« 5月のタミル映画 | メイン | 5月のJ-テルグ2 »

2016年05月20日

5月のマラーティー映画

Sairat1.jpg

Sairat (Marathi- 2016) Dir. Nagraj Manjule

原題:सैराट
タイトルの意味:wild, passion, zeal, ardour
※ほとんどの現地レビューがタイトル英訳をwildとしているが、監督自身は以下のように述べている。The film’s title itself is self-explanatory. Sairat means passion, zeal and ardour. “The word can have both positive and negative connotations,” says Manjule, depending on which side of the coin you’d prefer to look at. “For you, it might imply freedom of thought, liberation and progressive ideas but to another person, it could be mean sheer wildness and recklessness,” says Manjule.(The Hindu のインタビューより) 

Cast:Rinku Rajguru, Akash Thosar, Nagraj Manjule, Suresh Vishwakarma, Suraj Pawar, Tanaji Galgunde, Arbaz Shaikh, Chhaya Kadam, Bhushan Manjule, etc.

Music:Ajay−Atul

公式トレーラー(英語字幕つき):https://youtu.be/wMrMKnoYWwA
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/6nQLoPwGsMM

■開催日:2016年5月29日(日)
■時間:13:00開映(映画は16:00前に終了予定)
■料金:大人2200円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■字幕: 英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約174分
■会場:千葉県市川市、イオンシネマ市川妙典(こちら参照)

■映画公式サイト(監督個人サイト):http://www.nagrajmanjule.net/sairat.php
■主催者公式サイト(FB):https://www.facebook.com/tokyotalkies/
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/05/sairat-marathi-2016.html

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームはこちら。万が一の直前の急な変更や今後の案内などもメールで受信できるようになります。なお、この申し込みフォームはオートリプライに対応していません。申し込みから確認メール返送までしばらく時間がかかることがあります。

【粗筋】
パルシャー(Akash Thosar)はクリケットチームのキャプテンをつとめる少年で、勉強でも優秀な学生。彼はアールチー(Rinku Rajguru)に憧れているが、彼女はハイ・カーストに属し、裕福で、その父親は地元の政界の大物、一方彼は貧しく、低カーストの出身だった。アールチーは意思の強い少女で、他人の言葉や思惑には左右されない。彼女は、想いを諦めないパルシャーを愛するようになる。二人の愛が明らかになったとき、それぞれの家族や地域の人々の間には衝撃が走る。

SairatCast.jpg

【主要キャラクター/キャスト】
■パルシャーまたの名をプラシャーント・カーレー/アーカーシュ・トーサル
アーカーシュは本作でデビュー。生まれも育ちもプネー、レスリングが大好きなスポーツマンであるという。役作りのために(おそらくはレスリングで鍛え上げた筋肉を)13kgも減量したというゴシップもある。
■アールチーまたの名をアルチャナー・パーティル/リンクー・ラージグルー
撮影時には15歳だったリンクーも本作がデビュー、そして2015年度の国家映画賞で審査員特別賞を受賞した。通俗的な美人ではないと言われながらも、本作の爆発的なヒットにより、全マハーラーシュトラが追い求めるドリーム・ガールとなった。

【トリヴィア】
昨年夏の大阪みんぱく映画会および今年2月の東京外国語大学TUFS Cinemaで上映された『ファンドリー』で長編劇映画デビューした、ナーグラージ・マンジュレー監督の第二作。前作はマハーラーシュトラ州内陸部の農村を舞台に、ダリトへの差別をローティーンの少年の目を通して描き、各種の映画賞を受賞したメッセージ系芸術映画だった。一方本作は、カーストによる差別を重要なモチーフとしながらも、まず何よりも激しい恋の物語なのだという。そして同時に、ジェンダーによる格差に対しても鋭い目が向けられており、監督は、本作の第一のプロタゴニストはヒーローではなくヒロインであると言い切っている(こちら参照)。芸術映画のフォーマットで作られた前作に対し、売れっ子MDアジャイ・アトゥル兄弟による4曲のソングも加わった本作は、3時間近い長編ロマンスとなった。4月29日に現地で封切られてから破竹の勢いでヒット街道を驀進し、マラーティー映画の売り上げ歴代トップに躍り出た。このボックス・オフィス・トップ5の記事を見ると、5作すべてが2014年以降のもの。そこからマラーティー映画の上り調子がうかがわれるし、さらに本作を含めた3本がTokyoTalkeisによってタイムリーに上映されていることを思うと、いい感じの波が来ている手ごたえがあり、この先も楽しみになるのである。

『ファンドリー』と同じく、撮影地の多くは監督の故郷であるソーラープール地方の村であるという。
Sairat2.jpg
Sairat3.jpg

投稿者 Periplo : 22:31 : カテゴリー バブルねたothers

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?