« レビュー:Lucia | メイン | 4月のJ-テルグ »

2016年03月29日

4月のマラヤーラム映画

眉間の皺だけで微かなお笑いを予測させてくれるニヴィンはもしかしたら凄い奴なのかもしれない。
AHB1.jpg

Action Hero Biju (Malayalam - 2016) Dir. Abrid Shine

原題:Action Hero ബിജു

Cast:Nivin Pauly, Anu Emmanuel, Major Ravi, Saiju Kurup, Joju George, Dr Rony Davis, Kalabhavan Prajod, Suraj Venjaramoodu, Rohini, Meghanathan, Jude Anthany Joseph, Suresh Thampanoor, Abhija Sivakala, Kochu Preman, Sajan Palluruthy, Balachandran Chullikad, Valsala Menon, Devi Ajith, Jayashri Sivadas, Vinduja Menon, Azeez, Madhu Mohan, Bobby Mohan, Manju Vani, Parvathy T, etc.

Music:Jerry Amaldev

公式トレーラー(英語字幕つき):https://youtu.be/bJgV9eC0GJE
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/LpEpgZ3BKhA

■日時:2016年4月2日、15:00開映(当日券販売および予約チケットの引き換えは14:00頃から開始、映画は18:00前に終了)
■料金:大人1800円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■字幕:英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約144分
■会場:埼玉県川口市、SKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザ http://www.skipcity.jp/access/
※別料金で、インターミッションにスナックの販売あり。下の申し込みフォームからチケットと同時に予約可。

■主催者公式サイト:http://www.celluloidjapan.com/
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/03/action-hero-biju-malayalam-2016.html

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームの入り口はこちら。万が一の直前の急な変更や今後の案内などもメールで受信できるようになります。

【粗筋】
カレッジの講師をやっていたビジュ・パウロース(Nivin Pauly)は、思うところあって警察官に転身し、コーチン市警察のサブ・インスペクターとなる。警察官となった彼は、街の法と秩序を守ることに全身全霊をささげるつもりだった。しかし日常の任務はどこまでも淡々としている。彼はベニッタ・ドーミニク(Anu Emmanuel)と婚約し、数週間後に挙式することになるが、ロマンスにうつつを抜かすほどの暇もなかった。新任のサブ・インスペクターの約1ヶ月の出来事を描く。

【主要キャラクター/キャスト】

AHBcast.jpg

■ビジュ・パウロース(ニヴィン・ポーリ)
教員から転身した警察官。エルナークラムのジャナマイトリ署に配属となる。真面目な性格で、コーチン市の法と秩序の番人となることに大きな意義を見出している。
■ベニッタ・ドーミニク(アヌ・インマーヌウェル)
ビジュの婚約者。演じるアヌは、テキサス生まれの帰国子女。子役出演を除けば、本作がデビューとなる。この後、テルグ映画への出演も決まっている。
■ミニモーン巡査(ジョージュ・ジョージ)
ビジュの部下、呑気な奴。ニヴィン以外のキャストは誰もが短い出番で、突出した重要な脇役がいないといわれている本作なので、主要登場人物を4人に絞り込むのは無理があるのだが、ジョージュ・ジョージを取り上げたのは、ここのところ脇役界でのプレゼンスが高まっているから。つい先日発表された2015年度のケララ州映画賞で審査員特別賞を受賞。Oru Second Class YathraLukka Chuppi での演技が評価されたため。子役経験があったものの、成人してからの映画人生は平坦ではなく、1999年の初出演から低迷を続け、ここにきてやっと名前が知られるようになったのだという。約15年の下積みの末の満開のおっさん力を味わってほしい。
■マノージ(サイジュ・クルップ)
サークル・インスペクター。ビジュの上司。演じるサイジュ・クルップについては、1983の時に簡単に紹介した。

AHB2.jpg

【トリヴィア】
お巡りさん映画だが、国際テロリストとの対決も、1ダースのならず者を3分で片づけるファイトも、巨悪相手に大見得を切った後にのっしのっしと去るシーン(もちろん仰角スローモーション)もないという。そらそうだ、ニヴィンが主人公なんだし。

とにもかくにもニヴィン・ポーリだ。当網站では Chapters という箸にも棒にもかからない作品のレビューで、「もしかしたらこの中に、明日のスーパースターがいるのかもしれんが」なんてことを書いたのが僅か3年前だ。「仲良しのお友達で作っちゃいました」的な若者映画 Malarvaadi Arts Club (2010) でデビューの後、Thattathin Marayathu (2012)、Neram (2013)、1983 (2014)、Bangalore Days (2014)、Premam (2015) と、恐ろしいほどの打率で主演作をスーパーヒットにし続けている男。いや、スーパーヒットになる作品に主演し続けている男、なのか?なかでも昨年の Premam の怒涛のヒットは凄かった。最終的に、Drishyam に次ぐマ映画の興収歴代トップ3に食い込むほどのものとなったのだ(こちら参照)。Premam の後の二ヴィンには「スーパースター」という形容詞がつくことも珍しくなくなり、「次世代のモーハンラール」という声まであちこちに見られるようになり(一例としてこちら)、さすがにこれには唖然とするほかはなかった。

30歳そこそこ、キャリア開始から5年で、ここまでの持て囃され方をしたら、精神に変調を来たす恐れすらあるように思えるが、当人は割とクールで、ヒロイン中心の作品 Ohm Shanthi OshaanaMili で助演してみせたり、「ドリーム・ロールは悪役」と言い続け、バランスをとろうとしているようだ。しかし、Premam がまだ大ヒット上映中に、25本目となる本作の製作が発表され、ポリスものであることが明らかになった際には、観客の一部からは若干の懐疑の声も上がったのだ。

前回上映の Sethupathi のところで書いたように、お巡り役というのは、南インドの男優にとって、神のように崇拝されるマス・ヒーローになるための足掛かりという一面があるからだ。それまで、オフビートな作品でのニュアンスに富んだ演技によって評価されていた若手俳優が、そこそこの人気が出てきたところで、柄にもないアクション映画で大衆路線に変更を図るというのは、マラヤーラム映画界でもそれ以外でも、時にあった。ニヴィンも同じコースをたどるのかと思った人は結構いたようだ。

しかし、公開された本作のレビューなどを読むと、結果的にそれは杞憂に終わったようだ。ニヴィンが仮に次世代モーハンラールだったとしても、荒ぶるお巡りはどう考えても無理だわ。代わりに繰り広げられるのは味のある脇役たちによって演じられるコーチンの日常の人間模様であるという。もしかしたらケーララ版の『多甚古村』となるのかもしれない。1983 でデビュー・ヒットを飛ばした監督アブリド・シャインの手腕にも注目。

AHB3.jpg

投稿者 Periplo : 04:34 : カテゴリー バブルねたkerala

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?