« 2012年01月 | メイン | 2012年04月 »

2012年02月28日

レビュー:Chaappa Kurish

マラヤーラム映画史上(印度映画史上?)初のiPhone映画。いや別にあいほんで撮ったって訳じゃないけど。

ChappaKurish01.jpg

アマル・ニーラドのもとで撮影監督をつとめ(Big B などを担当)、本作で監督デビューしたサミール・ターヒルはインタビューで以下のように語っている。

“I am not trying to convey any particular message through the movie. It’s a pure commercial entertainer. But if the viewers get something out of it, I will be more than happy,” Sameer says. (Yentha.com 記事 Behind The Camera: Chappayum Kurishum Screenil より)

なかなか潔い言明だね。しかし32歳のデビュー監督の言葉とは裏腹に、観た後にかなり色々考えさせられたよ。持てるものと持たざるものとの間の絶対的な距離についてではなく、マラヤーラム映画の将来についてだけど。

cvChappaKurish.jpgChaappa Kurish (Malayalam - 2011)

Director:Sameer Tahir
Cast:Fahad Fazil, Vineeth Sreenivasan, Ramya Nambeesan, Roma Asrani, Niveda Thomas, Jinu Joseph, Sunil Sukadha, Dinesh Panicker

原題:ചാപ്പാ കുരിശ്
タイトルの意味:Head or Tail ※But I wanted it in the colloquial lingo.” To one's amusement he adds "It's called 'Changum Chappayum' in Kollam, 'Thalayum Valum' in Kottayam, 'Raja Kozhi' in Thrissur and 'Chaappa Kurish' in Cochin. And I belong to Cochin." (Yentha.com 記事 Behind The Camera: Chappayum Kurishum Screenil より)
タイトルのゆれ:Chappa Kurish, Chaappa Kurishu, Chaappakurish

DVDの版元:Central
DVDの字幕:英語
DVDの障害:特になし
DVDのランタイム:約2時間11分
DVD 入手先:Webmall IndiaBhavani DVDMaEbag など

参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2012/09/chaappa-kurish-malayalam-2011.html/a>

【ネタバレ度40%の粗筋】
舞台はコーチン。建設会社のエグゼクティブであるアルジュン(Fahad Fazil)は、裕福な家庭に生まれ、ブームに沸く建設業界での競争に果敢に挑む企業家精神の持ち主である。一方で、選良意識の高い彼は、目下の人間・無用とみなした人間に対しては、挨拶やねぎらいの言葉をかけることすらしないような冷淡なところがあった。両親が決めた婚約者である資産家の令嬢アン(Roma Asrani)とつきあいながらも、会社の部下のソニア(Ramya Nambeesan)と密かに肉体関係を持っていた。

フォート・コーチンの惨めなアパートに住むアンサーリ(Vineeth Sreenivasan)は、エルナクラムのスーパーに勤め、さして多くもない稼ぎの中から田舎に仕送りしている。職場ではトイレ清掃などの単純労働のみをあてがわれている。彼は教育程度が低いだけでなく元来の性格にも鈍重なところがあり、同僚達から馬鹿にされ、雇い主からは屈辱的な叱責を浴び続けながら毎日を送っていた。

ある日、アルジュンはふとした遊び心から、自室に訪ねて来たソニアとの情事の一部始終をアイフォンで録画する。その後、ソニアはアルジュンとアンの挙式が迫っていることを偶然に知り、アルジュンを詰るが、彼はソニアとの結婚の約束をした覚えはないと突き放す。公衆の面前で取り乱したソニアを宥めようとしているうちにアルジュンはアイフォンをうっかりと落としてしまう。それを拾ったのはアンサーリだったが、彼は拾得物をこっそりポケットにしまい、その場を足早に後にする。落とし物に気づいたアルジュンの煩悶と焦燥の日々がそこから始まる。(粗筋了)

ChaapaKurish02.jpg

【寸評】
以前に
Cocktail (Malayalam - 2010) Dir. Arun Kumar を紹介する際に形容した言葉を再度使うと、本作もまた「ごく平凡な都会人の生活スケッチと思われるところからスリリングなドラマを生じさせる、よく考えられた脚本」「担い手となっているのはデビュー、あるいはデビューから2、3作の新人監督」「知名度はそこそこあるが大スターとまではいかない俳優を巧みに配置し(つまり中規模の予算ということ)、都会を舞台にしてスリラー的な展開をする」といった共通の特徴をもつニューウェーブ的な流れの中の一本といえよう。いくつかの項目について留保つきながら、インテリ系の観客からはそれなりの評価を受けた。

