« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月23日

【時刻変更】6月のカンナダ映画

ヴィジュアルからして陰鬱な気配が立ち込める、期待のスリラー。テーマはなんと「交通安全」。
Uturn1.jpg

U-Turn (Kannad- 2016) Dir. Pawan Kumar

原題: ಯು ಟರ್ನ್
タイトルのゆれ:U-turn, U Turn, etc.

Cast:Shraddha Srinath, Roger Narayan, Radhika Chetan, Dileep Raj, Skanda Ashok, Krishna Hebbale, Pavan, Naveen, Divya, Pramod Shetty, Aarna Kulkarni, Kennedy, etc.

Music:Poornachandra Tejaswi

公式トレーラー(英語字幕つき):https://youtu.be/Kdh5P8dtMXA

■開催日:2016年6月4日(土)
■時間:14:0013:15開映(1時間前頃からチケット引き換え・販売開始、映画は16:00前に終了予定)
■料金:大人1500円、6-15歳の子供100円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■字幕: 英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約121分
■会場:埼玉県川口市、SKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザ http://www.skipcity.jp/access/
※インターミッションには別料金でのスナックの販売あり。

■映画公式サイト:http://www.uturnthefilm.com/
■主催者公式サイト:なし
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/05/u-turn-kannada-2016.html

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームは、こちら。万が一の直前の急な変更や今後の案内などもメールで受信できるようになります。なお、この申し込みフォームはオートリプライに対応していません。申し込みから確認メール返送までしばらく時間がかかることがあります。

※記入に当たっては、「Organization」の項目は「NA」などと適当に。末尾の「I know and understand Tokyo Kannada Balaga」は、あまり意味がないけれど、素直に「Yes」をチェック。Tokyo Kannada Balagaとは在京カンナダ人会のこと。

Uturn2.jpg

【粗筋】
バンガロールに住む、ニュー・インディアン・エクスプレス紙(実在の英字紙)のインターン記者のラチャナ(Shraddha Srinath)は、ある日警察に出頭を命じられる。殺人事件の容疑者としてだった。不審死を遂げたスンダル(Pramod Shetty)という男の家を、彼女が少し前に訪れていたためだった。事件を担当する警察官ナーヤク(Roger Narayan)は、ダブル・ロード陸橋で車線分離の縁石を壊して違法なUターンを行っている二輪車のライダーたちについて、彼女が記事にするために追っていたことを知る。そのこととスンダルの死には何か関係があるのか。ナーヤクと職場の同僚アーディティヤ(Dileep Raj)の助けを得て、自らに降りかかった嫌疑を晴らすためのラチャナの探求が始まる。

【主要キャラクター/キャスト】イメージには本作のスチルからではないものも混じっている。

UturnCast.jpg

■ラチャナ/シュラッダー・シュリーナート
ニュー・インディアン・エクスプレスの駆け出し記者。IT技術者から転身した。演じるシュラッダーは本作がデビュー2作目。もともとは法律事務所にいたが、演技への夢を捨てきれずに退職した。昨年のマラヤーラム映画 Kohinoor での脇役が最初のチャンスとなった。念願のカンナダ映画&主演デビューとなる本作での演技は絶賛されている。こちらにバイオグラフィーあり。
■GKナーヤク/ロジャー・ナーラーヤン
バンガロール市警、バイヤッパナハッリ署のサブ・インスペクター。演じるロジャー・ナーラーヤンはバンガロール生まれで、90年代に子役として何本かの映画に出演したが、長じてからはアメリカ・ロサンゼルスに移住し、TVを中心とした俳優業をやっていた人。本作がカンナダ映画のヒーローデビューとなる。公式サイトあり。
■アーディティヤ/ディリープ・ラージ
ラチャナの同僚。演じるディリープ・ラージは主としてTV連続ドラマでキャリアを築いてきたが、2010年あたりから映画への脇役出演も増加中。
■マーヤー/ラーディカー・チェータン
CBI(中央情報局、インドの諜報および特別捜査のための機関)オフィサー。昨年上映された RangiTaranga で主役だったラーディカーは、本作では特別出演。それにしても、ホラーやスリラーに向いた独特の雰囲気を持っている人だ。
■?/スカンダ・アショーク
スカンダは2006年のマラヤーラム映画 Notebook でデビューした。長らく誰もがこの人をケララ人と信じていたが、数年前に本当はカンナダ人なのだと明かして(隠してたわけじゃないだろうが)皆を驚かせた。

その他
■?/クリシュナ・ヘッバーレ
■スンダル/プラモード・シェッティ
殺人事件の被害者。

【トリヴィア】
あの Lucia のパワン・クマール監督の3年ぶりの新作だ! Lucia を見ている人にならこれだけで充分、余計な付け足しは不要なところだが、未見の人に対しては、どこから説き起こせばいいのか、途方に暮れるところもある。まあともかく、監督が一番のスター!な映画である。

