paleri_Manikyam
http://www.nowrunning.com/movie/7074/malayalam/paleri-manikyam/review.htm
http://movies.rediff.com/report/2009/dec/07/south-review-paleri-manikyam.htm
http://indulekha.com/malayalambooks/2009/02/paleri-manikyam.html
http://epradeep98.blogspot.com/2009/12/paleri-manikyam-oru-pathira.html
http://www.imdb.com/title/tt1573478/
http://varnachitram.com/2009/12/06/review-roundup-paleri-manikyam/
http://varnachitram.com/2009/12/18/palery-manikyam-a-counter-point/
http://ratheesh.livejournal.com/346850.html
http://chikbuk.com/component/content/article/2-malayalam-movie/100-paleri-manikyam-first-report.html
http://www.ranjithkavarachan.com/paleri-manikyam-oru-pathira-kolapathakathinte-kadha-review
http://www.arunthomaskb.com/tweets/766/paleri-manikyam-review-a-wonder-which-happens-once-in-a-while/
http://blog.nijumohan.com/2009/12/09/paleri-manikyam-movie-review/
http://www.vyganews.com/entertainment/south/819-paleri-manikyam-kerala-history-suspense-and-directors-craft
http://1movieoneday.com/?p=201
http://www.washingtonpost.com/gog/movies/paleri-manikyam-oru-pathira-kolapathakathinte-kadha,1159894.html
http://passionforcinema.com/paleri-manikyam-oru-pathira-kolapathakathinte-katha-%E2%80%93-this-is-what-malayalam-cinema-needs/
http://passionforcinema.com/paleri-manikyam-the-naked-dance-of-conscience/
http://www.deccanherald.com/content/40815/paleri-manikyam.html
http://vibetalkies.com/palerimanikyam/2009/12/07/paleri-manikyam-movie-review/
http://www.thehindu.com/fr/2009/12/18/stories/2009121851060200.htm
http://beta.thehindu.com/arts/cinema/article59427.ece
http://www.metromatinee.com/movies/index.php?FilmID=3078-Paleri%20Manikyam:Oru%20Pathira%20KolapathakathinteKatha
http://www.thehindu.com/fr/2009/07/24/stories/2009072451030200.htm
http://malayalam.galatta.com/entertainment/malayalam/livewire/id/Film_workshop_by_Ranjith_22948.html
http://1movieoneday.com/?cat=3


cvEvidamSwargamanu.jpgEvidam Swargamanu

Director:Rosshan Andrrews
Cast:Mohanlal, Laxmi Rai, Priyanka Nair, Sreenivasan, Laxmi Gopalaswamy, Shankar, Thilakan, Kaviyoor Ponnamma, Sukumari,Maniyan Pillai Raju, Kulappulli Leela, Babu Namboothiri , Anoop Chandran, T P Madhavan, Lalu Alex, Jagathy Sreekumar, Innocent, Pala Charlie, Edavela Babu

タイトルの意味:It's heaven here!
タイトルの揺れ:Ividam Swargamanu, Ividum Swargam Aanu, Evidum Swargam Aanu

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語

ジャンル:人間ドラマ
キーワード:amicus curiae、自然農法、土地ブローカー、観光開発、法服ギャル

寸評:本作でラルさんが演じた、ものを考えるお百姓、ってどのくらいのリアリティがあるんだろうと思いを巡らせてしまう。もちろん本作とは無関係だが、たとえばネット上ではこんな人とかもいるのを見ると、全くの荒唐無稽というのでもなさそうだ。知らない世界がまだまだ沢山あるんだわ。

当網站の関連ポスト:2010.08.20(レビュー)
備考:http://en.wikipedia.org/wiki/Evidam_Swargamanu
http://www.nowrunning.com/movie/7101/malayalam/ividam-swargamanu/index.htm
http://sify.com/movies/malayalam/review.php?id=14924938&ctid=5&cid=2428
http://popcorn.oneindia.in/title/5296/ividam-swargamanu.html
http://movies.rediff.com/report/2009/dec/28/south-review-ividam-swargamanu.htm
http://criticzone.blogspot.com/2010/01/ividam-swargamanu-review.html
http://www.indiaglitz.com/channels/malayalam/review/11690.html
http://thebollywoodactress.com/movie-review-ividam-swargamanu/
http://epradeep98.blogspot.com/2010/02/ividam-swargamanu.html

Bhramaram
Bhramaram の101日連続上映を記念するポスター。この暗いトーンの作品が100日を超えるってのはやっぱ凄いことかなあ。

泣き言付記:たったの10本なのにデータをまとめたら異様に疲れた。次回は多分4,5日後になる予定。

投稿者 Periplo : 04:17 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2011年01月03日

Project 2009:その1

言い訳
前回2008年マラヤーラム映画総まくりをやった際に、こういう酔狂はもう繰り返さない、単発バカ企画で終えるんだと言ったが、またしてもやっちまった。実は前回企画終了の時点で2009年作品についても7割ぐらいまでを潰してたんだよね。やっぱオイラも人の子、ランキングをつけてあーでもないこーでもないと管巻くのが楽しいんだわ。狼中年と言われるかもしれないが、総潰し企画はホントにこの2009年分で最後、別のテーマもたてたことだし、これからは良さげなものだけ極力沢山観るという方針に切り替えるつもりだ。

なお、今回企画にあたって、入手困難ディスクの探索には花隈會舘さん、ラーキンさんの、そして再生困難ディスクの廻しかたについての技術面ではPiyoさんに、それぞれ支援をいただいた。ご協力を感謝いたします。

さて、2009年もトップ賞の紹介から。同年11月ケララきっての商都コーチンのサリタ・サヴィタ・サンギータの3姉妹映画館の共通のロビーを埋め尽くした女学生の皆さん♪が先生の引率の元でご覧になっていたこの作品。

