« マラヤーラム映画新作上映1409-2 | メイン | 11月のマラヤーラム映画上映 »

2014年09月29日

10月のJ-テルグ(秋祭り)

どやっ、白シャツでも対決じゃ!とか、そんなことはどうでもいいのだが。

AagaduRabhasa.jpg

ヴィナーヤカ・チャヴィティ(ガネーシュ・チャトゥルティ)からナヴァラートリにかけての祝祭シーズンに封切られた重量級の2本を1日で見てしまおうという凄い体験(もちろんどちらか1本のみの鑑賞も可)。8月の第1ラウンドが終わり、10月中旬からの第2ラウンドを待つ『バードシャー テルグの皇帝』に大いに関係がある新作でもある。

一発目

Aagadu (Telugu - 2014) Dir. Srinu Vaitla

原題:ఆగడు
タイトルのゆれ:Agadu
タイトルの意味:He will not stop

Cast:Mahesh Babu, Tamannah, Rajendra Prasad, Sonu Sood, Brahmaji, Brahmanandam, Naser, Nadhiya Moidu, Tanikella Bharani, Rao Ramesh, M S Narayana, Vennela Kishore, Raghu Babu, Posani Krishna Murali, Ajay, Prudhviraj, Ashish Vidyarthi, Raghu Karumanchi, Sameer, Sekhar, Prabhas Sreenu, Ravi Prakash, Mumtaz, Shruti Haasan (guest appearance), etc.

■映画公式サイト(FB):https://www.facebook.com/Aagadu
■公式トレーラー:http://youtu.be/5pxWQGyaDiM
■ソング全曲ジュークボックス:http://youtu.be/s_A7tiCV_XQ
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2014/09/aagadu-telugu-2014.html

■日時:2014年10月11日13:00開映予定 
■各回の料金:大人2200円(予約2000円)/5歳以上12歳以下の子供1200円(予約1000円)/5歳未満の子供は無料(座席なし)
■字幕:英語(のはず。万が一技術的な理由で表示されなかったらご容赦を。汗)
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約165分
■会場:埼玉県川口市、SKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザ http://www.skipcity.jp/access/
※家族チケットに関しては、主催者公式サイトhttp://www.indoeiga.com/を参照のこと
※別料金でインド料理ケータリングあり(上映前ランチとインターミッション中のスナック)

Aagadu1.jpg

ニ発目

Rabhasa (Telugu - 2014) Dir. Santosh Srinivas

原題:రభస
タイトルのゆれ:Rabasa
タイトルの意味:altercation, commotion

Cast:NTR Jr, Samantha, Pranitha Subhash, Brahmanandam, Jayasudha, Brahmanandam, Naser, Nagineedu, Jayaprakash Reddy, Ali, Sayaji Shinde, Bramhaji, Ajay, Amit Tiwali, Raghu Babu, Ali, Nandhu, Vennela Rama Rao, Seetha, Satya Krishnan, Hema, Surekhavani, Pragathi, Sana, etc.

■映画公式サイト:http://www.rabhasathemovie.com/
■公式トレーラー:http://youtu.be/QM7VNC-VckY
■ソング全曲ジュークボックス:http://youtu.be/G829Ma8WJH0
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2014/09/rabhasa-telugu-2014.html

■日時:2014年10月11日17:00開映予定 
■各回の料金:大人2000円(予約1800円)/5歳以上12歳以下の子供1200円(予約1000円)/5歳未満の子供は無料(座席なし)
■字幕:なし
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約162分
■会場:上に同じ
※上映前に別料金でスナックのサービスあり。インターミッションは10分程度で、この間はスナック・サービスはなし。
※なお、終映は20:00頃の予定。ただしずれ込む可能性もあり。バスの便についてはこちら参照、バス停位置についてはこちら参照。