パワン・クマールは、2011年に Lifeu Ishtene でデビューし、続く Lucia がカルト的な成功をおさめた監督、当年34歳。今作でやっと3作目ということは新進の部類に入るが、それ以前には脚本家や脇役俳優として活動していた。特にヨーガラージ・バット監督と組んでストーリー・脚本を担当した Manasaare (2009) と Pancharangi (2010) は、どちらも傑作。とはいえ、その名前が知れ渡ったのは2013年の Lucia のヒット以降だろう。作品そのものと並んで特筆すべきなのは、クラウドファンディングで資金を調達し、大スターを使わず(使えず、なのか)、知恵を絞ったクレバーな脚本で勝負し、作品を劇場とともにオンラインでも公開する、というオルターナティブな映像作家としての姿勢。また、フェイスブックやブログ上で日々の生活の雑感や映画界への辛辣な批評をコンスタントに公開している饒舌な人でもある。本作のために集まった資金は2500万ルピー、Baahubali The Beginning の製作費12億ルピーの48分の1でしかない。しかし、カルナータカの衆がこのパワンの新作に寄せる期待は、テルグの衆がラージャマウリ監督新作に寄せるそれと同等か、それ以上なのではないかと思っている。

低予算オルターナティブ系作家なので、テーマや舞台背景は、自分が住むバンガロールの現実に根差したものだ(そこに幻想的な何ものかが織り交ざるのだが)。本作のテーマである交通問題も、愛娘を自家用車で保育園に送り迎えする中で着想されたものだという。

My story is based on our popular Double Road flyover, which had no reason to be there... but is there! (laughs) And everyone who has lived in Bengaluru has seen it take different shapes - one day it was a one way, and then suddenly it had a divider. It is the only flyover with a signal. As a Bengalurean, I found that glitch in the flyover very important.(The Hindu のインタビューより)

ここで述べられているフライオーバー(陸橋)というのは、今日のインドを象徴するインフラの一つだと筆者は思っている。バンガロールに限らず、州都クラスのインドの都市はどこであれ、慢性的な交通渋滞と、そこからくる大気汚染に悩まされている。無秩序でとめどない市街地の拡大とマイカーの激増に、都市計画が完全において行かれて、打つ手がなくなっている状態。地下鉄や近郊電車がやっと建設され始めたが、網の目のネットワークには程遠い。東京の首都高速のような高規格自動車専用道は今更作りようがない、といった状況で、付け焼刃的に幹線道の立体交差化が盛んに行われているのだ。もちろんそれに効果がないとは言えないが、そのルート策定や工事の発注には往々にして汚職がまつわりつき、また手抜き工事による悲惨な事故も時に聞こえてくる。

トレイラーやポスターから判断すると、劇中のダブル・ロード陸橋というのはインディラナガルにあるこれのことであるらしい(ダブル・ロードという俗称は他の地区にもある。リッチモンド・サークル近辺のもう一つのダブル・ロード陸橋だったらご容赦を 5月24日追記:この記事からするとリッチモンド・サークルの方かも)。もともとデザインに問題がある立体交差で、不心得者がさらに分離帯を改変したりすることからくる阿鼻叫喚の交通地獄、都市型スリラーの舞台として申し分ないのではないだろうか。

Uturn3.jpg

投稿者 Periplo : 00:09 : カテゴリー バブルねたkannada
| コメント (1)

2016年05月21日

5月のJ-テルグ2

るるるん、バイクに乗ってルーツ探し~

Brahmotsavam1.jpg

Brahmotsavam (Telugu- 2016) Dir. Srikanth Addala

原題:బ్రహ్మోత్సవం
タイトルの意味:Grand Celebration

Cast:Mahesh Babu, Kajal Aggarwal, Samantha, Pranitha Subhash, Naresh, Sathyaraj, Brahmaji, Jayasudha, Revathi, Saranya Ponvannan, Easwari Rao, Rao Ramesh, Tanikella Bharani, Sayaji Shinde, Nassar, Tulasi, Krishna Bhagavan, Pavani Gangireddy, Vennela Kishore, Mukesh Rishi, Gollapudi, Posani Krishna Murali, Rohini Hattangadi, Chandini Chowdar, etc.

