« 10月のマラヤーラム映画 | メイン | 10月のタミル映画:その2 »

2016年09月30日

10月のタミル映画

号泣しながら髭/胸毛/脛毛を剃るシーンがあるのに100ルピー賭けてもいい。

Remo1.jpg

Remo (Tamil - 2016) Dir. Bakkiyaraj Kannan

原題:ரெமோ
タイトルの意味:主人公の仮の名前? ※タミル人にとっては、このRemoという名前は、ゴアのポップシンガーよりも、Anniyan (Tamil - 2005) でヴィクラムが演じた気障なモデルを思い起こさせるものであるようだ。

Cast:Sivakarthikeyan, Keerthi Suresh, Satish, Saranya Ponvannan, Dileep Kumar, Rajendran, Yogi Babu, Aadukalam Naren, Kalyani Natarajan, K S Ravikumar, etc.

Music:Anirudh Ravichander

公式トレーラー(英語字幕付き):https://youtu.be/GEB4qrrWIgs
全曲ジュークボックス:https://youtu.be/yv0JK1bYSCw?list=PLHuHXHyLu7BE3PhKYPisCtqYJq0KcvfIS

【第一回目/海老名】
■開催日:2016年10月8日(土)
■時間:14:00開映(チケット販売・引き換えは13:30から)
■料金:大人2300円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■会場:神奈川県海老名市、イオンシネマ海老名 http://www.aeoncinema.com/cinema/ebina/

【第二回目/川口】
■開催日:2016年10月9日(日)
■時間:14:00開映(チケット販売・引き換えは13:30から)
■料金:大人1800円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■会場:埼玉県川口市、SKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザ http://www.skipcity.jp/access/
※川口会場のみ、開映前(13:00-14:00)に食事、インターミッションにスナックの販売あり。

【第三回目/名古屋】
■開催日:2016年10月9日(日)
■時間:14:00開映(チケット販売・引き換えは13:30から)
■料金:大人2000円、5-15歳の子供1000円、5歳以下の子供は無料(座席なし)
■会場:愛知県名古屋市港区、イオンシネマ名古屋茶屋 http://www.aeoncinema.com/cinema/nagoyachaya/

【共通】
■字幕: 英語
■上映資材:DCP
■上映時間:ネット情報によれば150-160分

■映画公式サイト(FB):https://www.facebook.com/RemoTheMovie/
■主催者公式サイト:http://madrasmoviesjapan.com/
■参考レビュー集成:http://periplosjottings.blogspot.jp/2016/09/remo-tamil-2016.html
※10月7日の現地封切り後に追記予定

※事前予約をお勧めします。申し込みフォームはこちら。万が一の直前の急な変更などもメールで受信できるようになります。

【粗筋】 ※キャラクター名不明のため、役者名によって記述
シヴァカールティケーヤン(Sivakarthikeyan)は映画スターとしてビッグになることを夢見る若者。母(Saranya Ponvannan)はその夢を何とかして諦めさせようとしている。彼はKSラヴィクマール監督(K S Ravikumar)に会うチャンスを得るが、監督は次回作でのヒーローには、女装させて看護婦の役をやらせるつもりだと言う。何としてでも主役の座が欲しい彼は、女性に化けて実際に看護婦として病院に入り込むことに成功する。看護婦として働きながら役作りに励んでいる最中に、キールティ(Keerthi Suresh)と出会い片思いの恋心を抱くのだが、キールティは彼を女性と思い込んでいる。

Remo3.jpg

【主要キャスト】
■シヴァカールティケーヤン
Kaaki Sattai (Tamil - 2015) と Rajinimurugan (Tamil - 2016) の2本が既に自主上映されているシヴァカールティケーヤンは快進撃を続ける新進。最初の頃は「なぜこいつなのか」感が拭えず眺めていたが、持って生まれたとしか思えない屈託のなさ、高身長、そしてスタンダップ・コメディアンとして鍛えた口の達者さが強みと言えるか。ヴィジャイ・セードゥパティとは同世代の好敵手と見做されている。
■キールティ・スレーシュ
日本でのNRIによるマラヤーラム映画上映の第一弾だった Geethanjali (Malayalam - 2013) で不幸なデビューをした(実作品を観るまでは幸運なデビューだと思っていたのだが)キールティだが、今年に入って一気に上昇気流に乗ったようだ。シヴァカールティケーヤンと共演の Rajinimurugan でも、その溌溂ぶりが眩しく、トップ女優の中に食い込んでいける可能性を大いに感じさせた。さらにはダヌシュと共演の Thodari (Tamil - 2016) が現在好評上映中、ダメ押しの次回作 Bairavaa ではヴィジャイのヒロインだ。才能がある人が順調にそれを開花させていくのを見るのは楽しいものだ。

【トリヴィア】
Theri のアトリ監督の助手をしていたというバーギヤラージ・カンナンは、本作がデビューの新人監督(ここにインタビューあり)。

本作のトレイラーやポスターが発表されてから、印度人の「パクリ見逃さないぞ自警団」の方々が、これは1982年のハリウッド映画『トッツィー』の設定イタダキものではないかと賑やかだったが、まあこれで大騒ぎして何かいいことがあるとは思えない。ストーリーに共通点はあるかもしれないが、『トッツィー』にはダンスもアクションも、専任コメディアンによるコメディもなかったぜ。数分のトレーラーを見るだけで Remo の方が100倍パワーアップしてるってことは歴然。

映画の創始期に男優が女性を演じていたことに関係があるのか、あるいは現実世界の根強いマチズモの裏返しなのか、インド映画ではスター俳優が女装するのを妙に喜ぶ傾向があるように思う。本当の女性を演じるというよりは、訳あって女装している男、あるいは性転換者の役がほとんど。ソングまたはコメディ・シーンの中だけでキモい姿をさらしているのは枚挙に暇がないが(ここ参照)、全編に近い時間を女性の姿で通す作品も結構ある。ディリープの Mayamohini (Malayalam - 2012) は、女性客を中心にバカ受けしたらしい。古典的なところでは、カマル・ハーサンの Avvai Shanmughi (Tamil - 1996) が有名だけど、下膨れの無表情なお婆ちゃんはどうもいただけない。ジャヤム・ラヴィは Ameerin Aadhi Baghavan (Tamil - 2013) で服装倒錯者である悪役をやって、禍々しい感じを上手く出していた。しかしまあ、圧巻だったのは Avan - Ivan (Tamil - 2011) でのヴィシャールか。男であり異性愛者だが女形芝居が大得意というキャラクターで、それをマッチョなアクション俳優であるヴィシャールが演じるというのだから、相当なプレッシャーを感じながら観てみたのだが、舞台上でのその艶姿には目が釘付けになったものだった。そういえば、つい最近も Iru Mugan (Tamil - 2016) でヴィクラムが、極力お世話になりたくないタイプの看護婦さんを怪演してたけど、ハリウッドの特殊メイク専門家シーン・フット を呼んできた本作では、もうちょっと信頼感のある仕上がりになってそうだ。リラックスして楽しみたい。

「インドのテイ・トウワ」ことアニルドの楽曲(+ゲスト出演?)もアトラクションのひとつ。
Remo2.jpg

投稿者 Periplo : 01:55 : カテゴリー バブルねたtamil

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 . さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?