そして例によって犯罪成分を含んだスリラー。しかしいくら流行だからといって、先が見えきった定型的展開&ソングやコメディなど独立パーツの組立て工法の映画ばかりを作ってきたケララ人が、緊密な金縛り系スリラーをゼロから急に作れる訳がない。なのでプロットやストーリーは他所から借りてくることになる。本作も、スマートフォンに録画された激やばビデオを巡る攻防という点で Handphone (Korea - 2009) Dir. Kim Han-min からヒントを貰っているという。金持ちの死活の鍵を貧乏人が手にしてしまったというシチュエーションは Taxi No.9211 (Hindi - 2006) Dir. Milan Luthria ともよく似ている(これ自体がハリウッド映画の非公式リメイクだという)。だけど、こういうのを見つけて「モラルのないパクリ」と切り捨ててしまうだけでは面白いとこを取り逃がしてしまうことになる。問題はローカライゼーションが成功してるかどうかということ。

ローカライゼーションとなると、ここにもう一つの問題が立ちはだかってくる。つまりケララには都市型スリラーにふさわしいメトロポリスというものが、現状ではどう贔屓目に見ても存在しないということ。そこを無理に作ろうとすると舞台は必然的にコーチンとなる。もちろんコーチンにも都市ならではのゴミ問題だの交通問題だのはあるけれど、都会的なクールさや酷薄さがあるかというとねえ。なもんで、そのへんのギャップをカバーしてアーバンでスタイリッシュな雰囲気を出すためにヴィジュアルワークに傾斜することになったりするのだ。本作でもその傾向は認められたが、全体的なバランスを崩すほどの変な凝り方にはなってなかった、幸いにして。

ケララらしさが感じられたのは、金持ちと貧乏人との間の距離の設定だね。金持ちの方は、印度全域に生息している鼻持ちならない&躾けが全くなってない自己中野郎の典型だけど、その身の回りからは目も眩む想像を絶するような富と権力は感じられない。貧乏人の方も、愚鈍で無気力で「貧困は自己責任」論者をほくそ笑ませるような人物像になってるけど、ともかく定職があり住処も持っている。両者を分け隔てる最も分かりやすい生活資材がアイフォンとガラケーなんだな。お宝の詰まったアイフォンを拾った貧乏人は、しかしその中身を見るすべを知らない。彼にできるのは着信に応対することと電源を切ることだけ。バイブ設定に切り替えるやりかたすら分からないのだ。この部分が、ネタもとの韓国映画にはなく、本作で観客を引き込ませる最大のポイントなのだと思う。

なお本作では、マラヤーラム映画としてはおそらく初めて、長々としたフレンチ・キスが遮蔽物なしに映された。ほとんどのレビューがそのことを取り上げているが、不思議なことにさほど非難も賞賛も引き起こさなかったようだ。同年公開の Salt n' Pepper (Malayalam - 2011) Dir. Aashiq Abu のソング中でのカジュアルなチョロっとしたキスシーンが一部で妙に持ち上げられたのと対照的に(というかこの小品自体がどうしてこんなにケララの衆に馬鹿ウケしたのかさっぱり理解できないのだが)。

本筋からはズレるのだが、しかし本作がお得だと感じたのは主人公アルジュンの友人に映画の吹き替え声優という設定の人物が出てくる(脚本上若干の必然性があるのだ)点。その人物が仕事してるとこが描写される短いシーン(ネタバレでも構わない人のみこちら参照)、最近のマ映画界の状況がクッキリ出ててかなり笑えるよ。ここにレビューをあげたのは実はこれを言いたいためだったりして。

ChaappaKurish03.jpgChaappaKurish04.jpg
まあそれと、金持ちが吠え面かかされてるところ見るだけで飯ウマ〜、って人にもお勧めだすね。

投稿者 Periplo : 13:32 : カテゴリー バブルねたkerala so many cups of chai
| コメント (0)

2012年02月21日

2.26 J-Telugu:上映作品変更

どはー、またしてもやられたっ!