Music:Mickey J Meyer, Gopi Sundar (BGM)

公式トレーラー(英語字幕つき):https://youtu.be/awI21cZggpk
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/X-3gBuVVqNs

■開催日:2016年5月28日(土)
■時間:15:00開映(チケットの引き換えは14:00ごろから、映画は18:00前に終了予定)
■料金:大人3000円(予約2600円)、5-12歳の子供1600円(予約1300円)、5歳以下の子供は無料(座席なし)
※今回は予約割引料金適用には事前の銀行振り込みが必要
■字幕: 英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約156分
■会場:千葉県市川市、イオンシネマ市川妙典(こちら参照)

■主催者公式サイト:http://indoeiga.com/
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/05/brahmotsavam-telugu-2016.html

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームは、こちら。万が一の直前の急な変更や今後の案内などもメールで受信できるようになります。

【粗筋】※本作ではほとんどの登場人物の役名が明かされないので、以下の粗筋では便宜上、役者の名前を代わりにあてる。
ヴィジャヤワーダに居を構える富豪一家の当主サティヤラージ(Satyaraj)は、広い心の持ち主で誰からも慕われている。彼の何よりもの喜びは、節目ごとに大家族が一堂に会して華やかな祝い事をするのを見ることだった。ある時、彼の息子マヘーシュ(Mahesh Babu)は、休暇で遊びに来ていたカージャル(Kajal Aggarwa)に出会い、やがて二人は密かに愛し合うようになる。一方、マヘーシュの母方オジのラーオ・ラメーシュ(Rao Ramesh)は、自分の娘をマヘーシュと結婚させようと考えている。やがて、マヘーシュとカージャルの恋愛が引き金となって、一族は大きな悲劇に見舞われ、離れ離れになってしまう。マヘーシュは再び一族を結びつけようと願い、サマンタ(Samantha)と共にインド中を旅する。七代前の祖先にまで遡り、各地に散らばっているその末裔を訪ね歩き、自らのルーツを確認するための行脚だった。

BrahmotsavamCast.jpg

【主要キャラクター/キャスト】額縁内のイメージには本作のスチルからではないものも混じっている。
■名前のない主人公/マヘーシュ・バーブ
自分では何も考えてない奴と言ってるけど、実際には人々の幸せのために心を砕いている。本作ではなぜか多くのキャラクター(特に男性)の名前が明示されない。この主人公は、マノードゥ(one of us)と呼ばれ続けるらしい。
■後半に登場するヒロイン/サマンタ
主人公の外国に住む姉妹の友人。悲劇に見舞われた主人公を励まし、共に旅に出かける。
■カーシー・アンナプールナ/カージャル・アグルワール
家長の友人の娘。NRIで、現代的な考え方をする女性。休暇でオーストラリアからヴィジャヤワーダにやってくる。
■家長の姪/プラニタ・スバーシュ
主人公との見合い婚をお膳立てされる。
■主人公の父/サティヤラージ
ヴィジャヤワーダで塗料メーカーを経営する企業家で、赤貧から身を起こし、大富豪になった人物。大家族の家長。一族そろっての祝い事を盛大に行うことを好む。
■家長の妻、主人公の母/レーヴァティ
■家長の義理の妹/ジャヤスダー
家長の妻の兄弟の妻。主人公からはオバにあたる。
■家長の義理の弟/ラーオ・ラメーシュ
家長の妻の兄弟。主人公からは母方オジにあたる。上昇志向があるが、叶えられず、フラストレーションを溜めている。娘を主人公と結婚させて、一族の中でのプレゼンスを高めようと考える。


Brahmotsavam2.jpg

【トリヴィア】
Srimanthudu から9か月ぶりにマヘーシュが帰ってきた。そして2013年の大ヒット作 Seethamma Vakitlo Sirimalle Chettu のシュリーカーント・アッダーラと再びタッグを組んでだ。

シュリーカーント・アッダーラ監督のテーマは、前作と同じくここでも「家族の価値」。しかも更に更にメッセージの比重が高まっているのだという。多くの日本人観客にとっては必ずしも消化のいいメニューとは思えないが、マヘーシュ、そしてサマンタとカージャルという二大ヒロインが織りなす恋模様は、とてもお口にやさしい予感がする。加えて高い評価を得ているのが、『ロボット』を手掛けたことで知られるカメラのラトナヴェール、『ボス その男シヴァージ』などの美術で知られる巨匠トーッタ・タラニ、音楽のミッキーJメイヤーなどの強力な裏方。最強スタッフが作り上げるキラキラした祝祭の空気は、看板ソングである ♪Vacchindi Kada Avakasam (ここでは敢えてメイキング動画をリンクしておく、歌詞の英訳はこちら)に最もよく見て取れるだろう。

大邸宅で繰り広げられる家族の祝祭と並んで興味を惹くのが、後半のインド各地の旅の描写。ヴィジャヤワーダっ子の主人公が出かけていくナーグプール、ハリドワール、ジャイプル、ソーラープール、ベナレス、バンガロールといった町々が、テルグ映画のレンズによってどのように捉えられるのか、ロードムービーとしての楽しみも期待できそうだ。

Brahmotsavam3.jpg

投稿者 Periplo : 21:26 : カテゴリー バブルねたtelugu
| コメント (0)