Rabhasa1.jpg

メールによる事前予約をお勧めします。
メールのタイトルは「Aagadu ticket booking」「Rabhasa ticket booking」などとし、
1. Name:申し込み代表者のお名前をローマ字でここに記入
2. Number of tickets / adults:大人の人数を算用数字でここに記入
3. Number of tickets / children:子供の人数を算用数字でここに記入
以上の必要項目を埋めてmovieinfoアットindoeiga.com(アットを@に変える)までメールして下さい。支払いは当日劇場受付で。残席がある場合予約は上映前日まで可能、上映前に確約の折り返しメールが届くはずです。
※二本立ての両方をご覧になりたい方は、メールタイトルに両作品のタイトルを併記してください。別々のメールでの申し込みももちろんオーケー。

Aagadu について

【前半の粗筋】
ラーヤラシーマ地方。警察官のラージャ・ラーオ(Rajendra Prasad)は孤児のシャンカルを引き取り、自分の息子と分け隔てなく育てる。シャンカルの夢は警察官になることだった。しかしある時、ラージャ・ラーオの実子が誤って他の子供を死に至らしめるという事件が起きてしまう。ラージャ・ラーオの恩に報いたいシャンカルは、その罪を自らが被って少年院に収容されることになる。そんな事情を知らない養父は、怒ってシャンカルとの縁を切る。

月日は流れ、少年院に送られたシャンカルは成長し、傲慢でエキセントリックなCI(circle inspector)シャンカル、またの名をエンカウンター・シャンカル(Mahesh Babu)として戻ってくる。彼はブッカパトナムという町に配属となるが、そこは有力者ダーモーダル(Sonu Sood)が暴力によってほしいままに支配している無法地帯だった。折りしも彼は人々の意思を無視して、強引に発電所建設計画を押し進めようとしていた。着任したシャンカルはダーモーダルの横暴を阻止しようとするが、やがて彼が過去に自分の身近に起きた悲劇とも関係していることを知る。そこからダーモーダルとの対決は、任務から復讐へと変わったのだった。

一方でシャンカルは、ブッカパトナムの町で製菓店を営むサロージャ(Tamannah)、そしてその奇人揃いの家族と知り合う。

その他の登場人物
●シャンカルの兄弟(Ajay):ラージャ・ラーオの実子、ブッカパトナムのコレクター
●デリー・バーブ(Brahmanandam):シャンカルによって、ダーモーダルとの神経戦の駒にされる痴れ者

【予想される見どころについて】
『バードシャー テルグの皇帝』で観客を唖然とさせたシュリーヌ・ヴァイトラ監督の最新作。マヘーシュ・バーブとのコンビでは、Dookudu (Telugu - 2011) があり、これはメガヒットと言われている。今作もまた、同監督の作風は全開、無闇と入り組んだハチャメチャな展開で満腹させてくれるだろう。要するに Dookudu と『バードシャー』を足して二で割ったようなもの、という論評はあちこちで聞かれるが、これは褒め言葉でも貶し言葉でもある。演じ手たちの中では、言うまでもないが、マヘーシュのワンマンショーということで全てのレビューが一致している(特に、ダンスシーンでこれまでにはなかったような難度の高いステップに取り組んでいる、というのが気になる)。また、例によって映画や映画界からの引用も豊富。たとえば、ソーヌ・スードが演じる悪役を当初担当するはずだったが揉め事を起こして途中でチームから外れたプラカーシュ・ラージに対するあてこすり、あるいはブラフマーナンダムによるNTRジュニア、アッル・アルジュン、ラームチャラン・テージャのダンスの物真似など、想像しただけで汗が出てきそうなアイテムが並ぶ。ヒロインのタマンナーは何だか久しぶりという感じだ。これからは里帰りしたヒンディー映画界での(地味な)活躍が待っているのかもしれないが、ちょっと寂しく思ってたところなので、大スクリーンで拝めるのは大変に嬉しい。うかうかしてると、日本での次の出会いは、マラヤーラム映画上映会、カンナダ映画上映会になっちゃうかもしれんので、テルグ映画でタマちゃんの淡雪肌を堪能したい向きはお見逃しなく。白肌対決ではダンス1曲のみに特別出演のシュルティ・ハーサンも大変によろしいとの評判、こちらも楽しみ。