lovefailure1.jpg

冬眠中を叩き起こされ必死の形相で翼賛体制を敷いてきた今週末のテルグ映画上映にまた変更。

詳細はオフィシャルサイトを参照されたいが、スニールの話題作 Poola Rangadu (Telugu - 2012) Dir. Veerabhadram はデジタルプリント化が間に合わず、代わりに Love Failure (Telugu - 2012) Dir. Balaji Mohan が上映されることになったのだ。こちらの作品のみ英語字幕付き。 【2月25日追記】字幕なし上映になる可能性が濃厚。

Poola Rangadu は現地では蓋を開けたら大評判で、しかも当網站で過去に紹介したことがある Pandippada (Malayalam - 2006) Dir. Rafi-Mecartin のリメイクであることも判明して、大層興味を掻立てられていたんだけど、残念。来月のリベンジに期待したい。

Love Failure はタミル・テルグのバイリンガル作品で、タミル語題名は Kadhalil Sodhappuvadhu Yeppadi。主演のシッダールトについては別に注釈するまでもないだろう。ヒロインは当サイトが全力プッシュして来たあのアマラ・ポールちゃんだよ。アマちゃんといやあ、来月開催の大阪アジアン映画祭コンペティション部門に出品される『神さまがくれた娘』[原題:Deiva Thirumagan] (Tamil - 2011) Dir. A L Vijay のヒロインでもある。アマちゃんジャパンで一気に来るかね。

それともう一つ。基本的には「本籍タミル」な雰囲気がある本作だけど、音楽はテルグの気鋭の若手(もちろんタミルでも仕事してるのだけれど)であるSタマンが担当している。先日公開の Businessman (Telugu - 2012) Dir. Puri Jagannath でも耳にいつまでも残る格好いい楽曲を提供している。で、このタマンについてちょっとウィキペディアで調べてみてビックリ!

ビックリポイントその1:Boys (Tamil - 2003) Dir. Shankar に出演してたニ人の太っちょのうちのドラマーの方だわ(残りのもう一人は Kadhalil Vizhunthen のナクル)。
ビックリポイントその2:タマンのフルネームは、Ghantasala Sai Srinivas Thaman Sivakumar。テルグ映画とテルグ映画音楽の名門一家の一員なのだった(ただし不世出の名歌手ガンタサーラ・ヴェーンカテーシュワラ・ラーオとは無関係)。

そのタマン君のインタビューが面白い。

Having worked in Tamil and Telugu, Thaman says he finds a lot of difference in the taste of the people who are only 300-400 km apart. "In Telugu, you can't compose songs based on the script. They have a film music culture which demands a hero introduction song, a romantic number, a kuthu song and so on. The music has to be raw. When it comes to Tamil audiences, they expect classy numbers, especially after Sillunu Oru Kadhal and Vaaranam Aayiram." (TOIによる2009年のインタビュー We’re trying to record live より)

さて本作のソングではタミルとテルグ、どっちのテイストが出てくるのかね。

投稿者 Periplo : 03:15 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (0)

2012年02月20日

ラヴィ・テージャとは何者か

2月26日のテルグ映画二本立て上映の後方支援というか便乗商法というか、の企画もの第一弾。当日上映作 Nippu の主演である、庶民大王(Mass Maharaaj)と呼ばれる男、ラヴィ・テージャについて。

下の画像は Anjaneyulu (Telugu - 2009) Dir. Parasuram のポスターから。なんかクドクド書かなくてもこの画像だけで充分な気もする。「すごい顔」が売り物の叩き上げ。
raviteja1.jpgtaviteja2.jpg


ひとまずは公開作品の作品の概要を。
Nippu (Telugu - 2012) Dir. Guna Sekhar

原題:నిప్పు
タイトルの意味:Fire

Cast:Ravi Teja, Deeksha Seth, Brahmanandam, Rajendra Prasad, Jayaprakash Reddy, Raghu Babu, Krishnudu, Brahmaji, Supreeth, Pradeep Rawat, Pragahi (ただしこれらはあくまでも予測。脇役が差し替わるのは結構あるからね。顔写真入りのこちらがわかりやすいかも)