2016年05月20日

5月のマラーティー映画

Sairat1.jpg

Sairat (Marathi- 2016) Dir. Nagraj Manjule

原題:सैराट
タイトルの意味:wild, passion, zeal, ardour
※ほとんどの現地レビューがタイトル英訳をwildとしているが、監督自身は以下のように述べている。The film’s title itself is self-explanatory. Sairat means passion, zeal and ardour. “The word can have both positive and negative connotations,” says Manjule, depending on which side of the coin you’d prefer to look at. “For you, it might imply freedom of thought, liberation and progressive ideas but to another person, it could be mean sheer wildness and recklessness,” says Manjule.(The Hindu のインタビューより) 

Cast:Rinku Rajguru, Akash Thosar, Nagraj Manjule, Suresh Vishwakarma, Suraj Pawar, Tanaji Galgunde, Arbaz Shaikh, Chhaya Kadam, Bhushan Manjule, etc.

Music:Ajay−Atul

公式トレーラー(英語字幕つき):https://youtu.be/wMrMKnoYWwA
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/6nQLoPwGsMM

■開催日:2016年5月29日(日)
■時間:13:00開映(映画は16:00前に終了予定)
■料金:大人2200円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■字幕: 英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば約174分
■会場:千葉県市川市、イオンシネマ市川妙典(こちら参照)

■映画公式サイト(監督個人サイト):http://www.nagrajmanjule.net/sairat.php
■主催者公式サイト(FB):https://www.facebook.com/tokyotalkies/
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/05/sairat-marathi-2016.html

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームはこちら。万が一の直前の急な変更や今後の案内などもメールで受信できるようになります。なお、この申し込みフォームはオートリプライに対応していません。申し込みから確認メール返送までしばらく時間がかかることがあります。

【粗筋】
パルシャー(Akash Thosar)はクリケットチームのキャプテンをつとめる少年で、勉強でも優秀な学生。彼はアールチー(Rinku Rajguru)に憧れているが、彼女はハイ・カーストに属し、裕福で、その父親は地元の政界の大物、一方彼は貧しく、低カーストの出身だった。アールチーは意思の強い少女で、他人の言葉や思惑には左右されない。彼女は、想いを諦めないパルシャーを愛するようになる。二人の愛が明らかになったとき、それぞれの家族や地域の人々の間には衝撃が走る。

SairatCast.jpg

【主要キャラクター/キャスト】
■パルシャーまたの名をプラシャーント・カーレー/アーカーシュ・トーサル
アーカーシュは本作でデビュー。生まれも育ちもプネー、レスリングが大好きなスポーツマンであるという。役作りのために(おそらくはレスリングで鍛え上げた筋肉を)13kgも減量したというゴシップもある。
■アールチーまたの名をアルチャナー・パーティル/リンクー・ラージグルー
撮影時には15歳だったリンクーも本作がデビュー、そして2015年度の国家映画賞で審査員特別賞を受賞した。通俗的な美人ではないと言われながらも、本作の爆発的なヒットにより、全マハーラーシュトラが追い求めるドリーム・ガールとなった。

【トリヴィア】
昨年夏の大阪みんぱく映画会および今年2月の東京外国語大学TUFS Cinemaで上映された『ファンドリー』で長編劇映画デビューした、ナーグラージ・マンジュレー監督の第二作。前作はマハーラーシュトラ州内陸部の農村を舞台に、ダリトへの差別をローティーンの少年の目を通して描き、各種の映画賞を受賞したメッセージ系芸術映画だった。一方本作は、カーストによる差別を重要なモチーフとしながらも、まず何よりも激しい恋の物語なのだという。そして同時に、ジェンダーによる格差に対しても鋭い目が向けられており、監督は、本作の第一のプロタゴニストはヒーローではなくヒロインであると言い切っている(こちら参照)。芸術映画のフォーマットで作られた前作に対し、売れっ子MDアジャイ・アトゥル兄弟による4曲のソングも加わった本作は、3時間近い長編ロマンスとなった。4月29日に現地で封切られてから破竹の勢いでヒット街道を驀進し、マラーティー映画の売り上げ歴代トップに躍り出た。このボックス・オフィス・トップ5の記事を見ると、5作すべてが2014年以降のもの。そこからマラーティー映画の上り調子がうかがわれるし、さらに本作を含めた3本がTokyoTalkeisによってタイムリーに上映されていることを思うと、いい感じの波が来ている手ごたえがあり、この先も楽しみになるのである。

『ファンドリー』と同じく、撮影地の多くは監督の故郷であるソーラープール地方の村であるという。
Sairat2.jpg
Sairat3.jpg

投稿者 Periplo : 22:31 : カテゴリー バブルねたothers
| コメント (0)