なお、インド亜大陸で独特な使われ方をしているエンカウンターという英単語についてはここThalappavu の項で、ラーヤラシーマという地方の概況についてはここで、簡単に説明しているのでご参照いただきたい。

Aagadu2.jpg

Rabhasa について

【前半の粗筋】
ニューヨークでの学業を終えてインドに戻ってきたカールティク(NTR Jr)、彼には使命があった。それは、母(Jayasudha)のたっての望みである従妹のチッティとの結婚だった。チッティは、実業家で政界進出してハイダラーバード市長になろうと目論んでいるオジのダナンジャヤ(Sayaji Shinde)の娘だった。ダナンジャヤとカールティクの父ラーマチャンドライヤ(Naser)は、過去に些細な行き違いから衝突し、両家は絶交状態にあるのだが、母は婚姻によって縁を取り戻したいというのだ。カールティクはチッティが学ぶというカレッジに入学して彼女を探すが、間違ってバーギャム(Pranitha)をチッティだと思って近づき、混乱が起きる。実は彼女のルームメイトのインドゥ(Samantha)こそが幼名をチッティといった従妹だったのである。やがて勘違いに気づいたカールティクは、インドゥには既にヴァムシー(Nandu)という片思いの相手がいることを知る。インドゥはしばらく前に、無理に見合い結婚させられそうになっている女友達を式場から脱出させ、恋人と駆け落ちするのを助けたことがあった。その際に協力し合って電話で連絡をとったのがヴァムシーなのだが、インドゥはまだ彼の顔を見たことがない。カールティクはインドゥの恋路を応援すると約束する。

一方同じ頃、沿海アーンドラのネッロル地方のとある村では、ペッディ・レッディ(Jayaprakash Reddy)とガンギ・レッディ(Nagineedu)がそれぞれ率いる二つの名家が激しく争っていた。カールティクとインドゥは妙な成り行きからペッディ・レッディの家に身を寄せることとなる。カールティクとこの家の関係は何なのか、そして彼は母の望みどおりインドゥと結婚することができるのか?

【予想される見どころについて】
2001年にヒーローとしてデビューして以来初めて、NTRジュニアは作中で祖父NTRシニアへのオマージュを捧げなかったという。そしてそれが本作の唯一の目新しい試みだ!と非難しているレビューがあって、かなり笑った。別の言葉で言えば、ジュニアは今回もファンのことだけを考えた王道娯楽路線で来てるってことだ。ダンス、アクション、コメディ、ロマンス、ファミリーセンティメントを幾重にもミルフィーユのように重ねて(ただし後半になって流血量が増える)、偉大なるマンネリの中で、あんなことやこんなことをやって作品全体を一人で背負って立つ、それがテルグのトップスターってやつなのだから。などと醒めたことを言ってみたものの、やはり見過ごすことができないのは5曲あるソングのうちのひとつ、♪Raakasi Raakasi でジュニア自らが歌ってることじゃないだろうか。プロのものとは違うけど、思い切りのいい歌いっぷりにはやっぱり痺れる。歌詞と英訳もここにあり。他のキャストでは、お馴染みのサマンタと、後半から登場してかき回してくれるキング・オブ・コメディのブラフマーナンダムが際立っているという。監督のサントーシュ・シュリーニヴァースは Kandireega (Telugu - 2011) でデビューして本作が2作目という新進。Kandireega は、やはり新しい趣向は皆無ながら、なんともカラフルで弾けるような楽しい佳作だった。本作でもそんな楽しさがスケールアップして繰り広げられることを期待したい。

Rabhasa2.jpg

投稿者 Periplo : 16:32 : カテゴリー バブルねたtelugu

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?