上映詳細情報は前回のエントリーを参照。

早くも出揃ったレビュー集成:http://periplo.posterous.com/nippu-telugu-2012

Nippu2.JPG

ラヴィ・テージャは1968年に東ゴーダーヴァリ郡ジャッガンペータで生まれた(ただし西ゴーダーヴァリ郡のどこかとする説もあり)。父親の転勤に伴って子供の頃は北インドの各地を点々としたが、カレッジ時代はヴィジャヤワーダで過ごした。映画界へのコネは全くもたなかったが、幼少時から育んだ映画俳優への憧れは断ちがたく、学業を終えたのち、1989年頃にチェンナイに出て行きチャンスを狙った。この時期に同じアパートで生活を共にした友人達の中に、本作のプロデューサーであるYVSチャウダリ、監督のグナ・シェーカルもいたという。

役を求めてプロデューサーや監督のもとを乞い歩く生活を4年ほど続けたが、時折端役を演じるのみで芽が出ず、裏方に回る決心をしてクリシュナ・ヴァムシー監督のもとで助監督となった。その師匠の Sindhooram (Telugu - 1997) Dir. Krishna Vamsi で準ヒーロー(ヒーローは何とブラフマージー!)に抜擢されたのが実質的な役者人生の始まりとなった。

しばらくは(今から考えるとちょっと凄いのだが)低予算のマイルドなロマンス映画に出演し、そうした作品群の中で Itlu Shravani Subramaniam (Telugu - 2001) Dir. Puri Jagannadh が大いにヒットしてスターと見なされるに至ったという。コミックとアクションがブレンドされた現在の芸風が確立したのは、これもヒットした Idiot (Telugu - 2002) Dir. Puri Jagannadh あたりから。上に言及したクリシュナ・ヴァムシー、プーリ・ジャガンナートに加え、SSラージャマウリ、ヴァムシー(クリシュナじゃない方の)、シュリーヌ・ヴァイトラ、VVヴィナーヤックといった一流監督と仕事をしている、と言うより彼らと共に成長してきたと書くほうが正確かもしれない。

現在は、コメディ風味がまさった痛快アクション路線が定着し、はっきり言ってどの作品も全て同じパターンの繰り返し。前半ではヒロイン・上司・権威を相手にお巫山戯のかぎりを尽くすが、後半に入ってその隠された真意が明らかになり悪い奴を成敗するという決まりきったフォーミュラ。どれも同じなのに不思議なくらいの中毒性があり、何本見ても厭きることがない。自分だけが罹った奇病なのかとも思ったが、この中毒症状はかなり広範囲に拡散しているようだ。

USPはウルトラハイテンションなぎゃははは系コミック演技、アクションシーンでマジになった時の迫力、濃ゆい体毛(相手役の女優が気の毒だ)。ダンスは平均点、まあ巧みな盆踊りってとこか。古典舞踊の訓練を受けているようには見えないし、切れ味の鋭いブレイクダンスを踊れる訳でもないけど、特に不満は感じられない。異様にでかい各パーツがぎゅうぎゅう詰めの顔面に現れる独自のアビナヤに見とれてるうちに終わっちまうって感じだ。

こういうことをもうちょっとよそ行きの表現で言うと以下のようになると思う。

It was Rajendra Prasad who broke the trend that a comedian can become a hero. It is Ravi Teja who took it to the next level by adding heroism to entertainment and comedy. He has the perfect blend of heroism and entertainment. Any sane/intelligent director would love to exploit the strengths of Ravi Teja when they make a movie with them. The result is Vikramarkudu, Krishna and Kick. (本作のプロデューサー、YVSチャウダリへのインタビューから)

ところで、上で自分を中毒患者などと書いたが、これを機に数えてみたところ、45本を数えるフィルモグラフィーのうち実見しているのは20本に満たないということが分かってしまった。その程度のものでしかないが、Nippu の予習または復習用にお勧めを3本ほど挙げておこう。

Vikramarkudu (Telugu - 2006) Dir. S S Rajamouli
パワフルなギャグとパワフルなアクションが炸裂する、まさにテルグ映画らしいハイボルテージな一品。Siruthai (Tamil - 2011) Dir. Siva としてカールティ主演でタミル・リメイクされたが、オリジナルには及ばなかった。現在 Rowdy Rathore のタイトルでヒンディー・リメイクも製作中。主演アクシャイ・クマール、監督プラブ・デーヴァ、これは楽しそうだね。