Photobucket

★★★★★(星5つ) 00年代を代表する名作だ

cvPazhassiraja.jpgPazhassiraja (Malayalam - 2009)

Director:Hariharan
Cast: Mammootty, Sarath Kumar, Manoj K Jayan, Kaniha, Padmapriya, Suresh Krishna, Jagadheesh, Devan, Suman, Jagathy Sreekumar, Ajay Ratnam, Harry Key, Linda Arsenio, Peter Handley Evans, Captain Raju, Urmila Unni, Mamukoya, Nedumudi Venu, Valsala Menon, Thilakan, Lalu Alex, Murali Mohan, Abu Salim, Subair(詳しい配役についてはこちら参照)
正式タイトル:Kerala Varma Pazhassiraja
タイトルのゆれ:Pazhassi Raja, Keralavarma Pazhassi Raja
邦題:ケーララの獅子(@アジアフォーカス・福岡国際映画祭2010

DVDの版元:Moser Baer、メイキング映像を収録した付録DVDつき。なおマラヤーラム映画としては初のブルーレイ版も発売されている
DVDの字幕:英語
DVDの障害:現在のところ特になし
DVD入手先:MaeBagMyIndiaShopping など

感想とかそういうのは以前のレビューに大体は書いたつもりだ。ひとつだけ付け加えるとしたら、本作の「絵」が非常に爽やかで気持ち良い、ということかな。オフィシャルサイト(すでに消滅)や各種の宣材のグラフィックが、むやみに重厚さを強調してどす黒いものが渦巻いていて、胃もたれしそうな予感がしたんだけど、実際に見てみたらそんなこともなかったし、3時間超が苦痛だとは感じられなかった。

Photobucket

いや、ホントにこの重たそうな予感と3時間という数字、それに女学生さん達の人いきれ、こういうのに阻まれて現地の劇場で鑑賞しなかったことが悔やまれますわい。

投稿者 Periplo : 01:31 : カテゴリー バブルねたkerala
| コメント (0)

2011年01月02日

年頭の抱負:泰米爾新浪潮

Paruthiveeran

Paruthiveeran (Tamil - 2007) Dir. Ameer Sultan のポスター。2007年3月マドゥライにて撮影。印度映画ポスターのへたうま感が漂うグラフィックが大好物なのだが、これはかなりクール、かつ熱い。作品内容とも見事にマッチ。マドゥライのホテルのフロントのあんちゃんにもお勧めされた映画。

* * * * * * * * * * * * * * *

昨日は愚痴めいた事を書いたのだけれど、やはりどん底の中でも希望は捨ててはいけない。なんか新しい事始めよう!年頭の抱負を公表して退路を断って自浄自爆…じゃなかった自縄自縛に追い込むのだ!

今年のテーマはタミル・ニューウェーブ映画の探求です。

ともかく本日現在、字幕もついて画質の良いタミル映画DVDが送料別で1枚6~9ポンド。マラヤーラム映画なら同じ金額で7~10枚が買えちゃうというこの格差。なかなかガツガツと見るわけにも行かなくて、近年はタミル映画鑑賞が1年で10数本という程度に落ち込んでいたのだ。ただ、その10数本の中のさらに少ない数本の中に、ちょっとこれまでの定型じゃない、と思えるような流れが感じられるのだ。

それらは総じて有名俳優が出演しない低予算映画で、多くが田舎を舞台にしていて、またやりきれないリアリズムで悲惨なストーリーが展開されるものが目立つ。見終わった後も、通常の印度映画体験とは異なり、どんよりとした重苦しさに下を向いてしまうことが多い。個人的には、衝撃的なのだがお気に入りと言っていいかどうか迷ってしまう、そういう作品群。にもかかわらず、タミルの衆から広範な支持をとりつけている秀作も多いという。この、現地の人々の広い支持(という話だ)ってのがやっぱ聞き捨てならんのだ。

一方で、大スターの大予算映画も相変わらずの盛況。そういう伝統的な作品群と「ニューウェーブ」(しかし、決してケララのアートフィルムのように映画祭での公開だけを想定して作られているものではないらしいのだ)が共存する、やっぱタミルは懐が広いんだわ。「ニューウェーブ」は本当に新しい思潮なのか、昔からあるサブジャンルが装いをちょっいと変えただけなのか、「新たなる流れ」の源流はどこまで遡れるのか、なぜこういう作品群をタミルの人々は必要としているのか。そんなことを考えながら今年はタミル映画に少し力を振り向けてみようと思っている。

まあ、こんな宣言をしてはみたものの、結論が見えているわけではない。しばらくしてから「やっぱりあれは一時的な流行でした」なんて言うこともありえる。まずは地道に実作品を見てくしかないよね。もちろん金なら全然ない。近年のものは少ないながらとてもありがたいrajshri の字幕つき動画(情報提供:ダニーさん多謝)なども活用しよう。庶民の憧れ Ayngaran 貴光盤も時には頑張って買おう。読者の皆様におかれましては、タミル映画DVDを安く買える通販サイト情報、お勧めの作品、読むべき資料などあればご教示いただきたく。もちろん中古ディスクの払い下げや浄財の御喜捨も大大ウエルカム。

などと力瘤を入れて語ってはみたものの、実働は旧正月辺りからになる予定。それまでは、本来2010年中に済ませるはずだった総括特集などを行うつもり。

とりあえず明日からは通常業務に戻ります。

subramaniyapuram.jpg

Subramaniapuram (Tamil - 2008) Dir. Sasikumar より

投稿者 Periplo : 00:56 : カテゴリー Tamil new wave catalog
| コメント (0)