« 2月のタミル映画 | メイン | 3月のマラーティー映画 »

2016年02月27日

3月のタミル&マラヤーラム映画上映

Sethupathi の再上映と併せて一日二本の南インド映画祭り。ランチスナックにも大層期待がもてる。

一発目

Sethupathi4.jpg

Sethupathi (Tamil - 2016) Dir. S U Arun Kumar

原題:சேதுபதி
タイトルの意味:主人公の名前。セードゥパティには元々は「守護者・警護者」という意味がある。
タイトルのゆれ:Sethupathy, Sedhupathy, etc.

Cast:Vijay Sethupathi, Ramya Nambeesan, Vela Ramamoorthy, Linga, Vivek Prasanna, etc.

Music:Nivas K Prasanna

公式トレーラー:https://youtu.be/dK5E8mzmD6w
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/_EW5TdJCUSw

都合により Sethupathi の上映はとりやめとなりました

ニ発目

Maheshinte1.jpg

Maheshinte Prathikaram (Malayalam - 2016) Dir. Dileesh Pothan

原題:മഹേഷിന്റെ പ്രതികാരം
タイトルの意味:The Revenge of Mahesh
タイトルのゆれ:Maheshinte Prathikaaram, etc.

Cast:Fahadh Faasil, Anusree, Soubin Shahir, Alancier Lay, Aparna Balamurali, Jaffer Idukki, Dileesh Pothan, Sujith Shankar, Saiju Agustine, Lijomol Jose, K L Antony, Vijilesh, etc.

Music:Bijibal

公式トレーラー(英語字幕つき):https://youtu.be/_KY8Du4WWew
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/sJLsgEWGYNA

■日時:2016年3月5日、14:00開映(当日券販売および予約チケットの引き換えは13:00頃から開始、映画は17:00前に終了)
■料金:大人1800円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■字幕:英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約121分
■会場:埼玉県川口市、SKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザ http://www.skipcity.jp/access/
※別料金で、上映前(12:30~)にはランチ、インターミッションにはスナックの販売あり。下の申し込みフォームからチケットと同時に予約可。

■主催者公式サイト:http://www.celluloidjapan.com/
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/02/maheshinte-prathikaram-malayalam-2016.html

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームの入り口はこちら。万が一の直前の急な変更や今後の案内などもメールで受信できるようになります。

【粗筋】
イドウッキ郡の田舎町プラカーシュに住むマヘーシュ(Fahadh Faasil)は、冠婚葬祭の撮影で生計を立てているカメラマン。幼馴染で今は看護婦をしているサウミャ(Anushree)への思いを打ち明けようとしている。しかしある日、スタジオの近くの路上で起きた喧嘩に巻き込まれ、とある人物から公衆の面前で手ひどく侮辱される。同じころに失恋もしてしまったマヘーシュは失意のどん底に沈む。後にジムソン(Sujith Shankar)という名の溶接工であることが分かったその相手に復讐し、屈辱を晴らす日まで裸足で通すことを決意した彼の前に、魅力的な女性ジンシ(Aparna Balamurali)が現れる。

【主要キャラクター/キャスト】イメージは本作のスチルからではないものも混じっている
MaheshinteCast.jpg

■マヘーシュ・バーヴァナ(ファハド・ファーシル)
片田舎で親父の写真館を受け継ぎ、町の何でも屋カメラマンとして仕事をしている呑気な男。Chaappa Kurish あたりから始まり、Bangalore Days にいたるまで、「金持ちの嫌な奴」をやらせると痺れるほどに上手かったファハドだが、本作ではお人好しをまた巧みに演じているという。さらに復讐を誓ってからの変容も見どころのひとつなのだという。
■サウミャ(アヌシュリー)
マヘーシュの幼馴染で、今は看護婦として北インドで働いている。現実的な女性。演じるアヌシュリーは、ファハドと共演の Diamond Necklace でデビューした。その後大ブレイクをしたとは言いがたいのだが、Ithihasa なんかでの格好良さを見てしまうと、勿体無く使われている逸材と思えて仕方ない。貧乏なマラヤーラム映画界だが、こと人材に関してはとても贅沢に浪費しているのだ。
■ジンシ・アガスティン(アパルナ・バーラムラリ)
失恋を経験したしたマヘーシュが出会って惚れる相手。アパルナは本作が2本目となる新人。しかし演技は既に高く評価されており、ミーラ・ジャスミンの再来という声まで上がっている。
■クリスピン(サウビン・シャーヒル)
ベービの額装店にアシスタントとして雇われる男。PremamCharlie にも出ていたサウビンは、本作でも筆頭のお笑い担当。

その他の登場人物
■ヴィンセント・ヴァーヴァナ(KLアントニー):マヘーシュの父
■ベービ(アランシヤル・レー・ロペス):マヘーシュの商売仲間、写真の額装店を営む
■クンニュモン(ジャーファル・イドゥッキ):サウミャの父
■ソニア(リジュモール・ジョース):ベービの娘

【釣り書き】
監督のディリーシュ・ポータンは本作がデビュー。脚本家や脇役俳優として12年も映画界にいて、やっとデビューした人らしい。製作のアーシク・アブと主演のファハド以外は大変に地味なキャスト&スタッフだが、ふたを開けたところ大好評。タイトルに「復讐」を掲げていながらも、南インドお約束の鎌や鉈が飛び交い血飛沫が舞い上がるのとはかけ離れた、上質のユーモアがエレガントに描かれているのだという。ネットにあがったレビューはいずれも大変にお行儀よく、徹底的にネタばれを避けて、復讐の手法については全く触れていない。そのサスペンスは英語字幕つきの画面で、イドゥッキの美しい風景とともにゆっくり堪能したい。

Maheshinte2.jpg

投稿者 Periplo : 13:14 : カテゴリー バブルねたkerala

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?