Krishna (Telugu - 2008) Dir. V V Vinayak
ヴィジャヤワーダとハイダラーバードを舞台に繰り広げられるギャングもの。とは言ってもお笑い成分が相当に高濃度。クライマックスのラヴィ・テージャによる「わしゃあ、地廻りじゃけん!(超意訳)」という啖呵が面白い。それに併せてVVヴィナーヤック・スペシャルの…(ネタバレ自重)。

Naa Autograph (Telugu - 2004) Dir. S Gopal Reddy
以前紹介した Autograph (Tamil - 2004) Dir. Cheran の比較的忠実なリメイク。つまり、それほど若くもない、どちらかと言えば地味な男が、子供時代の出来事や近過去の恋愛を回想して始終うるうるしてるだけのストーリー。派手なアクションもコテコテのギャグもない。作品全体としての出来はともかく、役者としての技量で比べるなら、やはりオリジナルの監督兼業チェーランよりもラヴィ・テージャの方が上だということははっきり分かる。茶らけ野郎じゃないラヴィ・テージャを見たい人にはお勧めだと思う。

Nippu2.jpg

Nippu のその他の注目点については簡単に。

ヒロインはラヴィ・テージャの Mirapakaay (Telugu - 2011) Dir. Harish Shankar などでセカンド・ヒロインを演じていた、デリー生まれのディークシャ・セート。そのどちらかと言うと憎まれ役の芝居しか見てないのだが、もっちゃりとした感じがちょっとどうなんだろねと思ってしまったのが正直なところ。しかし昨年末にはヴィクラムとのペアの Rajapattai (Tamil - 2011) Dir. Suseenthiran で華麗にタミル・デビューも果たしている。本作では「ビキニ要員」以上の活躍をさせてもらっているかどうかも気になる。

そして監督のグナ・シェーカル。当網站では「衝撃の一作」として、マドゥライ・ミーナークシ寺院の巨大セットをおっ建てた Arjun (Telugu - 2004) を紹介した。Okkadu (Telugu - 2003) ではハイダラーバードのチャール・ミナールをセットで再現した。また『バブーをさがせ!』 [ 原題:Choodalani Vundi] (Telugu - 1998) ではカルカッタのスラム長屋を南印に出現させたりもした。まさにテルグ一のゼネコン野郎といっていい大盤振る舞いの贅沢映画の作り手だ。しかし前作 Varudu (Telugu - 2010) ではそのバブリー路線が空回りして「どうしちゃったんだ!」と襟首捕まえたくなるような壊滅的失敗作となってしまった。本作が起死回生の一発となるかどうか、実はこれもかなり重要な見どころなのだ。

投稿者 Periplo : 22:00 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (0)

2012年02月17日

2月の J−Telugu

Raviteja6pack.jpgPoolaRangadu.jpg
左がラヴィ・テージャの過去作品6本パックセット、Bhavani サイト上で絶賛発売中。DVD6枚で$19.99のチョーお徳用。左がテルグの若手ナンバーワン・コメディアンであるスニルの腹筋6つ割れパック。このスチルが昨年末あたりに公開されてから話題沸騰中。その訳はこのビフォーアフタ写真をご覧いただければ分かるだろう。

いやまったく、吉例により年頭3ヶ月間は当ブログはほぼ冬眠せざるをえないと思ってたのに、またいきなり寝耳に水だ。しかし眠い目をこすりながらでもこりゃあ書かない訳にゃいかん。

Poola RangaduNippu 上映会
■日時:2012年2月26日、11:00〜(Poola Rangadu)15:00〜(Nippu) 順序は入れ替わる可能性あり、後日追記
■料金:大人1900円、子供1000円(1作品あたりの当日券)
■字幕:なし
■会場:埼玉県川口市、SKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザ http://www.skipcity.jp/access/
※セット料金・前売り料金・予約方法など上映に関しての詳細は主催者の公式サイト Indoeiga.com を参照のこと。

いずれも本国で今日明日ぐらいに封切られる予定の作品。従ってレビューはまだない。ともかく26日の上映前に見どころ予想をなんとか頑張って書こうと思っているので乞うご期待。

いやね〜、米国の各都市やロンドン、メルボルンなんかと並んで Kawaguchi の文字が記されたこんなリストを見ると、我が国もやっと先進国の仲間入りじゃあなんて団塊親爺みたいなことを言いたくなっちゃう訳さ(ほくそ笑み)。

2月21日追記
上映作品に変更あり。詳細はこちら参照。

投稿者 Periplo : 02:00 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (0)